かんそう

テキストサイト。20代後半男。札幌

広告

カラオケ採点で高い点数が出るからって出ない俺にマウント取るのやめてもらっていいですか

カラオケ、行きますか?俺は行きます。

歌うことって本当に楽しくて、他人の歌を聴くのもすごい面白いですよね。 「この人、普段は無口でおとなしい感じなのに湘南乃風とか歌うんですね…」「この娘、私服ゴスロリなのに倖田來未歌うのかよ…」「2017年にはっぱ隊!?さ、寒〜〜!」みたいな、仕事や学校だけじゃわからないその人の意外な一面が見えてきたりね。否応なしに距離も縮まりますしね。ホンット最高ですよね、歌って、音楽って。パワー・オブ・ミュージック。

 

…だが、グループでカラオケ行くと必ず「採点やろーぜ」とか呪詛を唱える奴がいて俺はそれによって死ぬ。うるせぇよ、一人でやってろよ。俺はゆとり世代なんだよ、点数つけられることに慣れてねぇんだよ。みんな並んで一等賞、みんなが百点満点でいいじゃねぇかよ。なにが精密採点DXだ、てめえのマウント取りのために俺を生け贄に捧げるんじゃねーよ。カタパルト・タートルかよ。

そもそも、そんな点数つけて競いてぇならテレ東でやってる『THEカラオケ★バトル』でも出てろよ。どいつもこいつも似たようなバラード歌いやがって、葬式じゃねえんだぞ。もっとアゲてけよ、一人くらいアップテンポの曲歌えよ、「今夜はブギーバック」歌ってみろよ。仮にもしそれが80点だろうが70点だろうが絶対そいつが優勝だよ。

それができないんだったら合唱コンクール見習って全員よーいドンで同じ課題曲歌えよ、こっちからしたら高橋真梨子歌う女子小学生も、aikoの「えりあし」歌う二十歳の男も変わらねぇよ。なんなんだよその選曲。両方いろいろ透けて見えて怖ええよ。番組MCの柳原可奈子の「腹の中で絶対バカにしてるだろお前」って感じも怖い。

 

…話逸れましたが、ほら「歌」って「音楽」って数字で測るものじゃないと思うんですよ、大事なのって「心」「気持ち」じゃないですか。 だいたい当てにならないんですよカラオケ採点の点数って。しゃくりがどうとかビブラートがどうとか、なんなんですか。なんですか、あの曲中に表示される心電図みたいなやつ。あれが合ったからなんだっていうんですか。

ほら、よく言うじゃないですか、プロの歌手が自分の曲歌っても高得点なんか出ないって。意味ないんですよ、あんなの。

 

『サウダージ』の「ベイベェ〜〜〜〜ェェエ〜〜〜〜ッ!!!ナァッ、ナナッツ、ナナッツナァアォッ、オォン…ヒィイッヒィ〜〜〜〜〜〜〜ッ」を歌うのか歌わないのか

件の記事でも書いたんですけど、僕なんかもどっちかと言えばそっちタイプの歌うたいで、採点コメントで「アレンジが目立ちます、もっと原曲を聴き込みましょう」とか言われるんですよね、ハハハ。アレンジが目立ちますって、わしゃ宇多田ヒカルのAutomatic歌う岡村靖幸かって。

そうだよね〜、ちょっと自分流のアレンジ加えすぎちゃったかな〜〜。いや〜〜、自分ではちゃんと譜面どおりというか、CDで聴いたまんま歌ってるつもりなんですけどね。やっぱり歌うのが好きで小さい頃から音楽に触れてきましたからね。好きな映画10挙げるなら「天使にラブソングを」絶対いれますし。カセットで「90年代アニメソング主題歌集!」みたいなのテープびろびろになるまで聴いてましたし。親戚の家で狂ったように南国少年パプワくん主題歌「んばばラブソング」熱唱してましたし。

でも、やっぱり抑えてても溢れ出てきちゃうんだろうなぁ〜、『個性』ってやつが。まさに「檻に入れられたケモノ」ですわ。

 

 

f:id:ikdhkr:20170923142302j:plain

 

は?画面叩き割ったろか。なにが「もう少しやさしい曲にトライしてみては。」だようるさいうるさいうるさいうるさい黙れ黙れ黙れ黙れ。絶対お前句点の前に(笑)かwwwつけてんだろコラ。選曲「カラオケで歌いやすい曲」の筆頭『世界に一つだけの花』だぞ。「どうしてこうも比べたがる?一番になりたがる?」って歌ってる奴がこれ以上ないくらいは点数つけられボロクソにこきおろされた気持ちがわかるか?てゆうか、これ以上やさしい曲ってなに?『ちょうちょ』でも歌ってろってか?

え?なに?なんです?「高音と低音があまり出ていないようです」って。えっ?え?ちゃんと聴いてました?俺、めちゃめちゃ声出してましたよね?必死に高い声も低い声も出してましたよ?「あまり出てない」いや、バリバリ出てるっつーのバーカ。えっ?もしかして俺の声って、特殊な人しか聴き取れないコウモリかなんかだったんですかね?えー?うわー、うわっ、すっげぇ、俺。

 

 

し、死にてぇ〜〜〜。

ねこあつめVRのリリースにブチギレてる

 

マジでふざけんな。

今まで『ねこあつめ』を必死にやってきた全「猫集者(キャッリスト)」達を敵に回すような発表。絶対に許さん。

 

www.kansou-blog.jp 

他にもっとやることあるだろうが。「データ引き続き」はオイ。どうせ『ねこあつめVR』がリリースされてもスマホデータからの移行なんて100パーセントありゃしねぇ。それどころか、これからのアップデートすらあるかわからん、ただでさえポケモンGOやらモンストやらパズドラやらシャドバやらに押されてアップデートの回数も目に見えて減ってきていやがる、このままリリースにかこつけてアプリから完全に手を引くことは十分に考えられる、ド畜生めが。

 

上記記事にも書いたが、俺はアプリがリリースされてからというもの、誰よりも早くレアねこをエンカウントさせて、全レアねこコンプリート終わってからもアップデートまでの期間、ずっと最効率を重視してねこあつめ、にぼし集めに注力してきた。

グッズの設置も、ダンボールドライブだとか機関車デラックス、漆塗り高級お椀のような見た目重視なグッズは一切排除し、現アップデート時点での最大ねこあつめ数になる組み合わせ「LサイズグッズのアスレチックEX(6匹)アスレチックタワー(5匹)Sサイズグッズのネイビーキューブ(2匹)オレンジキューブ(2匹)ビッグクッション(2匹)、ティラミスキューブ(2匹、サイコロキューブ(2匹)切り株ハウス(2匹)」で完全固定。

それだけじゃない、他の猫集者と差をつけるために「平均滞在時間」「各ねこ毎のにぼしの平均確率」「金にぼしドロップ率」「各ねこの集まりやすい時間帯」エトセトラエトセトラ…それらをExcelに表を起こし細かく計算、どのタイミングでどうエサを配置すれば1番にぼしが集まりやすいかを考えて毎日プレイした。もちろん、ねこが集まりやすい時間帯にはアラームをセットし、いつでもねこをあつめる態勢を整えた。

