kansou

ミクスチャーブログ

広告

藤井風の新曲『旅路』が「お麩」の優しさ

f:id:ikdhkr:20210303222958j:plain

藤井風の凄さは「音楽における異常な変態性」だと解釈してた。普通なら使わない言葉、普通なら使わない旋律を使って曲を作る音楽の変態、それが藤井風だと。とんでもなくオシャレなメロディに乗せて「肥溜めへとダイブ」「青春はどどめ色」と歌う、その唯一性。

「歌詞はメロディーに呼ばれる言葉を探す」「歌詞は神様がくれたギフトみたいなもの」という言葉どおり、藤井風はこういう言葉を「狙って」書いているわけじゃない。メロディに対して最も違和感なく当てはまる言葉が藤井風にとっては「肥溜め」と「どどめ」だっただけの話。これはたぶん岡山の大自然で育った環境あっての言葉選びで、藤井風はリアルで人生の選択を間違えば全身ウンコまみれになったんでしょうし、青春は切なく汚くエロいものだったんでしょう。他のアーティストは「肥溜め」「どどめ色」がそもそも脳みそにないので思いつかないが、藤井風はそれを自然体で、感覚で形にすることができる。つまり「藤井風だけが持ってる言葉がある」ということ。

だからこそ「藤井風の歌は藤井風以外には歌えない」。異常ゆえに孤高。圧倒的な天才。キーが高いとかリズムが難しいとかそういう話じゃなく、弾く一音一音が、選ぶ言葉が、すべて藤井風そのものを表してる。オール風。自分の人生を他人に語られるとムカつくように、たぶんカラオケで藤井風歌われたらちょっとムカつく。「お前は藤井風でもねーし岡山育ちでもねぇだろうが」って勝手にキレ散らかすと思う。藤井風の音楽は藤井風でしか成し得ない。藤井風の中でのみ完結する。

 

www.youtube.com

 

…というのを踏まえたうえで新曲『旅路』を聴いたんですが…マジ調子こいてほんとすいませんでした…さっき「藤井風の歌は藤井風以外には歌えない」って書きましたけど、全部撤回します…こんなにも開かれた曲はありません…「カラオケで藤井風歌われたらムカつく」だ…?藤井風からしたらそんなことほざくお前が一番ムカつくって言われるだろ…ちょっと生まれ変わってきます……申し訳ございませんでした…

あの日のことは 忘れるね

みんなだって 彷徨ってた

この宇宙が教室なら

隣同士 学びは続く

「神の視点」かと思うほど圧倒的な「広さ」、

あの日のことは忘れてね

幼すぎて知らなかった

恥ずかしくて 消えたいけど

もう大丈夫 旅路は続く

それでいて等身大の小ささを兼ね備えてる名曲中の名曲。マクロとミクロの両方、あらゆる方面に対して音楽の白湯(さゆ)飲ませてくれる。マジで優しさに殺られた。こんなにも「お元気ですか」が似合う男、井上陽水以来二度目。

音楽的に気持ち良いコード進行、気持ち良い言葉選びを徹底してるが、最も特筆すべき点は「わかりやすさ」。メロディも歌詞もすべてがわかりやすい。藤井風に

「みんな良かったら一緒に歌とうてぇ…」

と言われてる気がする。だから聴くたびに窓割れるくらいの音量で大熱唱してますわ。俺が学生だったら校長ぶん殴ってでも合唱コンクールの課題曲にしてた。ほぼ国歌。今日生まれた赤ちゃんから明日死にゆく老人まで全員歌え。お麩だろもう。誰でも口にできる聴くお麩、歌うお麩。

 

『もうええわ』『何なんw』『優しさ』『青春病」…今では藤井風のことを触れることすらできない天才、圧倒的な才覚の前に俺たち凡人はひれ伏すしかない音楽神、お札買います、みたいな印象だったのが『旅路』では恐ろしいまでに自然体の1人の人間、ただの「23歳の青年」がそこにいるんですよ…飲み屋で会ったら普通に「最近メシ食ってんのか!?」つって、ビールと唐揚げおごってあげたくなるくらい素朴で純粋な藤井風が……

だからこそわからなくなる…藤井風という男の底知れなさに恐れおののく。絶望するほどのスペックを備えている神童の側面がありながら、しまむらの服着てジャスコのマックでマックシェイク吸ってそうな兄ちゃんの身近さも感じる…どういうことなんだ…誰なんだ…藤井風…マジで誰だ……

あの…藤井風さんって…

 

「何人います……?」

 

藤井風「わしは一人じゃ言うてますけどmore…」

 

旅路

旅路

  • 発売日: 2021/03/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

初対面に「音楽なに聴きます?」と言われたときの正解は「偽装推し」を作る

ふだんから「口縫いつけられてんのか」ってくらい喋るの苦手で、だからブログやってるんですけど、たまに初対面の人間と音楽とか漫画とか趣味の話になったときの

「音楽なに聴きます?」

「なんの漫画好きですか?」

「ドラマとか見ます?」

「好きなお笑い芸人います?」

の回答がダルすぎて毎回ゲロ吐きそうになってる。例えば、ポルノグラフィティ好きなんですけど「ポルノとか聴きますねー」っていうと高確率で「あぁー、昔流行りましたよね。アゲハ蝶とかサウダージとか」って言われて、そのたびに

 

(は?昔だ?今もゴリゴリの現役だが?1年半前には東京ドームでライブしてんだぞ?テメェのクソ狭い脳みその観測範囲がすべてだと思ってんじゃねぇよ。いい加減に知らないこと自慢する人生やめろ無知を恥だと思えお前の股間のアゲハ蝶引きちぎってやろうかバーーーーーカ!!!)

