読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

漫画『ワンピース』最終回(予想)

漫画 / アニメ

ついに最後の島に辿り着いた麦わらの一味。


ルフィ「ここにワンピースがあるのか」



島の洞窟を進み、幾多の罠をくぐり抜け、ついに最深部。そこには、1つの大きな宝箱が…



ナミ「みんな見て!もしかしてあれが…」



全員「ワンピース!!!ワアアアアッ…!!!」



新しく一味に入った仲間「ウッヒャア~!は、は、早く開けてみようぜ!」


新しく一味に入った仲間2「まぁまぁ、あわてるんじゃないよ。ここはやっぱり船長殿が開けるべきでしょうが。さぁ船長」


ルフィ「お、おおっ」




そして宝箱を開けるルフィ




全員「ええっ…!!!」





なんと中身は空っぽ…。




ナミ「なんで…なんで何も入ってないのよ!!」


ウソップ「ま、まさか、もう他の奴が持ってっちまったんじゃねぇのか…」


新しく一味に入った仲間3「ば、ばかな…ん?お、おい見ろよ!!なんか手紙が入ってねぇか」



手紙を手にとるナミ。


ルフィ「な、なんて書いてあるんだ?ナミ」



手紙を読むナミ。




― この宝箱によくぞ辿り着いたな。私がゴールド・ロジャー 、いや、ゴール・D・ロジャーだ。そうだ、この宝箱には何も入っていない。ワンピースとは何か。考えてみてほしい。財宝か?権力(ちから)か?いや違うだ ろう。ワンピースとはお前達が乗り越えて来た冒険の日々。かけがえのない仲間。
そう、お前達はとっくにワンピースを手に入れていたんだ。世界にひとつしかない、心のワンピースを…








―驚愕の事実を知り愕然とするルフィ達。



ルフィ「そ、そうだったのか…」





(ここから回想)今までの冒険を振り返るルフィ達。




斧手のモーガン「これから…どうするよ」



ルフィ「決まってるだろ、行くぞ次の島へ!!俺たちの冒険はまだまだ続くんだ!!」





全員「…おおっ!!」





長い間ご愛読ありがとうございました!!尾田先生の次回作にご期待下さい!!






だったら嫌だ。