 

ねこ名 手帳ページ 平均滞在時間/f.s にぼし平均獲得率/h 金にぼしドロップ率/% よく来る時間帯
しろねこさん 1 41.35 2.3 0.01 8:00~12:00
しろくろさん 1 62.47 4.2 0.2 0:00~4:00
くろねこさん 1 44.36 3.5 0.45 4:00~8:00
はいいろさん 1 46.1 4.5 0.6 8:00~12:00
とびみけさん 2 67.4 6.2 0.5 12:00~16:00
しろちゃとらさん 2 52.12 2.8 0.3 8:00~12:00
ちゃとらさん 2 28.16 3.5 0.39 16:00~20:00
みけさん 2 42.6 5.1 0.1 4:00~8:00
しまみけさん 3 63.4 6 1 20:00~24:00
はちわれさん 3 26.45 2.5 1.2 12:00~16:00
さびがらさん 3 56.13 7.5 0.6 4:00~8:00
ぽいんとさん 3 38.54 4.5 0.77 16:00~20:00
くつしたさん 4 29.98 3.1 0.81 20:00~24:00
きじとらさん 4 61.89 2.5 0.5 4:00~8:00
はいしろさん 4 52.1 5 0.33 0:00~4:00
しろきじさん 4 67.45 1.9 0.78 8:00~12:00
さばとらさん 5 37.4 5.2 0.21 8:00~12:00
おっどさん 5 56.68 6.7 0.05 16:00~20:00
しろさばさん 5 70.12 6.2 0.4 4:00~8:00
ぶちさん 5 38.45 3.3 0.4 0:00~4:00
とーびーさん 6 61.68 7.4 0.27 20:00~24:00
むぎわらさん 6 52.46 3.8 0.8 12:00~16:00
ちゃはちさん 6 60.43 4.5 0.33 8:00~12:00
あかげさん 6 29.45 5.9 0.45 4:00~8:00
くりーむさん 7 62.32 4.2 0.28 0:00~4:00
しろとらさん 7 55.89 3.7 0.78 0:00~4:00
あかさびさん 7 38.24 2.9 0.37 16:00~20:00
くろぶちさん 7 42.56 5.9 0.52 8:00~12:00
くろとらさん 8 61.89 3.6 0.78 12:00~16:00
しろみけさん 8 38.58 5.1 0.29 4:00~8:00
はいはちさん 8 32.61 2.7 0.08 20:00~24:00
はいさびさん 8 43.47 3 0.1 16:00~20:00
くりーむとらさん 9 51.55 5.2 0.38 4:00~8:00
うすみけさん 9 49.12 3.2 0.18 0:00~4:00
ちょこさん 9 37.67 5.7 0.28 16:00~20:00
ふじでこさん 9 37.78 4.2 0.57 8:00~12:00
とらぽいんとさん 10 52.87 6.3 0.49 12:00~16:00
はいぶちさん 10 35.56 2.8 0.61 4:00~8:00
しまぽいんとさん 10 52.1 4 0.71 0:00~4:00
ちゃぽいんとさん 10 54.88 5.2 0.21 12:00~16:00

ふつうねこデータベース(独自調べ) ※無断転載禁止

 

始めたばかりの、ねこあつめビギナーの時代には欲しいグッズがどうしても買うことができず、どうしても他のプレイヤーに追いつきたくて課金にも当然の如く手を染めた。1200金にぼし買った。

f:id:ikdhkr:20170920044234p:image

それでようやく、ようやく、ふつうにぼしも金にぼしもカンストさせた。誰に強制されたわけじゃない。勘違いするな、別ににぼし集めたからって一銭にもならん。

 

理屈じゃない、意味なんかない、ねこあつめが俺を呼んでいた。嘲笑いたきゃ好きなだけ嘲笑え。

 

「ねこなんか集めてなにが楽しい?」そんな心無い言葉に涙したこともあった。楽しい?ふざけるな、これは遊びじゃない。もう一度言うぞ、ねこあつめは遊びじゃ、ない。

 

楽しさ?そんなものには微塵も興味はない。俺はただねこをあつめるのみ。エサを撒き、ねこをあつめ、にぼしを回収する、ただそれだけの行為。冷静に考えろ、こんなもの楽しいわけがない。

 

そんなことはわかってる。猫集者にとって最大の敵は己の心に潜む『恐怖』という魔物。足を止めればそこで全てが終わる。あえてもう一度言う、ねこあつめは、遊びじゃ、ない。

 

 

それでも…冒頭に書いた仕様「ねこあつめは機種毎のデータ引き続きに対応していない」のせいでスマートフォンを買い換えるたびに訪れる「またイチからねこあつめをやらないといけない」という絶望…。それがわかるか?株式会社ヒットポイント(運営会社)御中?

 

 

だが、そのたびに気づかされる。俺は、ねこをあつめてたんじゃない、ねこをあつめることで自分の中にある、なにか大切なものをかき集めていただけだったんだと。

 

 

VR?そんなもの俺は望んでない。機種毎のデータ引き継ぎ?それももういい。俺が望むのは「ねこたちのしあわせ」ただそれだけ。

 

f:id:ikdhkr:20170920055138j:image 

ねこあつめ

ねこあつめ

 

ポルノグラフィティ岡野昭仁は全219曲中どれだけ「ヒィイッヒィ〜〜ッ!」と叫んでいるのか調べた

『サウダージ』の「ベイベェ〜〜〜〜ェェエ〜〜〜〜ッ!!!ナァッ、ナナッツ、ナナッツナァアォッ、オォン…ヒィイッヒィ〜〜〜〜〜〜〜ッ」を歌うのか歌わないのか

 

件の記事のようにたびたび曲中に「ウォ〜〜ォォウ」「オォン…」「ヒィイッヒィ〜〜〜〜〜〜ッ」などの声にならない声を叫ぶポルノグラフィティのボーカル・岡野昭仁ですが、いったい曲中どれだけ叫んでいるのか気になったので調べました。

 

www.youtube.com

※4:07〜「ヒィイッヒィ〜〜ッ!」

 

ファーストシングルの『アポロ』から45枚目の最新シングル『キング&クイーン』を含む全219曲(一部インスト曲、ライブ音源を除く)から岡野昭仁の「叫び」を抽出しました。

(『アゲハ蝶』における「ラララ」、『パレット』の「トゥルトゥル」、『Mugen』の「ウォウウォーウォウウォー」などのコーラス部分、歌詞に含まれる「ラララ」などはノーカン)

 

 

ロマンチスト・エゴイスト

Jazz up 「バンバンボバンバンババラボンバンバンボバンバンババラボン…ウゥーッ!ウゥーッ!イェェェェイェイイェイェヘ…!ダイブ!マザースカァァイ!イントゥダイブ…マザスカァァァァィイェェ…!ダイブインザマーザスカァイ!ダイブインザマーザスカァイ!マザーー!マザーーーァァァァ!トォォォアアアアアッッ!!」 

