読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

感想と悪口のかんそうブログ。札幌

広告

ビール不味い

日記

僕は酒の席ではもっぱらビールばっかり飲むんですが、二十歳でビールを飲み始めてこのかた、ただの一度も心の底から「ビール美味い」と思って飲んだことがない。

ビールというか酒全般に言えることで、何故酒が不味いと感じるかというと「苦い」からに他ならない。それでもビールを飲む理由は基本的に炭酸飲料が好きなのと、ビール以外に食べ物と一緒に飲める酒が思い当たらないから消去法で仕方なく口に入れてるフシがある。日本酒・焼酎は飲むとすぐ気持ち悪くなるし、ワインはあの渋味がどうしても苦手、カシスオレンジなんかのカクテルは逆に甘すぎて食事と一緒にはとてもじゃないが飲めない。

それなら酒飲まなきゃ良いのに、と思われるかもしれないがあの「酔っ払う」という行為自体は嫌いではなく、頭がボーっとして気持ち良くなる感じは好きだ。あと酔うと心が広くなり多少のことは許せてしまう。飲みニケーションに否定的な人もいるが一緒に酒を交わしてこそ話せないこと、わかり合える部分はやっぱりあると思う。それで言うと俗に言う「酔うとブスがかわいく見える」という現象もバッチこい、むしろ酔ったくらいでかわいく見えるならこんなに幸せなことはない、とも思う。アルコールは女の最高の化粧なのかもしれない。だからウーロン茶や水はよっぽど気持ち悪くなったり、口の中が気持ち悪くならない限りは手を出さず、酒の場では出来る限りビールを飲み続けるようにしている。

そんな感じなのでよく言う「ビール」「発泡酒」「第3のビール」の違いがまったくわからない。味の違いはなんとなくわかるのだが、これがビールでこれが発泡酒でこれが第3のビールと言われなければ区別がつかない。むしろ「美味しさ」で言えばメーカーによっては一番搾りとかエビスなんかのビールより金麦とかクリアアサヒのほうが美味く感じてしまう時がある。特に金麦は個人的にあまり苦味が少ないと感じ、他のビールに比べゴクゴクと飲めてしまう。とはいっても、「苦い」ことには変わりないので「美味い」わけではない。

こうやって書けば書くほど自分は「苦い」からビールが苦手なんだなと再確認する。ただ、さっきも言ったようにビールの喉に炭酸がシュワシュワと残るあの感じは割りと好きなので、苦味さえクリアすることができればビールを心の底から「美味しい」と思えるのではないかと、どこかに「苦くない」ビールはないかと思って色々探したところビールとジンジャーエールを混ぜた「シャンディガフ」、ビールとトマトジュースを混ぜた「レッドアイ」などの『ビアカクテル』なるものがあると知って挑戦してみたがダメだった。やはりジンジャーエールもトマトジュースも少し甘みがあるので食事、ピザやフライドポテトならまだいいが、特に和食や焼き肉にはイマイチ合わず、しかもそういう大衆居酒屋や、焼肉屋にはそもそもシャンディガフもレッドアイも置いていないことが多いのでやはりスタンダードには成り得なかった。特にレッドアイに関してはいつだったかレッドアイをしこたま飲んだであろう人がエレベーターに赤いゲロを撒き散らしていたことがあったのであまり良い思い出はない。その散乱した赤い嘔吐物を見ながら「ああ、やっぱり俺はこれからの人生もビールを飲み続けるしかないんだろうな」と思った。なんか良いお酒あったら教えてください。それで言えば最近CMでよく目にする「薫るエール」ってやつは気になってます。

なんてことを岡村靖幸の『カルアミルク』を聴きながら考えてた。この人は常に酔っ払ってる。

追記︰色々アドバイスありがとうございます。


岡村靖幸 カルアミルク 【Live Version】