 

と心の中で叫び倒したあと、

 

「…ねー…ヘヘッ…」

 

と気持ち悪い笑顔を見せるだけの人生。でも、いいんですよ。ファンでもなんでもない人間にどう思われようが、俺が酸っぱい胃液飲めばいいだけの話なんで、スムーズに次の話題に移ればなにも問題はねぇ、むしろ

「あぁー、僕もけっこう聴きますよ」

って言われるのが一番ダルい。対象の厄介オタク、狂信者であればあるほど「俺の好き度とお前の好き度、果たして同じレベルまで来てんのか?」と隠してたマウント精神がモロ出しになってまともにコミュニケーション取れなくなりますから。好きだからこそ口にしたくねぇ。

「僕も聴きます」って言われた瞬間に頭の中で

 

(「けっこう聴く」だ…?どのレベルの「けっこう」だコイツ…?よくある「ハネウマライダーまでは聴いてた」「3人時代までは聴いてた」パターンの奴か?それとも「ベストアルバムとか聴いてシングル曲はそこそこ抑えてるもののそれ以外には明るくない奴」か…?それかマジでインディーズから最新曲まで抑えてるガチ勢の可能性も…その場合は「朝まで帰さへんでぇ」コース突入なんだが…?)

 

と脳全回転させてる時間、マジで不毛。そして次に必ず来る、

 

「え?なんの曲好きですか?」

 

の質問。居合の構えでジリジリ近づいてきて、どの程度デキる奴か測ってくる感じ、超絶ファッキン面倒臭ぇ。なんだコイツ…?俺を試してんのか…?

それこそ無難にアポロとかアゲハ蝶とかサウダージとかメリッサとか言ってお茶を濁して仮にコイツがガチ勢だった場合

「あぁ…そのレベルの奴ね…」

とマウント取られるのも癪だし、俺が、

 

「あーそれマジ難しい質問っすよねー、ポルノの好きな曲って自分のその時の心情だったり環境だったりでガラリと変わりますからねー。シングルかカップリングかアルバム曲か、3人時代と2人体制になってから、そしてプロデューサーの本間さんが関わってた時期と離れてから、っていう括りでもだいぶ変わってきますしねー。外せないのは『メリッサ』のカップリングの『月飼い』、あれは最高ですね。歌詞の「月を飼う」ことで「消えてしまうものを永遠として残しておきたい」と願った彼女の神秘性を表していて、サビの「東から漕ぎだした舟はやさしい夜風を受けて西へ行く遥かな時間をたゆたう想いを乗せて」の哀しさをより一層引き立ててるんですよね。メロディ、アレンジも当時としても音数がズバ抜けて多彩で今でも聴くたびに新しい発見がありますよね。あー難しいなー、あー、でも最近よく聴いてるのは3rdアルバム『雲をも掴む民』に入ってる『パレット』ですかねー。あ、ベストアルバムにも入ってるから割と有名か。曲と歌詞のアンバランスさが最高で明るさと切なさが同時に襲ってくる唯一無二の曲じゃないですか。シングルで言えば3年前にリリースされた『カメレオン・レンズ』はまさに今までのポルノと新しいポルノの両方を融合させたようなまったく別次元の曲でしたよね。自分達の色を崩さずに新しい色を足したというか……あ、で、なんの曲好きですか?」

 

って「滑舌悪くて死ぬほど聴き取りにくいのにめちゃくちゃ早口」っていう最悪キモキモオタクの代表みたいな口調で語っても、相手が前述したようにシングル数曲知ってますくらいのライトだった場合、そこに待ってるのはまぎれもない「死」。この話題どっちに転んでも地獄しか待ってねぇ。

 

で、そこで考えたのが、本当に失礼な話なんですが

 

「全然好きじゃない歌手の名前をあえて出す」

 

例えば『ゲスの極み乙女』とかが俺にとってまさにそうで、その質問来たときは適当に「あー、ゲスとか聴きますね」って言うことに決めた。相手が詳しかろうが、知らなかろうが、仮にディスられようが俺には1ミリもダメージがねぇ。俺の人生においてマジでどうでもいい存在。悪いな、川谷。アンタに恨みはないが俺の平穏な日常のために利用させてもらう。

ただ、さすがに1曲も知らねぇ、メンバーの名前も言えねぇじゃツッコまれたときがダルいじゃないですか。さっきも言ったように無知は恥。だからゲスのこと調べたんですよ、いちおう。メンバーの顔と名前調べて把握して、リリースされた曲聴いて、ライブ映像見て、過去のインタビューとか読んで、川谷絵音の別名義のバンドの曲も聴いた、いちおうな。

 

そうやってゲスの極み乙女を俺の中の「偽装推し」に完璧に仕立て上げた…

 

そしてまた「あの」質問がきた。

 

「音楽とかなに聴きます?」

 

「あ、あー…ゲスとか聴きますね。ゲスの極み。川谷絵音がやってる」

 

「ああー!いましたねぇ!でも俺あんま好きじゃないっすね!曲なんかキモくないですか!?」

 

「…あ、あぁ…そうです、ね…」

 

「何曲か流行ってましたけど、最近活動してます!?」

 

「いや…してるんじゃないですかね…ハハ」

 

「てゆうか川谷がやらかしてから全然見なくなりましたよね!?」

 

「………」

 

「歌詞も何言ってんだかよくわかんないですし!」

 

…ブチッ

 

