かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

ミスチルのライブでスマホのライト点ける?じゃあ俺キムチ鍋食う

www.kansou-blog.jp

 

こっちでもちらっと書いたんですけど、Mr.Childrenライブ『Thanksgiving 25』で本編終わってアンコール待ちとラストの曲で、ほとんどの観客がおもむろにスマホ取り出して勝手にライト点け始めたので、スマホのレンズにウンコぬったくる件について。

 

整理すると、

 

一昨年のツアー『未完』で途中でミスチル側から「スマホのライト点けて!」の演出

→味をしめたド腐れファンが今回のツアーで公式側から一言もアナウンスされてないのにも関わらず勝手にスマホライト点灯

→それに呼応した何も知らない観客が同じようにスマホライト点け始める

→てめぇらのスマホのカメラレンズにウンコぬったくってやる

 

っていう流れです。

これ、アンコール、ラスト曲で明かりを点ける点けない云々で「演出の妨げになる」的な意見に関してだけ言えば、別にそれはミスチル側から「邪魔だからやめろ」って言及されてない限りはアリなんじゃないのって思う。もしかしたら望んでたのかもしれないし、むしろ裏でみんなで「あぁ〜〜綺麗だなぁ〜〜エヘヘ」とか言ってるかもしれん。「アンコールで拍手しないのは失礼」みたいなのも、もはやライブなのアンコールなんて突発的に起こるものじゃなく、ほとんどのアーティストは元々セットリストに組み込んでるなんてことは百人中百人が周知の事実で、アーティスト側もいまさら拍手しないから、反応が薄いから「今日はお前らが盛り上がらねぇからアンコールやらねぇざまあみろバーカ!」とはほぼならない、Mr.Childrenなら尚更だ。(これがSADSだったらあり得るし実際あった)

 

じゃなくて、俺が1番気に食わない、てめぇらウンコぬったくってやるからなってなってるのはそれを「スマホ」でやってるからで。いや、だってこんなもん絶対バシバシ撮影・録画するアホいるじゃないですか。こういう奴らは一回グレーな部分踏み越えたらヒトからただのサルになって制御効かなくなるから絶対スマホの電源なんか入れさせたら駄目だ、もし仮にミスチル側が明かりを望んでるなら開演前にサイリウム渡すなりグッズで売るなりすりゃあいいだけの話で、「明かりを灯す」以外の機能がついた文明の利器はサルには早すぎる。

実際いたし、ライト点けるドサクサ紛れでステージにカメラ向けてる奴。いい年したジジイババアカップルもインカメでミスチルバックに二人の思い出刻んでたし、静止画じゃなくて普通にムービー回してた奴すらいた。もはや子供の運動会のノリだろアレ。Mr.Childrenだけにってかやかましいわ。なにが怖いって悪意がないのが怖い、るろうに剣心の宗次郎かよお前らは。「私はやってませんライト点けてただけです」って、いやお前が撮影録音機能ついてるスマホ取り出した時点でお前が完全シロってことにはなりませんからえーまだ続けますかハンマーカンマーお察しします。

他人のライブレポとか覗くと「絶対お前録ってただろ、絶対ボイスレコってただろ」みたいなMCの内容一言一句書き連ねてるブログとかもあって、(そいつが速記の資格持っててMCと同時に物凄い速さでメモとってる可能性も0.01パーあるがそれはそれでめちゃくちゃ気持ち悪いからやめろ)そいつらが曲最中でも音源盗み録りしてないわけない、いや100パーやってる。

いや、ちょっと待てよ。もうそれやっちゃったらなんでもしていいってことになるだろ。そんなもん音源、画像、映像残しておいていいなら俺だってやりてぇわ、でもやらねぇ。そんなもん無人販売の野菜盗むのと一緒だからな、だからいくら記録に残しておきたくても歯ぁ食いしばってスマホの電源切って、五感使って必死に記憶に焼き付けようとしてるのにそりゃないぜお前ら。

なるほど、注意されなきゃ、バレなきゃオッケーってか。

そうか、そうだよな。チャーチルも

“相手がルールを守らないのに、こちらがルールを守り続けることを「猿を相手に紳士のゲームを続ける」と言う。紳士は猿にならない。猿が紳士になるの待つのだ。猿が噛み付いてきたらどうするのか? そりゃあ君「ハンティング」というゲームに変わるだけのことだよ”

って言ってるもんな。

オーケーオーケー、じゃあ俺、次からライブ中に裏打ちじゃなくてうどん打つ、もしかしたら鍋するかもしれん、もし隣で俺がキムチ鍋食い始めても絶対文句言うなよ、だってスマホのライト勝手につけるんだろ?写真撮るんだろ?ならキムチ鍋食ったっていいだろ?一緒だろ?あるがままの心で生きたいだけなんだよ、誰だってそう、僕だってそうなんだ。

【セトリネタバレ】6/17札幌Mr.Childrenライブ『Thanksgiving 25』感想

f:id:ikdhkr:20170619193508j:plain

 

Mr.Childrenのライブ『Thanksgiving 25』の札幌ドーム公演に行ってきました。

愛情、興奮、感謝、感動、怒り、憎しみ、色んな感情が入り乱れ、良いミスチルも悪いミスチルも、ありのままを100パーセント曝け出したなんでもあり、バーリトゥードのライブでした。

 

www.kansou-blog.jp

席はスタンド中央の後方、四方にド腐れファンがいることだけを懸念していたけどなんと俺の右側が通路で人の出入りこそ気になるものの、手すりに持たれかかれるわ、ど真ん中なのでスタンドにも関わらず見やすい、帰りもスムーズと至れり尽くせりの席順でした。

