読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

人の子供かわいくない問題

悪口

人の子供が全然かわいくない。

「今日は二茶(ニーチェ)とパパと三人親子水入らずでプールに行ってきたよ♡いまは二人とも疲れてベッドで熟睡してる〜、二人ともそっくり♡(旦那と子供の寝顔写真)」

という糞どうでもいい文章とともにFacebookやLINEに投稿されるウンコみたいな子供の写真、汚ねぇピアスのいかつい親がウンコみたいな子供にキスしてる写真を見るたびに、全身にサブイボが出て身体中を掻きむしる毎日です。「いや、ブロックすりゃいいだろうが」という問いかけに対して言えることは「あいつらは一人みかけたら100人いると思え」というゴキブリ理論を提唱しておきます。

いや、そもそも写真だけじゃなく、人の子供の話が興味ねぇ。うるせぇ、どうせお前ら子供の前でタバコ吹かしてんだろ、頼むからパチンコ屋の駐車場に置き去りにすんなよ、まずその大事にしてるアピール止めやがれ。「日本三大聞くに堪えない話」としてマツコ有吉の怒り新党いつか投稿してやるからな。ちなみに、あとの二つは「喧嘩自慢」「女の下ネタ」です。

 

俺達が子供の頃は、それこそインターネットの普及がまだそれほどではない時代で、SNSなんていうものもなかったから「◯◯ちゃんかわいいわねー」なんて言われることはそれこそ近所のババアか身内かくらいのことだったんだけど、いまは、一億総SNS時代、Facebook、LINEで24時間いつでも自分の子供の写真の見せあい合戦が行われてるわけだ。で、匿名掲示板と違って「友達」、投稿された子供に対して「ブサイク」「ブス」なんていう辛辣なコメントはそうそうつかない、もし心の中で思っていたとしても、みんな他人には嫌われたくはないですから、当然当たり障りのない「かわいいー」「ちっちゃい」「目元がお父さんに似てるね」なんて猿の赤ん坊にでも言っているかのようペラいコメントを寄せる。これが「実名の妙」。

そういった意味では本当にFacebookは馴れ合いのツールとして素晴らしく、他人の子供云々だけじゃなく、タイムラインは毎日のように「充実した日々を過ごしている私を見てアピール」や「傷ついた私を誰か励ましてアピール」が繰り広げられている。

「はー、もう鬱。仕事2ヶ月目だけど辞めたいー、誰か飲みに誘ってー」

鬱病の人に謝れ。

「今日で浩二と6ヶ月記念日♡ケンカもいっぱいしたし、疑ったこともあったけど、これからも仲良くやろうね♡(二人のプリクラ写真)」

うるせぇ、大きめのトラックに撥ねられろ。

「今日で浩二と60年3ヶ月記念日♡今日は老人会のあとにカラオケ行って、久しぶりにプリクラ♡40年ぶりくらいかなぁ〜。いっぱい辛いこともあったけど(意味深)楽しいこともたくさんあったね。。。今日まで本当にありがと♡これからもよろしくお願いします♡(二人のプリクラ写真)」

やるならここまでやれよ。てめぇらたいがい次の月には別れてんじゃねぇかよ。どうせ来週には「はぁ。。。恋愛ってなんなのかな。。。?」とか投稿するんだろうが。知りたきゃ禅寺で3日4日修行してこい。

で、なにが一番厄介かって言うと、これ系の投稿をするような奴は高確率で自分の子供の写真も投稿するっていうこと、しかもだいたい本人含め別にかわいくねぇ。なんなの?自分のこと新垣結衣か石原さとみかなんかだと思ってんの?えっ?違うよ?

「自分の子供は目に入れても痛くない」なんて言いますが、他人の子供は視界に入っただけで痛いと思う人もいるっていうことをわかってくれ。だって、俺の奥さんが産んだ子供じゃねぇし、俺の精子じゃねぇし、お前ら家族のバックボーンが1ミリも見えない状況でいきなりバーン!とガキの写真だけ見せられても「は、はぁ」としかならねぇのは当たり前だろうが。

 

…もし、これを読んでいる方で自分の子供の写真を投稿してしまっている方がいるのなら、このことを今一度じっくり考えてから投稿してほしいと思います。そして、少しでも「自分の子供の写真を載せることで不快になる人がいるんだな」と思ってくれたのなら、僕たちもあなたの子供を他人のかわいくない子供だとは思わないでしょう。

なぜなら私たちはみな、母なる大地の人の子なのですから...。


大地讃頌

 

ぢごぷり(1) (アフタヌーンコミックス)

ぢごぷり(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 

関連記事