kansou

ミクスチャーブログ

広告

星野源『創造』を聴いた俺は星野源というマリオに踏まれるクリボー

www.youtube.com

 

マジでもう勘弁してくれ…

 

俺はもう星野源を褒めたくねぇんだよ…正直もう切り離したい…星野源を俺の生活から切り離したい…でも無理なんだよ…気がつけば俺の好きなコンテンツコンテンツその先のすべてに「星野源」がいるんだよ…

俺が朝ドラにハマり出した途端に主題歌やりやがるし、二階堂ふみ超かわいいなと思ってたら『地獄でなぜ悪い』でエグいキスかましやがるし、中居君からどん兵衛を奪いやがったし、『コウノドリ』の漫画ハマってたらドラマで四宮の実写化になりやがるし、オールナイトニッポンで「たかしょーの新作素晴らしい」とか言いやがるし、俺が社会人になって初めて一人暮らしした街が星野源の出てたドラマの舞台になってた。どうなってんだよ…もはや星野源が俺の先にいるのか、俺が無意識に星野源の影を追いかけてるのかワケわかんなくなってるんですよ…日常のあらゆる所に星野源がいるんですよ…どのドア開けても星野源が立ってるんですよ…たぶん鏡で自分の顔見るより星野源の顔見てるほうが多い…「すべての道はローマに通ず」ってことわざがありますけど、完全に「俺のすべては星野に通ず」状態なんですよ…たすけてくれ…

 

そんななか『創造』…いい加減にしろよオイ

 

俺はな…生粋の任天堂信者、マリオ狂なんだよ…愛読書はコロコロコミックで連載してた『スーパーマリオくん』だし、ピンク色のヨッシーみたいな見た目した「キャサリン」ってキャラのこと完全に1人の異性として見てるし、未だに夢で『スーパーマリオRPG』のCMでパックンフワラーがゴスペル歌ってる映像見るし、ハロウィンで安易にマリオのコスプレしてるパリピ共全員海に沈めてプクプクのエサにしてやりたいと思ってる。それくらいの過激派なんだよ……

そんな俺が曲聴いた瞬間に「負けた」と思った…曲作れる作れない歌歌える歌えないとかそういう次元じゃなく「愛」で負けた…

死の淵から帰った 生かされたこの意味は

命と共に 遊ぶことにある

言いたいことは山のようにあるが、ここで完全に降伏した。

実際「マリオのテーマソング作って」って依頼来たら「メロディの中にゲームの音とか忍ばせちゃお…」「歌詞に任天堂の歴史とか匂わせちゃお…」ってとこまでは誰でも考えると思うんですよ。どう入れるとかは別として、マリオや任天堂のわかりやすい要素を曲に組み込むのはたぶん全員が思いつく。だが、このフレーズだけは星野源以外には絶対に出てこないって言い切れる。仮に出てきたとしても「重み」が違う。

 

マリオってキャラクターを漢字一文字で表したら一番しっくりくる言葉が「死」で、マリオ以上にあの世逝ってるキャラクターはいない。だが、そこに気がついてないプレイヤーは多く、マリオの華やかな部分、光ばかりがピックアップされてしまう。誰もマリオの闇を見ようとはしない。

星野源は違った。星野源自身がリアルに死にかけて生還したっていう経験があるからこそ、「スーパーマリオ」ってゲームが楽しいだけじゃない、亀とか栗に一瞬触れただけで即死するありえないほどの紙耐久ボディでプレイヤーをイラつかせるためだけに設置された悪魔みたいな罠を乗り越えて何百何千という屍の山を築きながらひたすらゴールを目指す「死にゲー」だっていう本質を見極めて己とリンクさせてる。ド派手なアクションやコミカルなキャラクター性じゃなく、誰よりも死が側にあるっていうマリオの唯一の「地獄」の部分をだ…

しかもこのフレーズの前に挿入されてる音がスーパーマリオランドのミス音…そう、星野源はそんなマリオの陰を、闇を背負おうとしてるんですよ…こんなもんマリオに対する、命に対する異常なまでの「愛」がないと書けねぇんだよ…これ以上のオマージュが他にあるか…?

もはやこの曲を経て星野源そのものがマリオに「成った」と言っても過言じゃない。そして俺は星野源に踏まれ潰されるだけのクリボー…だがそれでいい、星野源に踏まれる人生なら本望だよ。

 

…このままいったら絶対来年あたりに「スーパーホシノゲンワールド」発売する…見えるんですよ…ニンテンドーダイレクトで高橋伸也が嬉しそうに指パッチンしてる姿が…「それでは特別映像をご覧ください」とか言ってる姿が…

f:id:ikdhkr:20210402191643p:plainwww.youtube.com

 

…3頭身になった星野源がハマケンにさらわれたaikoを助けるため緑色の日村に乗って冒険の旅に出る…2Pは三浦大知…星野源よりもジャンプ力が高いがクセが強く初心者では扱いにくいキャラクター。ハテナブロックから出てきたTENGAを取ったらミニ星野源がグングンデカくなって……

 

なんだこのゲーム…絶対買う。

 

創造

創造

  • 発売日: 2021/02/17
  • メディア: MP3 ダウンロード