左隣は一緒に行った彼女なので安心、後方はおとなしそうなマダム二人組、前方は中年カップルと、不安要素だった「へっぽこカラオケ糞野郎」「曲中名前呼び糞野郎」はいなかったのでマジで助かりました。

ということで、セトリネタバレです。

 

 

1.CENTER OF UNIVERSE

以前、「ミスチル25周年ライブおれがかんがえたさいきょうのセトリ」を書いたのだがまさかマジで一発目からシングルベスト以外から選曲してくるとは思わなかった。開演前に彼女と「どういう登場だったら一番興奮するか」という話題になり、満場一致で「爆発音といっしょに下から桜井さんが跳び上がり、そのまま5分間静止」というマイケル・ジャクソンパターンだろうとゲラゲラ笑いながら喋っていたのでわりと普通に出てきて勝手に面食らってました。机に彫っておきたい歌詞「どんな不幸からも喜びを拾い上げ〜」のくだりで涙腺崩壊。

 

2.箒星

リリース当時はそこまでハマれなかった曲だったんだけど、最近になって急に俺の中での名曲具合が爆上がりしたので、嬉しすぎて失禁した。

 

3.シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜

4.youthful days

当然、ヒットソングライブみたいになるとは思ってたので、どっちもどっかで演るだろうなぁとは思っていたがこんな序盤でカマしてくるとは思わなかった、箒星も含めて青春ソングで固めてくるあたり超ニクい。二度目の涙腺崩壊。

 

5.GIFT

「絶対に聴いてほしい曲!」みたいなMCからのGIFT。あぁ〜〜〜〜〜〜、GIFTね〜〜〜〜〜、あぁ〜〜〜〜、はい……はい。

 

6.君が好き

あぁ〜〜〜、来た最高。生「じはぁんきでふたぁつ〜〜〜〜、缶コーヒーを買ってぇぇぇえぇぇぇ〜〜〜(裏声)」全ファンの蜜壺が崩壊。

www.kansou-blog.jp

「東京」の部分を場所によって変えてくるから札幌もやると思ったけど、さすがに「月も濁るサッポロの夜だぁ」は語呂悪りぃのかやらなかった。

 

7.ヒカリノアトリエ

花道で移動しての演奏。なるほど。

 

8.CROSS ROAD

9.innocent world

10.Tomorrow never knows

いやこの流れはすげぇ。まさか本当に印税順でやってくれるとは思わなかったのでめちゃくちゃ興奮した。『Mr.Children』というバンドの圧倒的なデカさをむざむざと見せつけられる形になり、盛り上がるというか、俺はただただ呆然と立ち尽くし音に身を任せていた。

ただ、innocent world「パン!パパン!」はもう千歩譲ってまだしも、Tomorrow never knowsのイントロでも「パン!パパン!」やり始めた時はお前ら腕もいでだろかと思った。

 

11.車の中でかくれてキスをしよう

まさか生で聴ける日が来るとは。全曲ひっくるめてもかなり大好きな曲でもちろん聴きたい気持ちはあったんだけど、終コンで演奏してたからもう二度とやらないと高を括っていたから感動しすぎてちょっと直視できなかった。1番ずっと目ぇ瞑って聴いてたし。全身の毛穴という毛穴が開ききってるのが自分でもわかった。

 

12.思春期の夏~君との恋が今も牧場に

いや、誰が予想できるんだよ。車との落差よ。茶番の映像始まった瞬間、良い意味でも悪い意味でもゾッとした。一緒に行ってた彼女はそこまでコアなファンじゃないから隣見るのが本当に怖かった。メンバーのことあんまり知らん人ならガリガリガリクソンも言ってたけど「ミスチル好きって言っても桜井さんしか知らないでしょ」みたいな感じになって「えっ、なんか急にちょけてるオッサンいる……」みたいになっててポカン感が凄かった。もっとJENはELTの伊藤一朗みたいに1人でみなさんのおかげでしたとかバラエティ出ればいいと思う。

 

13.抱きしめたい

映像スルーからの。「うおおおお!!!きっ、来たーーーーー!!!ぬくもり!!」と思ったら原曲のほうでした。この曲に関しては色々ありすぎて俺の中で完全にネタ曲みたいになってたんだけど、やっぱり改めて生でちゃんと聴くとちゃんと良い。

 

14.Any

良い〜〜、Anyは良い〜〜。最近演ったって話聞かないから忘れちゃったのかと思ったよ。「愛してると君が言う〜」のくだりだけでメシ食っていける。

 

15.名もなき詩

「オーダーリン〜この名もなき詩をいつまでも君にぃ〜」始まりのアレンジver。印税順メドレーで入ってこなかったからてっきりないだろうなと思ったけどきっちりぶち込んできた。

 

16.1999年、夏、沖縄

17.こんな風にひどく蒸し暑い日

お、おぉ…。またこの超ヒットソングとマイナー曲の落差は一体…。言っても絶対やらねぇだろう、という曲を予想の遥か斜めからいきなりカマしてくるので咀嚼に時間がかかったのも事実。夏、沖縄の後半では桜井さんの長い語りが入ってた。

こんな風に〜はなんか音響のせいなのか全然声が聴き取れなかったのでスタンド側は雰囲気だけでノッてた。

 

18.ランニングハイ

これ行くか、そうか。

 

19.掌 オールフォーワンver

掌がシングルの中でも一、二争うくらい好きでマジで嬉しかったんですけど、わがまま言うと音源のバージョンを歌ってほしいんですよね。いつから始まったのかわかんないですけど、唐突にCメロから歌詞とメロディが足されてコーラスとの掛け合いが始まるアレ(俺は勝手にオールフォーワンverと呼んでる)、全然好きじゃない。それだけでもちょっとクドいなってなるのに、まさかのラスサビやらないで「そぉれで、すばらぁしぃぃぃ〜〜〜〜」で終わるの、本当にそれファンにウケてんの?って思う。原曲の最高にカッコ良いラスサビとアウトロ聴きたくない?

