kansou

ミクスチャーブログ

広告

寝ずに考えた「最強の芸能人オフィス」

寝ずに考えた「妄想上の芸能人オフィス」です。

f:id:ikdhkr:20200329174608j:plain

営業部

石原さとみ:幼い頃に両親を亡くし、現在は妹と2人暮らし。妹の学費を稼ぐため営業という厳しい仕事に就いた。曲がったことが大嫌いな性格で上司にも物怖じせず立ち向かっていく。

櫻井翔(嵐):営業部長。入社から常にトップの成績を誇っており最年少で営業部長になった超エリートだが、その優秀さゆえに社員に無茶なノルマや残業を課し同僚からの評判は決して良くない。しかし石原さとみの仲間を思いやる姿勢に当初は反発しつつも徐々に心動かされ変わっていく。それと同時にさとみに想いを寄せるようになる。

妻夫木聡:人当たりが良く誰からも好かれる性格。入社当初から石原さとみに恋をしているが、なかなか想いを伝えられずにいる。櫻井翔とは同期。

中島健人(Sexy Zone):新入社員。プライドが高く上昇志向が強いが、理想と現実のギャップに苦しむ。

尾美としのり:営業部でもかなりの古株でオフィスのムードメーカー。最初は自分より一回りも年下で部長になった櫻井翔を良く思っていなかったが、しだいに彼の実力を認めていく。

 

人事部

小日向文世:人事部長。いつも笑顔でなにを考えているかわからない人物。9話で会社を乗っ取る

風間俊介:一見温厚な性格の好青年だが、本性はかなり腹黒い。出世のためには手段を選ばず、多くの社員の弱みを握る。

菅田将暉:新入社員。真面目な性格でなんの問題もなく見えるが、親友の自殺の復讐のために会社に入社した。

有村架純:正義感が強く、利益優先の会社のやり方に疑問を感じている。菅田の影の部分に気づき彼を救おうとする。妹(浜辺美波)がいる。

俺:ウワサ話が好きで会社のゴシップをいつも仕入れてくるお騒がせな男。クレープ大好き。

 

経理部

新垣結衣:キッチリした性格でミスや不正を絶対に許さない「経理をするために生まれてきた女」と言われるが、実はプライベートは真逆。

市川実日子:サバサバしていて明るい性格。新垣結衣の良き理解者で親友。

高橋一生:一見チャラそうに見えるが仕事はデキる。新垣結衣の仕事とプライベートのギャップを知り彼女に興味を持つ。

千葉雄大:新入社員。仕事には熱心で一生懸命だがいつも空回りしてしまう。市川実日子に恋をしている。すぐ泣く。

木下ほうか:経理部長。6話で売上を着服しクビになる。風間俊介にそれを知られ彼の言いなりになる。

  

広報部

藤木直人:広報部長。無愛想だが誰よりも部下想いで部署内での人望は厚い。

波瑠:元々は漫画家を目指しており、その奇抜な発想で次々と広報のアイディアを生み出していく。石原さとみとは同期。

三浦翔平:現実主義者で波瑠のやり方に反発する。焦りから波瑠の企画案のデータを消去するが、風間俊介にそれを知られ彼の言いなりになる。

伊藤沙莉:新入社員。明るい性格で部署のムードメーカー。結婚願望が強く仕事はそれまでの腰掛け程度に思っていたが波瑠のひたむきな姿に心打たれ仕事の面白さに目覚めていく。出張土産を必ず2個取る。

松雪泰子:波瑠や伊藤を温かく見守っている頼れる先輩。女手ひとつで息子を育てながら働いている。

 

事業部

椎名桔平:事業部。卓越したノウハウで結果を出しつつける切れ者。基本的に部下には優しいが、一度使えないとわかるとあっさり見限るドライな一面もある。

瑛太:まっすぐな性格でお人好し。「心が動かなければ人は動かない」が口癖。椎名の合理的すぎるやり方に疑問を覚える。

横山裕(関ジャニ∞):クールな性格ゆえ、お人好しすぎる瑛太にイライラしつつも、結局は彼に協力してしまう憎めない男。

常盤貴子:椎名とは同期で過去に恋愛関係にあった。風間俊介にそれを知られ彼の言いなりになる。

今田美桜:新入社員。明るく可愛らしい性格で社内でも人気があるが、病気の弟のために夜は禁止されている副業(キャバクラ)をしている。風間俊介にそれを知られ彼の言いなりになる。

 

総務部

柴田恭兵:総務部長。物腰がやわらかく愛称は「仏の柴さん」。昔はバリバリの営業マンだったが、ある事件がキッカケで会社の行く末を見守る立場を取っている。社長(杉良太郎)とは同期。

安藤サクラ:面倒見がいい性格で皆に頼られているが、株にハマり借金を抱え、風間俊介にそれを知られ彼の言いなりになる。

瀬戸康史:気弱で自分に自信がない性格だったが、ある事件をキッカケに人が変わったように明るくなる。

多部未華子:仕事にやりがいを見い出せずに悩む日々を送る。同じように悩んでいる中島健人に親近感を抱き、徐々に距離が縮まっていく。

橋本愛:新入社員。周りに流されやすい性格で常に周りの空気を読んでいる。6話で瀬戸康史に恋をする

 

