かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

俺の考えた最強の芸能人座席表

以前、Twitterで「妄想上の芸能人座席表」が流行っていてつねづね「なんでてめぇが女(男)だったらクラスメイト男(女)しかいねぇんだよ、ちゃんと男女比率5:5にしろや不公平だろ」と思っていたのでちゃんとやりました。

f:id:ikdhkr:20161216161635j:plain

 

男子生徒

綾野 剛:投票で不本意ながら学級委員長に選ばれてしまった。周りに振り回されながらもなんとかクラスをまとめようとする。

生田 斗真:チャラいイメージがあるがクラスの誰よりも物事を客観的に見ている。かなり美人の姉がいる。

瑛太:お調子者でいつも周りを楽しませているクラスのムードメーカー。木村文乃に恋をしているがいつも相手にされない。

岡田 将生:成績も良くスポーツもでき、誰にでも優しいクラスの人気者。医者の父(矢柴俊博)が厳しく、いつも対立している。

小栗 旬:野球部のエース。基本的に部活にしか興味がないので問題ばかりのクラスを疎ましく思っている。

風間 俊介:優等生で教師からの評判もいいが、実はクラスメイト数名の弱みを握り苦しませている。実は家庭にのっぴきならない問題を抱える。

窪田 正孝:強がっているが誰よりもクラスでの自分の立ち位置を気にしている。ゲームがめちゃくちゃ得意。友達の前では母親のことを「お袋」と呼ぶが実は「ママ」と呼んでいる。

窪塚 洋介:なにを考えているかわからない不良。たまにしか学園に来ない。ケンカの実力はクラスでもトップクラス。

佐藤 健:PTA会長の母親(富田靖子)が厳しく、テストで良い点を取ることだけが自分の存在意味だと思っている。放課後は塾に通っているのであまりクラスに友達がいない。好きな女子(波瑠)の下着を盗もうとしたことがバレて風間俊介に弱みを握られている。

坂口 健太郎:端正なルックスでモテると思われがちだが、実は女子が怖い。その反動かあるアニメのキャラクターにドハマリしている。

菅田 将暉:ゴシップ好きでどんな事件にも首を突っ込みたがる性格。基本的に空気が読めないのでたびたびクラスを凍らせる発言をする。吉岡里帆のことが好き。

染谷 将太:あることがきっかけで不登校になってしまった。風間俊介に弱みを握られている。

千葉 雄大:そのかわいらしいルックスで女子生徒と仲が良い。上に二人姉がいる。風間俊介に弱みを握られている。

三浦 春馬:家が貧乏で母親(風吹ジュン)と兄妹たちを養うためにアルバイトに精を出している。しかし、本人はそんな苦労をおくびにも出さないのでそんな彼の性格を慕う者も多い。

東出 昌大:真面目な性格でバラバラになりつつあるクラスをなんとか変えたいと思っている。瑛太や岡田将生と仲が良い。ひとつ下の妹(森川葵)がいる。

平岡 祐太:クラス一のプレイボーイ。本田翼とは幼馴染。翼の気持ちに気づいていながらも素直になれず他の女子生徒と次々と関係を持つ。

三浦 翔平:クラスメイトと関わりを持とうとしない転校生。前の学校で信じていた親友に裏切られたことで心を閉ざした。 

 