 

20.ニシエヒガシエ

あ゛...あ゛...あ゛...あ゛...あ゛...あ゛....あ゛.......!うわああああ.....マジで一番聴きたかった……。ありがとうございますありがとうございますありがとうございます。残り全曲ニシエヒガシエでも良かったくらいです。イントロからアウトロまでどこ切り取っても最高です。これだけでそれまでの不満全部吹き飛んだ。

 

21. himawari

この流れからの新曲。

「優しくて、でも激しくて、真っ直ぐでいて、ねじ曲がっていて、美しいんだけど、汚れている。そんな何とも言いようのない、伝えようのない曲です」

新曲を評するとき「最新が最高」なんて良く言われるが、実際のところそこまでの曲はそうそう生まれない。これだけ大量のヒット曲、名曲を産み出しているミスチルならなおさらだ。だがこの「himawari」、この言葉を自信を持って使ってもいいんじゃないかと思えるほどに良かった。ギターのイントロから始まるゴリゴリのロックバラード。ギターソロやっべぇ。正直、歌詞は曖昧で聴き取れない部分も多かったんだけど、AメロBメロでゴチャゴチャ理屈っぽくこねくり回してからのサビ、

暗がりで咲いてるひまわり

嵐が去った後のひまわり

そんな君に僕は恋してた

このストレートな言葉運びに完全にやられた。これは「君が好き」とか「少年」、「Everything (It’s you)」、「NOT FOUND」なんかにも通じるものがある。ヘタしたら今日一番感動したかもしれない。ちゃんと音源聴いて5000字くらいひたすら褒め殺したい、それくらい好きだ。

 

22.足音~Be strong~

ホントCD音源全ッ然聴かないんですけど、「いやいやイェッヘッヘェ!!ってお前…それはないだろ」程度の曲なんですけど、ライブで聴くと本当に良い。REFLECTIONの時も思ったが、ここまで化ける曲もねぇ。「イェッヘッヘェ!!」で不覚にもウルッときてしまった畜生。

 

23.Printing 〜 Dance Dance Dance

あ゛...あ゛...あ゛...あ゛...あ゛...あ゛....あ゛.......!(二回目)超好き…、愛してる…。このまま踊り狂って死にたい。この曲とかニシエヒガシエは俺は身体超揺らしたいんだけど、周りは指立てながらいっつも手を前後に振ってて、いいんだけど「いや、お前らそれしかないんか」と思った。

 

24.跳べ

好き、めっちゃ好き、ばあさんのくだりとか、ビールのくだりからの突き抜ける風みたいなサビ最高、生で聴けて本当に嬉しかった。ただ、周りはピンと来てないのか、アリーナほどスタンドは盛り上がってなかった。

 

25.Marshmallow day

27.エソラ

もう兄弟みたいなもんなんですかね、この2曲は。ミスチル界の戸愚呂兄弟ですか。生マシュマロのベースが気持ちすぎて失神。

 

 

アンコール

はい、お前ら正座。アンコールとラストの曲でスマホのライト(指示されてねぇのに勝手に)点けてるド腐れファンがめちゃくちゃいて、2列前のババアとか普通に演奏中に写真・動画撮ってるし、マジでお前らのスマホのレンズ部分にウンコつけたろかって思ったので夜道気をつけろ。あと、一番最初にやり出した奴はいっかい本気で吊るし上げて土下座させたほうがいいと思いました。

 

 

28.overture〜蘇生

蘇生も長いからあんまり聴かない部類のタイプの曲なんだけど、桜井の声にメロディがガチッとハマってるからたまに聴くとグッとくる。ライブだと更に躍動感が増して3割増しで良く聴こえるからCメロの「今度はこの冴えない現実を〜〜」あたりで泣く。

 

29.fanfare

歌詞もメロディもポップスなのにゴリゴリの演奏で好き。CD音源も良いけど、やっぱライブだと映える。サビ終わりの「探しにいこぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜!!!」のシャウトがいつも過剰気味で聴いてて超気持ち良い。

 

30.終わりなき旅

別記事でも書いててそんなに好きじゃない(終わりなき旅を過剰に好きな奴が嫌い)なんですけど、今回の終わりなき旅を演ってる時のミスチルに改めて惚れ直した。この曲にかけるメンバーの熱量というか想いのデカさみたいなものを俺は見誤ってたんだと思う。嫌いな要素の一つ、曲の長さを微塵も感じさせない荒々しくてそれでいて洗練されたパフォーマンス、普通にチビッた。今まで聴いたどの終わりなき旅より良かった。 

 

 

まとめ

一部選曲やら、スマホライトやら、ド腐れファンやら、文句は確かにあるんですが、そんな不平不満も全部上回るくらいの、何度も言うがMr.Childrenの熱量とバンドとしてのデカさを改めて感じる色んな意味で間違いなくずっと語り継がれるライブだったのは間違いない。

そして特定のアーティストだけを目当てに4万人もの人間がこうして一堂に会するというのは一人ひとりの好きの度合いこそは違えど、本当にすげぇことだなぁ、としみじみ思った。

 

 

ミスチルのライブでやめてほしいド腐れファンの行動5選

イノセントワールド

 

