kansou

Fight Song

広告

「魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」は中島みゆき


「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」Blu-ray&DVD発売告知 長編PV

観た。なんですかこれは。

テレビアニメや映画の前後編の完璧な締まりから、[新編]なんざどんな改悪させられるのかと思ったらこれ以上ないほどすべてにおいて完璧な[新編]で久々にションベンちびるかと思った。前半のこっ恥ずかしさの中にある一抹の気持ち悪さと中盤〜後半にかけての超展開。どんでん返しからのどんでん返し。もはやこれは「アニメ」という体裁を保った随筆のレベル。史実に残すべき随筆。『徒然草』『枕草子』『方丈記』そして『まどか☆マギカ』。100年後、教科書に載んぞこれ。センター試験の問題に出んぞ。「このときの暁美ほむらの心情を述べよ」って。

まず、冒頭の視聴者への振り回しが室伏。本編じゃラストはまどかが神になることで世界は作り変えられ、それによって魔法少女たちは運命の連鎖から解き放たれた、的な締めだったのに、冒頭いきなり出てきてんだもん神、ふつうに出てきて朝メシ食ってんだもん神。『ああっ女神さまっ』のベルダンディーじゃねぇんだから。この時点で超混乱するわけですよ。アニメ12話が、映画4時間がなにもなかったかのように「王道魔法少女アニメ」やってることに頭バグってくるんですね。「なんだこの世界は」と。なんだこの同人はと。パラレルワールドはと。杏子てめぇ最終学歴小卒だろうがと。なにしれっとクラスメイトやってんだコラと。サブイボ止まらんわけですよ。なにが「キュゥ」だよきっしょと。

そして、世界観がかわいければかわいいほど、5人がみーんな仲良く幸せそうにすればするほど、ゴミ屑糞白イタチがキュゥキュゥとマスコットに徹せば徹すほど、見てるこっちは言いしれぬ違和感と恐怖で気が狂いそうになるんですよ。なにが「ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット!」だよ。変身シーンにバカみてぇに時間割きやがって。はやくやめろこんな茶番。気んんんn持ち悪りぃ。俺は杏子のやつが好きだ…。

って思ってたんですけど……でも心のどっかで「このまま物語進まないでくれ…」って願う俺がいるんですよ…。彼女たちだけじゃなく俺もまた「それ」を願っていたんだと。まどか、ほむら、マミ、さやか、杏子の5人が手を取り合い、生きていく物語を。つくりもの、まがいものでもいい、間違っててもいい、この世界が永遠に続いてくれよって……。

だってわかってるから。こんな幸せな世界がこのまま続かないことは。だってこれは「まどか☆マギカ」なんだから。ゴミ屑糞白イタチがキュゥキュゥ以外の言葉を発したとき、それは終わりの始まりだって。わかってんだから、こっから絶望のどん底に落とされんの、わかってんだから。

 

そして、先に待ってたのは絶望なんてそんな生易しいものじゃありませんでした。いや、そりゃあ絶望なんだが、これを「絶望」なんて言葉で片付けていいんか。いや良くねぇ。目の痛くなるくらいに作り込まれたイヌカレーの作画やゴミ屑糞白イタチがもたらす糞味噌展開に目が行きがちだが、このアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』って作品は結局のところ「愛されたい」「愛したい」と願った一人の女の子の物語なんだと。難しそうに見えて難しいことなんてなにひとつないんですよ。しかも、これって決して夢物語じゃない。人はみな誰しもが心のなかに自分だけの『まどか』がいて、それを守るためならなんだってする、なんにだってなれる。君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる。

そうか。「まどか☆マギカって中島みゆきじゃん」。

そういうことなんだと思ったんです私は。

物語終盤の展開を「闇堕ち」だなんて表現する方もいらっしゃるかと思いますが、それは違うと思うんですよ。そこには闇も光も、良いも悪いもない、あるのは少女から少女への「愛」のみだと。そう、あえて言葉で表現するなら「愛成り」なんだと。彼女は闇に堕ちたんじゃない、愛に成ったんですよ……。

……なにを言ってるんでしょうか私は。「愛成り」とか書いたとたんに薄っぺらくなったじゃねぇかよ。なにが「愛成り」だよ。どこの5流シンガーソングライターの曲タイトルだよ。絶対売れねぇだろこんな曲。でも、そんな恋愛アルファツイッタラーみたいなドギツいポエムを書かずにはいられないほどの傑作なんですこれは。

俺はしょせん、まどかにもほむらにも、中島みゆきにもなれないただの雑魚です。せいぜいタツヤだよ。わけがわからないよ。