女子生徒

新垣 結衣:明るい性格で男女ともに人気のある。生田斗真に恋をしている。土屋太鳳や木村文乃と仲が良い。父親(柴田恭兵)とは高校生になってからあまり話していない。

有村 架純:家が剣道場で一本気な性格。実は部屋はファンシーグッズで溢れていたり乙女な一面もある。

石原 さとみ:学園一のモテ女。だが本人にその気がなく、むしろ自分の外見にコンプレックスを抱えている。

衛藤 美彩(乃木坂46) :なによりもステータスを重視するタイプ。社会人の彼氏(松田翔太)がいることでクラスの女子を下に見ている。

川口春奈:周りに流されやすいタイプ。衛藤美彩や武田玲奈とはクラスで孤立するのが嫌でつるんでいる。

木村 文乃:サバサバとした性格で男女問わず友達が多い。キレると怖い。

多部未華子:地味な風貌だが、実はアイドルを目指していて土日はオーディションを受けたりしている。が、そのことが風間俊介にバレて弱みを握られている。

中条あやみ:美意識が高くモデル業もしている。実は病気の妹を抱えていてなによりも大事に思っている。

武田 玲奈:恋愛主義のイマドキ女子。生田斗真のことが好きで斗真と仲の良い結衣のことはよく思っていない。

瀧本 美織:お嬢様育ちで世間知らず。その発言から周囲をたびたび戸惑わせる。父親(堤真一)は少し過保護。

土屋 太鳳:陸上部のエース誰からも頼られる姉御肌の存在。中学生のとき足を怪我していて、またいつ陸上ができなくなるかもしれないという不安と戦っている。

長澤 まさみ:誰にも言えないある悩みを抱えているが誰にも打ち明けられていない。そのため、クラスでは少し浮いた存在だったのだが…。

波瑠:学年一の優等生。あまり揉め事には関わりたくないタイプ。木村文乃とは腐れ縁で意外と仲が良い。

広瀬 すず:何事もはっきりとした性格でつい余計な一言を口走ってしまう。近所の弁当屋の一人娘。

本田 翼:平岡祐太とは小さい頃からの幼馴染でずっと恋心を抱いている。しかし、あるとき偶然別の女子と祐太がキスしているところを目撃してしまい自暴自棄になりクラブに出入りするようになる。

松岡 茉優:はじめは過去のいじめがきっかけでクラスメイトと打ち解けようとしなかったが新垣結衣や木村文乃と関わっていくうちに変わっていく。実はお笑いが好き。

真野 恵里菜:見た目は遊んでそうに見えるが、実は真面目で保育士の夢がある。だが親に反対されたびたび衝突している。中学生のときのある事件が原因で風間俊介に弱みを握られている。

吉岡 里帆:天然で空気は読めないがかわいがられる存在。基本的に無防備で色んな意味でユルい。

 

 

教師

加瀬 亮(現代文):問題ごとにはなるべく首を突っ込みたくないと考える放任主義の教師。過去にある生徒との事件がきっかけで教育を信じられなくなった。

伊藤 英明(英語):元ブローカーという経歴を持つ異色の英語教師。そのルックスとコミュニケーション能力から生徒に絶大な人気を誇るが誰も知らない裏の顔を持つ。

山田 孝之(公民)無口だが、時々ボソッと核心的なことを言うクセ者。実はアウトドアが好きでアクティブな面もある。

西島 秀俊(理科):生徒の悩みにも親身になって相談にのり、生徒からの人望も厚いTHE・教師。だが、誰にでも良い顔をしたがるその性格をよく思わない者も多い。

松重 豊(古文):誰よりも長く学園にいる通称「学園の生き証人」。

長谷川 博己(数学):いつも理想の教育論を語るが、周りに流されがちな新任教師。

鈴木 亮平(体育):むさ苦しい熱血漢。その空気の読めない言動でたびたび学園に厄介事を起こす。

高橋 一生(数学):何事も論理的に話を進める教師陣の中でもかなりの切れ者。それ故に直情的な長谷川博己や鈴木亮平のことを下に見ている。

遠藤 憲一(用務員):用務員として学園に赴任するも、実は昔「伝説の教師」として名を馳せていた。

吉田 鋼太郎(書道):人の性格はその人物が書く「字」から滲み出ていると信じて疑わず、字の汚いものにはとことん厳しい。声が大きい。

滝藤 賢一(生活指導):そのネチネチとしつこい性格から生徒達から「マムシ」と呼ばれている。生徒の嫌がる顔を見るのが趣味の変態。

筧 利夫(地理歴史):真面目で不正は許さない性格。ネコが好きなどお茶目な一面もある。

戸次 重幸(音楽):表向きは「良い先生」として通っているが、実は生徒は自分が出世するための駒としか考えていない冷徹な顔を隠し持つ。

安田 顕(美術):基本的に自分の作品にしか興味がない変わり者。人の話を聞かない。

井浦 新(情報技術):生徒の裏情報には誰よりも詳しい。生徒である波瑠に本気で恋をしている。

 

斉藤 由貴(学年主任):生徒の服装や髪型などには人一倍厳しいが、誰よりも生徒思い。夫(野間口徹)とはあまりうまくいってない。卒業式では泣く。

深津 絵里(音楽):いつも生徒に振り回されている副担任。プロのピアニストになるのが夢だった。

三浦 理恵子 (保健体育、保健室勤務):その色気で男子生徒を虜にするが実は男性経験の少なさをコンプレックスに思っている。

山口 智子(家庭科):男勝りな性格だが料理や裁縫の腕は一流。虫が苦手。

榎本 加奈子(英語):なし崩し的に教師をしている現実主義者。だが情にもろい一面もある。

 

生瀬 勝久(教頭):生徒よりも学園の利益が最優先の事なかれ主義。校長の無茶ぶりにいつも頭を悩ませている。

津川 雅彦(校長):いつも飄々としていて本心が見えない人物。いきなり現れては突拍子もない提案を教師陣に投げかける。

 

あれですよね。確実に俺ハブられますよね。修学旅行の班決めで一人だけ余りますよね。

 

関連記事