かんそう

テキストサイト。20代後半男。札幌

広告

『M-1グランプリ2016』感想

『M-1グランプリ2016』の感想です。

 

 

1.アキナ

松本人志 87 オール巨人 92 上沼恵美子 89 中川家礼二 89 博多大吉 89  計 446

予選でもずっと一貫してこのネタやってたってことは相当気に入ってたのか、イケる核心があったんだろうなとも思った。ボケの山名の「人舐めてる感」が全身からじんじん滲み出てるのが面白い。「5歳ど真ん中走せてもろてます」は何回観ても笑う。

 

2.カミナリ

松本人志 89 オール巨人 91 上沼恵美子 81 中川家礼二 90 博多大吉 90 計 441

一番好き。ひっぱたかれた後の坊主のキョトン顔がめちゃくちゃ面白い。やってることずっと一緒で多分飽きるのも一番早いんだろうけど、パターン変えないんだったら多分来年からは出られそうにないので今年くらいは第2ラウンドまでいかせてやってほしかった。ぶっ叩くネタが嫌いなのか点数出た瞬間は「上沼ボケこの」と憤ったけど、冷静に考えたら仮に上沼恵美子が95つけても上がれてなかった。敗退後の「カミナリじゃねぇなぁ!」はゲラゲラ笑った。

 

3.相席スタート

松本人志 84 オール巨人 87 上沼恵美子 90 中川家礼二 88 博多大吉 87  計 436

いつみても面白いし、優勝しなくてもちゃんと売れるんだろうなぁと思った。ただ賞レース的にはやっぱり畳み掛けるネタのほうがどうしても有利になるのはしょうがない。「ホームに帰りたい」のくだりとオチの「タマの捌き方次第」の落語っぽい感じが好き。

 

4.銀シャリ

松本人志 95 オール巨人 96 上沼恵美子 95 中川家礼二 91 博多大吉 93 計 470

ゴッドタンとかでちょいちょい見かけてた時からずっとめちゃくちゃ面白いし、今回も多分一番ウケてたと思うんだけど好きじゃない。橋本の「おもろいツッコミ言ったった感」すげぇ嫌い。「地主」気に入ってんか2回言ってるとことかもすっげぇ嫌い。この辺は感覚的なもんで難しいんだけど、飲み会であんまり好きじゃない奴がドッカンドッカンウケてて悔しいみたいな。でも面白いから笑う。悔しい。

 

5.スリムクラブ

松本人志 90 オール巨人 85 上沼恵美子 89 中川家礼二 89 博多大吉 88  計 441

まさか決勝上がるとは思ってなくて予選動画すらチェックしてなかったんだけど、結局最後までよくわからなかった。そもそも最初の「アンダー18の天狗」がガサガサ言っててよく聞き取れなくてそのままふわ~っとした感覚のままオチまで観てた感じだった。ただ、俺はスリムクラブのボケ終わったあとの沈黙が大好きなので1ボケに対して30秒沈黙みたいなネタが観たいです。

 

6.ハライチ

松本人志 85 オール巨人 91 上沼恵美子 93 中川家礼二 88 博多大吉 89 計 446

予選で観た時とだいぶ変わっててビックリした。予選では序盤こそ一緒で、中盤からは自然にいつものノリボケにシフトチャンジするっていうネタだったから、最後まで岩井がボケ倒して終わって面白かったんだけど変な感じになった。多分そのパターンは2回目にとっておきたかったんだなぁって思うと2回目を見据えなきゃいけない難しさみたいなのをすごい感じた。

 

7.スーパーマラドーナ

松本人志 89 オール巨人 90 上沼恵美子 93 中川家礼二 95 博多大吉 92  計 459

田中が異常者っていうフリを散々見せておいて最後に、っていうのは思わず拍手したくなった。2本目だったら優勝してたんじゃないか。どっちも絶対近寄りたくないタイプでこういう人達が見られる漫才って最高だなと思った。

 

8.さらば青春の光

松本人志 90 オール巨人 87 上沼恵美子 91 中川家 礼二 90 博多大吉 90  計 448

イタトンとか、数字の数え方延々言うとか、面白いと思った響きとかフレーズで押してくの好きすぎだろっていう。予選でやってたジャックと豆の木とかヘタクソな悪口みたいなネタのほうが好きだったのでそっちが観たかった。

  

敗者復活.和牛

松本人志 93 オール巨人 95 上沼恵美子 95 中川家礼二 95 博多大吉 91  計 469

和牛のクズネタが大好きなのでゲラゲラ笑った。和牛の水田も人舐めてる顔してるので好きだ。他の人がやってもこんなウケないと思う。

 

 

2回目

1.スーパーマラドーナ 中川家礼二

田中がぶっ叩かれて観客が悲鳴あげた後の武智の「痛くないように叩いてますから」「プロの技術で叩いてます」がずっと印象に残ってる。殴るだけじゃなく、それこそネタ中に入る「死ね」とか「殺す」みたいなワードも不快になったり感情移入して悲鳴あげる人間も一定数いるってわかってる上であえて使おうと判断した芸人の気持ちもすごいわかるし、敗者復活でもAマッソとか錦鯉とか死ぬ殺すネタが多かったのでみんな死を笑いに変えたいんだなぁと思った。

これからどんどん強いツッコミや強い言葉が言いにくくなって「もう死ね!」「でもねお客さん、ほんとに死ねなんて思ってないんですよ〜〜」とか毎回言わなきゃいけないようになったら嫌だなぁ。「お願い死んで〜、おむすび追いかけて谷底落ちて〜」で干されたザ・パンチを思い出す。

 

2.和牛 松本人志

最高だったしカエルの指輪のくだりとかめっちゃウケてたから優勝かと思った。なんか挙動がなめらかで見てて気持ち良い。代表作の料理のネタとかクラブ行くやつ意味わからんみたいな屁理屈ネタも大好きなんでそっちも見たかった。

 

3.銀シャリ オール巨人 博多大吉 上沼恵美子

感覚として「うんちくん」がピークで一本目よりかはウケてなかったので心の底で「よし!」と思う邪悪な俺がいた。鰻が星野源にしか見えない。鰻の恋ダンスが見たい。優勝おめでとうございます。(歯ぎしり)

 

  

去年に続いて全体的にめっちゃ面白かったんですけど、贔屓にしてる芸人がことごとく予選落ちしたのが残念でした。来年はAマッソ、とろサーモン、ニューヨーク、三四郎、かまいたち、東京ダイナマイト、ウエストランド、囲碁将棋、ヤーレンズが決勝いったM-1が観たいです。

あと、若手が人生かけてる裏で『クイズ スター名鑑』がジジイババア芸能人に無茶やらせてそれを中堅芸人がゲラゲラ笑うっていうコントラストが面白くて、「テレビって良いなぁ」と思いました。