(いやめちゃくちゃ活動してるだろ。 関ジャムとか見てねぇのか?圧倒的な知識と音楽愛で俺ら素人がボンヤリとしかわからなかった感覚的なものをわかりやすい言葉で解説してくれるし絵音が選ぶ年間ベストの守備範囲の広さはマジで脱帽もんだぞ。そもそも川谷はゲスだけじゃなくindigo la End、ジェニーハイ、chikoro、独特な人、美的計画って複数のバンドとかプロジェクトを掛け持ちしてる。とんでもねぇ仕事量だ。できんのか?お前にできんのか?歌詞何言ってんだかわかんないだ?そもそも絵音は一貫して「すべて説明書きしているようなものは歌詞ではないと思ってる」って言ってるんだよ。聴く人間それぞれによって受け取り方が変わるのが音楽、歌詞の魅力だと。川谷絵音の書く歌詞はフレーズひとつとっても色んな解釈ができる、そういう言葉の余白をめちゃくちゃ大事にしてるんだよ。その歌詞を読んで何も感じない何もわからないんならそれはお前が自分で「私は想像力がない虫です」って言ってるようなもんだからな。曲に関してもそうだ。絵音は誰よりも「他人に聴かせる」ことに対して常にアップデートを行ってる人間なんだよ。常に国内外のトレンドを意識しながら「大衆音楽」というものに対してとことん向き合ってきた。一見同じように見えても出すシングル出すアルバムでガラリと音色が変わってる。ある意味で、内側を曝け出して「裸」になるような前々作『達磨林檎』前作『好きなら問わない』を経て去年リリースされた『ストリーミング、CD、レコード』でもう一段階上に、より音楽を突き詰めていこうっていうその覚悟や信念が代表曲『キラーボール』のある意味でアンチテーゼ的楽曲でもある『キラーボールをもう一度』で感じることができるんだよ。そして絵音の描いた絵を200%表現することのできる休日課長、ちゃんMari、ほないこかの圧倒的スキル。それが『ゲスの極み乙女。』なんだよ。曲も聴かねぇ、メンバーのこと、絵音のこと、ゲスのこと何も知らねぇくせに好き勝手言うんじゃねぇお前以外お前じゃなくしてやろうかバーーーーカ!!!)

 

「…ねー…ヘヘッ…」

 

 

え…待って…

 

お…俺は…自分が傷つかないためにゲスの極み乙女を利用して……

 

俺は…ゲスのことなんか…絵音のことなんか…どうでも……

 

 

なに…?この気持ち…

 

ストリーミング、CD、レコード (Deluxe Edition)CD+Blu-ray
 

間宮祥太朗は絶対に「当て馬」になんかならねぇ

火曜日にやってる『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』という上白石萌音、キスマイ玉森裕太主演の恋愛ドラマ見てるんですが、回を重ねるごとに「間宮祥太朗」の好感度が爆上がりして、それ以外の全員の好感度が地に落ちて俺の精神状態がヤバい。正直、今なら間宮のためになんだってできる。

このドラマ唯一の良心、それが間宮。このドラマの主役は間違いなく間宮。間宮こそ正義。見どころは間宮のすべて。今すぐタイトル『オー!マイ!マミヤ!間宮は別冊で』に変更しろ。

 

間宮は上白石が勤めるファッション雑誌編集部の先輩。業界のことが右も左もわからない上白石に厳しく接するが、太陽のように明るくまっすぐな上白石のことをしだいに好きになってしまう…

が、上白石にはすでに気になってるカメラマン・玉森がいる、という絶望的状況。

 

…そう、もうおわかりでしょう。間宮はあらゆる恋愛ドラマにおいて「負け確」とされてきた二番手、ヒーローとヒロインの世界をより輝かせるための「舞台装置」としての役割だけを与えられたピエロ。脚本家の腐りきったエゴが生み出した悲しきモンスター。それが「当て馬」

 

だが今回は違う。間宮は違う。間宮は今まで同じ轍を踏んで無残に散ってきた他の当て馬たちとは違う。俺は信じてる。間宮は当て馬なんかじゃない、まぎれもなくド本命。最後に勝つのは俺たちの間宮だと。最後に上白石の隣で笑ってるのは玉森じゃねぇ、間宮だよ。

間宮のすごさ、間宮は泣いてる上白石を見て

 

「鈴木(上白石)…俺お前のこと好きだわ……俺なら…お前のこと泣かせない……」 

 

と、自分の気持ちをハッキリ伝えられる最高の男。まわりくどいマネはいっさいしない。今までの当て馬はヒロインが泣いていると「なにも言わず抱きしめる」という愚かな行為をして「付き合う前に触られると普通に冷める」という地雷を自ら踏んで結果爆死してきた。だが間宮は違う。間宮は相手の気持ちも確かめないまま相手に触れたりはしない。なぜなら間宮だから。

 

また、上白石という女がいながら、昔好きだった倉科カナにグダグダ振り回されてる玉森に対しても、

 

「俺が言うのもなんだけど、もうちょっと気にかけてやったら?…アンタがそんなんなら…俺遠慮しないから…」

「あのさ…俺、鈴木に自分の気持ち伝えたから。隠れてコソコソするのも嫌なんで一応…アンタには負けないから、じゃ…」

 

とわざわざ宣戦布告する。生まれながらの恋の戦士、ラブソルジャー、それが間宮。にもかかわらず、玉森は

 

「恋って、勝ち負けなのかな?」

 

は…?なに寝言言ってんだ?「勝ち負けなのかな?」じゃねぇんだよ。そこは「俺も負ける気ないから」だろうが。なに論点ズラしてんだ?勝ち負けなんだよ。この世にある全ては勝つか負けるかなんだよ。Kis-My-Ft2=Kis(勝つかkatsuka)My(負けるかmakeruka)Ft2(ふたつに一つfutatunihito2)って意味だろうが。

断言する。玉森、貴様は負ける。人生で初めての敗北を味わう。残念だったな。貴様はこれから「間宮」という名前を見るたびに一生震える人生を過ごす。ローラースケート滑りながら間宮のことだけを考える日々の始まりだ。SHE!HER!HER!じゃなくMA!MI!YA!を歌え。彼女がいるのにも関わらず他の女の肩抱くような奴に間宮が負けるかよ。

 

だが……ここは作り物の世界、ドラマ。目には見えない色んな力が間宮を縛り付けて逃さない。「当て馬」の宿命を背負った間宮は脚本の強制力に抗うことができない…

 

たとえば、オフィスで二人きり残業をする間宮と上白石。仕事がんばってる上白石のために間宮が夜食を買ってくるシーンがあるんですが、間宮が

「上白石喜ぶかな……」

みたいなウキウキテンションでコンビニから戻ると、そこにいたのは

 

