広告

学生時代の「部活の先輩は神」みたいなのマジでなんだったんだよ

学生時代でスポーツ系の部活入ってると1年生の時なんて生き地獄だったじゃないですか。

たまに「学生時代に戻りたいか」みたいな話になりますけど、ふざけろ。金もらっても戻りたくねぇ。な〜にが『君に届け』だ、先輩に声届かなかったらシバかれるんだよこっちは。

俺サッカーやってたんですけど、毎朝5時から朝練っつって1年は4時に学校行ってよ、ボール磨いて、ドリンク用意して、グラウンド整備してよ、そしたら5時ギリギリんなって先輩が「ダリぃ〜〜」とか言いながら学校来るんだけどよ、1年全員一列に並んで「おはようございます!!今日もよろしくお願いします!!」っつってよ。なのに、少しでも声の小さい奴がいたら「おいてめえ舐めてんのか」つって頭ぶっ叩かれて「全員グラウンド10週してこいや」っつって。それ受けて「はい!ありがとうございます!!」って。ここ刑務所かこの糞野郎が。

もう……マジで…いま思い出しても怒りの血の涙で目真っ赤になって2、3年全員ドブに落ちやがれって思いますけど先日、毎週聴いてるお笑い芸人・アルコ&ピースのラジオ『D.C.GARAGE』を聴き返してたら、1年前の放送回のトークにすごく感銘受けた、というかもう死ぬほど「あの時の俺たちに聴かせてやりてぇ…」って思ったので紹介します。

 

『アルコ&ピースD.C.GARAGE』2017.4.11放送分より

平子:僕たちアルコ&ピースもけっこう部活しっかりやってたコンビですからね

酒井:そうですね

平子:わたくし平子はラグビーで東北選抜、で、酒井が?サッカーで川崎選抜?

酒井:はい、川選。

平子:なってますから。言ったら芸能界屈指の体育会系コンビですよ。

酒井:いや、他にもいるんじゃないすか?(笑)

平子:だから酒井がね、やっぱコンビ感なのに未だに俺に敬語っていうのは、やっぱそこですから体育会系ですから。

酒井:やっぱ抜けてないのか、体育会系のその感じが。

平子:うん、5コの年齢とかあってもコンビってそこフラットになりますけども、酒井はやっぱり未だに。

酒井:ガチガチのやっぱ

平子:なぁ?

酒井:はい、すいません、ウィッス。

(笑)

平子:だからそんだけやっぱ先輩って絶対的なもんだよね。

酒井:あー、まぁね。すごかったもんね。

平子:ルールもキツイから。呼ばれたらさ「ハァイ!」ってダッシュしてきて目の前でバーッて直立不動で立って、「ハイ!」みたいなさ。

酒井:厳しいとこだとホントそんな感じだよね。

平子:で、なんか街中で見かけても「チャァス!失礼します!」って見えなくなるまで走んなきゃいけないとかさ。

酒井:あるある。

平子:いや…イカれたルールよ?

(笑)

酒井:ほんとだね。

平子:おぉ。

酒井:1コ歳違うだけとかそんな感じでもね。

平子:そうそう、だから当時で言うと1コ上2コ上って上に見えたけど、いま大人になってみると「14歳」が「13歳」に向けてすげぇ命令してる、わけわかんねぇよ。

(笑)

酒井:そうだね、今考えたらわけわかんねぇな(笑)

平子:うん。

酒井:ガキがガキにってことだもんね。

平子:そうだよ。なんでガキがガキのジュース買いに行くんだよ。なんでパン買いに行かなきゃいけないの?

酒井:焦って行くし。

平子:おぉ、で、マッサージしてさ。

(笑)

平子:なーーーーんもかわんねぇから!あの時期。

酒井:たしかに(笑)

平子:まだいいよ、大人になってからだったらまだ先輩が奢ってくれるとか、直接仕事でね色々教えてくれるお世話してくれる、っていう良い部分があるからまだそういう頭下げるっていうことに意味があるけどさ。あれなんだったんだろうね?

酒井:メシとか奢ってもらって記憶ないもんな。

平子:ないないないない!

酒井:あいつら。ないもんね?

平子:ないよ!先輩に廊下ですれ違ったときの声が小さかっただけでケツバットされんだぜ!?わけわかんねぇよ!

酒井:なんかやれ、みたいなのもあるしね。ほんとに1コ上だからって調子乗りやがって。

平子:なぁ!!今考えたら俺、ハラワタ煮えくり返ってきたわ!

酒井:(笑)でも、新1年生とかビビってんじゃないですか。

平子:いや、ビビりはするんだけどね。だから俺らいい大人んなってさ、そのへんの感覚わかってきたじゃん。だから各学校に乗り込んでさ、そういう場所見たらさ言おうぜ?

酒井:あ、言いたい。偉そうにしてる3年生とかに。

平子:「おめぇ15歳だもんなぁ?なぁ?給食食ってなぁ、親の金でなぁ、で、後輩に命令か?コラ」

酒井:「パン買ってこい」つって。

(笑)

酒井:おんなじだよ、やってること(笑)

平子:「年上絶対なんだよな?」って。警察来て(笑)

酒井:捕まって(笑)

(笑)

酒井:すごいね、今考えたらたしかにすごいなぁ。

平子:いやいや、だから俺それを良しとしてる教育してる親異常かよって思っちゃうんだよね。俺だから上級生になっても絶対やらなかったもん。

酒井:俺もやったことないかも。

平子:後輩に指導しなさすぎて俺が問題になってたりしたもん。

酒井:ああー。

平子:それが普通なのよ、嫌な想いしたんだから。

酒井:そうねぇ。なんかもう当たり前のようにあるもんねやっぱり未だにね。

平子:ああ、そう。負の連鎖だよ。誰かがせき止めなきゃ、ダムになんなきゃ駄目なんだよ。

酒井:そうだな。誰かいてくれるかな…。

平子:まぁ言ったら学生さんにとっては難しいことだから、我々みたいな大人が学校に赴いて直接先輩面してる奴を指導する。

酒井:パン買わせにいく。

平子:そう、で怒鳴る。耳元で怒鳴る。

酒井:一緒なんだよな(笑)

平子:で、国のお世話になる。

(笑)

 

ラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』、TBSラジオで毎週火曜深夜24:00から放送中です。もっと売れろアルピー。

www.tbsradio.jp