読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

ドラマ『火の粉』感想

テレビ / 映画

土曜の深夜にやっている『火の粉』というドラマがめっちゃ面白いんです。主演はユースケ・サンタマリアで、殺人容疑をかけられたが無罪になった元被疑者が判決を下した裁判官・梶間(伊武雅刀いぶまさとう)の隣に引っ越してくるという話なんだけど、ユースケ・サンタマリア演じる武内さんに徐々に家族が支配されていくという息をもつかせぬサスペンスドラマなのです。

tokai-tv.com

ユースケ・サンタマリアさんと言えば、八嶋智人、勝村政信、大泉洋とともに「なまじ芸人よりトークが達者で好きな人は好きだけど嫌いな人は死ぬ程糞ウザいバラエティ俳優四天王」として芸能界に君臨していますが、普段はともかくイカれた役をやらせたら凄く味のある俳優さんだと思います。この四天王のみなさんは普段の言動から「胡散臭いオーラ」がにじみ出ているので(褒め言葉)、こういうなに考えてるかわからないイカれサイコ野郎の役をやらせたら最高に魅力的で、今回の「火の粉」もマジでユースケ・サンタマリアさんの顔のやつれが凄くて「コイツ、リアルでもなんかやってんな」と思ってしまうほどのリアリティがあって非常に良いです。

なかでも特に好きなシーンは武内さんが自宅でバームクーヘンを焼きながら「おいしくな〜れ、おいしくな〜れ」とブツブツ呟くシーンがあるのですが、そのさまが「ねるねるねーるね」の魔女のババアにしか見えないので毎回爆笑必至です。

また、そのユースケ・サンタマリアと負けず劣らずの違和感を醸し出しているのが武内を付け狙う男・池本を演じる佐藤隆太さんで、どうしても前クール「ナオミとカナコ」の中国人・林さんのイメージが抜けず画面に出るだけで噴き出してしまうので大変です。いつ「シ、シライサンニワタシノツクッタショウコウシュノンデモライタイデス」と言ってしまうのかワクワクとドキドキが止まりません。

あと僕は伊武雅刀(いぶまさとう)さんの名前がツボで聞くたびになぜか笑けてくるのでサスペンスではあるのですが個人的には笑いの絶えないとてもハートフルなドラマとして毎週楽しみに鑑賞しています。

火の粉 DVD-BOX

火の粉 DVD-BOX

 

ドラマ・映画見放題初月無料

初月無料キャンペーン中!【フジテレビオンデマンド】

U-NEXT(ユーネクスト)ビデオ見放題&音楽聴き放題30日間無料トライアル 

TSUTAYA DISCAS「ネット宅配レンタル+動画配信」の「無料お試し」

関連記事