玉森が作ったカニおにぎりをウマそうに頬張る上白石

 

マジでふざけんなよ…なに「私が世界の中心!好きな人に愛されてる私は世界一幸せ!」みたいな顔してバカみてぇにおにぎり食ってんだよオイ。なにがカニおにぎりだよ、おにぎりにカニ入れるとかそんな金銭感覚バグったヤツ絶対ヤバいだろ。

「プライベートが仕事の励みになることだってあるんだ…」

じゃねぇんだよ。お前1時間前にゴリゴリのミスして菜々緒にガチギレされたばっかじゃねぇかよ。なに仕事抜けて男に会いに行ってんだよ。そういうとこなんだよ。視野が狭いんだよ。前しか向いてねぇ。目の前にあるヒマワリにしか目がいかねぇ。だから足元に健気に咲いてるタンポポに気がつかねぇ。その視野の狭さが時に人を傷つけるんだよ。わかってんのか?

 

こんなん見たら普通ならこの瞬間に「あ、俺もういいわ完全に冷めた」って両手上げてゲーム丸投げしてもおかしくないじゃないですか。が、間宮は違う。なぜならそんなムカつくくらいにまっすぐな上白石のことを好きになったんだから。決して諦めない男・それがネバーギブ間宮。

間宮は上白石に声をかけることもせず、ゆっくりと自分の席に戻り上白石の分のビニール袋を隠し今にも泣き出しそうな顔をしながらコンビニおにぎりを頬張る。悲しすぎるだろ…いったい間宮が前世でなにしたっていうんだよ…

そして数時間後、おなかいっぱいになったからなのか知らんが机の上でピースカ寝てる上白石の寝顔を愛おしそうに見つめながら上白石の肩にそっとコートをかける間宮…誰か間宮に暖かい毛布を………

 

また、あるときはグランピング中。上白石が玉森からもらったブレスレットを河原に落としてしまう。上白石を放っておけない間宮は一緒になってブレスレットを探す。

探すか?ライバルの男からのプレゼント探すか?仮に俺だったら見つけた瞬間に川ん中にブン投げる。「アーーーッッ!手滑った!」とか言って濁流に流す。だが間宮は違う。

 

「大事なモンなんだろ…?アイツからもらったんじゃねーの…?」

 

と、夜になるまで文句のひとつも言わずに探し続ける。なんでしょうか。間宮は道徳の教科書に育てられたんでしょうか。

気づけば辺りは真っ暗。見つからないブレスレット。案の定、最終バスを逃し帰ることができなくなった上白石と間宮。仕方なく宿を探すが、

「申し訳ございません…空いてるのが一室だけでして……」

という1兆回使い古されたベタ展開に。普通の男ならこれを「またとない絶交のチャンス」と捉えるだろう。が、間宮は違う。

 

「鈴木…お前ここ1人で泊まれ…俺別の宿探してくる」

 

となんの迷いもなく言いのける。ジェントル間宮。それなのにマジなんも考えてねぇ上白石は

「部屋思ったより広いんでっ!お布団離せば…!それかフロントでウノかトランプ借りて始発までやります!?」

と、のたまいやがる。が、

 

「鈴木…もし…お前が俺の彼女だったら…お前が他の男と泊まんのは嫌だ…」

 

間宮………お…おまえ…………

 

 

え??でも間宮どこに宿探すの!?だいじょぶ!??!って思ってたら……間宮……宿探さないんですよ……

 

 

間宮…河原…戻るんですよ………

 

 

間宮…寝ずに朝までブレスレット探すんですよ……

 

 

ま…………間宮………………

 

 

そして朝方…泥だらけになりながらやっとブレスレットを見つける間宮…

 

…こんなことしても上白石は振り向いちゃくれねーって…?

 

バカ…そんなことどうでもいいんだよ…

 

俺はただ…好きになった女の悲しむ顔みたくねーから…笑顔がみてーから…

 

 

こ…これは勝った…これをキッカケに間宮ルートへの勝利の道が………

 

 

 

ブレスレットを持って宿に戻る間宮

 

 

 

外で抱き合ってる上白石と、玉森

 

 

 

泣きそうな顔でそれを見つめる間宮

 

 

このクソどもェェェアァ………

 

 

…もうガマンならねぇ…俺がこのクソドラマ終わらせたるわ……間宮のためなら刑務所で臭いメシ食う覚悟できてっから…今すぐダイナマイト腹に巻いて宿行くから待ってろや…「世界には2人しかいません♡」みたいな顔しやがってこのサイコパスバカップルが…刺し違えても俺は…間宮の…幸せを………

 

…?

 

上白石が座ってたベンチにそっとブレスレットおいて帰る間宮…

 

 

ま……間宮…ェ………

 

 

間宮…お前どこまで良いヤツなんだよ…そんなブレスレット捨てちまえよ…それか声かけて邪魔しろよ…

「オイ!お前が河原に捨てた汚ねえブレスレット拾ってやったぞ!ギャラよこせよ!金!え?ウワッ!なに外で抱き合ってんの!?ウゲェー!マジキモいんですけど!コロナ禍なのに!濃厚接触!濃厚接触!」

って罵れよ…「そっ」じゃねぇんだよ…たまには悪いヤツになれよ間宮……

でも…俺はそんな間宮だからこそ応援したくなったのかもな……

 

 

…オイ…玉森…よく聞け…これで勝ったと思うなよ…?まだだ、まだ終わりじゃねぇからな…?

 

間宮はな、絶対に当て馬になんかならねぇ。最終話に仕事の夢追いかけるとかなんとかで海外に旅立つ玉森と離れ離れになる上白石に

「ここで行かなかったら一生後悔すんぞ…俺が好きになった女がそんな顔するんじゃねーよ……」

つって空港まで送り届ける役とか絶対にやらねぇし、玉森の元へ走り出す上白石を見つめて「幸せにな…」って呟きながら1人泣いたりなんか絶対にしねぇ…

それでなんか最終的に適当に同僚の女とくっついたりとか、死んでもしねぇからなぁァアアア!!!!

