kansou

Fight Song

広告

人生は録音した自分の声のキモさに気づいてからが本番

ずっと自分の声のことイケメンボイス、イケボだと思ってました。だって自分の耳で自分の声聞いてても超カッコいいし、口調も落ち着いてるし。耳内、脳内じゃバリバリ(CV:緑川光)のつもりでした。

それが地獄の始まり。

高2の文化祭でクラスに一人はいるリアル映画泥棒みたいな四六時中カメラ回してるような奴が思い出っつって準備中の様子なんかを撮影してたから、当然俺もなんか喋って、たまに調子こいたこと言ったりして。

それで文化祭終わったあとのクラス打ち上げで撮った映像みんなで観たんですね。

 

なーんか一人、聞き慣れない、声めちゃくちゃキモい奴いんの。

えっ…キッモ…………。えっ?えっ?誰こいつ?は?キモっ。なにこのキモい声のキモい喋り方のキモいの。は?誰このドブに入れたテッシュみたいな声の奴?誰?

 

 

俺じゃねーか。

 

ウッソだろオイ…。は?気持ち悪っっっ……。なにこの声。すこぶる気味が悪い。声変わり終わりかけなのかなんなのか知らんが、絶妙にキモい。いやいやwww俺こんな声じゃねーしwww緑川光だしwwwwビデオカメラぶっ壊れてんじゃね????wwwww

…。

おっ、オゲッ……いや…声もそうだけど…この…口調…なに?えっ俺こんな喋り方なの?なにこのイキリオタク特有の絶妙にキモい早口。自分の中じゃもっと落ち着いた喋りだって思ってたんですけど。誰こいつ。想定の10倍早いんですが。なんですかこれは。なに早口の界王拳やってんの俺。てゆうか、えっ本当にこれ俺、ですか……?

もう今までの言動とか思い出して全身のヘドというヘド全部出ました。中二病って言葉ありますけど中二どころか高二の春まで重めの病気でしたから。さっきも言いましたけど僕の脳内CV:緑川光でしたから。Wガンダムのヒイロ・ユイ意識して感情が希薄なフリしてたことあったしな。よく「殺す」とか言ってた気がするし。フタ開けてみたらCV:ドブテッシュて。どのノドさげて緑川光とかヒイロ・ユイとかのたまっとんじゃボケが。おっ、オゲェーーーーーーッッッ………。

 

あと歌。歌こそ地獄。よくお風呂とかで大声で歌うでしょ。あれってなんか知らんけど本来の実力の600倍くらい声出るの。高音も低音もバッシバシ出る。あと自分で片耳でイヤホンして歌ったりするのもそう。ミスチルだろうがGLAYだろうがB'zだろうが、ビックリするくらい上手く歌えるじゃないですか。

だから初めてカラオケ行ってマイク通して歌ったら頭おかしくなりそうでした。いざマイク持って歌うと全ッッッッッ然歌えねぇし風呂場の1パーセントも声出ねぇしイヤホン装着時の1ミリも音程合わねぇ。なんの罠ですかこれは。歌ってる途中で吐きそうになったわ。そして、マイク越しの俺の歌声、キんんnモっっ……。

いや…そりゃそうなんだよイヤホン付けて音源流しながら歌うのなんて最強のガイドボーカル付けてるようなもんなんだから。なんなら半分以上その歌手の声じゃねぇかよ。なんで自分の声だと思ってたんだよ。風呂場だってあの狭さのあの良い具合にノドの潤ったあの空間だからこそのあの声なんだろ。しかも、脳内CV:緑川光。なんだこのまやかし。

それであとから友達がケータイで録音してたカラオケの声聴かせてもらってからもう一回吐いた。マイク越しプラス録音越しに聴く自分の声、想定の2兆倍キモい。ウソみたいにキモくて、ウソみたいにヘタ。キモさがジャックポットしてる。もう殺してくれ。

 

だから自分の声が残る仕事してる人は自分の声聴いてて具合悪くなったりしないのか不思議でしょうがない。特にユーチューバーとか、自分の顔と声を自分で何回も見返して編集してって……ただのサイコ野郎じゃないですかそんなん。俺なんかいまだに外部機器通した自分の声聴くと気狂いそうになりますけど。

 

その点、文章って最高ですよね。声聞こえませんもんね。各々が各々の想像する声で文章読み上げてくれますもんね。じゃあ俺が今回はこの人!って言ったらその人の声になりますもんね。

 

えー、以上、かんそう(CV:こおろぎさとみ)でした。チョッギッッッ、チョッギッッッ、、プルリリィィィィィィイイイイイ!!!!!!!