読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

こち亀名曲ランキングベスト15

音楽

natalie.mu

ちびまる子→サザエ→こち亀→(GTO、学校の怪談、中華一番、ONE PIECE)→笑う犬 

という所謂「勉強なんてできるわけねぇだろそりゃゆとり世代頭悪いだろうが」コンボを身を以って体験した者としては期待せずにいられないので、再びのアニメ化を記念してこち亀主題歌ランキングをします。

タイトルがリンクになっているので気になったらどうぞ。

 

 

15位 こちら亀座の女 山田修とハローナイツ 第4オープニング

場末のスナック感がたまらん曲。サビがシャ乱Qっぽいなとか思って調べたら作詞作曲つんくでたまげた。聴けば聴くほどこち亀1ミリも関係ねぇ。

 

14位 "Kyun" 佳苗 第5エンディング

こち亀のエンディングはなぜか王道ラブソングが多い。ブーメランパンツからバナナ出す刑事の話のエンディングにこれ聴いてどうしろっつーんだよって思ってた。昔好きだった娘がカラオケでこれ歌っててわかってるなコイツと思ってた。そんな上から目線の態度が彼女は嫌だったのかもしれない。

 

13位 ブウェーのビヤビヤ 所ジョージ 第4エンディング

所ジョージは芸人として一回も笑ったことないけど歌詞なに言ってんのか全然わかんねぇけどアレンジ寒いけど耳に残る曲作らせたら本当に凄い。コブクロも一番の名曲は未だに『毎朝、ボクの横にいて。』だと思ってる。

 

12位 だまって俺についてこい 天童よしみ 第5オープニング

歌詞もそうだけど、イントロの「テッテレー、ポパポパポテッテレー、ポパポパポ、テッテレテッテー」が否応無しに「テレビを観る時は部屋を明るくして離れて観てくれよな!」を脳に刻み込んでるからこれは一種の洗脳だ。

 

11位 渚の女王様 夏が来た! 女王様 第1オープニング

改めてCDで聴いたらなんかめっちゃ爆笑してしまってカラオケ行ったときにこれ入れたらオープニング映像だと思ったらよくあるわけわからん男が散歩してる映像でド滑りした。イントロのアルペジオ?かっこいい。初期の中川はナチュラルにイカれてて良いよね。

 

10位 ナイスな心意気 嵐 第8エンディング

意外とこの時期のこち亀の話とマッチしてて凄いグッとくるエンディングだった。「とまどいながら」の次に好きだ。

 

9位 スマイル ホフディラン 第1エンディング

気持ち悪ぃ歌だなって当時は思ってたんですけど、大人になって聴いたらもっと気持ち悪ぃ曲だった。途中で「きっもちわりっ!」って言っちゃった。なにこの喉奥に纏わりつくような違和感、でも嫌いになれねぇ。

 

8位 Everybody Can Do! TOKIO 第2オープニング

爽やかすぎるだろ「こち亀」よりどっちかっていったら「逮捕しちゃうぞ」っぽいなって思ってた。

 

7位 葛飾ラプソディー 堂島孝平 第3オープニング

もうなんも言うことない。大人になったいま聴いてご覧。泣くから。「なくして気がついた馬鹿な俺だから」とかもう。

 

6位 いいことあるさ THE COLLECTORS 第2エンディング

いいんだこの曲。良い意味で「こち亀」のエンディングにしておくには勿体無いです。ウルフルズさんカバーしてください。

 

5位 君と僕 The LOVE 第6エンディング

だから誰目線なんだよお前これ。眉毛つながった金にがめつい警官とその仲間が繰り広げるドタバタ人情コメディのエンディングの曲じゃねぇだろ。あれか左近寺が沙織に対する気持ちを歌った曲だとでも言うのか?そうか。そうなんだな?じゃあそう思って聴くぞ俺は。あれ涙が…。

 

4位 おいでよ亀有 両津勘吉とこち亀うぃ~ん少年合唱団 第4オープニング

別に曲自体は好きでもなんでもないけど、イントロ聴いただけで勝手に歌詞が頭ン中に流れ込んでくる。同世代ほぼ全員ソラで歌える大名曲。

 

3位 毎日、ノープロブレム 小町&奈緒子 第7エンディング

ずっと「イランイランってなんだよ」って思ってた。調べないですけど。俺基本的にキャラソングあんま好きじゃないっていうか嫌いなんですけど、この曲はなんか聴いちゃう。

 

2位 淑女の夢は万華鏡 奥菜恵 第3期エンディング

昨日テレビ出てたんですけど奥菜恵が死ぬほど綺麗で衝撃受けて思わずテレビに向かって「お、お美しい」って呟いてそれからCDでこの曲聴いたらなんかもう「ありがとうございます振り込みます」って気分になった。

 

1位 気持ちだよ 吉田拓郎 『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE』主題歌

生涯名曲ランキングに挙げたいくらい好きだ。「ああ、俺生きてるなぁ」と実感する。聴くと大人になれる。歌ってることは確かに綺麗事にすぎないんだがそれを絶対に否定しちゃいけない、そんなことを思う。

 

 

以上です。 

f:id:ikdhkr:20160903213411j:plain

関連記事