読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

トイレ「いつもキレイにご使用いただきありがとうございます」

悪口

トイレ「いつもキレイにご使用いただきありがとうございます」

いやいや、そんなわけないじゃないですか。コンビニ、スーパー、居酒屋のトイレなんて人のモラルが唯一行き届かない場所じゃないですか。いわゆる魔空間じゃないですか。言ったら店舗とか公共施設のトイレなんて自分んちより自分んちですよ。なんせ自分で掃除しなくていいんですから。全裸になってる奴もいるかもしれないし、メシ食ってる奴もいるかもしれない。トイレの水がぶ飲みしてるかもしれない。ナニしてるかわかったもんじゃないですよ。バーリトゥードですよ。夢の超合体スペシャルですよ。そんな場所キレイに使ってるわけないじゃないですか。 たまにわざと便器避けて用足してるんじゃねえかってときすらあるじゃないですか。

あれですか、元々汚い街でゴミのポイ捨てが酷いから街中キレイにしたらそれまでポイ捨てしてた連中がゴミ捨てづらくなってポイ捨てが減ったみたいなそういうよくわからない美談のアレですか。

それともあれですか、美人に「ブス」とか言えば普段男からテヤホヤされてる美人から特別視されるとかいう恋愛なんちゃら学の類のアレですか。アホか、普通に褒めたほうが好かれるに決まってんじゃねえかよ。

全然キレイに使われないからって嘘ついて逆張りとかやめてくださいよ。普通に「なるべく汚さずにお使い下さい、また使用後はきちんと水を流していただきますようお願い申し上げます」って書いてくださいよ。余計な小細工なんて無駄どころか逆効果ですから。ブログの最後に「この記事が気に入りましたらシェアしていただけると励みになります」って書いてたらすげーイライラするじゃないですか。あれと一緒ですから。うるせえ知らねえよ、お前の励みのためにシェアするわけじゃねえ、そもそも誰だお前ってなるじゃないですか。自分を殺そうとしてる人間に「今日もあなたのおかげで生きています。ありがとうございます」って言っても絶対殺されるでしょ。メッタ刺しにされますよ多分。

なんでトイレ入ってまで心理戦繰り広げないといけないんですか。夜神月だってトイレじゃ新世界のこと忘れてますよ。勘弁してくださいよ、汚す奴はなに書いてたって汚すんですよ。

(このエントリは飛び散っている他人のウンゲロを見ながら書かれた)

 

関連記事