・Century Lovers 

・ヒトリノ夜  

ライオン 「イェェイ!」「ヘェイイエェイ!」 

憂色~Love is you~ 「ラララララーラーラララララララーラーラララララララーラーララララーララララララララーラララララーァーーーーーウウウゥイェーーーーヘェェェェエエッ…」

Heart Beat 「ウゥーーイェェェイ!」

マシンガントーク「ウゥイェェェイ!」

デッサン#1 「フューチャアアアアアアアァァーーーーイェェェェェェェェエエエェェェエェェーィ!」

・アポロ

ラビュー・ラビュー「トゥトゥルトゥゥル…トゥトゥルトゥゥル…イーイーイーイーイーーーーィーーーーフゥーーーーーー」

ジレンマ「イェイ!ハッ!ン゛ーーーーーーーー!」「イェイェイイェイ!ジダンダジダンダジダンミューjボイg跪けェェェジャオガアアジャイナンナンナノナァノベイベェ会いに行こぉぉうノゥノゥノウオォォオォ!会いに行こぉぉぉゥ!!」

・リビドー

ロマンチスト・エゴイスト 「ラーラララララーラーァララララララァラーラーラララララーラーァウゥイェーーーェイ…イィーーーーィッ…イィーーーーィッ…」

 

foo? 

・INNERVISIONS

・グァバジュース 

サウダージ 「ベイベェ〜〜〜〜ェェエ〜〜〜〜ッ!!!…ナァッ、ナナッツ、ナナッツナァアォッ…オォン…ヒィイッヒィ〜〜〜〜〜〜〜ッ」

愛なき…「ノノー!ドンチュノーー!オォマイチュゥラブ!オーノノー!ドンチュノーー!ドンチュノーー!オォマイチュゥラブ!オーノノーォォ…」 

・オレ、天使

サボテン「オーノナァンナァァーーーー…」

・Name is man ~君の味方~

・デッサン#2 春光 

・ミュージック・アワー

・空想科学少年

・Report 21 

夜明けまえには「ウゥーノォーーーォゥ」「ウゥゥーーーウゥーーーウゥーーウゥーーー」「ソーインラァーーーァ!ウォーノァーーーウゥー…ウゥー…イェェエエェェェイ…ソォーインラァーー…ウォーウォウ…フゥーーーー…」

 

雲をも掴む民

敵はどこだ?「ナァンツタァンナァン…」「オォッ…イェァ…」「イェェーーーーェァッ!」 

・ラスト オブ ヒーロー

・アゲハ蝶 (Red Mix)

・ハート 

・Aokage

クリスチーナ「ヴゥン!!オォォゥイェイ!!」

・n.t.

・ヴォイス

・パレット

・幸せについて本気出して考えてみた

・ニセ彼女

ビタースイート「イェェエーーーィ」 

・夜はお静かに

 

WORLDILLIA

・CLUB UNDERWORLD 

惑星キミ「ウォウウォウ」 

・元素L

・Mugen 

・デッサン#3

ヴィンテージ 「ウォンノォーーーー!ウォウォオォーーーーー…イェエエーーーーィイ!!ウォオォーーーーー…イェエエーーーーィイ」

・ワールド☆サタデーグラフティ(★★★) 

素晴らしき人生かな?「トゥルトゥルトゥルトゥ」 

・朱いオレンジ

Go Steady Go!「ォオォイェェエッ…ォオン…ォオン」

・カルマの坂 

・渦 

・くちびるにうた

 

 THUMPx

Ouch!!「ワァイ!」「ァアーオ!ヒョホホホーーォ!ヒューゥウ!ァアーァ!チキチキチキチキチキチキチキチキチキチキチキチキチキチキアーォ!」

・ネオメロドラマティック

・東京ランドスケープ 

We Love Us「ウォゥノノォーン!」「ウォゥノノノォーン!」「ゥウーーゥ…」「ォオォーォ…」

・黄昏ロマンス 

・Twilight,トワイライト

・ROLL

・シスター 

・ドリーマー

・社員 on the beach

・プッシュプレイ

・うたかた

・何度も

・Let’s go to the answer

 

 m-CABI

ハネウマライダー「アーォオ!」

・BLUE SKY

・BLUE SNOW

・Winding Road

・休日

・NaNaNa サマーガール

・DON’T CALL ME CRAZY

・ジョバイロ

・m-NAVI 3 “Ready? Silvia, Geronimo, and Lily?”

月明りのシルビア「ウーーーー!」 

Mr. ジェロニモ「アァーーーーーーォ!イエーーーーース!!ヨッ、ヨッ、ヨッ、ヨッ、ヨッシャーーーーーーーーァ!!ハァーーーーーーー!ハァーーーーーーィヤ!ァーーーーァイ!ウーーーーーベイベェーーーウェイ!フフッ…」

・横浜リリー

・m-NAVI 4 “Let’s enjoy till the end”

・ライン

グラヴィティ「ゥオーーオォーーーッ…ウァンノァーーーーー!オォーッ…なくしていたのォォォォォォォ…ウォウォーーーウァンノァーーーーー!ヤイヤイヤイヤイヤァ」

・NaNaNa ウィンターガール

 

PORNO GRAFFITI

・リンク 

空蝉「ァアーーーーーーーーアァ…ァアーーーーーーーーアァ…ァアーーーーーーーーアァ…ァアーーーーーーーーアァ…」

ウォーカー「ハァァァアアァァァアァァ」

・ベアーズ

・農夫と赤いスカーフ

鉄槌「アァーーーーーーーーーーーー」

Light and Shadow「ウォオォ」

・My 80’s

・ロックバンドがやってきた

・Please say yes, yes, yes

そらいろ「カァモン!カァモン!カァモン!エブリバディイエェ!カァモン!カァモン!カァモン!エブリバディイエェ!カァモン!カァモン!カァモン!エブリバディイエェ!カァモン!カァモン!カァモン!エブリバディイエェ!カァモーーーーーーン!カァモン!エブリバディイエェ!カァモーーーーーーン!エブリバディイエェェェ…」

 

∠TRIGGER

∠RECEIVER「アーーーーーーーーーーーー!アァーーーーーーーーーーーー!ウォーーーーーーーーー!」

アニマロッサ「チュールッ!チュッチュチュールッ!」

・瞳の奥をのぞかせて

ネガポジ「オォンドォーーーーーーーー!」 

クリシェ「オーーーーーーンゥゥ…音のように!熱のように!掴みようもないもの!オーーーーーーオンンゥーーーーーーオーーーーーーーフゥーーーーーー」 

・IN THE DARK 

MONSTER「アーーーーオォ!」

・この胸を、愛を射よ

・曖昧なひとたち

・光の矢 

今宵、月が見えずとも「アーーーーーーーーァーーーーーーーーアーーーーーーー…アーーーーーーーーァーーーーーーーーアーーーーーーー…」

・ロスト

 

