読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

絶頂時にゲロ吐く女の話

日記

むかしむかし、様々な人の想いが交錯するネオン街で人生で一度だけ俗に言う「お持ち帰り」をした男がいたそうな。3対3の俗に言う「合コン」なるものをして、意気投合した男女のペアがそれぞれ街へと消えていった。

俺が持ち帰った女性はひどく陽気に酔っ払っていて俺自身が酔っ払っていたのもあって「ウチで飲み直さない?」なんてナンパ物でよく目にするようなやりとりをしたあと、自宅へと招き入れた。

「スーパードライ」「カクテルパートナー」調子に乗って「白鶴まる」などを飲み、どうでもいい与太話に花を咲かせたあと、大人なので当然、夜の大運動会が始まる。

運動会は終盤に差し掛かり、彼女が跨って絶頂に達しようとした瞬間に事件は起こった。

「ああっつ...もうダメ...そこぉおおろろろろろろろおっろおろr」

彼女のゲロが俺の腹から股間にかけてぶちまけられた。

しかも上下上下...上くらいのタイミングで彼女が「そこぉおおろろろろろろろおっろおろr」ってなったもんだから結合部の隙間にまで「そこぉおおろろろろろろろおっろおろr」と吐き出したゲロが浸透しコンドムもろともぉおおろろろろろろろおっろおろr大変なことになった。もっと言うとそのタイミング「そこぉおおろろ「うっ」ろろろろろおっろおろr」くらいで「そこぉおおろろ「うっ」ろろろろろおっろおろr」くらいで俺も果てていたので「そこぉおおろろろろろろろおっろおろr」と彼女が吐いたゲロやらなにやらでベッドは地獄の池「そこぉおおろろろろろろろおっろおろr」池と化していた。

「そこぉおおろろろろろろろおっろおろr」と全てをぶちまけた彼女は上も下も絶頂し、ハァハァと息を切らしたあと程なくして眠りについた。俺は彼女が「そこぉおおろろろろろろろおっろおろr」と吐き出したゲロを片付け、その最中に気持ち悪くなって「うぉおおろろろろろろろおっろおろr」と自分も吐いてしまった。

それ以来、彼女とは連絡を取っていない。

 

関連記事