kansou

Fight Song

広告

千円カットの床屋にあるバズーカ砲みたいな掃除機で吸い取られるジジイ

美容室が嫌すぎる - KANSOU

美容室の最後のマッサージみたいなやつ - KANSOU

 

いつもはオッシャレーな美容室でキッチリ髪切ってもらうんですけど、急きょ人と会うのにどうしても時間がなくてスーパー西友に入ってる千円カットの床屋「QBカット」に行った。

入り口すぐのところに券売機があって、そこに金入れると出てくるチケットと引き換えに髪を切ってもらうシステム。美容室の会計の時間がグダグダ長くて嫌だったので結構良いな、なんて思いながら待合スペースの椅子に腰掛ける。平日の昼間なんで飛び込みでもほとんど待つことなく俺の番に。

「ブラックジャックの美容師バージョンみたいな美容業界から追放されたならず者ばっかが働いてんじゃねぇだろうな…」

ってビクビクしながら席着いたら、んま〜〜〜優しそうな兄(あん)ちゃんで開口一番、

「ご来店、誠にありがとうございます。本日、カット担当させていただきます、◯◯と申します」

なんてすげぇ丁寧に挨拶してくんの。執事か。理人かお前は。俺はメイか。えぇ〜〜、俺が行ってる美容室の担当なんてもう接客マナーとかグダグダになって従兄弟みたいなノリで話しかけてくんのに…、こ、これが接客か…。と懐かしさすら覚えるような対応にさっきまでの不安がウソのよう。

で、簡単に「どう切ってほしいか」の説明だけしてカットが始まるんですけど、ウワサには聞いてたけどマジでロボットかってくらい全ッ然しゃべんないの。そりゃ「前髪どうしますか」とか「耳出しますか」とか最低限の確認はしてくるけど、「僕、最近休みの日とかスノボ行ってるんすけど〜〜〜」「乃木坂で誰推しです?僕まいやんで〜〜」みたいなどうでもいいうっせぇ世間話は一切なし。お前のオフの情報も推しメンもマジで坂上忍の彼女の話くらい興味ねえ。

そしてまた床屋さんの手際の良いこと良いこと。もちろんカットだけなんで、マッサージやらムダ毛処理やらはないですけど、ヘタな美容室よりよっぽど腕もコスパ良い。逆になんで俺いままでカットしかしてねぇ美容室に5,000円近く払ってたんだよ。差額の4,000円なんなんだよ。えっ、もしかしてトーク料金??なんだよ、それだったらキャバクラ行きますけど。

 

そんなこんなで速攻カット終了。マジで10分で終わった。

えっ…?もう…?俺、もっとアナタのこと知りたいのに…?髪切られてて、逆に「こっちから話しかけたい」と思う自分がいただなんて…。すみません、延長、延長は…?あるんですか…?

と、ホスト狂いのOLみたいな恋慕顔で床屋さんを見つめてると、

 

「ハイ、じゃあ髪吸い取っていきますね〜〜〜〜、大きな音しますがご了承ください〜〜〜」

 

 

つっておもむろにバズーカ砲みたいなバカでかい掃除機取り出して俺の切った髪の毛つかんで吸う吸う

PPS M9A1対戦車バズーカ (40mmガスカート対応)

ギュオオオオオオオオオオオオオッッッッッッッ!!!!!

俺「イデデデデデデデデ!!」

床屋「も、申し訳ありません!もうすぐ終わりますので〜〜〜」

 ギュオオオオオオオオオオオオオッッッッッッッ!!!!!

俺「イデデデデデデデ!!引っ張ってる引っ張ってるから!!」

ギュオオオオオオオオオオオオオッッッッッッッ!!!!!ギュイイイイイーーーーーーーーンンンン……。

床屋「はい!お疲れ様でした〜〜〜!クシ持って帰られます?」

 

いらねぇよ!馬鹿!今までの丁寧さどこいったんだお前、なんでそんな最後だけ荒々しいんだよ?髪の毛は払えよ、吹けよ、なんだ「吸う」って、どういう発想?家畜かよ。お前これ羊の毛刈りして最後にやるやつじゃねえか、まさか執事だと思ってたやつに羊扱いされるとはな。

百歩譲って、まだ毛量のある俺はいいわ。でも隣のジジイ見てみろ。老いも若きも同じ感じでムリヤリやるから魂ごと吸い取られたみたいに呆然としてんじゃねぇか。だいじょうぶ?もしかして大事な残りひとケタ本数の髪の毛根こそぎ吸い取られたんじゃねぇのか?えっ、もしかしてゴーストバスターズのノリでやってます?いや、たしかに頭ハゲた幽霊いたけどもよ。

ゴーストバスターズ Neca スライマー

 

これアレですわ。差額の4,000円ドライヤー代ですわ。「美容室 千円カットも 一長一短」歌丸