今日、札幌ドームでやるMr.Childrenのライブに行くんですけど期待半分怖さ半分でございます。

なぜならライブ、特にミスチルは「席順」というものがライブを楽しむことができるかどうかの重要なファクターになっているのです。それはスタンド側だと遠くて楽しめないとか、メンバーが正面に見えてないとイヤだとかそういう理由ではありません。それは自分の四方、半径5メートル以内にサイコファン、通称「sign」がいるかどうかということなのです。

signとは、他人の迷惑をかえりみず自分のリビドーの赴くままにライブで自慰行為をするヤカラのことを指します。ミスチルのライブでは特にsignが多く出没することでも有名で、これも日本でもトップクラスのファン数を誇るバンドゆえの代償かもしれません。

この世には、目に見える闇の住人達がいる…。やつらの前ではライブマナーなど気持ち良くなったナニを拭く紙にすぎない、やつらにルールなど通用しない。そう、なんでもあり、バーリトゥードなのだ。で、こいつらが口ぐせのように言う、

「ライブは楽しんだもん勝ちだから」

 

上等だテメェら、戦争だよ。 ディス・イズ・ ウォーだ。

今回は俺が実際にライブで遭遇したサイコファン・signのヤバすぎる行動5選を紹介します。見かけたら取り囲んで身ぐるみ剥いで全裸で吊るしましょう。

 

 

1.歌う、ひたすら歌う

「「息を切らしてさぁ〜〜〜!」」

は?お前の息の根永久に切らしてやろうか?

このタイプめちゃくちゃ多いんですけど、「ちょっと口ずさむ」なんてレベルじゃないDEATHから。煽られて全員で合唱するタイプの曲だけじゃなくロックナンバーからバラードまで、全曲、全曲フルボリュームだぜ。マジでふざけんなよ。場所間違えてんなよ、酔っ払ってんのか、ここシダックスじゃねぇぞ。俺達はプロの歌声、桜井和寿の歌声を聴きにきてんだ、てめぇのへっぽこカラオケ大会に高いチケット代払ってるわけじゃねえ。プロの演奏で歌うカラオケはさぞ気持ち良いか?えーとシンプルに、ノド踏んでいい?

しかも、だいたいこいつら髪型・服装まで桜井和寿の真似してるから。なんだそのネックレス。男がストパーかけるな。デブがスキニーとかなんの冗談だ。桜井和寿っていうよりお前どっちかっていうと岡崎体育だぞ。

あと、関係ないけどinnocent worldでいきなり始まる「パン!パパン!」とかヲタ芸みたいなの、アレ、ちょっとどうにかなりませんかね…。

 

 

2.ネタバレ、ひたすらネタバレ

前日もライブ来たのかネタバレ記事読んだのか知らねぇけど、横の連れの女に「次、○○の好きな○○(曲名)だよ!」って気ぃ狂ってんのか。それをお前がデカい声でそれを吹聴することになんのメリットがあるんだよ。お前のやってることマリオカート逆走してるようなもんだからな、ヤケクソになってゴール直前のアイテムボックスに鎮座してひたすらZボタン押し続けるみたいなことやめろ。

そもそも、ライブ前にセトリ見てく奴ってどうなの?そんなことして楽しい?自由かもしれないけど相容れねぇ。別のバンドで一回あったのが、ライブ前にスマホ見ながらセトリ音読してる奴がいてそいつはリアルにつまみ出されてた。

 

 

3.代弁者ぶるな糞が

「いやー!ここでこの曲持ってくるとか、流石だわー、実はこの曲って桜井さんが療養中に作った曲で(略)ここでこの曲演るってことはこのライブは桜井さんの音楽に対するイデアがー(略)」

おい、いい加減に黙れよおしゃクソ。お前のどっかのサイトから拾ってきた糞浅い講釈はどうでもいいんだよ。お前のMCは1ミリも興味ないからホントマジで、金もらっても聞きたかねえ。頼むからツイキャスの中だけでお願いしますよ、なにを転換中にピーチクパーチクと馬鹿かしょうもない。

 

 

 

4.ワキガ

いや、もうただのテロだから。グッズ買う暇あったらエイトフォーくらいしようか、な?

 

 

 

5.間髪入れずの奇声、名前呼び

ピアノ(ピーーー「ワアアアアアアッッ…!!!桜井さーーーーん!!!!」ーーン……。)

は?えっ?えっ?え〜〜〜〜〜〜〜っ!!!???このタイミングで名前呼ぶ!?

…あのー、すいません…「余韻(よいん)」って言葉ご存知ですか?え?知ってます?知っててやってんならもうほぼ犯罪だぞそれ。安土桃山時代なら100パー斬首。

興奮しちゃったんだねー、わかるわかるよ。は?わかるかこの恥さらしが。百歩譲ってアップテンポの曲ならまだしもバラードですら高ぶった感情抑えられないんならもうお前は人じゃなくチンパンジーだから。オリバー君のほうがまだ賢ぇ。今ならメンバーに声届くと思ったか?届いた所でそれがなんだよ、そもそもお前誰だよ。有名なのか?じゃあ吉岡里帆紹介しろ。絶対、お前クラスで「あいつ空気読めないから遊び誘うのやめようぜ」って陰で言われてたタイプだからな、お前が気づいてないだけで。

 

 

まとめ

ライブの回数を重ねていくと、一目見て「あ、こいつやらかすな」というのが雰囲気でわかってくるものです。もし、ライブ前に彼らと遭遇したら速やかに土遁の術で埋めてくださいね、では楽しいライブを!チャオ!

