読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

THE MANZAI 囲碁将棋『肛門』ネタ感想

テレビ / 映画

先日放送された「THE MANZAI 2014」
結果、博多華丸・大吉の圧勝という形で終わりましたが、
「タオルと肛門」のネタを披露した囲碁将棋の感想を。

元々、囲碁将棋というコンビを知ったのは2009年のM-1の敗者復活戦で、ネットニュースかなんかで敗者復活戦のレポートのJ-WALKの「何も言えなくて…夏」と安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」を歌い合うネタ」で注目を浴びたコンビで、元々ネ狭い層をターゲットにしたネタが多い印象だった。

他の彼らのネタをyoutubeなどで観ても、女子受けというよりは男が食いつきそうなネタ作りやフレーズが多々ある。(漫才「カラオケ」「ヒーローインタビュー」など)

それでも多くの人が囲碁将棋の漫才を高く評価するのは彼らの語彙力の高さや他にないスタイルだと思う。ネタによっては文田がボケることもあれば根建がボケることもある、それどころか雑談のように単純に話し手と聞き手になっているネタもある。(むしろそっちのほうが多い気がする)

そして、今回の「肛門とタオル」のネタは「オッサンの肛門」というワードに拒否反応を示すのもわかるし、予選でやった「チアリーディング部」のネタを最初にやったほうが無難だったかもしれない。でも、YNNの本線サーキットの動画を観るとこのネタはえげつないくらいウケてるし、決勝のブロックがAブロックだったなら結果は違うものになっていたんじゃないでしょうか。

文田の狂った理論に対して根建が否定していくという展開と思いきや、根建の否定もずれていて、いつのまにかボケとツッコミが入れ替わっているというとても練りに練られたネタだし、「肛門を湯船につけた時点でなんでもあり」「片栗粉でとろみ出してもいい」「タオルと肛門どっちを触る」「コンソメで味を整えたタオル汁と肛門汁どっちを飲む」「タオルに肛門移動してるのわかる?」「珍しい昆虫の話?」などは囲碁将棋にしか考えられないフレーズだし、肛門連呼に拒否反応を示している人たちも、一度冷静になってこのネタを観ると、いかに二人が高度なことをしているかがわかる。

この奥深さを出せる漫才師を他には知らないし、これからも出てくることはないと思う。今回で言えば、彼らは記録には残らないが、確実に観た人の記憶に残る漫才をした。(良い意味でも悪い意味でも)

今回の結果は残念でしたが、囲碁将棋の二人にはずっとあのスタイルで続けて欲しいし、もっともっと囲碁将棋のネタが地上波で観られることを願っています。

 

囲碁将棋の好きなネタベスト10

  1. 六大学
  2. 前世
  3. 遠足のおやつ
  4. チアリーディング部
  5. ズルい女
  6. サッカーのルール
  7. 将来の夢
  8. 官能小説
  9. 榎本さん
  10. 数え方

youtube等で探してみてください。

ネタ「ズルい女」