kansou

ミクスチャーブログ

広告

2人組バンド『SOMETIME'S』 がメチャクチャ売れるに全財産BETしたい

www.youtube.com

 

SOMETIME'S(サムタイムス)というバリクソカッコイイ音楽を作ってる2人組がいるんですが、絶対に超売れる。大バズりする。全財産BETしてもいい

2017年からライブを中心に活動をスタートさせた2人組音楽ユニット。SOTA(Vo.)の日本人離れしたソウルフルでグルーヴィな歌声と、TAKKI(Gt.)が奏でるテクニカルなギターサウンドが織りなす、1970年代から80年代の日本のポップスにソウル・R&B・ロックを基盤にしたポップミュージックを展開している

 

最高。ド頭の、

「愛ィイしてたんだよォ………!!」

の超高音でもう耳脳吹き飛ばされた。「つ、強……」しか言葉がない

売れる曲とか売れるミュージシャンって基本的に2種類いると思っていて、ひとつはわかりやすくてやさしくて覚えやすくて「ぜひみんなでカラオケで歌ってください!」つって肩組んでくるパターンと、もうひとつはメチャクチャな音域、メチャクチャなリズム、メチャクチャな譜割りで「歌えるもんなら歌ってみろ」「コピーできるもんならしてみろ」と言わんばかりに圧倒的な力でぶん殴ってくるパターン

SOMETIME'Sは完全に後者。圧倒的なパワーとテクニックでひたすらボコボコにしてくる。シンプルな剛力。戸愚呂弟。170キロのフォークボール。三浦大知、King Gnu、Official髭男、藤井風をはじめて聴いたときの感覚に近い。凄さが怖いもう

 

www.youtube.com

 

なによりおそろしいのは、そのパワーをポップに落とし込んでるすごさ。「強さ」と「聴きやすさ」を完璧に両立させてる。冒頭の紹介文にもあったように、歌詞、メロディともに懐かしさすら感じる日本のポップスのメロディに洋楽の最先端の香りを漂わせていて、ちょっと聴いただけでもメチャクチャ引き出し多いんだろうなっていうのがわかる。一言で言えば「懐かしい未来」、音楽界のドラえもんですか?

圧倒的なボーカルにキャッチーなギター、色んな音楽のエッセンスを混ぜつつ、基盤は正統派のギターロックをビンビンに感じるので、もはや血が「好きだ」って叫んでる。遺伝子レベルで応援したくなる

 

www.youtube.com

懐古心くすぐるMVもズルい。特にHoney…『ローマの休日』はじめ色んな洋画のオマージュはやめて…泣くから、Pepperでも泣く

歌詞もメロディに対する言葉のハメ方がとんでもなく上手くてズボズボ一番気持ち良いところに当たる

 

www.youtube.com

 

全部死ぬほど良いんですが、なかでも心臓撃ち抜かれたのが『シンデレラストーリー』。ボーカルの跳ねっぷりと、ギターのワウワウした感じが多幸感がハンパじゃなくドーパミンが脳からこぼれます。強いのに優しい。もはやカワイさすら感じてしまう。このキャリアですでに余力すら感じるのどういうこと?力の抜け方が気持ち良すぎておかしくなりそうです。声の圧、メロディの圧パワーが股間にガンガン来るのに耳障りが絹くらいなめらかでスルスルっと入ってくる。超高級な肉食ったみたいな感覚。聴ける叙々苑。

 

…とにかくヤバいの見つけちゃった感がすさまじいです。まだ数曲しか発表されてないので今からでもズブズブに追えます。SOMETIME'S、一生応援したい。EVER TIME…

 

Honeys

Honeys

  • 発売日: 2020/06/12
  • メディア: MP3 ダウンロード