 

 

himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

 

男女が敬語から徐々にタメ口になる超たまんないアレ

ドラマ『ボク、運命の人です』の9話を観ていたら「俺のたまらない最強シチュエーションランキング」堂々の第2位、

 

「男女が敬語から徐々にタメ口になる超たまんないアレ」

 

がまるっと再現されてて動悸が止まらなくなりました。誰か冷たい水と救心をください。できたら愛してください。僕の肩で羽を(略)

 

www.ntv.co.jp

 

事が起きたのが9話放送開始から24分を超えたあたり。

付き合いはじめてまもない誠(亀梨和也)と晴子(木村文乃)は晴子の父・大地(杉本哲太)の計らいにより、泊まりの温泉旅行に行くことになった。

深夜1時を過ぎたころ、温泉からあがり部屋に戻った二人はビールを呑みながら互いの思い出話に花を咲かせる。

 

(ここからセリフ書き起こし)

f:id:ikdhkr:20170615162303j:image

 

誠「じゃあ、乾杯」

晴子「乾杯」

誠「あぁ〜〜、最高に美味しいですね」

晴子「あ、どうぞ」

誠「ありがとうございます」

晴子「むかし、お父さんにもよく褒められたんです」

誠「えっ」

晴子「ふふっ、味なんてそんな変わらないはずなのに、自分で注ぐより何倍もうまいって言われて、幼心に嬉しかったんですよね」

誠「でも、その気持ちはわかります、自分で注ぐビールより絶対に美味しいと思いますし」

晴子「あっはは…あっわたし小さい頃、トランプのハートのことビールって言ってたらしいんです」

誠「ビール?」

晴子「家にあった栓抜きがハートの形だったんです、だから外に出てハートの形を見るたびにビールビールって言ってたらウチの母、随分恥ずかしい思いしたって」

二人「ふふふっ(笑)

晴子「あぁ…いつからお父さんにビールを注がなくなったんだろう…」

誠「…覚えてないんですか?」

晴子「ん〜、小学校の低学年くらいまでは注いでた記憶あるんですけどねぇ」

 

誠「…あっ、小さい頃、大人が食べてたおつまみ、あれやたら美味しく感じませんでした?」

晴子「あっ!わかる!!あの、こんな小さいサラミとか、さきイカとか、スモークチーズとか!あれ大好きだった〜〜」

 

 

俺「!?」

 

 

誠「そういうものに限って子供は食べちゃ駄目って言われるからこう余計に食べたくなって」

晴子「そうそう、それで学校から早く帰ってきた日に隠してあるおつまみを必死で探してこっそり食べてたの覚えてる〜〜」

 

 

俺「!!??」

 

 

誠「いや大人達は子供に内緒でこんな美味しいもん食ってんのかって頭にきたね(笑)」

晴子「あっ、味が濃かったからわたし麦茶と一緒に食べてたんだけど、わざわざお父さんが使ってるビールグラスに入れてプハーとか言いながら食べてたし(笑)」

誠「俺は牛乳飲みながらしょっぱいマグロのおつまみ?」

晴子「うん」

誠「あれ全部食べてめちゃくちゃ怒られたなぁ」

晴子「あの!キューブになってる一つひとつ包装されてるやつでしょ?」

誠「そう!そう!あの、あの光沢の包装紙に入ってるやつ!」

晴子「あれ大好きだった〜〜!前歯でチビチビ噛みながら食べてたの、お父さんに見つかったんだけど、あのとき笑って許してくれたな〜〜」

二人「笑」

誠「なつかしい〜〜…」

晴子「ねぇ〜〜…」

二人「…」

 

 

うがああああああああああ!!!!!バン!バン!バン!バン!(一人で枕を殴る音)

ぎいいいいい!!!!なんだお前ら!なんだお前ら!初めてか!!!???えっ!?なんだ!?付き合ったりするの初めて!!??ですか!?えっ?チェリ男&バジ子!!??あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!うわっ!!!すっぱ!!!!すっぱ!!!ゔぉぇぇぇぇえぇぇぇ〜〜〜。

「大人が食べてたおつまみ、やたら美味しく感じませんでした?」「あっ!わかる!!」あぁ〜〜〜〜、この心のドアがバーン!と開いた瞬間〜〜〜〜、あぁ〜〜〜〜。ちっ、畜生……。

 

ハァハァ…、落ち着け…臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前…ハッ!!

 

 

と、このように「男女が敬語から徐々にタメ口になる超たまんないアレ」は、第三者から見ても最高にたまんないので、これから出会う男女は敬語から入ったほうがいいです絶対。俺はそれを近くで眺めていたい。

 

ちなみに「俺のたまらない最強シチュエーションランキング」第1位は「ツッコミ混じりのさりげないボディータッチ」です。

「やだぁ〜〜もう〜〜!(肩ポン!)」みたいな。2秒で惚れます。どうも、糞単純男でした。 

 

www.kansou-blog.jp

www.kansou-blog.jp

子供に聴かせたいポルノグラフィティのバラード名曲10曲

生まれゆく子供に聴かせたいポルノグラフィティのバラード10曲選びました。(子供いねぇし、できる予定もねぇ)

 

 

愛が呼ぶほうへ

愛が呼ぶほうへ

愛が呼ぶほうへ

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

いわゆるありがちな「ラブバラード」ではなく、『愛』そのものを擬人化した小洒落た曲なのですが、この曲のげに恐ろしきところはサビの「永遠で 一瞬で」という歌詞を「えいえぅーんで いっしゅぅーん」と歌っているということです。誤解のないように言うと歌詞カード、額面ではもちろん「えいえんで いっしゅんで」となっています。そう、誰もボーカルの岡野昭仁に「おい岡野、ここのフレーズは「ぅん」と歌え、わかったか」などと指示したわけじゃないのにこの歌唱法、レコーディング風景を想像するだけで身震いが止まりません。岡野昭仁という稀代のボーカリストの恐ろしさが、ここにはあります。

