読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

炎上と女は馬鹿がモテるが賢い女と馬鹿な男はモテない

悪口

炎上と女は似ている。

ブログやツイートを炎上させたければ端的に言うと馬鹿なフリをすればいい。言ってはならないことを言う、やってはやらないことをやる。いやお前絶対それやったら怒られるってわかってやってるだろ、とみんなわかっているはずなのに馬鹿なことを言うブログやツイートを放ってはおけない。そして炎上した奴は誰も聞いてないのに自分で炎上したことを自慢気に報告する。これは女の「私天然だから」に似ている。

そう、男の気を引きたかったら馬鹿を演じればいい。あからさまな自慢や豆知識を披露する男に対して「それ知ってる、それ間違ってる」と言うより、合コンさしすせそ「さすがですね、知らなかった、すごい、センスいい、そうなんだ」と馬鹿なフリをした方がモテるのは火を見るよりも明らか。大抵の男は自分より賢い女とは付き合いたがらない。賢い女はモテない。

男は違う。知らないと「そんなことも知らないの」と罵られ、やってはいけないことをすると「お前本当に馬鹿だな」と誰も目を向けてはくれない。だから「ネットでは...ネットでは」とたわ言を繰り返し、馬鹿な記事、馬鹿なツイートをアップする。でもネットで炎上して沢山のコメントをもらっても、現実では馬鹿な男は悲しいくらいモテない。だからまた馬鹿な記事、ツイートをアップする。サイクル。

『ちびまる子ちゃん』で考えてみてほしい、まる子は普段から頓珍漢なことをしていつも叱られているのにも関わらず、そんなまる子を周りは放ってはおけない。自分のことをアダ名で呼ぶという地雷女もとい究極のぶりっ子をしていても、いつもまる子の周りには人が集まる。それはまる子が馬鹿だからだ。クラスで力のある男子である花輪や大野、杉山のどうでもいい自慢話にも凄く素直なリアクションを取りおへそをちらりとすることで、彼らの気を引く。二人きりで遊んだり、家に招かれたりもする。そう、まる子にとっては男の気を引くことなど息をするより簡単なこと。

しかし、みぎわや冬田、前田はどうだ。成績優秀、真面目で責任感もある。しかし、男からは煙たがられいつも孤立している。賢いからだ、男は彼らのような賢い女性を側に置くことで感じる劣等感には耐えられない。

山田、はまじ、ブー太郎はどうだ。三人共真性の馬鹿で女からモテる要素は一切感じられない。それどころか、いつも邪魔者扱い。電車の中で一人でぶつぶつ何かに怒っている酔っ払いのオッサンにはだれも近づかない。

みんなアララの呪文が使えればいいのにね。
じゃあ、これから豚の頭やら臓物やらを客席に投げ込むバンドのライブにいってきます~。

 

関連記事