 

言っておくがな、これは間宮だけの戦いじゃねぇ…

『花より男子』の小栗旬…『黒崎くんの言いなりになんてならない』の千葉雄大…『PとJK』の高杉真宙…『花のち晴れ』の中川大志…

これは今まで貴様らジャニーズに葬られた当て馬の亡霊たちへの「弔い合戦」なんだよ…

 

聞こえるか…?間宮を応援する当て馬たちの叫び声が……

 

 

マーーーー!!ミーーーー!!ヤーーーー!!

 

マーーーー!!ミーーーー!!ヤーーーー!!

 

間宮の大勝利!!!

 

マーーーー!!ミーーーー!!ヤーーーー!!

 

マーーーー!!ミーーーー!!ヤーーーー!!

 

間宮の大勝利!!!イェエエエエエエエエエエイ!!!!!!

 

 

…ハァ…ハァ……

 

 

なんで…なんで間宮が当て馬なんだよ………

 

 

愛してる

そんな言葉だけで表せないほどに

想いが溢れていく こぼれていく日々だ

どうにも出来ないことがあるとすれば

痛むほど君のことしか考えられない

Luv Bias

Kis-My-Ft2/Luv Bias

 

…え…?良い曲…間宮のための歌……?

10年プラス3分の魔曲Sexy Zone『RIGHT NEXT TO YOU』

www.youtube.com

 

どうも、かんそうです。

『NOT FOUND』で己の中に眠っていたセクの欠片に気づいてから、まず行ったのは「Sexy Zoneを知る」ことでした。とりあえずシングル、アルバムを近所のCD屋、レンタル屋を駆けずり回って入手し、ほぼ「全曲」聴き狂った。北海道で放送中の『Sexy Zoneの進化論』も毎回見てる。

 

そして一瞬で後悔した。なぜ今までSexy Zoneを無視していたのか。同じジャニーズアイドルのSMAPや嵐、風間俊介を血肉としながらSexy Zoneに触れぬまま10年という時を過ごしていた過去を粉々に消したい。

そして、たかだかシングル数曲、アルバム数枚聴いたぐらいでSexy Zoneを語るのはメンバーにも、ファンにもなんて失礼な行為だと、Sexy Zoneというアイドルをほとんど知らないまま『NOT FOUND』を語ったノドを今すぐ踏んでほしい、そう思った。

 

今回、『RIGHT NEXT TO YOU』が音楽評論家やライターの間で刺さってるというが、たぶんSexy Zoneファンに言わせれば、

「いや気づくの遅すぎるんだよ」

全員「マジ調子こいて知ったような口きいてすいませんでした…」って詫びて土下寝したほうがいい。俺もお前もSexy Zoneに気づくのがあまりにも遅すぎた。しょせんジャニーズだと一笑した己を呪え。時すでにSexyなんだよ。

 

まず衝撃だったのが、Sexy Zoneの「アルバム、カップリング曲のヤバさ」。代表的なシングル曲を聴いただけじゃわからない、まったく別次元のセク、ディメンジョンセクシーがそこにはあった。

Sexy Zoneに限らず、SMAPも嵐も、全てのジャニーズアイドルの共通項

「本当にヤベえのはアルバム、カップリング曲」

だということがまたしても証明されてしまった。特に影をはらんだ「闇のセク」こそ、彼らがSexy Zoneという名前を授かったその意味がわかる経典だった。ゲーテのことわざ「光が強ければ影もまた濃い」のとおり、ふだん圧倒的な光を放っているアイドルだからこそより暗く、よりエロく、聴く人間の耳と脳を溶かす。

 

そして痛感した。『RIGHT NEXT TO YOU』は最初からSexy Zoneの中に「あった」ということを。

たしかに聴いてると「ジャニーズが洋楽っぽい曲歌ってる」ということに珍しがって「UKガラージ」だの「ディープハウス」だのと半分意味わかってんだかわかってねぇんだか怪しい音楽用語使って雰囲気で語りたくなる「ライネクヤバいヤバいおじさん」の気持ちもわかる。

が、そんなものはSexy Zoneを形成するひとつの要素でしかなかった。これは単なる氷山の一角。遡れば出るわ出るわ、Sexyの原液をぶちまけたセク濃縮還元曲が。

 

『IF YOU WANNA DANCE』(1stアルバム『one Sexy Zone』)、『Ghost 〜君は幻〜』(2ndアルバム『Sexy Second』)あたりからすでにセクの片鱗がダダ漏れ。枚数を重ねるごとにどんどん増していき、

『Unreality』『Luv Manifesto』(5thアルバム『XYZ=repainting』)、『Rainbow Light』(14thシングル『ぎゅっと』)、『UNSTOPPABLE』(15thシングル『イノセントデイズ』)、『CRY』『make me bright』(6thアルバム『PAGES』)、『Spark Light』(16thシングル『カラクリだらけのテンダネス』)『One Ability』(7thアルバム『POP × STEP!』)で頂点に達し、

そして『Small Love Song』(18thシングル『RUN』)『Arms Around Me』(19thシングルNOT FOUND』)で完全にセクがカンスト。

過去を知れば知るほど「Sexy Zoneはとっくの昔からヤバかった」という事実だけがそこにはあった。そしてそれと関係なく「『名脇役』はマジで神」だった。

 

ゲーム『ドラゴンクエスト』の作曲家・すぎやまこういちの逸話にこんな話があります。ドラクエを代表するオープニング曲「序曲」はすぎやま氏が5分で思いついたメロディだったという。しかし、すぎやま氏いわくそれは「5分プラスそれまで生きてきた54年という人生が詰まっている曲」だと。

『RIGHT NEXT TO YOU』もまた、突然変異の魔曲じゃなくSexy Zoneが歩んできた10年という時間が生んだ必然の産物だった。

 

www.youtube.com

 

それを踏まえたうえで聴く『RIGHT NEXT TO YOU』、10年が乗った「圧倒的セク」に全身の穴という穴から涙汁が出る。永遠よりも濃密な3分。理屈じゃなく本能で感じろ。「UKガラージ」?「ディープハウス」?「海外のトレンドを取り入れた」?うるせぇ!知らん知らん!そんなもんは関ジャムで蔦谷好位置かヒャダインにでも語らせとけぇい!

