かんそう

テキストサイト。20代後半男。札幌

広告

『ひよっこ』沢村一樹、ハナから記憶取り戻してる説

f:id:ikdhkr:20170824124304p:plain

 

実(沢村一樹)が奥茨城村へ帰ってきて数ヶ月経ち、恐ろしいくらいに平和な『ひよっこ』。ただ、俺にはどうも違和感が拭えない。嵐の前の静けさとでも言うのか、なにかがおかしい。

実が記憶を無くしたにしてはあまりにも馴染みすぎている…。もちろん家族であるみね子(有村架純)や美代子(木村佳乃)や村の住人たちが失踪以前となんら変わらない態度で実に接しているから、ということもあるが、それにしては実の言動の節々が引っかかる。

それで今日、宗男(峯田和伸)の妻である滋子(山崎静代)の「こうして喋ってると実さん、昔と全然変わんねぇな…」というセリフでピンときた。全てが繋がった。

 

 

節子の家を出た後の回想シーン

 

みね子「お、お父ちゃん…?本当に何にも憶えてないの?」

実「…みね子、美代子…。そのまま振り返らないで俺の話を聞け…」

みね子「えっ…お父ちゃん…?」

実「あんな…記憶喪失ってのは…真っ赤なウソだ」

美代子「実さん…?な、何言って…」

実「騙すようなマネして本当に悪かった…でもこれには事情があんだ」

みね子「…えっ、え?わ、わかんないよ、ちゃんと説明してお父ちゃん…」

実「…俺は襲われて金を奪われ行くアテもなく何日も街を彷徨ってた…。そこで偶然通りがかった路地裏で俺を襲ったチンピラに金を渡す女を見たんだ」

みね子「そ、それって…」

実「そうだ…川本世津子だ」

美代子「!?」

実「警察にはもちろん話したけど、そんな話誰が信じるって鼻で笑われたよ…。そこから俺は金を取り返すため、なぜこんなことをしたのかを問い詰めるためにあの女に近づこうと考えた。それであの女がいつも通る道で偶然を装って記憶喪失のフリしてたんだ…」

みね子「ちょっ、ちょっとお父ちゃん?なんの話してるの?」

実「あの女、川本世津子は恐ろしい女だ…俺の姿を見て最初はあの女すんげぇビックリした顔してたよ、まさか殺したと思った相手が目の前にいるんだもんな…でも俺の記憶が無いってことがわかってすぐに猫被り始めやがったよ。何にも憶えてないなら、もう一度殺そうとするよりは近くに置いたほうがなにかと都合が良いって思ったんだろうなぁ」

美代子「…っ!!」

実「それから俺は世津子の目的がなんなのか探りながら、どうにかして家族の元に帰れねぇか考えた、記憶無くしたフリしてあの女と一緒に暮らしながらな…。もし俺の記憶があるってことがバレたら今度こそ俺だけじゃねぇ、家族まで何されるかわからねぇ…。だからお前達には連絡できないでいた、本当にすまなかった…。でもな、ある日みね子、お前があのレストラン『すずふり亭』で働き始めたってことを風のウワサで聞いた。ずっとホール係が一人だったあの店に若ぇ女の子が入ってきたってそりゃあもう街ではちょっとしたニュースになってたよ。それがみね子だってのはすぐにわかった」

みね子「じゃあ、もしかして…」

実「ああ…川本世津子にあの店を一番最初に紹介したのは、俺だよ」

みね子「…!!!」

実「そっからは怖ぇくらいに俺の計算通りに事が運んでくれた…。みね子の茨城訛りで俺との関係性に気づいたあの女は不自然なくらいにすずふり亭に通ってた、それはみね子も知ってるはずだよな」

みね子「うん…なんで大女優がこんな小さなレストランに来るんだろうって思ってた…」

実「そう、あの女はどうにかして俺とみね子を引き合わせたかったんだろう。まぁ…表面上は葛藤してるように見せかけていたがな…」

美代子「で、でも…ちょっと待って実さん…川本世津子さんが実さんの命を本当に狙ってたとしたらなんで私たち家族に会わせるの…?そもそもあの人の目的は何?なんで実さんを…?」

実「…落ち着け美代子。わかった…全部話すよ…だけどな、ここから話すことはお前達にとっても辛い話になる…。俺はお前達を本当なら巻き込みたくねぇんだ…。もしかしたら危ない目に合うかもしれねぇ。いつ決着が付くかもわからねぇ。それでも聞く覚悟、あるか?」

みね子「…私、聞くよ。お父ちゃんを傷つけたあの人を私、絶対に許さないから」

美代子「…実さん。話して下さい…全部一緒に背負います、家族だから」

実「美代子、みね子…ありがとうな…。わかった…。そもそも…川本世津子は今回の件、ある男に頼まれてやってたに過ぎねぇ…。裏で俺たち家族をバラバラにしようとしてる黒幕がいんだ…」

みね子&美代子「!?」

実「世間じゃ一部の人間にしか知られてねぇが川本世津子ってのは本当の名前じゃねぇ…。本名は『吉野世津子』だ」

美代子「吉野…。っ…!?」

実「気づいたか…美代子」

美代子「でも…まさか…そんな…」

みね子「えっえっ、誰?誰なの?吉野って」

実「お前は小さかったから知らねぇのも無理はねぇ…みね子、おばあちゃんのこと覚えてるか…?」

みね子「う、うん…おじいちゃんが私がまだ小さい頃に死んじゃって一度も会えてないけど、せい子おばあちゃんでしょ?」

美代子「…」

実「そうだ…せい子おばあちゃんだ…。じゃあおばあちゃんの旧姓は知ってるか…?」

みね子「…うーん、おじいちゃんに聞いたことあったような…たしか……えっ……っ……ウ、ウソ…」

実「そうだ…おばあちゃんの旧姓は『吉野』だ…」

みね子「そんな…じゃ…じゃあ…お父さんを襲った本当の黒幕って…」

 

f:id:ikdhkr:20170824130354p:plain

 

増田明美「次週より、『ひよっこ・復讐編』スタート!お楽しみに!」

 

 

関連記事