PANORAMA PORNO

2012Spark「フゥゥーーーーーーーーー!」

・メジャー

・FLAG

・EXIT

・電光石火

・星球

素敵すぎてしまった「ゥウーーーーーーーゥウウゥーーーー…ナナナナナンナナァーーーー…ヒィーーーーーーイィーーーー」

・ワンモアタイム

・カシオペヤの後悔

・君は100%

・ゆきのいろ

・はなむけ

・メリーゴーラウンド

・光のストーリー

 

RHINOCEROS

ANGRY BIRD「ウォウウォーーーー」 

・オー!リバル

Ohhh!!! HANABI「サマビーーーーーーーーーィ!!」

・wataridori

・Hey Mama

俺たちのセレブレーション「クルゥア!」

Stand Alone「アーーーーーーーーーァ」「ィーーーーヒィッ」

・ワン・ウーマン・ショー ~甘い幻~

ソーシャル ESCAPE「ヘイッ!!」「ウゥッ!!」「ヘッッ!!」「フゥーーー!」

・バベルの風

・AGAIN

Good luck to you「ウォウウォウウォーーーーッ」

・ミステーロ

 

オリジナルアルバム未収録曲・カップリング曲

まほろば○△「フゥーーーーゥウーーーウーーーーーウーーーーウーーーーウーーーーウーーーーウーーウーーウーーーウーーーー」

・フィルムズ

・約束の朝

・A NEW DAY

・m-FLOOD

・ひとひら

PRIME「ワーーーーーーァオァ」「アーーーーォ!」「ウォウイェーーーーナナナァーーーチュチューチューチュチュチュ!ウッ!ウッ!ベイベェーーーーー!!ウォウイェェエ!ウォウイェェエ!ウォウイェェエーーーーーー!!」

・見つめている

・冷たい手~3年8ヵ月~

・Search the best way

ダイアリー 00/08/26「そうだしィィィイェーーーーーーァ!!シィーーーーーーーヒィ!ノノノァナナナァ!アァーーー!ワアァーーーーーーーーーーー!!アーーーーーーーーーーッ!!」

いつか会えたら「ンーンンーーーッ」

サボテン Sonority「ンゥーーーイェエーーー…ナナナナナナナナァ…ンゥンゥーーーイェイェエーーィンゥーーー」

・別れ話をしよう

「アァーーーーン」「オォーーーーー」

Swing「ウォーーーノォーーーーーーウゥゥイェェーーーィ」

・TVスター

・キミへのドライブ

・蝙蝠

・音のない森

・メリッサ

・見えない世界

・月飼い

・愛が呼ぶほうへ

・夕陽と星空と僕

・Hard Days, Holy Night

・ラック

・Anotherday for “74ers”

・LIVE ON LIVE

・Human Being

・天気職人

・Sheep ~Song of teenage love soldier~

・小説のように

PRISON MANSION「ウゥーイェイ」

稲妻サンダー99

Free and Freedom「オォイェイ」

・ジューンブライダー

タネウマライダー「ハァーーーーーーーッ」

・Devil in Angel

・Stand for one’s wish

・It’s on my mind

・あなたがここにいたら

ホール「ンベイベェーーーーンベイベェーーーーアンナァドォーーーアンナナァナドォーーー…ベイベェーーーーベイベェーーーーー…ダァダァダァーーーーダァダァダァダァダァダァダァダァダァダァダァイッソァーーーーィイ!!!」

・オニオンスープ

・痛い立ち位置

・サマーページ

ナイトトレイン「ァアーーーーオ!」

ギフト「ウォーウォーーー…ウォーウォーーー…ウォーウォ!ウォウォ!ウォウォ!ウォウォ!オォッ!」

・ポストマン

ダイアリー 08/06/09「オゥォゥーーイェィ」「オッオォーーーン…フゥーーーーーーッ」

・Love,too Death,too

グッドニュース「ウォウォッ…ウォウォウウォウォッ…」

Time or Distance「フゥフゥーフゥフゥフゥフゥー」

・ダイヤモンド

小規模な敗北「ゥオーーーーーーウォオーーーーーー」

・邪険にしないで

Rainbow「(イェーイイェーイ!)ウォーウォーウォーーッ!(イェーイイェーイ!)ウォーウォーオーーッ!」

・煙

GET IT ON「フゥーーーッ!」「ゥウーーーーッ!ウーーイェーーー!」

・Regret

・マイモデル

グッバイサマー「オォン…」「ウォオッ…」「イェーーーイ…オォウ…イェイ!」

・生まれた街

・元素L ~つま恋Ver.~ Studio Session

・9.9㎡

・ハネウマライダー~幕張Ver.~Studio Session

・カゲボウシ

・やがて哀しきロックンロール

ルーズ「ゥオーーーーーーーーーーーーーー」

・瞬く星の下で

極上ランディング「ゥオーーーーーィ」「ウォーーーオッ!ウォーーーオッ!オォオーーーオーーーーオォーーーー」

・むかいあわせ

・青春花道

エピキュリアン「ウォッウォウォウォウォウォ」

・東京デスティニー

ダリア「ァーーーオッ!!ハイッ!ハイッ!」「アォッ!」

365日「ェッ!オッパァイ!ジィダッ!ウウッ!オエッ!アアアーーーイ!ジダッ!」

スロウ・ザ・コイン「ウォウォウーーーー…ウォウォーーーーーッ!!」

なにはなくとも「ウーーーーーーッ!オーーーイエーーーーーー!」「オッオッオッオッ」

・みんなのカープ

デザイア「ウォッウォッウォッウォッウォーッウォッ」

・空が青すぎて

・THE DAY

My wedding song「ウォウォォン…」

・ルーシーに微熱

LiAR「オーーーッ!」

・真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ

Part time love affair「ナァァッ…アァァッ…オォゥオーーーゥ」

・キング&クイーン

Montage「ウォーーーーウォウォーーーウォウウォーーーーゥウォーーーーウォウォーーーウォウウォーーーーゥ」

夕陽の色「ォーーーーオォォッ…」

 

 

結果

「ヒィイッヒィ〜〜ッ!」と叫んでいる曲…78曲

「ヒィイッヒィ〜〜ッ!」と叫んでいない曲…141曲

 

実に3曲に1曲のペースで「ヒィイッヒィ〜〜ッ!」と叫んでいるということに。肌感覚として「100は余裕でいってるだろう」と踏んでいたので少し意外な結果でした。

 

 10月25日には2年2ヶ月ぶりになる11thアルバム『BUTTERFLY EFFECT』をリリースするポルノグラフィティ。このアルバムではどんな「ヒィイッヒィ〜〜ッ!」を僕らに聴かせてくれるのか、楽しみでなりません。

 

関連記事

細かすぎて伝わらないポルノグラフィティ岡野昭仁のメシが食える発音50曲

細かすぎて伝わらないポルノグラフィティの耳が溶ける音50曲

死ぬ時に聴きたいポルノグラフィティの名曲50曲

ポルノグラフィティ カテゴリーの記事一覧

 