開発部

堤真一:開発部長。常に俯瞰で物事を見ることができる人物で2人の成長のためわざと長谷川と田中を焚きつけるような言動を取る。

長谷川博己:こうと決めたら真っ直ぐに突き進む性格で「人の心を動かす商品作り」に情熱を燃やす。

田中圭: 「商品は売れなければ意味がない」を信条とする男。真逆の考えを持つ長谷川とはたびたび衝突する。

濱田岳:開発部のムードメーカー的存在だが彼の一言で大きく前進することも多い。風間俊介に弱みを握られ彼の言いなりになる。

中村ゆり:開発部の紅一点。気が強い性格で、男性陣は頭が上がらない。

 

情報システム部

吉沢亮:一流エンジニア。普段は超がつくほど暗く、声をかけてもいつも「あっ…はい…」としか答えないが酒を飲むと人が変わったように明るくなる。普段は分厚いメガネをかけているが外すと超美形なことが発覚する。

浅利陽介:人が良い性格で、いつもパソコンの調子が悪い時だけ呼ばれ、直った途端に誰にも相手にされなくなる悲しい男。

松岡茉優:何事もはっきりとした性格で気が強い。吉沢亮に対し恋ともとれない不思議な感情を抱く。(生き別れの兄妹)

じろう(シソンヌ):常に前向きだがどこかズレている天然男。妖艶な奥さん(壇蜜)がいる。風間俊介に弱みを握られ彼の言いなりになる。

竹中直人:情報システム部部長。部長とは名ばかりでITはおろかパソコンのこともてんで素人。部下に仕事を押し付けてすぐキャバクラへ通う。

 

Q67推進室 

井浦新:社内の極秘プロジェクト「Q67」責任者。7話で登場。ある人物の命のもと使えない社員を次々とクビにしていく。ヘビースモーカー。

安田顕:「イッヒッヒ」という笑い方をする不気味な人物。舐めるように社員を観察する。

青木崇高:傲慢な性格で他の社員に強く当たるが、井浦の命令には決して逆らえない。

 

会長

橋爪功:そのひょうひょうとした性格から影で社員に「タヌキ」と言われている掴みどころのない人物。たまに採用面接で清掃員の格好をして紛れ込み応募者の資質を見極めている。風間俊介、菅田将暉らの本質を見抜きながらもあえてそれを放置している。

中村倫也:会長秘書。破天荒な会長に代わって常に社内の空気を察知し、未然に問題を防ぐ影のブレーン。9話で競合他社から多額の取引をもちかけられ会社を裏切る、ようにみせかける(二重スパイ)

 

社長

杉良太郎:利益のためなら社員を切り捨てることもいとわない冷酷な人物。

菜々緒:社長秘書。常に冷静沈着で社長の命令には100%従う。学生時代は空手の日本チャンピオンだった。

 

その他

吉川愛:大学生。石原さとみの妹で一緒に暮らしている。年上の彼氏がいる。

横浜流星:菅田将暉の親友。会社に入社したが、2年前のある事件が引き金となり自殺した。

浜辺美波:有村架純の妹。いま大人気のアイドルグループ「レインコーツ」のメンバー。偶然知り合った男(松坂桃李)と恋に落ちる。

時任三郎:波瑠の父。過保護で娘に変な男がつかないか常に見張っている。

香里奈:長谷川博己の妻。明るい性格で博己の心の支えになっている。

でんでん:石原さとみが行きつけの中華料理屋「三天飯店」の店主。店は汚いが味は超一流。実は有名店で料理長をしていたがあることがきっかけでクビになった。普段はスケベでしょうもないことしか言わないが、石原さとみのことを親のように気にかけており彼女が迷った時には的確なアドバイスをする。

岡部大(ハナコ):中華料理屋「三天飯店」のバイト。注文をいつも間違える。5話で死ぬ。

仲野太賀:この会社の元営業部員で櫻井翔の無茶な要求に耐えられなくなり3ヶ月で会社を辞めてしまい、彼に殺意を抱き、配送業者を装い近づく。

松坂桃李:浜辺美波と出会う謎の男。女性に対して恨みを持つ。

坂口健太郎:波瑠の彼氏。実は束縛が激しく仕事にのめり込む波瑠に嫉妬を覚える。

森田剛(V6):5話から登場。藤木直人の過去を知り、金をたかる最低男。

北村匠海:天才ハッカー。小日向文世の命令で会社のサーバーにハッキングを仕掛ける。

白石麻衣:4話で浅利陽介に近づく美しき結婚詐欺師。が、彼の優しさに触れ本当に好きになってしまう。

 

主題歌:星野源『満員電車』

 

ドラマ「WORKERS ワーカーズ」BS朝日にて毎週木曜日23:00 -23:30で放送予定です。ぜひご期待ください