kansou

ミクスチャーブログ

広告

東京でトークイベントやったら天国と地獄を見た

6月21日にトークイベントをやることになったので、前日20日に飛行機で札幌から東京に行ってきました。

17時半発の便に乗る予定が機材トラブルで1時間ほどの遅れ。

映画とかドラマとか見られるタイプの飛行機で、1時間半を一瞬で過ごすための大正解『古畑任三郎』があって見てたら気のせいかもしれないんですけど、両隣の人が「え?古畑あんの!??」みたいな顔してすぐ古畑見始めて鑑賞会みたいになってました。

その日の夜はフリーだったので高校の同級生と会う約束をしてたんですが、羽田に着いたのが結局20時。

待ち合わせ場所の「新橋」に着いたのがなんだかんだあり21時。待たせるのも悪いので同級生に「先にメシ食ってて」のラインを送ったのが全ての間違いでした。

数十分後、同級生に「今どのへんにいる?」って確認したらどう考えてもメシ屋ではないキショい名前が返ってきて、

同級生「猫娘天国カフェニャニャニャーにゃん

俺「ね、猫娘天国カフェニャニャニャーにゃん???」

同級生「コンカフェ」

俺「は?いや俺いま腹へってんだけど???」

同級生「ごめん二軒目きちゃった。入ったばっかりだからちょっと付き合って」

俺「殺すぞ」

東京着いて1時間でコンカフェ?正気かこいつ?完全なイカレ。しかもなんか着いて早々に店員が「古谷徹」のことを熱弁してきてどこが天国なんだよ地獄カフェゲボゲボゲボげーぼじゃねーかよ。

 

店員「古谷徹ほんとゆるせない。あんなのに安室透の声やってほしくない」

俺「あ、まあそうですね(芸能人の不倫にちゃんとキレてる人間実在したのかよ)」

店員「え?てかなんで東京来たんですか〜?」

俺「えっ?ああ〜いやっ、しごと?仕事で?」

店員「仕事って〜?」

俺「あっ?え〜、あ〜、ネット関係?ほっ、ホームページ作ったりとか…」

店員「へぇ〜すご〜い、あっ、てかフォロワー増やしたくて〜、エックスとかやってま」

俺「あ、やってないです」

 

同級生に全額奢らせて速攻で帰りました。

 

21日は朝から赤坂に。ラジオやらせてもらった関係でTBSラジオの社内を少し見学させてもらえることに。

一通り見て回ったあと、

 

?「こんにちは〜」

俺(ングッッッッ!!!??)

 

宇内アナ

ここからの記憶がまったく無いんですが、顔面ドロドロに溶けました。

 

TBSを出てからは出版社の人たちと昼を食べ、次の予定まで少し時間があったので東京案内をしてもらえることに。編集の尾澤さんに「どこでも連れていきますよ!」と言ってもらったので「下北沢」と即答。日本一遅い、映画『街の上で』とドラマ『silent』の聖地巡りをした。

下北沢すごい、本当に「どうやって経営成り立ってるのか1ミリもわからん店」がそこらじゅうにある。あと、北海道だったら雪の重みで物理的に潰れそうな信じられないくらいボロい店がたくさんある。

そのあとは渋谷に戻って、出版についてのインタビューを受けました。担当してくれたライターさんが面白すぎた。全部の話を打ち返してくる。俺より俺の地元のこと詳しくて怖かったです。

 

18時にイベント会場の「青山ブックセンター」に到着。出版社の人や本屋の人と挨拶をして、少し打ち合わせをしてあとはサインの練習をしながら待機。

緊張で急激に小便したくなってダッシュでトイレ行ったんですけど、控室からトイレまでの道がイベントの受付場所を通らないと行けない道で、横切ってる姿を普通に見られました。たぶん何人かは

「え?さっき漏らしそうな顔しながらダッシュしてたキモ男がかんそうかよ」

ってなったんじゃないでしょうか。

 

トークイベントの内容は別でレポートが出る予定になっているのでここでは控えますが、魑魅魍魎の色んなジャンルのファンが一堂に会した異常空間でした。

普段は不特定多数の前でなにかを喋るということがまったく無く、脳の動いてない部分がグワングワン回転している感じがして、頭の中で考えるのとも、文字を書くのとも違う感覚。言いたいことと実際に言ったことの乖離が気持ち悪すぎて気持ち良すぎて何回も気失いそうになりました。

あと冷静に考えて顔知らないネットの名前だけ知ってるやつが「私が◯◯です」って出てくるの、めっちゃ変ですし、ネットの自分を現実に降ろすっていう違和感と「自分のこと知ってるけど知らないのに待機してる大勢の人間がいる」という状況が特殊すぎて、ナイアガラの滝くらい脇汗かきました。

結果、100人の前で「飲み会でボディタッチ多い女子好き」とか言っちゃって、その場で死のうかと思いました。少しでも楽しんでくれたなら顔面さらした甲斐ありました。来てくれた方々、本当にありがとうございました。札幌で会ったら奢らせてください。

 

あと後半、撮影タイムがあったんですが、謎のアイコンに複数の大人がカメラを向けている時間、変すぎた。

椎名林檎のアルバムジャケット?

 

写真見返してたら、座って喋ってる自分の姿勢が『千と千尋の神隠し』のかまじいくらい悪くてゲロ出ました。こんな体幹で人前に出たらダメだろ。背筋します。

イベント終了後は出版社の方々と打ち上げをご一緒したんですが、ほぼ全員変態でした。なんの変態だったのかはここでは割愛しますが、とんでもない出版社で本を出したと思いました。

 

22日は15時の便の飛行機だったので余裕あるな〜と思ってたんですが、なぜか急に「知らん街を知らんまま歩きたい」って思って新橋の街をナビもつけずに歩いて、一人で変な銀行とかにウケてたらなんか赤坂まで来てしまい、全然時間がなくなってしまいました。

バンコックバンク。こんな「レモンの入れもん」みたいなダジャレ銀行ある?

結果、イベントでもそれ以外でも「明日の昼どっかウマい店ありますか?」と、さんざん聞いたのに、ここになりました。ほんとすいませんでした。

帰りの飛行機もなんかドラマ見ながら帰ろうと思ったらVIVANTあって最終回見てたら隣に座ってたジジイが俺の画面ジロジロジロ見てきやがってテメェエエのモニターで見ろジジイ助けてノゴーンベキ。