BUTTERFLY EFFECT(初回生産限定盤)(DVD付)

BUTTERFLY EFFECT(初回生産限定盤)(DVD付)

 

社名カタカナの新入社員研修は地獄中の地獄

名前は伏せますが、二十歳くらいの頃に働いていた静岡県にある会社の新入社員研修が地獄中の地獄だった。

 

朝イチの会長挨拶から薄々おかしいとは思ってた。なんせ壇上に上がったかと思いきや、おもむろに一本グソみたいなぶっとい葉巻を取り出して火をつけ、呆気にとられている俺達に向かって煙を吹きかけて、

「お前ら、俺がなぜ今こうして葉巻を吸えるか、わかるか…?これが権力だ…!」

ですからね。その後の「私語した奴には容赦なく灰皿投げる」という言葉が忘れられねぇ。思想がザビ家…。

 

 

1日目 

初日は、夜までビジネスマナー研修を受けたあと「新入社員の顔と名前を全員覚える」というミッションが課せられた。

100人を超える新入社員の名前と顔を1時間で覚えて、一列に並んだ新入社員たちの顔見ながら一人ひとり「○○さん!△△さん!✕✕さん!」って答え合わせしてくんですけど、途中、一人でも間違えると連帯責任として全員がイチから覚え直し。また一時間、顔と名前を覚えて再挑戦の無限ループ。なぜか魔界村のこと思い出してた。

こんなもん、探偵学園Qのメグじゃねえんだから覚えられるハズもなく、夜の9時から始まったこのミッションは午前3時に上司の「もう眠いからヤメ」という一言で終了しました。殺〜〜!ちなみに7時起き。

 

 

2日目

2日目は、また夜まで電話応対研修を受けたあと「自分の夢を100%本気で伝える」というミッションが課せられた。

ホテルの大広間に入れられて、まぁなんでもいいんですけど、例えば「私は!会社で偉くなります!」だとか「私は!幸せになります!」だとか「私は!社長になります!」だとか、会社で成し遂げたい夢、目標を上司に向かって上島竜兵と出川哲朗のキスの距離感でかわるがわる叫び続けて、上司に認められたら終了の謎ルール。

 

「次!お前!こい!」 

「はい!!私はぁ!!会社で!偉くなります!!」

「はぁ?そんなんでなれるか!もう一回!!」

「私はぁ…!!!会社で!!!」

「ダメだもう一回!!!」

「私はぁ!!会社で!!偉くなります!!」

「ただ大声出しゃあいいってもんじゃねぇぞ!!本気を見せてみろ本気を!!!」

「私は!!!偉くなります!!偉くなります!!偉くなります!!偉くなります!!」

「馬鹿かお前は!?ちゃんとやれ!!!」

「私はぁ…!!グスッ、、、会社で…!!!偉くなります!!」

「はぁ??全然伝わんねぇよ!!!!やれ!!!」

「わっ、私はぁ……グスッ…グスッ…」

「泣けばいいと思ってんのか!?偉くなりたいんだったらやれ!!!」

「わっ!!!私はぁ…!!!!!会社で……!!!!!!偉くなります……!!!!」

「……よぉし!!伝わった伝わったよ!!!できるじゃんお前!!!」

「うっ…うわぁぁぁぁぁ!!!(号泣)」

ガッ!!

熱い抱擁

 

…みたいなのを延々とやる。こわっ。書き起こしてても…うわっ、こわっ。こんなもん結局は向かい合わせた上司のさじ加減100パーでしょ。えっ、なにこれ。

それで、もちろん男も女も同じテンションでやるんだけども、まぁ体育会系の男ならまだしも、女の子とか身体弱い男なんかは途中で白目ひん剥いて倒れちゃったりする子もいてソウルジェム抜き取られたみたいになってるんですよ。案の定、全員が認められるまで部屋戻れねぇし。100人強の叫び声が絶えず飛び交って怒号のパチンコ屋みたいになっててだんだん耳もバグってきて三半規管やられてフラフラしてくる。

で、3、4時間延々と叫び続けても半分くらいの新入社員しか熱い抱擁交わせてない。そしたら、仁王立ちで腕組みながら眺めてたこの中で一番偉い営業部長がとうとうシビレ切らして、

 

「うるせぇぞ!!!一回黙れ!!!」

 

ザワッ……。

 

「お前ら、今までの新入社員のなかでも最低の部類だな!!お前らみたいなクズはどうせ会社入っても続かねぇから!!会社入んのやめろ!!」

 

って叫び出して。

 

それに対して、もう新入社員も頭イカれてきてるんで、

 

「嫌です!!やめたくないです!!もう一回やらせてください!!」

つってボロッボロ涙流して。

 

「何時間やっても無駄だよ!!お前らになんかできねぇよ!!」

「でぎます!!!やらぜでぐださい!!!」

「そうだ!!俺もできます!!やらせてください!!!」

「私もできます!!お願いします!!」

 

ワアァァァァッ…!!

 

「うるせえ!!できねぇよ!!!」

「でぎます!!!」

「できねぇ!!!」

「でぎます!!!」

「でーきーねーえ!!!!」

「でぎます!!!」

 

…5分くらいかなぁ、この「できるできない問答」が続いて。

 

「諦めろ!!できねぇ!!!」

「でぎます!!!」

「…本当にできるのか!!!???」

「でぎまず!!!!」

「…」

 

 

電気ファッ…

 

 

テェンテンテンテンテェンテ、テェンテテェンテェテンテテテテテ〜♪

 

な、なんかぁ…ピアノのイントロ流れ始めてぇ…。

 

ジャッ!ジャッ!ジャ〜ァァ〜ン…♪

 

…。

 

「誰にも〜見せない〜涙〜があった〜」

 

…。

 

「人知れず〜流した〜涙〜があった〜〜」

 

 

こ…これ……栄光の架橋だ…。

 

 

急に…ゆずの大ヒット曲『栄光の架橋』流れ始めて……。

 

 

「お前らの熱い想い…じゅうぶん伝わったよ…。その目だ…。俺たちはその本気の目が見たかったんだよ…。お前ら…良い顔してるよ…」

 

 

電気パァッ…

 

 

「よくやった!」

「よくやったよ!」

「がんばったわね!!」

 

パチ…パチ…パチ…パチ…

パチパチパチパチパチパチ!!!

 

上司スタンディングオベーション

 

…。

 

「……っ!!あっ…ありがどうございばす!!!」 

 

新入社員ボロ泣き

 

「いくつも〜〜の〜〜!!日々を越えて〜〜〜!!」

 

ワアァァァァッ…!!

