広告

関ジャニ∞『関風ファイティング』は男にこそ聴いてほしい

 

先日、居酒屋行ったときに有線で流れていた中華メロディに複数の男が「ニーハオ」だの「チャイナ」だの「ドラゴン」だのと歌ったわけわからん曲が頭から離れず発狂しそうになったので、Twitterに助けを求めたところ有識者の方々から「それ関ジャニ∞の『関風ファイティング』じゃないですか?」と啓示をいただき九死に一生を得ました。

そのあと速攻で関ジャニ∞のベストアルバム『8EST』買って改めて『関風ファイティング』聴き直したら、舐めてすいませんでした。最高の名曲。CD神棚に祀ってる。

 

『関風ファイティング』って定期的にジャニーズが出すおちゃらけた感じのいわゆる『バカ歌』の部類の曲だと思ってて最初は軽い気持ちで鼻ほじりながら聴いてたんですけど、よくよく歌詞聴くと失恋がテーマのノリに反してめちゃくちゃ悲しい曲で「ものすげぇことやってるぞ…関ジャニ∞」とちょっと感動すらして。

アイドルって基本的に「異性」をターゲットにした職業で、AKBとか乃木坂がなんで一人称が「僕」の「友達以上恋人未満のキミを見つめる奥手なボク」みたいな曲ばっか歌ってるかって、やっぱりそういう男をターゲットにしてるからで、逆にジャニーズはファンの9割は女だろうからド直球なラブソングとか万人に向けた応援ソングのほうがウケそうなもんだし、そっちの方がそりゃわかりやすいじゃないですか。

なのに、『関風ファイティング』はガッツリ「失恋した男を励ます曲」で。それって何万人っているコンサート会場でバン!ってスポットライト当てられたその先に俺がいて「えっ?俺…!?俺にむけて歌ってるんですか…!?」って驚いてる横で女子大生が俺を睨みつけてる、みたいなことじゃないですか。絶対アイドルとしては「失恋した女を励ます曲」のほうが定石で、99%のファンはそのほうが感情移入もしやすいはずなのに関風ファイティングはそうじゃない。フラレて死にたいくらい悲しい男のために、無駄に明るいメロディに乗せて「歌っチャイナ…」「踊っチャイナ…」「乗っチャイナ…」「笑っチャイナ…」ってつまらないギャグでおどけてくれる。男のためにあえてピエロ演じてくれてるんですよ。クヨクヨすんなよ、また頑張ろうぜって、エールくれる。ラストの謝謝(ありがとう)、再見(さようなら)は惚れた女のために笑顔で別れようっていう優しさ感じて、泣くよね、泣く。

サビで繰り返し出てくる「ドラゴン」はもろナニのメタファーで舞い降りて、踊って、火を吹くって、多分まぁ…そういうことなんですけど、それをアイドルに、しかも天下のジャニーズに歌わせるってのもすごいし、それをサラリと歌ってる関ジャニ∞、マジでカッコイイなと、ニキビ治しただけの男じゃなかったのかと、ほっぺたつねられてるだけの男じゃなかったのか、と。

 

男って落ち込んでるときほどバカやるんですよ。だから女性の皆さん、近くにいる男友達とかが変に明るかったりしたら軽く声かけてあげてください。男ってバカだから、ちょっと缶コーヒーでも差し入れされるだけでかなり救われたりするので。

でもあんまり優しくすると、卒業アルバム燃やしたり「男の客の髪は切るな」とか言ってくるので気をつけてくださいね、みちる!

 

関風ファイティング

関風ファイティング

  • アーティスト: 関ジャニ∞,MASA,久保田洋司,浅田信一,馬飼野康二,HA-J,石塚知生
  • 出版社/メーカー: インフィニティ・レコーズ
  • 発売日: 2015/07/01
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 
【早期購入特典あり】GR8EST(201∞限定盤)(3CD+DVD)(オリジナルポスターA付)

【早期購入特典あり】GR8EST(201∞限定盤)(3CD+DVD)(オリジナルポスターA付)