「曲なんかめっちゃ溶ける!」

「ドゥンッ!ドゥンッ!がめっちゃ腹にくる!」

「英語詞スゲー!カッケー!」

「ダンスエグっ!」

「指エロっ!」

「目エロっ!」

の究極系、それが『RIGHT NEXT TO YOU』。それでいい。メンバー個人のヤバさは俺の何億倍のTi Amoを持ったファンに聞けばいい。

 

Sexy Zoneに限らず、ジャニーズの曲を評価するとき「ジャニーズっぽくない」「アイドルっぽくない」みたいな「それ褒めてるつもりかもしれねぇけどむしろ悪口だからな」って言い回し使う人間いますけど、1人残らず海に沈めたい。SMAPも嵐もSexy Zoneも『RIGHT NEXT TO YOU』のような楽曲には古から何度も挑戦してきたし、それでジャニーズっぽさを隠したことなんて一度もない。

ジャニーズのアイドルがアイドルとして曲を歌えばそれはジャニーズの曲で、馬飼野康二からいきものがかりからtofubeatsからiriからchelmicoからひろせひろせからスウェーデン人まで、鬼のような振り幅のミュージシャン・作曲家に楽曲提供されてそれを完璧に歌い踊りこなしてる時点で、もはや「◯◯っぽい」「◯◯っぽくない」なんて言葉がなんの意味ももたないことがわかる。紛れもなく『RIGHT NEXT TO YOU』はSexy Zoneによるジャニーズアイドルの楽曲だった。

 

そして俺が「ライネクヤバいヤバいおじさん」に言いたいのは、Sexy Zoneは「5人」で、Sexy Zoneこんなもんじゃねぇからなということ。Sexy Zoneにはマリウス葉という最高がいる。とりあえず最新のマリウスのヤバさは『Arms Around Me』でわかる。英詞の申し子マリウス葉。完全にマリウス無双始まった。この世の全ての英詞はマリウスのためにあると言ってもいい。

これで5人揃ったら今後どこまでヤバいことになるのか俺には想像もつきません。完全体Sexy Zoneが目を覚ますその日まで夢見て眠れ。おやすみSexy.

 

星野源『創造』を聴いた俺は星野源というマリオに踏まれるクリボー

www.youtube.com

 

マジでもう勘弁してくれ…

 

俺はもう星野源を褒めたくねぇんだよ…正直もう切り離したい…星野源を俺の生活から切り離したい…でも無理なんだよ…気がつけば俺の好きなコンテンツコンテンツその先のすべてに「星野源」がいるんだよ…

俺が朝ドラにハマり出した途端に主題歌やりやがるし、二階堂ふみ超かわいいなと思ってたら『地獄でなぜ悪い』でエグいキスかましやがるし、中居君からどん兵衛を奪いやがったし、『コウノドリ』の漫画ハマってたらドラマで四宮の実写化になりやがるし、オールナイトニッポンで「たかしょーの新作素晴らしい」とか言いやがるし、俺が社会人になって初めて一人暮らしした街が星野源の出てたドラマの舞台になってた。どうなってんだよ…もはや星野源が俺の先にいるのか、俺が無意識に星野源の影を追いかけてるのかワケわかんなくなってるんですよ…日常のあらゆる所に星野源がいるんですよ…どのドア開けても星野源が立ってるんですよ…たぶん鏡で自分の顔見るより星野源の顔見てるほうが多い…「すべての道はローマに通ず」ってことわざがありますけど、完全に「俺のすべては星野に通ず」状態なんですよ…たすけてくれ…

 

そんななか『創造』…いい加減にしろよオイ

 

俺はな…生粋の任天堂信者、マリオ狂なんだよ…愛読書はコロコロコミックで連載してた『スーパーマリオくん』だし、ピンク色のヨッシーみたいな見た目した「キャサリン」ってキャラのこと完全に1人の異性として見てるし、未だに夢で『スーパーマリオRPG』のCMでパックンフワラーがゴスペル歌ってる映像見るし、ハロウィンで安易にマリオのコスプレしてるパリピ共全員海に沈めてプクプクのエサにしてやりたいと思ってる。それくらいの過激派なんだよ……

そんな俺が曲聴いた瞬間に「負けた」と思った…曲作れる作れない歌歌える歌えないとかそういう次元じゃなく「愛」で負けた…

死の淵から帰った 生かされたこの意味は

命と共に 遊ぶことにある

言いたいことは山のようにあるが、ここで完全に降伏した。

実際「マリオのテーマソング作って」って依頼来たら「メロディの中にゲームの音とか忍ばせちゃお…」「歌詞に任天堂の歴史とか匂わせちゃお…」ってとこまでは誰でも考えると思うんですよ。どう入れるとかは別として、マリオや任天堂のわかりやすい要素を曲に組み込むのはたぶん全員が思いつく。だが、このフレーズだけは星野源以外には絶対に出てこないって言い切れる。仮に出てきたとしても「重み」が違う。

 

マリオってキャラクターを漢字一文字で表したら一番しっくりくる言葉が「死」で、マリオ以上にあの世逝ってるキャラクターはいない。だが、そこに気がついてないプレイヤーは多く、マリオの華やかな部分、光ばかりがピックアップされてしまう。誰もマリオの闇を見ようとはしない。

星野源は違った。星野源自身がリアルに死にかけて生還したっていう経験があるからこそ、「スーパーマリオ」ってゲームが楽しいだけじゃない、亀とか栗に一瞬触れただけで即死するありえないほどの紙耐久ボディでプレイヤーをイラつかせるためだけに設置された悪魔みたいな罠を乗り越えて何百何千という屍の山を築きながらひたすらゴールを目指す「死にゲー」だっていう本質を見極めて己とリンクさせてる。ド派手なアクションやコミカルなキャラクター性じゃなく、誰よりも死が側にあるっていうマリオの唯一の「地獄」の部分をだ…

しかもこのフレーズの前に挿入されてる音がスーパーマリオランドのミス音…そう、星野源はそんなマリオの陰を、闇を背負おうとしてるんですよ…こんなもんマリオに対する、命に対する異常なまでの「愛」がないと書けねぇんだよ…これ以上のオマージュが他にあるか…?