 

…。

 

終わったの午前4時。7時起き。

脱走させないためにわざと夜中までやらせてんな…。

 

 

3日目

3日目、朝から昼まで藤枝市ってとこで職場の見学したあと、なんかいきなり携帯電話と財布ボッシュートされて。

「80キロ近く離れた沼津市ってとこのホテルまで二人一組でヒッチハイクして帰ってこい」って言うんですよ。馬鹿ですよね、馬鹿でしょ。

 

もちろん冷静だったらこんなんやらないですよ、アホくさ。速攻で逃げて飛行機飛び乗って実家帰りますけど、前日のアレで頭バグってますから、パブロフの犬的なやつで上司に「できるから、やれ」って言われると「あれ…?俺はできるんじゃねぇか…?俺はできる俺はできる…」みたいな思考回路になるんですよね。車に向かって親指立てたこと、あります?俺はある。

 

一斉にヒッチハイクしだすと道路がアイアムアヒーローみたいになってカオスなんで、一組20分くらいのタイムラグでスタート。

俺は会社のバスケットボールチーム枠で入ったタッパが190センチ近くある男と組まされたんですけど、普通ね、普通の感覚で言ったらスーツ着た男二人組ヒッチハイク乗せないでしょ。怖くて。俺だったら金もらっても乗せない。

案の定、だぁ〜れも乗せてくんねぇの。一回「やっと止まった…!」と思ったらイカついオッサンが出てきて「目障りなんだよ!警察呼ぶぞコラ!」って……。うううう…。

運良く女子と組んだ男とか、女子二人組はドスケベ根性のトラックの運ちゃんとかがすぐ乗っけたがるんでスイスイ行くんですけど、男二人組はハードモードどころじゃないヘルモードです。

結局、フラフラ歩きながら手当たり次第に親指立てまくって気づいたら20キロくらい歩いてて、もうリビングデット生きる屍状態。

さすがに限界で、一応飲み物代と緊急連絡用ってことで「500円玉とテレカ」は支給されてたんで、とりあえずコンビニで水だけ買って落ち着こうと思って、水飲みながら二人で地べた座り込んでたら若い女が「どうしたんですか?大丈夫ですか?」声かけてきて。

もろもろ事情話すと、

「あぁ〜、やっぱり!毎年やってますよね〜〜笑、面白いですよね笑」

って街の笑い者にされてんじゃねぇかよ。見世物じゃねぇぞ。殺したろか。もはや殺意すら沸いてきてたらその女が、

 

「よかったら、送っていきましょうか?実家あっちのほうなんで」

 

てっ、天使〜〜〜〜〜〜〜!!!

 

それから車に乗り込んだ俺達は、60キロ以上ある道のりを送ってもらうことになった。24歳でウェディングプランナーをしているという彼女は俺達のこの地獄の3日間の話を太陽のような笑顔で聞いてくれた。あぁ…女神ですか…?アテナ…。沙織さん…。

 

そして道中、アテナがトイレにコンビニ寄ったスキに

「おい…あの娘マジで良い娘だよな…かわいいし…これ…ここで終わらすの勿体ないよな…」

「よし…『お礼がしたいから今度飲みに行きませんか?』で行くぞ…」

とセカンド童貞感丸出しのワンチャン作戦を練る舞い上がった聖闘士(俺)達…!

 

「ごめんごめん!おまたせ〜〜」 

「あの…!こんな遠くまで送ってもらって…ホントにありがとうございます…!その、ぜひお礼したいんで!良かったら…今度飲みにでも行きま」

「あ、そういうのはちょっと…私、彼氏いるんで」

 

 

この世は地獄。

ツンデレ漫画『寿命を買い取ってもらった。一年につき一万円で』に刺し殺された

寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

『ジャンプ+』で連載されている漫画『寿命を買い取ってもらった。一年につき一万円で』

内容はタイトルそのまま、自堕落な生活を送ってきた男・クスノキがひょんなことから残りの寿命3ヶ月を残して30年間、計30万円分を売り払ってしまう、というもの。

生きるとはなにか、幸せとはなにかを問いたメッセージ性の強い作品で、もっとSFチックに展開が進んでいくのかと思いきや、あくまで淡々とリアルに「もし寿命を金で売れたらどうなるか」「自分の人生の価値は」「残された寿命をどう生きるか」が描かれている。

必然的に「残り3ヶ月」というリミットを設けてることで、ダラダラと物語が続かないということが決まってるので「軽い気持ちで集め続けてたら気づいたら50巻越えてた」みたいにならないのがありがたく、それゆえ話にメリハリが出てくるので非常に読みやすい漫画だ。

 

 

…そんな漫画なんですけど。それでね、残りの3ヶ月間、クスノキにはミヤギって若い女の監視員がつき、なぜか同居することになるんですね。寿命を売って余命が1年以下になり売った本人が自暴自棄を起こさないためのセーフティーネット?的な役割らしいが。そう、表紙の女。美女。クールビューティー。線の細い、色白、ロングヘアー。

 

で、まぁ…お察しの通り?クスノキ残り寿命3ヶ月ですけど、ミヤギとの関係性、深まりますよね。残りの寿命と反比例するかのようにね。そしたらまぁ、当然生まれますよね。愛。お察し。

そしてこの女・ミヤギ、前半は単なる無感情なサイコ女かと思いきや、お察し、後半笑っちゃうくらいベタにクスノキに対してデレますよね。アスカ・ラングレーも引くほどデレる。忘れてるかもしれねぇけど、お前すぐ死ぬぞ、ボンバーマンで言ったら爆弾3ふくらみだぞ、くらいの時に急にイチャイチャイチャイチャしだすんですよ。は?

 

で、これまたお察し、実はミヤギが「ウソだろお前…」っていうくらい良いぃ〜女でよ、そうなってくるとこっちもクスノキに対して「お前みたいなクズがなにを早く死ね」「お前…本当にミヤギちゃん残して死ぬのかよ…生きろよ…生きてミヤギちゃんを幸せにしろよ…」みたいな清濁が入り混じったわけわからん感情が生まれてきて、そっからはもうチキンレースですよね。1ページ1ページがカウントダウン、次のページめくった瞬間には頭爆発して死んでるかもわからないですから、キリキリと首を締められているような感覚が読んでる間ずっとつきまとうわけです。一体なにを読ませられてんだ俺は。

 

そんな漫画『寿命を買い取ってもらった。一年につき一万円で』ですが、そのなかでも特に印象に残った、というかズブリと心臓を一突きされたセリフを2つ紹介します。

 

主人公・クスノキにはむかし自分に気がある女・ワカナという女がいた。しかし、クスノキは子供の頃に交わした幼なじみとの「二十歳になってお互い結婚相手がいなかったら一緒になろう」というセリフが忘れられずにワカナの好意を軽くあしらうような態度を取り続けていた。

しかし、クスノキは寿命残り3ヶ月という状況の中で無性に人恋しくなり、ワカナに電話をかけてしまう。案の定、ワカナは電話には出ない。それならばと「明日どこかに出かけないか」とメールを打ち送信するが、サーバーエラー。ワカナのメールアドレスはとうの昔に変えられていたのだった。