生まれゆく子供にも「言われたことをそのままやるだけじゃ駄目だよ、常に想像の斜め上を意識しなさい」と教えてあげられる曲です。

 

 

光のストーリー

光のストーリー

光のストーリー

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

離れ離れになっていた恋人達の再会をドラマチックに歌った曲。まるで一本の映画のようで繰り返し聴いてると、こんな経験1ミリもしたことないのに、言ってしまえば恋人すらいないはずなのに「あれ…?これ俺じゃね…?俺きのう空港で少し髪の伸びた彼女待ってた…よな?」となる。

とにかく雰囲気がすごく良い曲なのでバックで流しながら我が子に「父さんな…母さんとmixiで知り合ったんだ、マイミク同士だったんだ…」と話してもサマになります。

 

 

ヴォイス 

ヴォイス

ヴォイス

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

これもポルノグラフィティを代表するバラードのひとつなんですが、子供が聴くとおそらく「何言ってんだこいつら」となるでしょう。それくらい咀嚼に時間のかかる曲です。しかしながら子供の成長には『ゴールデンエイジ』というものがあり(およそ3歳〜14歳まで)、なにか習い事をさせるのは早ければ早いほうがいいということなのですが、ヴォイスを聴かせるのもなるべく早い年齢のほうがいいです。

3歳くらいからヴォイスに触れるとだいだい5歳くらいで「雪だ…僕の心が汚れているからこの雪は白く見えないのかな…」となどと言うようになります。

 

 

別れ話をしよう

別れ話をしよう

別れ話をしよう

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

子供のうちから大人の恋愛、大人の失恋というものに触れるのはとても大事なこと。「Bar」「バーボン」「煙草」「乳房」と子供向けの絵本やアニメではなかなか教えることのできない言葉がたくさん登場するので語彙力の向上にもつながります。(まったく関係ないですが、小栗旬の「まーきのっ」のイントネーションで「ちーぶさっ」と言うと一部でウケる)

 

 

Part time love affair 

Part time love affair

Part time love affair

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「大人って、男ってカッコイイだけじゃないんだよ、無様で糞しょうもないことを思ったりするものなんだよ」とてっとり早く教えてあげられる曲。いっそ幼稚園の児童合唱でこの曲を歌えばいいと思ってます。そうすれば、この世から少しでも悲しい恋が減るはずだから…。(キマッター!)

 

 

Aokage

Aokage

Aokage

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

光のストーリーと同じく、聴いてると「俺が覚えてないだけで、ここが俺の故郷だったんじゃねぇか…?」と錯覚する曲。「父さんの故郷な…トンネルを抜けると海が広がっていて空の光と反射してキラキラと輝いてとっても綺麗なんだ…(北国育ちだから絶対にそんなことはない)」と語ってあげましょう。

 

 

ルーズ

ルーズ

ルーズ

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

歌詞中の「内緒にしてたつもりだろう?首元の小さなタトゥー」という歌詞でいつも思い浮かぶのが土屋アンナ。嘘か真か、彼女の腹にはフェニックス(不死鳥)のタトゥーが彫られてるんですけどなぜか目だけは入れていないらしく、その理由が「いつか自分の子供に入れてほしい」っていうかなりサイコなエピソードとこの曲が俺は大好きなのでいつか子供に聞かせたい。

 

 

ライン

ライン

ライン

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

嗚咽漏らすほど大好きな曲なんですけど、絶対に自分の子供にはこの歌詞中の主人公のように意気地のない女々しい男にはなってほしくねぇという自戒の念も込めて聴かせたい一曲。「微妙な距離さえ愛おしくて」じゃねぇ、そんな白線は足で消してやれ。

 

 

ハート 

ハート

ハート

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ヴォイスでも書いたとおり、「何言ってんだこいつら」となるポルノグラフィティのバラードのなかでも、その最たるものがこのハートではないでしょうか。正直、当時は聴くたびに頭の中が?でいっぱいになってた。いや、「出会ったとしたら ほら」とか言われても。

ただ、やはり早いうちからこの歌詞に、メロディに、声に触れることはとても大事。この意味不明さがクセになるようになれば、あなたの子供はもうポルノグラフィティの虜。キャンディ一粒あげるだけではしゃぐような純粋な子に育つことでしょう。

 

 

デッサン#2 春光

デッサン#2 春光

デッサン#2 春光

  • ポルノグラフィティ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

まだ見ぬ我が子よ、この曲を聴きながらたまに俺を思い出してくれ、頼んだぜ。

 

 

 

お父さん、お母さん、パズドラクロスの主題歌でポルノに興味を持ったお子さんにぜひ聴かせてあげてくださいね。

 

細かすぎて伝わらないミスチル桜井和寿の酒が飲める発音50曲

f:id:ikdhkr:20170611173916p:plain

 

Mr.Childrenのボーカル・通称「爽やかドスケベ暗黒ニヤケサッカー大王」こと桜井和寿の聴くだけで酒が進む発音50曲を集めました。※順不同

 

www.kansou-blog.jp

 

 

・マーマレード・キッス

Aメロ「急に降り出した」「誰よりセクシーなくらい」「いつか話してたね」「嫉妬してるのは辛い」後の「うぅふぅぅ〜〜〜ぅぅぅ」

 

・fantasy

2番Aメロ「ドキュメンタリー」の「ンタリィ〜〜〜」

 

・クラスメイト

1番サビ「a long time ago〜〜〜」

 

・Brandnew my lover

1番Aメロ「無礼な口の利き方も知らない小娘」の「小娘ぇ〜」

 

・Bird Cage

Cメロ「あっらいなっがしてくれぇ〜〜!」

 