もはやこの曲を経て星野源そのものがマリオに「成った」と言っても過言じゃない。そして俺は星野源に踏まれ潰されるだけのクリボー…だがそれでいい、星野源に踏まれる人生なら本望だよ。

 

…このままいったら絶対来年あたりに「スーパーホシノゲンワールド」発売する…見えるんですよ…ニンテンドーダイレクトで高橋伸也が嬉しそうに指パッチンしてる姿が…「それでは特別映像をご覧ください」とか言ってる姿が…

3頭身になった星野源がハマケンにさらわれたaikoを助けるため緑色の日村に乗って冒険の旅に出る…2Pは三浦大知…星野源よりもジャンプ力が高いがクセが強く初心者では扱いにくいキャラクター…どちらを選んでも良い。ハテナブロックから出てきたTENGAを取ったら小っちゃい星野源がみるみるうちに大きくなって…

 

なんだこのゲーム…絶対買う。

 

創造

創造

  • 発売日: 2021/02/17
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

「田舎地獄あるある」心中ラブコメ漫画『少年のアビス』

以前、「田舎の同級生の結婚式行ったらほぼ全員肉体関係持っててヤバ」ってブログ書いたんですけど、マジで田舎住んでると

「高校で好きになったあの子は…小学校の先輩の元々カノで中学校の後輩の元カノでクラスメイトの現セフレでした…」みたいなこと普通に日常茶飯事ですし、ファミレスとか行くと100パー誰かしら知り合いと出くわして最悪ですし、友達と喧嘩して絶交してんのにその親同士が仲良くて縁切れてないから正月に両家族で集まって同じテーブルで雑煮食うことになって拷問ですし、就職先は「親がやってるボロボロの印刷会社」か「嫌いな友達の親がやってる電器屋」か「嫌いな先輩がいる汚ぇ中古車屋」か「ジジババしか来ない役所or信金」か「漁師」か「鳶」しかなくて修羅ですし、ウワサ話は5Gより光速。

 

そんな「田舎地獄あるある」をこれでもかと詰め込んで濃縮して生搾りして極上のフィクションに昇華してる漫画があります。

少年のアビス 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

何もない町、変わるはずもない日々の中で、高校生の黒瀬令児は、“ただ”生きていた。家族、将来の夢、幼馴染。そのどれもが彼をこの町に縛り付けている。このまま“ただ”生きていく、そう思っていた。彼女に出会うまでは――。 生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、開幕――!!

[第1話] 少年のアビス - 峰浪りょう | となりのヤングジャンプ

 

オッス!オレ!黒瀬令児!17才!

ばあちゃんの介護に疲れ切った母さんと引きこもりで夜中暴れまくる兄ちゃんと暮らすちょっと不幸な男子高校生!

「人生つまんねー…」

そう思ってたオレの前に突然現れたのは…あこがれの超人気アイドル・青江ナギ!?

戸惑うオレ…そんな俺にナギは衝撃の言葉を投げかける…!?

 

「私たちも今から心中しようか…」

 

え!?なぜか彼女と一緒に心中することに!?オレいったい、どーなっちゃうのー!?

 

ドタバタムズキュンラブストーリー!?『少年のアビス』!!

 

主演!山崎賢人!本田翼!監督!福田雄一!来春実写化決定〜!!

 

…みたいな「ちょっと重めのちょいエロラブコメ」くらいのテンションで読み進めてたんですけど…マジで真逆。心中するつもりが一発ヤッちゃってそのアイドルに旦那いてそいつが幼なじみの好きな小説家でその小説家と母親も繋がっててその母親は男の幼なじみと不倫してるし担任とも勢いでヤッたけどド級のメンヘラで…

…という、次から次にノンストップで絶望が押し寄せる地獄ディズニーランド漫画でした。絶対に福田雄一では実写化しないタイプの漫画。

序盤の時点で「不倫」「寝取られ」のダブルパンチで頭おかしくなりそうだったんですけど、なんかもう最近は「主人公は一体誰と死ぬのか」みたいなガチの心中サバイバルバトルになっててもう目も当てられません。ギャグでもなんでもなく出てくる登場人物登場人物「令児くんと死ぬのは私(俺)だ!」って言い出してる。

しかも、そのメンツが

  • 死にたがり女アイドル
  • 束縛毒母親
  • メンヘラストーカー女担任
  • タイプじゃない幼なじみ女
  • 幼なじみド腐れ男ヤンキー

と男女関係なし、マジでロクなのいねぇ。全員「令児くんだーいすき」以外考えられないサイコ。

束縛毒母親は令児に対して「あなたの好きなことしなさい」と口では言っててもその実、優しい令児が家族を見捨てて逃げるなんてできないことを誰よりも知ってる甘辛毒親だし、ストーカー女担任は金と身体で令児を縛りつけて自分の「理想のかわいそうな子」押し付け出してるし、幼なじみド腐れ男ヤンキーは過去に令児を助けたことをいつまでも免罪符にして令児を縛り続ける厄介ツンデレだし、ラブコメとか書いてますが地獄すぎて笑うしかないという意味のラブコメ。どのルートを選んでも「最悪」しか待ってない闇のゲーム。

 