落胆するクスノキを見てミヤギはこう告げる。

「さて、答え合わせといきましょう。あなたが電話した女性は、あなたにとって最後の希望でした。ワカナさんは、あなたを愛してくれたかもしれなかった最後の人です。しかし、すでに手遅れです。彼女をとうにあなたへの関心を失い、他の男のところへ行ってしまいました。

自業自得ですね、彼女を拒んだのはあなたなんですから。以後、あなたを好きになろうとしてくれる人は、二度と現れません。

あなたが他人を自分の寂しさを埋める道具くらいにしか見てないことは、案外皆ちゃんと気づいてるんですよ」

 

こっからの、

 

「参考までに訊くが、じゃあ何がミヤギにとっての幸せなんだ?」

「……構ってくださいよ…最近あまり話しかけてくれないじゃないですか…」 

 

ですからね、全身メッタ刺しだよ俺は。もう…たまんないっすわぁ…。

そんな残り寿命売っぱらってツンデレ美少女とヨロシクやる漫画『寿命を買い取ってもらった。一年につき一万円で』、どうぞ夜露死苦。

  

 
[まとめ買い] 寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。

[まとめ買い] 寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。

 

ドラム日野ビンタのダウンタウン松本さんと爆笑問題太田さんの意見が真逆すぎた

毎週日曜日の朝に真裏でやってる『ワイドナショー』と『サンデー・ジャポン』を両方録画してあとで観るのが趣味なんですけど、どっちもジャズトランペッターの日野皓正さんがコンサート中にドラムの中学生を往復ビンタした騒動を取り扱ってて、それぞれメインMCのダウンタウン松本さんと爆笑問題太田さんの意見が完全に真逆だった。

 

 

以下、抜粋して書き起こし

 

『ワイドナショー』

(略)

東野幸治(以下:東野)「さ、松本さん。でも、やはり皆の前で暴力を振るうっていう…」

松本人志(以下:松本)「でも、わりとシンプルにね、この中学生の彼が叩かれたことを「クソー!」って思ったとしたら指導としては間違えてたんじゃないですか。でも、反省を本当にしたのであれば指導として僕は正しかったんじゃないかなって思うから、結局の中学生の本当の心の中が答えだと思うんですよね」

東野「はい」

松本「ただ、その、なんかよく色んな人が我々の世代はすげぇ体罰受けたけど、今の時代じゃそんなもんはありえへんってみんなよく言うじゃないですか」

東野「言います」

松本「でも、なぜ今の時代はあり得ないのかって明確な理由を誰も言ってくれないんですよ。なぜ、今はダメで昔は良かったんですか?」

東野「犬塚弁護士」

松本「明確な理由がわからないんですよ」

犬塚浩弁護士(以下:犬塚)「はい、体罰の取扱いはいつも難しくて、実は体罰を良いと言う人はほとんどいませんけれども、ほとんどの人は体罰を受けたことがあって実はその体罰の効用を知っているというんですか…」

松本「でも、犬塚先生も体罰受けたことあるでしょ?」

犬塚「ありますね…」

松本「僕らもあるんですよ。その体罰を受けて育った僕らはなんか変な大人になってないじゃないですか、屈折してたり、なんなら普通の若者よりも常識があるわけじゃないですか、にもかかわらずなんか体罰受けて育った僕たちは失敗作みたいなことを言われてるような気がしてどうも納得いかないんですよね、なんなん」

東野「でも、絶対に世の中の風潮として先生も教える人も絶対に暴力を教えたり…」

松本「いや、いきなしビンタは俺もちょっとさすがにキツイと思うよ。ただ、もうアカンやろ!もうこれ二回目!と三回目はビンタな!って言われて、それでも三回目ビンタされて「クソーあいつ腹立つ」とかってなるやつおらんやろ」

 

 

『サンデー・ジャポン』

VTRあけ

太田光(以下:太田)「進行に支障がでるからっつって自分が一番止めちゃってんだろ」

田中裕二(以下:田中)「まぁまぁまぁ、ねぇ」

太田「わかんないのかね、それが」

田中「さぁ、日野皓正さんの往復ビンタ騒動なんですけれども、色々これ賛否両論あると思うんですけど、みなさんどう思いますか。西川先生はどう思います?」

西川史子(以下:西川)「てゆうか、あそこだけ断片的にとられると、ヒドイなって思いますけど、でもやっぱり理由があるからやってるんですよ、文化をダメにしてるっていうのもすごくわかりますね」

太田「わかりますか?」

西川「えっ、わかりませんか?」

田中「太田さんはこれはもう違う?」

太田「俺は全然」

西川「師弟関係ってそういうもんじゃないんですか?」

太田「たいした音楽家じゃないでしょあの人」

一同笑い

杉村太蔵(以下:杉村)「そこは、人それぞれですよ笑」

太田「だって、コミュニケーションするのにビンタしなきゃいけないんだったら、たいした音楽家じゃないでしょ」

石井希和「いや、そうなんです。言う事聞かなかったら暴行するっていう、やっぱ暴力でそれを子供に見せちゃダメだと思う」

デーブ・スペクター(以下:デーブ)「いや、何ヶ月もね熱血指導もしてたんです。世界の大御所、普通ビンタ駄目ですけど、これはもう大変な愛情があって彼に教えてもうらうだけでも光栄なことなんですよ、ボランティアでやってんですよ基本的に」

杉村「これ僕の息子がね、今の状態だったと」

太田「うん」

杉村「そしたらお前当たり前だと、こんなね、偉い先生の言うこと聞かないでいつまでも叩き続けてね、調子乗ってるなと、大人を怒らせたら怖いぞと、そういうのわかって良かったなと、僕だったら逆に感謝してますよ」

太田「普通の音楽教師がやったらどうなの」

杉村「いや、どんな教師も、やっぱり調子乗ってね、ずっと言うこと聞かないようなことだったら、あの日野さんも言ってますけどね、これ愛のムチだと。一つの基準かなと思ったのはね、日野さんはね、血出してないと。ケガもしてないと。これなかなか大事なポイントかなってちょっと思いましたけどね」

太田「じゃあ、日野さんのやったこと気に入らなかったら、日野さんのことビンタすりゃいいわけ?」

杉村「…というと、どういうことですか…?」 

一同笑い

太田「いや、言ってわかんなかったらビンタすりゃ良いってことは、日野さんのこれが気に入らないって人がいたらビンタすりゃいいわけ?」

杉村「いやいや、子供への教育ってことでは、僕は親としてはもし僕の子にやってもらったら僕は感謝したいなと」

デーブ「いやでもこれ、普通の教育現場の例じゃないんですよ、大勢の人が待ってるあいだにふざけてやってるってことで他の子のことも配慮したやり方」

田中「でも、大勢のお客さんいるでしょ?人前でやっちゃうってことはそれはそれで問題ってのがあるかもわかんないですけど」

太田「自分のパフォーマンスなんじゃないんですか、これ」

テリー伊藤「あとこれ周りの子どもたちへの意見全然聞いてないじゃない。あの雰囲気はどうだったか、じゃあ例えば最初の演奏とあの後(ビンタ後)にどういう演奏をしたのか、そこもちょっと聞いてみたいんだよね」

