kansou

ミクスチャーブログ

広告

いつでも聴ける正夢、ジャニーズtwenty★twenty『smile』感想

音楽、バラエティ、ドラマ、CM、映画、雑誌…グループごとの好きの大小はあれど、思い返せば俺の人生の至るところにジャニーズがいた。そんなジャニーズと、「人生そのもの」と言いきっていいMr.Children櫻井和寿がコラボ、字面だけで一生消えない鳥肌確定案件です。

 

皮肉混じりのネガティブな視点からサビで一気に世界が開ける展開、「smile」と「style」真逆の意味を持つ言葉の韻踏み、もはや皮膚感覚でわかる櫻井和寿全開の歌詞に、親の声より聴いたそうそうたるジャニーズアイドル達の声…一言で言うと、

「曲の浸透具合エグい」

理屈じゃなく細胞レベルで全身に入ってくる。

 

堂本剛…今すぐ歌い方マネしたい…「声に名前が書いてあるボーカル界」の中でも油性マジックでデカデカとその名を記す男、エンドリ兄さんこと堂本剛。ド頭のフェイク「ウ」の時点で全リスナーの耳脳に「これはジャニーズの歌だ」と刻ませる魔王の存在感

 

トニセン…なんだこの「みんなのお父さん」感…安心感の鬼…声におんぶされた…夏祭りではしゃぎ疲れた僕を背負ってくれたのはイノッチでした

 

KAT-TUN…急にエロい…危うさと優しさを行き来するギリギリのバランスに耳溶ける、明彦(金八)がこんな色っぽい声で歌うなんて誰が想像できた…?

 

堂本光一…ただの無敵王子。ほとばしるミュージカル感。音だけなのに確実に情景が「見える」ビジョンズ・ア・ボイス

 

カミセン…カミセンのいつまでも変わらない「若さ」、もはや怖い。一発声聴くだけでいつでも『PU-PU-PU』の時代に戻れる。聴くタイムマシーンかよ

 

山下智久…山Pもまた「名前声ボーカリスト」の一人。クセの塊なのに嫌われない声は「天性」としか言いようがない

 

嵐…A!!!!RA!!!!SHI!!!!!どこをどう聴いても嵐。すさまじいほどの嵐。溢れんばかりの嵐。「嵐だけビットレート違う?」って思うほど歌い始めた瞬間に音が澄むのなんの能力なんだよ

 

関ジャニ∞…嵐が静だとしたら関ジャニは超パワーでぶん殴ってくる「動」、シンプルに「強い」

 

V6…は…?風が吹き抜けたんですけど…?「爽やか」という概念の具現化…?犬夜叉のOPかと思った

 

KinKi Kids…優しすぎる…全てを包み込む耳から摂取するタイプのトルティーヤか…?

 

  

…と、1番は各々の個性がバチバチに混ざり合った誰が聴いても「ジャニーズオールスターの曲」。歌詞もストレートでわかりやすい曲の根幹の部分を担ってる。

そして2番、NEWSからキンプリ、WEST、ABC-Z、セクゾ、Jump、SixTONES、Snow Man、キスマイと若いグループへバトンが渡される。ソロパートもなく、クセもほとんどない。どのグループも丁寧に、繊細に歌い繋いでる。良くも悪くもサラッと聴ける。だから最初の印象は1番のほうが圧倒的に強かった。

でも、櫻井和寿言ってたんだよ…

「一番伝えたい歌詞は2番のサビに込める」

って…

 

誰かに憧れて身に纏うだけの style style

本当は偽物と分かってて

追い回さなくても 君を必要とする人がいる

You don’t need(it), it’s just a style

 

ある意味、残酷なまでに「真理」を突いてくる歌詞…『smile』ってテーマならもっとオブラートに包んで優しい表現でも十分成立するはずなのに、あえてこれをサビに持ってきて、アイドルのど真ん中にいるジャニーズに、しかもその中でもこれからの未来を担う若いグループに歌わせる。それすなわち、

「バケモノみたいな先輩がゾロゾロいるジャニーズに入ったら、たぶん最初は確実に誰かに憧れて誰かのマネするのは当然で、焦って「○○くんみたいに」なろうとして結果、二番煎じとかパクリだとか言われる。でも、その中でも「自分」っていう存在を見つけてくれるファンはいて、そういう人のために頑張ってればいつか「本物」になれる…」

…っていう想いを勝手に感じて俺は涙腺がバグりました。

 

…この歌詞はラスサビでもう一度歌われてて、2番のサビが若者にむけての成長への道標だとしたら、ラスサビは「全てのアイドルとファンへのメッセージ」なんじゃないかと思った。

 

誰かに憧れて身に纏うだけの style style

本当は偽物と分かってて だけど忘れないで

[君の笑顔に逢える]それだけで生きていける僕がいる 

 

虚像を商売にする「アイドル」であり続けることの苦しさや痛みも全部引っくるめて受け止めて、それでも自分を必要としてくれるファン、そしてその虚像を「本物」にしてくれるアイドルは必ずいるってメッセージ、ジャニーズ以上に体現できる奴らいねぇよ…

 

そういうのを踏まえたうえで聴く全員でのラスサビ、マジでいつでも聴ける「正夢」…もう見えるわ、ジャニーズカウントダウン2020-2021で集まったファンの前で全員が笑顔でこの曲歌ってる姿。Happy New Year

 

open.spotify.com

smile

smile

  • アーティスト:Twenty★Twenty
  • 発売日: 2020/08/12
  • メディア: CD