kansou

Fight Song

広告

アンコールの「予定外だけど出てきた」っていう嘘に騙されたい

ライブで本編からアンコールまでの間が「休憩タイム」みたいになるのが嫌でその時間はくりぃむしちゅー上田晋也の顔になります。

アリーナ、ドーム、スタジアムみたいなデカいとこでライブやツアーやるようなアーティストほど当日のプログラム、流れが分単位で決まってて、演出、セトリはもちろん、なんならMCで喋る内容だって前の日とほぼ一緒の奴らだっているじゃないですか。

なかでもアンコールはどのアーティストでもほぼ必ず「当然」のようにあって、ファン側もちょっと舐めて「はいはい次はアンコールでしょ休憩休憩」みたいな感じになっててそのたびに俺はしゃべくり007で他のメンバーが好き勝手ボケ始めたときの上田晋也の顔になるんですね。

だってアンコールって、本番終わってバンドメンバーがロッカールームで汗でベシャベシャになったパンツ履き替えてたら、

 

ファン「ワァァァァッッ…!アンコール!アンコール!ケンジ〜〜!ヨウヘイ〜〜〜!サッド〜〜!ナオ〜〜〜!アンコール!アンコール!ワァァァァッッ…!!」

スタッフ「か、会場の熱気が収まりませんね…どうします?強制退場させますか?」

全員「…」

ボーカル・KENJI「(頭ボリボリ)……ったく…。どうするよお前ら…?」

ギター・YOHEI「ハハッ…!そんなん決まってるやないか…!のぉ?」

ベース・SAD「…まだまだ暴れ足んねぇってか…面白ぇ…」

ドラム・NAO「あ〜あ、女の子に「今日は遅れる」ってLINEしないとじゃ〜ん☆」

ボーカル「…決まりだな……行くぞ!」

全員「オオッ!」

 

みたいなやりとりが裏であってのアンコールじゃないですか。

…いや、こんなん100パーやってねぇのわかってますよ…??頭で書いたようにどうせリハのときからキッッッッチリとアンコールまでの時間配分があってスタッフか誰かに「アンコールまで残り○分ですので準備お願いします」みたいなこと言われてから出てくるだろどうせ。だから極論こっちがアンコールって叫ばなかろうが、メンバーは出てくるし、アンコールの声がデカいからってそれによって出てくる時間が早くなるとか「全然盛り上がってないから今日はアンコールはねぇよバカ!」ってなることはほぼないですよそりゃあ。

 

でも、そうやって冷めて当然のようにアンコールを「あるもの」だって決めつけて休憩タイムになるのもなんか嫌なんですよ。だってアーティスト、バンド側が、

「おめぇらの声…楽屋まで届いてたよこのバカヤロー共が……。予定にはなかったがしょうがねぇ…まだまだ暴れっぞオラァ!!」

っていう『テイ』で出てきてくれてんだから。制止しようとするスタッフぶん殴って出てきたみたいな顔してるんだから。

ハナっから全部作り込まれてて、俺が行ったライブも何十ってあるツアーの中のたかが一公演かもしれないけど、それでもアーティスト、バンドは毎度「この会場にいるお前らが今までのライブの中で一番盛り上がってんぞ!こんな最高のライブはねぇ!」って言ってくれるし、「お前ら…こんな最高の景色初めてだよ…」って顔してこっち見てくるんですよ。ほんとは980回目なのに。もしかしたら先週の静岡より盛り上がってなかったかもしれねぇのに。

そうやってある意味「嘘ついて」「演じて」くれてる。ならこっちも「今日が今までやってきた全ライブで圧倒的に一番盛り上がった」「お前らの声が届いたから特別に出てきた」っていうバンド側の演技に全力で乗っかりたいし、吐いてくれる嘘に溺れたい。

だって、ライブ後の打ち上げでメンバーが「今日の客、重かったな。やっぱ札幌マジでクソ。」とか言いながらとろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智のテンションで酒かっくらってたらめちゃくちゃ切ないじゃないですか。

だから、アンコール呼ぶ呼ばない、呼ぶタイミング早い遅いだのはそれぞれが好きにすりゃいいけど、アーティスト側がその『テイ』を守ってやってくれてる限りはこっちもそれに1000000パーセントの力で応えたいし、たとえそれが流れの決まってる茶番だとしても、そのとき感じてるリアルな「熱量」みたいなものは大事にしたいって思った。

 

ただ「バラード終わり即名前叫び」と「曲中カラオケクソボケ」だけは熱量ありすぎるから真冬の旭川で馬で市中引き回しのあとパンイチで雪かきしろ。その熱量で周りに引火しちゃってますから。それ軽い放火ですから。頭を冷やせ、有田。