kansou

ミクスチャーブログ

広告

Official髭男dism『ミックスナッツ』が豆というより鬼

www.youtube.com

ドゥンッッ!!ギュウウュウウウウウウゥゥゥイウイウゥウィイイイイイイ!!!フォフォフォッフォアアッァァアアアアアアアーーーー!!!!テッレレレッッッッッレレッレッレレレッッレレレレ!!!!!パララララパララパララパララララパッッララッッ!!!!テンテテンテンテンテンテテンテンテンッッッ!!!!デンデンデンデデエエエエエデデデエデデエデ!!!!!ギャギャギャギャギャアアアアアアガヤガガアアアア!!!!デドドッデオッドドッドドオドドドドッッ!!!

 

謎のオッサン「ヌ゛ァァァアアアアアアアア!!!!!」

 

ドゥンンン!!デドデドドドデドドエデドエオドドオオオオオ!!!テテッッテテテポアパパラパパパアアペピッペペペペラアッァァアア!!!

 

藤原聡「袋に詰められたナッツのようなァ…」

 

 

なんだこれは

 

 

曲開始15秒でこの情報量。頭がおかしいとしか言いようがない。正直、曲のイカレ具合としては『Cry Baby』がマックスだと思ってました。滅茶苦茶なリズムのバグ引き起こして聴く人間に一切「慣れ」を起こさせない魔曲にして聴けば聴くほどドツボにハマる無限沼。にも関わらず、タイアップとの親和性においてこれ以上ないものを提示する。バンドとしてピーク来たんじゃないかとすら思ってんたんですが『Cry Baby』はOfficial髭男dismの片鱗でしかありませんでした。

過去曲で言えば『SWEET TWEET』『始まりの朝』『Second LINE』辺りのサビでメジャーコード全開で爆発させるキラキラポップソングを装いつつも中身は変態の極み。腕何本あるのか分からんくらいの細かく切り刻まれた千手観音リズムに耳が追いつかない転調、ひたすらに足し算を繰り返して音の情報を詰め込んで、ただただ「Official髭男dism」って彫られた金棒で頭カチ割られた。

聴けば聴くほどジャズの要素もあればスカの要素もありメタルの要素もありそれでいてポップ…聴き終わった後に「なんだったんだ今の…」と精神ブッ飛んで好きとか嫌いとか関係なく「凄ぇ」の感情しか残らない。『ミックスナッツ』のタイトル通り噛み砕くまでに死ぬほど時間がかかる魑魅魍魎妖怪協奏曲。ギャグでありシリアスでありアクションでありホームコメディであり騙し合いでありお仕事奮闘記でありロリホイホイでありツンデレホイホイでありドMホイホイでもある異常に情報量が多い『SPY×FAMILY』に対して真っ向から殴り合いを申し込んでいた。

 

「ヌ゛ァァァアアアアアアアア!!!!!」

 

謎のオッサンの雄叫びがOfficial髭男dismの「ヤバさ」の全てを物語っていた。大事なアニメオープニングのイントロに、いくらなんでも先鋭的過ぎる。夜中に外で流したら確実に警察に通報される。Official髭男dismは一見「いい子そう」「好青年」「陽キャっぽい」と言うレッテルを貼られがちだが、寝言は寝てから言ってほしい。法律スレスレの音楽変態集団それがOfficial髭男dismなのだ。

 

歌詞に関してもあまりにも変態。変態が、過ぎる。

アーニャがピーナッツが好きと言う話が、子どもながらに渋くて良いなと思ったことがあって。普段自分もよく口にしているミックスナッツの中にピーナッツが入っているなと不意に思い調べてみたら、見た目は似ていても木から生えるナッツと地面の下で育つピーナッツとで、ピーナッツだけは見た目は似ていても本当は違う種類だと分類されていたんです。

それが今回の作品のテーマである、正体を隠しながら偽物の家族を演じ、本当の家族の様に何かに立ち向かって行く面白さがあるというところ、そして本物かどうかよりも自分のもとに訪れる幸せや喜びがあればそれだけで良いのではと言うことを感じ、作品に想いを馳せながら制作しました。

「SPY×FAMILY」OPはヒゲダン、EDは星野源!2曲を聴ける本予告映像が解禁(コメントあり / 動画あり) - コミックナタリー

「アーニャの好きな食べ物がピーナッツ」→「ミックスナッツ」→「ピーナッツはミックスナッツの中で唯一木の実じゃない」→「フォージャー家の境遇と関係性に例える」

ここまではまだ理解できる…『SPY×FAMILY』を愛していれば他の人間でも思いつく可能性は0.000001%くらいはある…2番の「星(ステラ)の一つも見つからない雷(トニト)に満ちた日があってもいい」も明らかに天才の所業だがまだ人間の域…

 

「胃がもたれてゆく」

 

狂ってるよ。一生かかってもこの言葉出ねぇ。完璧に負けた。俺は星野源に続いてOfficial髭男dismにも負けた。

「胃もたれ」ってこの世に存在する全ての言葉の中で一番「最悪」なんですよ。わたくし逆流性食道炎歴5年の24時間ほぼ胃もたれしてる「プロ胃もたれァー」で今年入って一回も「気持ち悪くない」という状態になったことがねぇ。メシ一切食ってなくても胃もたれしてる、言の中カラッポなのにいったい何がもたれてんの?

そんな悪魔の言葉を「幸せ」の象徴の意味で使うだと……天才過ぎて吐き散らかしました。この表現まさに『SPY×FAMILY』そのもの。フォージャー家はそれぞれの目的があって契約してる偽の家族なのは周知の通りですが、その中でも特に「黄昏」ことロイド・フォージャーにとって幸せは害で、フォージャー家はいつかは「終わる」家族、それこそ余計な情は任務の邪魔でしか無い。そんな男がアーニャと出会ってヨルと出会って徐々に変わっていく。

「俺にこんな幸せは必要ない…だが…なんだ…?このあたたかな気持ちは…」

この葛藤こそ『SPY×FAMILY』の核なんですよ。言ってしまえばロイドは俺と同じ「幸せの逆流性食道炎」。少しの幸せでもすぐに胃もたれする。でもこの胃もたれは決して嫌な胃もたれじゃない。

そしてそれはピーナッツを食った時に起こるそれと同じで、ピーナッツなんて油分まみれの加工物はもはや「胃もたれの具現化」の最悪な食べ物なんですが、同時に食ってる時の幸福感は法律で規制しなくていいのかと思うレベルの「幸福の瞬発力」が高い最高の食い物。

沢山摂取したいけど摂り過ぎたら後悔することは分かってる。ピーナッツを食った時の感情=ロイドが「フォージャー家」に対して抱く感情。それを絡めて「胃がもたれてゆく」に落とし込むだと………は?

 

豆といえば、鬼を退治するものですが、この曲がある意味「作品を噛み砕く鬼」。鬼cial髭男dismに改名してほしい。