読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

『キングオブコント2016』感想

テレビ / 映画

全組のネタと点数。※ネタ名は勝手に付けました。

 

1stステージ

1.しずる「刑事」 

設楽統 90

日村勇紀 92

三村マサカズ 88

大竹一樹 88

松本人志 85

合計 443

 

2.ラブレターズ「野球拳」

設楽統 92

日村勇紀 84

三村マサカズ 82

大竹一樹 84

松本人志 82

合計 424

 

3.かもめんたる「念」

設楽統 89

日村勇紀 90

三村マサカズ 88

大竹一樹 89

松本人志 88

合計 444

 

4.かまいたち「監禁」

設楽統 90

日村勇紀 93

三村マサカズ 92

大竹一樹 93

松本人志 90

合計 458

 

5.ななまがり「茄子」

設楽統 88

日村勇紀 89

三村マサカズ 85

大竹一樹 88

松本人志 80

合計 430

 

6.ジャングルポケット「トイレ」

設楽統 94

日村勇紀 93

三村マサカズ 94

大竹一樹 91

松本人志 94

合計 466

 

7.だ〜りんず「父子」

設楽統 85

日村勇紀 84

三村マサカズ 86

大竹一樹 87

松本人志 89

合計 431

 

8.タイムマシーン3号「金出せ」

設楽統 90

日村勇紀  89

三村マサカズ 87

大竹一樹 89

松本人志 90

合計 445

 

9.ジグザグジギー「食堂」

設楽統 88

日村勇紀 84

三村マサカズ 89

大竹一樹 88

松本人志 84

合計 433

 

10.ライス「取引」

設楽統 92

日村勇紀 95

三村マサカズ 93

大竹一樹 91

松本人志 95

合計 466

 

2ndステージ

1.かもめんたる「ヒッチハイク」

設楽統 87

日村勇紀 88

三村マサカズ 88

大竹一樹 89

松本人志 87

合計 439(883)

 

2.タイムマシーン3号「演劇」

設楽統 88

日村勇紀 88

三村マサカズ 88

大竹一樹 88

松本人志 85

合計 448(893)

 

3.かまいたち「ホームルーム」

設楽統 90

日村勇紀 92

三村マサカズ 91

大竹一樹 93

松本人志 90

合計 456(914)

 

4.ライス「レストラン」

設楽統 94

日村勇紀 95

三村マサカズ 92

大竹一樹 94

松本人志 95

合計 470(936)

 

5.ジャングルポケット「余命」

設楽統 88

日村勇紀 94

三村マサカズ 91

大竹一樹 95

松本人志 96

合計 464(930)

 

 

観ましたー。

一言で言うと凄い癖が強い大会でした。ほぼ無名のライスが優勝っていうわかりやすいサクセスストーリーっぽい雰囲気は出てたんですけど終始、異様な雰囲気だった気がしました。

っていうのも、ほぼ全組が同じ構成のコント(一個のフレーズ、設定を繰り返して笑いを取る、かつ片方が終始ほぼ無言)で、腹抱えて笑ったネタ(かまいたち 1本目、2本目、タイムマシーン3号 1本目、ジグザグジギー 1本目)もあれば、「頼むから早く終われ」って思ったネタもあってなんかずっと落ち着かなかったです。天丼ネタって自分もブログ書く時よくやるんですけど、これってその芸人が面白いつまんないって言うよりはギャンブルみたいなもんで、結局0か100かじゃないですか。最初の一言目でウケれば後は転げ回るくらい笑えるし、最初でハマんなかったらその時間が苦痛以外の何者でもない。現に、一緒に観てた友達はジグザグジギーの時なんか俺が爆笑してた横でめっちゃ苦い顔してたし。ジグザグジギーは、なぜかいっつもテレビ的にもとことんハマらないのが悲しい。

しかもただ笑えないんならまだしも、文字通り汚い糞ネタとかキチネタが多かったんでそれも時間帯考えるとかなりキツい。ただ、それって運良くウケりゃあ無限にウケ続けるチートなんでやりたくなる気持ちは痛いくらい分かる。でも、今回は同じのようなネタが続きすぎて正直クドくてしょうがなかった。だからこそ、逆に割と正攻法的なジャンポケ、ライス1本目、タイムマシーン3号のネタなんかはそのお陰もあって安心できて会場からも受け入れられてたと思うんですけど、その中でもライスの1本目は俺はクスリとも笑えなかった。その代わり2本目はそのチートががっつり効いて今日一番面白かったし、優勝も納得できるから笑いは本当によくわからん。

あと、滅茶苦茶芸人泣かせだなって感じたのが、1本目のだ〜りんずのネタで「童貞だ!」ってボケの方が叫んだ時にウケたいはずなのに客席から悲鳴が上がってて、本人達じゃないけど死にたくなりました。そこがウケないっていうのはそもそもの実力とか知名度とか色んな要素があってマジに受け取られた結果の「ヒィヤァ〜〜」なんだろうけど、童貞押しでいきたいのにもうあれが上がっちゃったらもうやってるほう地獄だろうなと。それで言うと、優勝経験者で芸風も知られてる筈のかもめんたるのネタで悲鳴が上がってたのは滅茶苦茶可哀想でした。

逆に知名度が有利に働きすぎてたのがジャングルポケットで、ネタやる前からある程度ウケることも約束されてて、フォーマットも固まりきってて変に冒険もしないからほんとズリーな、もうネタやらなくてもいいわって感じで『M-1グランプリ2015』のトレンディエンジェルのときと同じようなことをみたいなことを観てて思ったし、逆にハライチが変化させてきてダダ滑りしたことを思い出してなんとも言えない気持ちになった。(俺はハライチのネタ大好きだった)

それと、こういう賞レース観るときに思うのが「テレビで披露したことあるネタ問題」で、今回で言うと「タイムマシーン3号 1本目」「かまいたち 2本目」「ジャングルポケット 2本目」でタイムマシーン3号とかは『有吉の壁』で何回かやってたりしたのかな、ジャングルポケットは最近どっかで観た気がするけど思い出せない。かまいたちの2本目はあらびき団とかけっこう至るとこで勝負ネタとしてやってるイメージがあって、多分かまいたちで一番有名なネタで俺も初めて見たときから死ぬ程笑った大好きなネタなんですけど「おおお!これキングオブコントでやってくれんの?」って思う反面「そんな昔のネタやっていいの?」っていう違和感もあった。そりゃあ自信のある一番のネタをやるのは当然なんですけど。てゆうか、チャンピオン制服盗んで捕まってるのによくアレやったな。

てな感じで、全体的にしつこくてクドい大会で、多分苦情もわんさか来てるでしょうがライス2本目の「俺がおしっこ漏らしちゃったんだろうがよ」が来た時の心撃ち抜かれた感じが気持ち良すぎて、あれを味わえただけで4時間観続けた甲斐がありました。でも、いかんせん悲しいくらいルックスにインパクトがなくてどっちも「じゃない方」っぽいのでこれから売れるのかはわからん。おわり。

 

関連記事