(中略)

杉村「太田さんはやっぱり愛のムチってのはあり得ないってお考えですか?」

太田「うん」

杉村「あぁ…」

太田「じゃあ例えばね、我々がお笑いでお客を笑わせたいと思ってるときに、客をくすぐっちゃうようなもんなんですよ。それやっちゃったら、それはもう自分のやってることの否定になっちゃうから」

 

 

 

雑感 

このニュース自体は、俺はなにがどうなろうが全然どうでもよくて、どっちの意見に賛同したとかもないし、どっちの言ってることもまぁ、わかるし、二人の話をとりあえず面白く聴いてた。ただ、ダウンタウンと爆笑問題、松本人志と太田光、両方とも好きな俺としては、芸風も性格もまるで違うし、嘘か本当かアディダ土下座云々もあったけど、そりゃあ同じ意見にはなるはずないのは当たり前にしても、芯のところで共通する部分もあるんじゃないか、みたいに思ってたフシはどこかにあった。

それに、いままで互いの名前を出すことすら完全NGみたいな雰囲気だったのが、ある時期を境に爆笑問題がライブでワイドナショーのことをネタにしたり、『ダウンタウンDX』に太田さんの奥さんの光代社長が出演したりと色々と考えられないことが起きてて、どっかでまたいつか…みたいなことを期待してたんだけど、今回ここまで根本から真逆のことを話す二人を観ながらなんとなく「あぁ、この人達が共演することはもう絶対にないんだろうな」とちょっと寂しくなった。

それと同時に「あの時間は本当に奇跡だったんだな」としみじみ思って録画してた『笑っていいとも!グランドフィナーレ』観て、笑い泣いた。

松本人志「ネットが荒れるって!」

太田光「荒れろ!荒れろ!」

 

f:id:ikdhkr:20170904070744j:plain

『ドキュメンタル』でオードリー春日がチンコの皮にちっちゃいカレー入れたのが超面白かった

Amazonプライムビデオ『ドキュメンタル シーズン3』のオードリー春日が超面白かった。

簡単に説明すると、芸人10人が部屋に閉じ込められ5時間の制限時間のなかで笑わせ合い、勝者には賞金1000万円が獲得できるいわば「にらめっこの延長線上」みたいな内容の番組です。(金の出処については説明するとややこしくなるので割愛)

基本ルールは、

  • 笑った量に応じてそれぞれにイエローカード、オレンジカード、レッドカードが出され、レッドを喰らうとアウト。裁量は支配人の松本人志が行う。
  • ボケずにひたすら耐えた人が有利にならないように「ポイント制」が採用されている。ボケた数、笑わせた数に応じてポイントが与えられる(仮にタイムアップ時に二人以上残っていた場合、ポイントが高いほうが優勝になる)
  • 退場になった芸人は別室に移動し、ラスト90分から『ゾンビタイム』が与えられ、松本の合図で発動する。用意したネタを自由に行うことができ、ゾンビタイムによって生存者が全員笑った場合、ゲームはノーコンテスト(優勝者なし)となる。

 

出場芸人は、

支配人 松本人志(ダウンタウン)

 

後藤輝基(フットボールアワー)

木下隆行(TKO)

ケンドーコバヤシ

レイザーラモンRG(レイザーラモン)

秋山竜次(ロバート)

伊達みきお(サンドウィッチマン)

春日俊彰(オードリー)

岩橋良昌(プラスマイナス)

くっきー(野性爆弾)

山本圭一(極楽とんぼ)

 

 

まず、出場芸人が出揃った時に「屈強な男が揃いすぎて松本さんにゲイ疑惑が」って出たほどガチムチでゴリゴリの芸人が揃ってて「箸休めに俺置いてるやん」というフットボールアワー後藤のツッコミにめちゃくちゃ笑った。で、スタートすると、それぞれ探りながらもいきなり持ちネタぶち込んだり、おもむろに小道具でボケてみたりとバーリトゥードの打ち合いが続くんですけど、そりゃほぼ全員が第一線で活躍してる一流の芸人たちばっかりなんで普通に面白いんですよ。基本、なにやったって面白い。それに対し他の芸人は全力で笑うのを耐える。口開けて笑うのはもちろん、少しニヤッとしただけでもイエローカードを食らうので基本的に全員真顔。渾身のボケ、ネタに対して「ん?」とか「どした?」とかトボけた顔をするのが妙に可笑しくて。

それで、こんな時間が1時間も続くと芸人達は「一体なにが面白いのか」「なにをすればウケるのか」がわからなくなってくるんですよね。ウケてるのに笑わないのか、普通にスベってんのかもよくわかんなくなってきて、だんだん観てるこっちもマヒしてくる。 こんなん地獄ですよ地獄。

そんな中でオードリーの春日が死ぬほど面白かった。春日のなにが凄いって、なにするんでも「力」なんですよ。春日って男は基本的に「トゥース」とか「鬼瓦」みたいな持ちネタ以外は振られたことをただただ全力でやるってだけの芸人だと思うんですけど、その返しが普通の人間がどうやっても全力で10しか出せないところを100のパワーで返す。小手先の笑いのテクニックなんて一切ない。もう途中から戸愚呂弟にしか見えなかった。

それが掲題の「チンコの皮にちっちゃいカレー入れる」ってことなんですけど、春日がピッチピチのビキニパンツ履いてチンコ丸出しでいるんですけど、春日のチンコ、あのデカい図体でめちゃくちゃ包茎で皮ありえないくらい余ってるんですよ。もうチンコの皮ゴムみたいに伸びて。そしたらフット後藤がたまたまカレーのミニチュア持ってて春日に「これ入るやん、これちょっと入れて」って振るんですよ。それで春日、なんのためらいもなく自分のチンコの皮引っぱってそのミニチュアのカレーチンコの中にしまうんですよ。

それで春日が手離したら、皮の中に入ったちっちゃいカレーが「ニュルッ」ってすげぇスピードで外に出るんですよ。

で、また違うフィギュアチンコにしまうんですけど、今度はなかなか出ないんですよ、手離しても全っ然出ない。春日「あれ?止まった…!」とか言って。そしたら「フンッ…!フンッ!どこに力入れていいか、わかんねぇな…」ってなんか力みだして無理矢理チンコの皮からフィギュア出そうとするんですよ。

「もう、一回手離したから触るのアウトですから」

とか言って、なんか勝手に自分ルール決めて筋肉の力だけでフィギュア出そうとして。「んッ…!くっ…!力の入れ方が…!」とか言って。そしたら、うな重のフィギュアがチンコの先からゆっくり「ニュルニュル…」って。

いや、そりゃ笑うだろ。松ちゃんも言ってたけど、こんなん笑わないやついないでしょ。こんな力技ないでしょ。なんなんだコイツ。最高だよ。ホント一回見てくれ。