かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

スマスマ最終回で友達と喧嘩別れしたことを思い出した

昨日、スマスマの最終回を観ていたらむかし、友達と喧嘩別れしたことを思い出した。

その友達もSMAPファンでよく二人でカラオケに行ってSMAPの曲だけをオンリーで歌う「SMAP縛り」をする仲。

 

俺「ふたりならヤレルヤ〜〜〜!!」

友達「イエーーーーイ!!!」

俺「やっぱり最高だな!」

友達「な!あ、そういえば一個気になったんだけど、「SHAKE」の出だしお前なんて歌ってる?」

俺「え?」

友達「いや、だから、SHAKEの出だしのキムタクのとこ」

俺「え?『プルゥ〜〜〜〜〜〜!ハァ〜〜〜〜〜〜!』?」

友達「そこ『True Heart』じゃない?」

俺「は?」

友達「いや『プルゥ〜〜〜〜〜〜!ハァ〜〜〜〜〜〜!』なんて言葉的におかしくない?本当の心って意味の『トゥルー・ハート』だと思うんだけど」

俺「いやいや、CD聴いても『プルゥ〜〜〜〜〜〜!ハァ〜〜〜〜〜〜!』って歌ってない?ここは意味のあるなしじゃなくてテンション上がって叫んでるだけでしょ?」

友達「いや絶対にトゥルー・ハートだって。キムタクが『プルゥ〜〜〜〜〜〜!ハァ〜〜〜〜〜〜!』とか意味のないこと言うわけない」

俺「だから意味とかじゃなくて、イエーイとかウォーと同じ心の叫びの現れとしての『プルゥ〜〜〜〜〜〜!ハァ〜〜〜〜〜〜!』じゃないの、難しく考えすぎだって」

友達「あ、もしかしてお前あれだろ、『がんばりましょう』の出だしも適当に歌ってんだろ」

俺「は?どういうこと?」

友達「いいから歌ってみ」

 

『がんばりましょう』

 

俺「『イヨォーーーゥ!ダダバダバダバダバダバダバダバダバダバダダダバダバーダッダダバダバダバ、アーホゥ!』」

友達「これだよ」

俺「は?」

友達「なにその適当な歌い方」

俺「いや『イヨォーーーゥ!ダダバダバダバダバダバダバダバダバダバダダダバダバーダダダバダバダバ、アーホゥ!』以外にどう歌うんだよ」

友達「そこは「Yo DaDa DaDa DaDa Daddy DaDa DaDa DaDa Daddy DaDa Daddy DaDa DaDa Daddy a Hot!(ヨゥー ダダ ダダ ダダ ダディ ダダ ダダ ダダ ダディ ダダ ダディ ダダ ダダ ダディ ア ホット!)だろ」

俺「はぁぁ?」

友達「ちゃんとこの部分にも意味があって「ダダ」ってのは赤ん坊が父親を呼ぶ時に使う言葉で「ダディ」も同じく父親を呼ぶ言葉、最後にホット、つまり、がんばりましょうっていう最高にアッパーなナンバーに子供の身体も火照ってるよお父さんって意味だと俺は解釈してる。なんだよ『イヨォーーーゥ!ダバダバダバダバダバダバダバダバダバダダダバダバーダダダバダバダバ、アーホゥ!』って」

俺「ごめん、意味がわからない、それ以上にちょっとこわい」

友達「え?本当にわからない?お前がこんなわかんねぇやつだとは思わなかったよ…もういい…歌えよ」

俺「えっ、えぇ〜〜…イヨォーーーゥ!ダバダバダバダバダバダバダバダバダバダダダバダバーダダダバダバダバ、アーホゥ!かっこいいゴールなんてさッ…」

 

 

それ以来こいつとは連絡を取っていないんですが、いまこの言葉を伝えたいです。

 

「俺達がそんなこと気にしてる間にとんでもないことになってんぞ」

 

関連記事
SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)

 
Clip! Smap! コンプリートシングルス(初回生産分) [Blu-ray]

Clip! Smap! コンプリートシングルス(初回生産分) [Blu-ray]