かんそう

テキストサイト。20代後半男。札幌

広告

『おげんさんといっしょ』で女装した星野源が俺の母さんだった

昨日NHKで放送されていたテレビ番組『おげんさんといっしょ』で女装した星野源がもろ俺の母さんだった。

 

f:id:ikdhkr:20170505123919j:image

 

えっ?か、母さん?おい…そこでなにしてんだよ、むつみ…。 

 

チャンネル変えて、そこに映っていた女を見て我が目を疑った。呆然としたままテレビ画面を眺め、そこに映っているのが俺の母さんではなく、星野源が女装した姿だと理解するまで10分ほどかかった。

 

www.kansou-blog.jp

www.kansou-blog.jp

 

散々、俺は星野源、いや、星野源という闇の呪縛に囚われている小鳥だと言ってきたが、まさか血の時点から星野源だったとは思わなかった。たぶん家系図辿ったら同じ百姓に行き着くと思うんだ、俺とお前は。それか、俺の祖先が暮らしてた村、星野源そっくりのヤマタノオロチに滅ぼされてる。

 

ただ、むつみの姿形してるんだったらちょっと番組内容考えてくれると嬉しいです僕は。序盤はいいでしょう、星野源が俺のオフクロってことは百歩譲って目を瞑る。生歌あり、トークありのゆる〜い番組だっていうコンセプトもまぁ、わかる。自分の音楽のルーツを辿るのもいい。『SUN』も『老夫婦』も『絹街道』も『恋』もそれは素晴らしいものだった。

高畑充希ちゃんになにやらせてんだてめぇら、っていうのも本人が臨んだ形なら俺は何も言うまい。マシューも細野晴臣も相変わらずだ。ニャンちゅうを小綺麗にしたようなネズミもまぁ、いいです。

 

ちゃぶ台ひっくり返したのは中盤の素人動画投稿コーナー。なにが悲しくて寝る前に知らん奴らのクシャミ延々と見せられなきゃならねぇんだよお前。小汚ぇオッサンのクシャミ、ガキの鼻水、サブカル女から始まりサライに乗っけてクシャミクシャミクシャミ…。じ、地獄!なにが楽しい地獄だよ。楽しくねーよ。

売れてるからって何やってもいいってわけじゃねぇからな。「星野源」っていうパッケージ挟めばこいつらなにやっても喜ぶと思ったら大間違いだからな。おい、星野源ファン確実に舐められてるぞ。お前達が声を挙げろよ。源ちゃんが面白いと思うことなら本当に全部私も面白いと思ってんのか。星野源が出したバナナなら無条件でかぶりつくチンパンジーかお前ら。

このコーナーに投稿した364人とは絶対一生関わりたくない。星野源好きすぎてマジでCrazy Crazyじゃねぇかよ。頼むから夢の外から出てこないでくれ。

 

あのコーナーが心底不快なのと、どうしても懐かしいあの笑顔を思い出すのでもうリアルタイムで観ることはないですが、録画の撮り溜めはしておきたいと思います。もし『ナンダカンダ』演るようなことがあったら呼んでください、時の速さで飛んでいきます。 

 

 

このことを母に電話して伝えたらすかさず「散ッ!!」って言って切られた。

 

www4.nhk.or.jp