・ロックンロールは生きている

1番Aメロ「甘い飴の前で」の「あんまいあめの」

 

・掌

2番Aメロ「ニセモノに見える」の「ニセモンに見えるぅぅぅ」

 

・Distance

1番Aメロ「走り抜ける夜のハイウェイ」の「ハイウェイ」

 

・虜

1番Aメロ「どうなってんだぁはぁぁぁ〜〜〜〜ん」

 

・Forever

2番サビ「僕を演じるのはもう演技じゃないから」の「からぁ〜〜〜」

 

・蘇生

Cメロ「叶いもしない夢を見るのはもう」の「もぉ」

 

・グッバイ・マイ・グルーミーデイズ

サビ終わり「トゥットゥ〜〜ルル〜〜〜〜」後ろで聞こえる「アイウォンビーハッピー ユーウォンビーハッピー」

 

・少年

2番Aメロ「どんな名画よりも美しく」の「うっつぅぅ〜くしくっ…!」

 

・深海

1番Aメロ二回目の「追いかけて」

 

・空風の帰り道

2分9秒「ぁバイバイ」

 

・Mr. Shining Moon

ラスサビ前「泣き出したぁ」

 

・Simple

1番Bメロ「無邪気さがふっと」

 

・Round About ~孤独の肖像~

2番Bメロ「サァディスファクショォン!!」

 

・箒星

2番Aメロ「その退屈を越えてぇ〜〜〜〜(吐息)」

 

・車の中でかくれてキスをしよう

DVD『Tour 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~』の2番「青ざめた唇を僕に見せて」後の「ンンン〜〜〜〜ッ」

 

・Happy Song

2番「憐憫の表情を浮かべるも」の「浮かべるもぉあ゛っ」

 

・PADDLE

1番Aメロ「ほんの束の間」の「まぁっ!」

 

・Everything is made from a dream

1番Aメロ「ハッピーな夢を見て」の「ハッピー」

 

・君が好き

DVD『MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 " I ♥ U " 』の1番サビ「缶コーヒーを買ってぇぇぇえぇぇぇ〜〜〜」

 

・LOVEはじめました

2番「でもこのあとニュースで中田のインタビューがあるからそれ見てから」のテンポ感

 

・HANABI

1番Bメロ「その柔らかな笑顔に触れて」の「触れぇて」

 

・ハル

ラスサビ前Bメロ二回目の「少しずつ」

 

・Wake Me Up!

1番サビ「それでいて優しいぃぃぃ〜〜〜」

 

・つよがり

2番Aメロ「側にいたいのよ」の「よぉおぉぉぉ〜〜」

 

・pieces

ラスサビ「でも消えてなくなっても」の「きっえて!」

 

・跳べ

1番Bメロ「おばあちゃんが出てきて」

 

・one two three

2番Aメロ「僕は君のことを思い出してた横断報道」の「おうだんほどぉ」

 

・くるみ

2番サビ終わり「じゅう〜〜〜〜じろに(裏声)」

 

・渇いたKiss

ラスサビ「桃色のぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜」

 

・I'll be

DVD『Split The Difference』2番Aメロ「身体ぁ!じゅうをんノックしたぁ!」

 

・花 -Memento-Mori -

Cメロ「散りゆく定めあっても」の「もぉ〜〜〜〜ほぉ〜〜〜ぉん」

 

・デルモ

1番サビ「一目置いて扱って(早口)」

 

・WALTZ

1番Aメロ「スカァァイダァァァァァアアアァァ〜〜ァァイブ」

 

・Heavenly kiss

2番Bメロ「Blue led yellow」の「イェェロォォ〜」

 

・BLUE

ラスト「So I'm waiting for your Heart」の「ヨォ〜〜〜ォァハァ〜〜〜〜〜〜〜!!」

 

・Sign

Cメロ「木漏れ日」

 

・アンダーシャツ

「捕まる参議院議員」の「参議院議員ィィィィイェェェェン!!!!」

 

・優しい歌

出だし「誰かがぁ」の「ぁ」

 

・Replay

Cメロ「潮風がため息を」の「ぜ」

 

・運命

ラスサビ「僕らは同じ道を走ってる」の「走ってるぅ〜〜〜〜〜」

 

・Drawing

2番「にぃにぃ〜〜〜んさんきゃくでぇ〜〜〜〜〜」

 

・光の射す方へ

1番Bメロ「すっぽんぽん」

 

・幻聴

1番Aメロ「もう一度走り出す」の「出すぅ」

 

・Another Story

ラスサビで終始聞こえるバックコーラス「why love someone love for man I don't know why love for man miss you」

 

・Tomorrow Never Knows

2番Aメロ「愛される喜びも」の「愛されぇる」

 

・Monster

2番Bメロ「子供だって身籠れるぅ!!!」

 

・いつの日にか二人で

1番サビ「本当の気持ちが恥ずかしくて」の「恥ずぅかしくて〜〜〜」

 

・ニシエヒガシエ

サビ間「ハァハァァァン」

 

・CANDY

1番Bメロ「寝たふりしていたくせに」の「ぁくせにぃぃ〜〜〜あぅあん」

 

・UFO

2番「嫌いになれもしないから」の「からあぁぁ〜〜〜〜」

 

・フェイク

2番Bメロ「代用品でしかないんだ」の「ないんだ」

 

・Prelude

1番Aメロ「Where do we go?」

 

・NOT FOUND

Cメロ2回目の「NOT FOUND」後の「ノォットファァアンフォッフォッフォッフォ〜〜ォン」

 

