かんそう

テキストサイト。20代後半男。札幌

広告

PS4『ディアブロ3』感想

プレイステーション4のゲーム「ディアブロ3」の感想レビューです。

f:id:ikdhkr:20150220164027j:plain

このゲームは正式には「ディアブロ Ⅲ リーパー オブ ソウルズ」というタイトルでジャンルで言うと「アクションRPG」に属している。いわゆるハック&スラッシュと呼ばれるものでダンジョンを進みながら敵をバッタバッタ倒していって、レベルを上げ、新しいスキル(技)を覚え、より強い装備を手に入れていくというゲーム。

 

 

プレイヤーはバーバリアン(剣闘士)、デーモンハンター(狩人)、モンク(武闘家)、ウィザード(魔法使い)、ウィッチドクター(霊媒師)、クルセイダー(聖騎士)ネクロマンサー(死霊使い)の7種類のクラス(職業のようなもの)から選択でき、男女の性別も選べる。

f:id:ikdhkr:20170913192257j:plain

バーバリアン

f:id:ikdhkr:20170913192250j:plain

デーモンハンター

f:id:ikdhkr:20170913192545j:plain

モンク

f:id:ikdhkr:20170913192400j:plain

ウィザード

f:id:ikdhkr:20170913192243j:plain

ウィッチドクター

f:id:ikdhkr:20170913192616j:plain

クルセイダー

f:id:ikdhkr:20170703193921j:plain

ネクロマンサー

 

難易度はノーマルからハード、エキスパート、マスター、トーメント (トーメントはさらにI~VIまでの区分が存在)まで選ぶことができて、難易度に合わせて敵も強くなるし、その分強い装備も手に入るようになる。

さらにプレイヤーの成長レベルは70までだが、パラゴンレベルというものがあって、そのレベルを上げることによって無限にキャラクターを成長させることができる。

とりあえず一言で言えば「死ぬほど面白い」、つなぎのつもりが完全にドップリ浸かってしまった。結局はモンスターを倒す→成長→レアアイテムを拾う→より強いモンスターを倒すという地道な単純作業の繰り返しなのだが、それがたまらなく面白い。求めてるレア装備をドロップした時に出る脳汁は一度味わうともう戻ってこれません。

 

特にこのゲームのなにが凄いかというと、プレイヤーが強くなるペースが尋常じゃないほど早く、ほぼ毎回レベルアップの度に新しいスキルを覚え、自分が装備している武器よりも強い武器がすぐ拾える。つい10分前まで装備していた最強の武器がガラクタに変わるというのは日常茶飯事で、プレイヤー=自分が成長しているのを強く感じることができるゲームだと思った。さらにスキルや装備の数もとんでもない数が用意されているので、どの組み合わせの装備でどのスキルで戦うかによって無限の組み合わせがあり、それを考えるだけで1日無駄にしてしまう、ということもざらにあった。装備によって見た目も変わるので、最初は貧相な見た目だったキャラクターが、最終的にはどっちが悪か分からない魔神のようなゴリゴリの見た目になるところも面白い。

そして敵の数が尋常じゃないほど多く、雑魚ばかりではなく途中途中で歯ごたえのある敵も登場するので、ダレることがなくつねに緊張感を持ってプレイできる。ダンジョンも複雑な要素がなく、「どこどこへ行け」「なになにをしろ」という案内が画面の左上に表示されるので、迷うことなくダンジョンを進んでいくことができる。

また、ハードがプレイステーション4ということもあるのか、ロードまでの時間が異常に短く、マップからマップに移動するまでの待機時間はほぼ皆無と言っていいほどで、とても快適にストレスなくゲームを進めることができる。さらにどれだけ敵が大量に出ようと、自分がどれだけ派手な技を繰りだそうと画面がカクついたりすることが皆無で、そのため油断すると、気づけば飯を食べるのも忘れて何時間でもゲームに夢中になってしまう。個人的な話をすれば、このゲームを購入してからというもの全く仕事が手に付かない。とりあえずデーモンハンターというキャラクターでプレイしているのだが、仕事中もどのビルド(装備できる必殺技のようなもの)、どのスキルで回ろうか、この組み合わせなら強いんじゃないかと、常に考えて中毒のような状態になっている。もう失明するまでやってたいと思わせるゲームだ

 

この中毒性で言えば、この「ディアブロ3」はスマホゲームに似ているところがあると感じている。自分もこの「ディアブロ3」を始める前は「ファイナルファンタジーレコードキーパー」というゲームをプレイしていた。だが、久しぶりにPS4の超高画質で快適にプレイしてみて、小さい画面でちまちまゲームしているのが馬鹿らしくなって、いまではほとんどやってない。

たしかにPS4本体+ソフトの代金は安い買い物ではないが、正直いつ自分が「廃課金者」と呼ばれる人間の仲間入りするのか内心ビクビクしながらプレイしていたのでいい機会だと思う。何万円使っても終わることのないスマホゲームと、本体代金とソフトの代金8000円で大画面超高画質でゲームがやり放題の「ディアブロ3」なら、こっちのほうが経済的にも精神衛生的にもいい。

 

血はぶしゃぶしゃ噴き出るわ、おぞましい叫び声も聞こえるわ、モンスターはゾンビとか気持ち悪いものバケモンばかりでそういったグロ耐性のない人にはすすめられないが、モンハンとか無双シリーズが好きで、誰にも邪魔されることなく自由に自分の好きなキャラクターを際限なく強くしたいと思っている人にはかなりおすすめできるゲーム。 

 

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)