読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

漫画『フラジャイル』感想

漫画 / アニメ
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(1) (アフタヌーンコミックス)

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(1) (アフタヌーンコミックス)

 

TOKIOの長瀬智也主演で絶賛ドラマ放送中なんでこの前漫画喫茶に行って読んだんですけど、『ドラマ』というものが大好きなんであんまりこういうことは言いたくないけど漫画の方が普通に面白かった。

とりあえずこれ、漫画から入った人は違和感凄すぎて観てらんないだろうなって思ったのが、主人公の岸の決め台詞「君が医者でいる限り、僕の言葉は絶対だ」っていうやつドラマほど言ってなかった。ドラマだと「おはよう」「おやすみ」のあいさつ感覚で多用されてるのに漫画だと俺が読んだとこまでだと一回しか言ってないでやんの。というよりドラマのフラジャイルは分っかりやすい勧善懲悪モノとして描かれてるけど、漫画の方はそんな単純な話ってわけでもなくてむしろ岸が特定の医者に対してブチ切れてることはドラマほどはなかった。ドラマの過剰な勧善懲悪の感じ完全に一話の手塚とおるに引っ張られてる感じがするんだけど。

最近の漫画原作ドラマの傾向で顕著なのが漫画以上にドラマが悪は悪として、正義は正義としてバカはバカとして、ドジはドジとしてわかりやすくデフォルメされてるのはちょっとやりすぎじゃねえかって思ってて、ちょっと前だと「きょうは会社休みます。」っていう少女漫画が綾瀬はるか主演で実写化されてて、主人公の花笑がドラマだとこれ以上ないくらいコミュ障キャラになってて1話で観るのリタイアしたんだけれどもあそこまでキャラ変しちゃうとただ「30過ぎの行き遅れセカンドバージンが大学生と付き合う」っていう設定だけいただいた別物になってて原作にとってもドラマにとってもマイナス面デカい気がする。

ただ、別に個人的は実写化どんどんやれ派なんで原作と全然設定変わっててもそこまで気にならない方だったんだけど「きょうは会社休みます。」に関しては綾瀬はるかが全然好きじゃないっていう理由がデカい。フラジャイルに関してはズイショさんも書いてたけど武井咲がめちゃくちゃ可愛く仕上がってるおかげでまったく苦もなく観続けられそうなのでやっぱり実写化は俳優目当てて観るのが楽な観方なんだと思った。

ただ、ドラマは「CMのあと、患者の気持ちを弄ぶ悪医者に岸の鉄槌が下る!」みたいなのに毎回凄いゲンナリ。誰が得すんのアレ。考えた奴ゲーム機バキバキにされろ。あとこの先で一番懸念してるのがおそらくドラマ終盤で描かれるであろう火箱のエピソードで、ドラマだとちょい役だと思ってた火箱が結構物語の根幹に関わるような大事なエピソードを担ってて、火箱役やってる松井玲奈の演技力は良く知らんけど、なんか観るたびに顔が違っててかわいいんだけど大丈夫かと思う。

 

関連記事