・ありふれたLove Story ~男女問題はいつも面倒だ~

1番Aメロ「離れていた 苛立っていた 戸惑っていた」の「戸惑っていたぁぁぁぁぁぁあああぉう!!」

 

・ロザリータ

Aメロ&ラスト「よぉぅに」

 

・Worlds end

2番Aメロ「わかってる期限付きなんだろう」の「きげぇん」

 

・マシンガンをぶっ放せ

2番Aメロ「謎は解けぬ」の「解けぬぅぅぅぅぅ」

 

・幸せのカテゴリー

1番Aメロ「日常という名のフリーザー」の「フリーザァー」

 

・Everybody Goes ~秩序のない現代にドロップキック~

2番Bメロ「フケてデートクラブ」の「デェイトクラァァブ」

 

・未来

2番Aメロ「硬いシートに居心地が悪くなって」後の「アゥアアゥアァ〜〜〜ン」

 

・All by myself

 1番Bメロ「目の前でただ消え果てた」の「消え果てたぁぁ」

 

 ・LOVE

Cメロ「かなしぃぃ〜〜できぃごとぉにぃ〜〜〜〜」

 

・靴ひも

Cメロ「僕の色ぉ!!!」

 

・Dance Dance Dance

2番Aメロ「グラビアの彼女に恋をしてひと目会って」の「あってぇ〜〜〜」

 

・Marshmallow day

2番Bメロ「こっだましてぇぇぇえぇぇる」

 

・僕らの音

ラスト「おとぉ…」

 

 

 

急性アル中で死ぬのでこのへんでやめますしたらば。

 

 

himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

 
関連記事

百のサイトより一の吉岡里帆

口内炎できた。

「口内炎 対策」「口内炎 治し方」でググってもマジでロクな情報が出てこない。

 

「野菜や果物など、ビタミンが多く含まれた食べ物をなるべく多く食べてください!」

「1日3回!きちんとうがいをしてください!」

「食前食後、寝る前と起きた後すぐに歯みがきをしてください!」

「ストレスのない生活を心がけてください!」

「夜更かしをせず早めに布団に入って寝てください!そして早く起きることも大切です!」

 

うるせぇこの恥さらしが。ガキのしつけじゃねぇんだぞ、「野菜食べなさい」「歯ぁ磨きなさい」「うがいしなさい」「早く寝なさい」は?ママとのお約束条項じゃねぇんだぞ馬鹿野郎。一人で8時に寝て朝4時起きてろ、うちのばあさんかお前は。今痛ぇっつってんのに「ストレスのない生活を心がけてください!」あ〜完全に舐めてる。口内炎とお前のサイトがストレスだボケ。

 

かと思いきや、別のサイトだと、

 

「塩を塗る」

「ハチミツを塗る」

「梅を塗る」

 

おいやってみろよ、やってみろよお前。食事どころか水飲むだけでも、言ったら空気に触れるだけでも痛ぇのに「塩塗れ」「ハチミツ塗れ」「梅塗れ」だ?どんな拷問だよ。正気か、えっ、もしかしてサイコ2中出身でした?前職アウシュヴィッツかどこかでお勤めでした?マジで治るんだな?じゃあとりあえずお前の口で検証させろ。お前の口内炎に「はっ!かっ!たっ!の!し!お!」って粗塩ねじ込んでやるからよぉ。

 

と、文章でもわかるとおり非常に気が立っております。癇癪くらい起こさせてくれ。それくらい辛い、ううう…。笑顔なのに心から笑えない自分が嫌になる。「アーーーッハッハッハ!!(ングッ!)ハーーーーーッ!!!!おっ、お前っ…!そんなん(ングッ!)言ったら…ブフッ…!さっ、さば(ングッ!)の…!さばのほう(ングッ!)だったら…!!ブッ…!(ングッ!)アーーーッハッ(ングッ!)ハッハ!!(ングゥ…グスン)」こんな生活もうたくさん。タイミングだけ外さないように笑顔作ってるヒトリノ夜だよ。

「じゃあさっさと薬使えよ」って話しなんですが、教育の影響からか「薬には極力頼らない」という村イチの偏屈ジジイみたいな考えが凝り固まっていてドラッグストアへ足を運ぼうとしてもうまく身体が動かんのです。そんな俺も嫌。

 

「もういっそ唇ライターで焼いたろか」しか考えられなった口内炎3日目、テレビでCMが流れた。

 


トラフル軟膏PROクイック「トラフル塗ろう!」篇(15秒)

 

アッーーーーーーーー!!!!

 


トラフル軟膏PROクイック「トラフル塗ろう!」篇メイキング①

 

アッーーーーーーーー!!!!

 


トラフル軟膏PROクイック「トラフル塗ろう!」篇メイキング②

 

アッーーーーーーーー!!!!

 


トラフル軟膏PROクイック「トラフル塗ろう!」篇メイキング③

 

アッーーーーーーーー!!!!

 

 

「私も使っているこの『トラフル』シリーズは、口内炎になってしまってもうどうしても食べたいのに…食べたいのに…痛い!こんな時に、塗ったり、貼ったり、飲んだり、色んなアプローチをしてくれるほんとに心強い味方です。ぜひみなさんも口内炎になって辛いとき、どうしても今すぐ美味しいものを食べたいとき、ぜひトラフルを使ってみてください!」

トラフル軟膏PROクイック「トラフル塗ろう!」篇メイキング③より

 

はっ、はいいいぃぃぃぃぃ〜〜〜!!!いますぐ使いますぅ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

 

 

百のサイトより一の吉岡里帆、百のサイトより一の吉岡里帆。(絶対伝えたいから2回)

 

【第3類医薬品】トラフル軟膏 6g

【第3類医薬品】トラフル軟膏 6g