kansou

ミクスチャーブログ

広告

SixTONES『ここに帰ってきて』からの『GONG』が逆サウナで乱れる

サウナ死ぬほど流行ってますが、SixTONESの新曲『ここに帰ってきて』から『GONG』を聴くと確実に整うので、非常にオススメです。いや、逆に乱れます。現に、俺は乱れに乱れてます。

 

www.youtube.com

『ここに帰ってきて』は、バラードでした。とんでもないくらいのバラードでした。バラードと辞書で引いたらこの曲が載ってることでしょう…

初めて会った日のこと覚えてる

僕の中から何かが弾けた音

あれから随分時間が経ったけれど

ちゃんと前を向いて生きてるよ

ふと思い出すよ

街中の光が君を照らしてる

こんなに僕は恋をしていた

あの日の笑顔が消えない

「分かるようで全然意味分からんこと言う大喜利」になっている昨今の歌詞業界において、こんなにも「分かる」曲は久しぶりでした。

静かなピアノイントロから、ジェシーの艷やかな声で曲始まり、森本慎太郎が甘い声で囁き、京本大我が美しい高音を響かせ、松村北斗が切ない声を届けたあと、田中樹と髙地優吾が優しくサビへと導いてくれるのです…

衣装もスッゴイ。この世にある白を全て集めたような白さ、「全白(ぜんしろ)」でした。見れば見るだけ視力が良くなる気がします。「いま赤ちゃんに見せたいMVランキング」ブッチぎり1位…

そして、仮に私がこの曲をどんな曲なのか全く知らない他人に説明するとき、絶対にこう答えます。「ここに帰ってきて」って言う曲だよ、と…サビをお聴き下さい…

ジェシー「ここにィ帰ってきてェ……」

京本大我「ここに帰ってきてェエエ……!」

松村北斗「ここに…帰ってェきて……」

髙地優吾「ここにッ…帰ってきてッ……」

森本慎太郎「ここにィ…!帰ってきてェ…!」

田中樹「ここに帰ってきてェッ……」

6者6様の「ここに帰ってきて」…ああ…なにがあってもSixTONESに帰ってくればいいんだ…そんなことを言われているような気がしたのです…心が軽くなる…全ての言葉がスーッと心に入ってくる…

水でした…聴いた瞬間に全身に浸透する水風呂のような曲…


そして『ここに帰ってきて』をじゅうぶんに聴いたあとの『GONG』。

www.youtube.com

 

「gカkgカガッl!!ガアエ;エア!!!!」

 

『ここに帰ってきて』と同じく、歌いだしはジェシーなのだが、その様子が、明らかにおかしい。謎の叫び声を高らかに響かせたあと、「響く始まりのゴァァァアング!エブリディイズアファァァァイッット!」と闘いの合図を告げると森本慎太郎→田中樹→髙地優吾→松村北斗→京本大我→田中樹と、もう素人では誰が歌ってるのか絶対に視認できないほどの速度で入れ替わる歌割り。

富士急ハイランドの新アトラクション?と錯覚してしまうほど目と耳を前後左右に揺さぶってくる。確実に「なんらかの取引」が行われているに違いない倉庫で歌い、踊り狂う6人。

各々が、走ったり、飛んだり、蹴ったり、発光したりしながら、最後には大勢のキマッた狂人たちを従えて激しいライブをスタートさせていた。「いま赤ちゃんに見せたくないMVランキング」ブッチぎり最下位。確実にモロー反射止まらなくなる。

そして訪れる驚愕のサビ。

 

Gong of Game. Gong of Game. Gong of Game. Go. Rock’n, Rock’n, Rock’n Roll. Gong of Game. Gong of Game. Gong of Game. Go. Rock’n, Rock’n, Rock’n Roll.

ゲームのゴング。ゲームのゴング。ゲームのゴング。行く。ロックン、ロックン、ロックンロール。ゲームのゴング。ゲームのゴング。ゲームのゴング。行く。ロックン、ロックン、ロックンロール。

 

たすけてくれ

 

いっさい意味が分からない。分からないのに頭から離れられない。体が熱くなる。力が湧いてくる。

超高温のサウナ。入った瞬間、一瞬でブッ倒れてしまうド違法サウナ店。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

SixTONESが作り出す「幅」に頭おかしくなる。本当に同じアイドルなのか?と…
いや幅なんてものは、SixTONESに限らず全アーティストそうで、他の歌手もバンドもアイドルも、ピアノバラードもあればギターロックもある。全員やってる。そんなことは当たり前だ。

熱心に曲を追いかけていれば自然と「◯◯って幅があるよね」という話には100%なる。

だが、SixTONESは「こんな顔もあります」とかそういうレベルではなく、その全てがまぎれもなくSixTONESそのものになっている。

真っ白なラブバラードを歌うのも真っ黒なファイトソングを歌うのも豚骨ラーメン作ってはしゃぐのもカオスソルジャーも乳首乾燥もマグマチンコも、全部信じられないがSixTONESなのだ。「SixTONESって200色おんねん…」とアンミカが耳元で囁いてくる…

 

『ここに帰ってきて』からの『GONG』…いきなり水風呂入ってからサウナ1時間入ってすぐ風呂場出て服着るようなもの。乱れる〜〜〜〜〜〜!!!