kansou

ミクスチャーブログ

広告

6月21日、東京・表参道でトークイベントやります

『書けないんじゃない、考えてないだけ。』の刊行を記念して、著者初となるトークイベントを開催します。

「死んでも書きたくなかった文章術の本を本気出して書きながら考えたこと」

日程    2024年6月21日 (金)

時間    19:00〜20:30

開場 18:30〜

料金    1540円(税込)

定員    90名

会場    本店 大教室

出版記念のリアル・トーク・イベントやることになりました。

今まで家族にも恋人にも友達にも同僚にも「ブログ書いてる」なんて1回も言ってないし、ブログで顔も出したこともないのに急に東京でイベント。やってることほぼGReeeeNです。

ブログ書いたことも言ってないってことは、当然「本出した」ことも言ってないんですよ。本を出したら出版社から「見本誌」って10冊くらい周りの家族とか友達に渡してください!って家に届くんですけど、

 

いや渡せるかよ

 

キモすぎるだろ。普段なにやってるか分からんやつが急に「ブログの文章術の本」渡してきたら。小説ならまだしも、文章術の本はマジで無理。

イマジナリー秋元康を飼っていない文章、飼った文章

秋元康のメンタルを心に降臨させることは、文章を書く上で大きな力となります。自分の中にあるキモさを解放し、覚醒させましょう。

「こんなもん人に見せて大丈夫なのか?」と思う文章にこそ唯一無二の価値があるのです。

例えば、今私が全裸で外に出れば確実に逮捕されますが、文章で「今これを全裸で書いています」と書いても誰も止めることはできない。そういうことなのです。文章の上では全てが真実になります。

2011年に元・AKB48の渡辺麻友が発売した写真集『まゆゆ』に秋元康が寄せた帯コメントがこちらです。

「大人になんかなるな…」

これです。このキモさこそ秋元康。これを見習ってもらいたい。

最後に、イマジナリー秋元康を飼っていない文章と、飼った文章の2パターンを作ってみましょう。

テーマはそうですね……「吉岡里帆」にしましょう。彼女の「演技の魅力」について書きたいと思います。

 

イマジナリー秋元康を飼っていない文章

吉岡里帆はとても魅力的な俳優だと思う。舞台で鍛えられたパワフルかつ繊細な演技力。吉岡里帆の存在感は、今の俳優界でも唯一無二だろう。
特筆すべきは、心の機微を表現する「静の演技」だ。言葉はなくても、眼で、表情で、所作で、メッセージを観客に伝えてくる。そんな彼女の演技はいつも観客を鷲摑みにする。

 

イマジナリー秋元康を飼った文章

顔やスタイルは言うまでもない。中枢神経を直接攻撃してくる声もそう、笑ったときの三日月型の目もそう、指突っ込みたくなるえくぼもそう。かわいさの核ミサイルにしてとどまることを知らないかわいさのTomorrow never knows。

だが、吉岡里帆のげに恐ろしきは見た目ではない。こんな女子が自分の近くにいたら気が狂いかねない「あざと仕草」にあるのだ。

どん兵衛のCMを思い出してみろ。星野源に対してなんの違和感もなく「は? 付き合ってんのか!?」と思わせんばかりの近さ。もはや言葉などいらない。ただそこに存在するだけで、相手に対して「え? 俺のこと好きなの?」と思わせる悪魔的なオーラを放っていた。だが決して凡人共に「ぼくでも手が届くかも……」と勘違いさせるような

隙は見せない。なんでもできるけどなんにもできない、こんなに近くにいるのに相手の心の内はわからない。この絶妙な距離感を保つのがあまりにも上手すぎる。

いわゆる「シークレットオブマイハートゾーン」(今俺が作った)の達人が吉岡里帆なのだ。吉岡里帆の「里」の文字を今日から俺の故郷にしたい。吉岡里帆とは絶対に手が届かない虹……。誰か俺を空に飛ばしてくれ。俺を殺してくれ。

 

…キモさから生まれる「ドライブ感」の違いを感じていただけたでしょうか。秋元康を心に飼った文章は初心者には少し難しいかもしれません。しかし、習得すれば他の書き手にはできない自分だけの文章を手に入れることができます。秋元康を心に飼うか、飼わないか、あなたが決めてください。

 

どう思いますお母さん?普段は無口な息子がこんなん書いた本渡してきたら。ゲロ吐いてその日のうちに戸籍から名前抜くでしょう。なにが「心の中に秋元康を飼え」だよ。飼うなそんなもん。今すぐ野に逃がせ。

だから誰にも渡せずに部屋の隅に自分の本が山積みになってるんですよ。同じ本が何冊も置いてあるのめっちゃ怖いですよ。しかも自分の書いた本が。恥ずかしくて誰も呼べねぇよ家に…

 

そんな私が今回「全て」をお話しします。

場所は東京のオシャレ街・表参道の本屋「青山ブックセンター」。北海道から飛行機ブッ飛ばして行きます。

髪型が人前に出られないくらい終わり散らかしてたので、さっき気合い入れて美容室行って「綾野剛みたいにしてください」って言ってめっちゃパーマかけてもらったら、結果

 

「くりぃむしちゅー上田晋也」

 

になりました。今は「例えツッコミ」と「うんちく」なら誰にも負ける気がしません。

1人しかこなくてお見合いみたいになったら面白かったんですが、おかげさまでかなり埋まってるみたいです。まだ空きはあるので、ぜひピクミンみたいに知り合いゾロゾロ連れて来てください。

ちなみにピクミンの舞台となった惑星PNF-404は、webサービスでエラーが出たときの「Page Not Found 404」の略、つまり「存在しない星」という意味らしいです。ブハハハハ!!!!t.livepocket.jp