しかも、この漫画が俺にとって一番怖いのが、田舎においてこの話って全然「ある話」ってことなんですよ。言ったら「町の住人全員顔見知り」っていう蜘蛛の糸みたいなコミュニティで、自分を置き去りにして他人が変わっていくことの嫉妬とか恐怖っていうのは多かれ少なかれ必ずあって、「変化」を絶対に許さない人間も大勢いてどっかで頭のネジ外れてないと田舎って暮らしていけないし、だからこそ、令児が家族や友達のこと気にして田舎から抜け出せないのはめちゃくちゃあるあるだし、ヤンキーが令児を絶対に町から逃げさせないっていう気持ちも理解できる。

『少年のアビス』はそこのディテールの細かさがハンパなくて、建物なんもなくて空めっちゃ広いのに終始感じる閉塞感だとか、登場人物が全員共通して「田舎」というものを「地獄」と捉えてるからこそ感じるある種の「諦めの空気」そういうのがストーリーだけじゃなく、ちゃんと「絵」で伝わってくるんですよ。

そんななか突然現れた「青江ナギ」っていう異物に心も身体もほだされたら、そりゃ当然狭い世界しか見てこなかった令児の世界はブッ壊れるわと。その「なにも知らなかったガキがエロとラブとデスを知ってからの変化のリアリティ」がめちゃくちゃ丁寧。漫画が最高に上手い。

読めば読むほど「現実」と「ファンタジー」が波みたいに交互に押し寄せてきてゲロ吐きそうになるし、死ぬほどブッ刺さる。「田舎」っていうものに対して違和感がある人間にこそ読んでほしい漫画です……

 

…と書き終えた矢先…田舎に住み続けてる高校の同級生・クソヤリチン野郎ことハヤトとLINEしてると「なんかオススメの漫画ない?」って聞かれ、この漫画のリンク送ったら、

 

「読んだけどなんか全然ピンと来なかったわー」

 

と……。お前…マジか…?お前……マ……マジか………

 

www.kansou-blog.jp

少年のアビス 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

少年のアビス 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

風間俊介に踏まれる死体になりたい人生

朝に見るテレビ番組は断然『zip!』派なんですが、その理由は「風間俊介が出てるから」これに尽きます。

誰よりも死体の隣が似合う男・風間俊介が朝の爽やか情報番組のMCを担当している…この事実だけで日本サイコパス俳優だいすきクラブ会長の私は

 「風間俊介が朝の情報番組を担当…?そんなはずはない…絶対になにか裏がある…いったい何人が犠牲になったんだ…」 

と、朝からドンブリ飯10杯イケるのです。

 

私と風間俊介の出会いは「見る偽善」こと『3年B組金八先生』。表向きは先生からの評判の良い優等生、しかし裏では生徒達の弱みを握り脅すキングオブクズ「兼末健次郎」を見たときから風間俊介という俳優の虜になりました。

「風間俊介こそがジャニーズサイコパスの申し子…『ジャニコパス』なんや……」

そう、風間俊介がラサール石井の顔面に蹴りを入れたときからジャニコパス時計の針が動き出したのです。

それからというもの私の人生は「風間俊介と共にあった」と言っても過言ではありません。彼の出演作はほぼチェックしましたし、将来なりたい職業欄に「風間俊介に踏まれる死体」と書くほど彼の演技にハマッていきました。

「前科27犯(本人談)」の異名からわかる通り、風間俊介という俳優の真骨頂は「ベビーフェイスと犯罪のギャップ」。不老不死の秘薬飲んだんかと疑惑が出るほど老化する気配が一向にないみずみずしい外見からノーモーションで発せられる耳を塞ぎたくなるほどのゴミクズ言動の数々、いつ見ても身震いが止まりません。

もはや風間俊介の演じる犯罪者が好き過ぎて、たとえ犯罪者以外の一般人を演じていても、

「今は優しい顔して主人公に近づいてるがコイツは絶対に裏で人殺してる…油断するな…風間俊介がここで終わるわけない…」

と思うようになってしまい肝心のドラマの内容がまったく入ってきません。しかし、この1ミリも安心できないヒリヒリ感は風間俊介でしか味わうことができないスリル。「風間俊介のドラマや映画を見る」というのは「断崖絶壁に架けられた細い橋を渡る」行為そのものなのです。

 

そんな風間俊介出演作のなかでも自信を持ってオススメしたいジャニコパス作品が2011年のドラマ『それでも、生きていく』。

「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版 (初回封入特典終了) [DVD]

『東京ラブストーリー』『最高の離婚』『カルテット』などでお馴染みの名脚本家・坂元裕二が手掛けており、殺人事件の被害者家族と加害者家族の歪な交わりを描いた衝撃作なのですが、そのなかで風間俊介が演じた「三崎文哉」。

ヒメアノ~ル森田剛、ラストフレンズ錦戸亮、十三人の刺客稲垣吾郎とともにジャニーズ4大クソゲボゴミカス野郎として歴史に名を残しているこの役こそが「絶対に夢に出てきてほしくないジャニーズランキング(俺調べ)」で風間俊介にぶっちぎり1位を獲得させた最大の理由となった役柄なのです。

夢、希望、期待、愛しさ、優しさ、そんな「善」の感情を息をするように淡々と踏みにじる文哉の言動はもはや人間というより「胸糞が服を着て歩いている」としか思えません。このドラマを見た後はさすがの私も三日三晩胸が苦しくなり、「風」「間」「俊」「介」の文字を見るだけでも蕁麻疹が起き、目に映るもの全てが風間俊介に見えるという症状に襲われました。

 

しかし、近年の風間俊介は冒頭で挙げたZip!や年始から始まった『VS魂』でのレギュラーメンバー入り、また時おり見せるディズニー好き、ゲーム好きの一面などで、バラエティ番組での活躍が目立つようになりました。また、自身が演じる役についても『監察医 朝顔』などでの「ガチのマジでただの良い人役」も増えてきており、すっかり犯罪者やサイコパスのイメージからは遠くなっているように思えます。これは日本サイコパス俳優だいすきクラブの立場からすれば一見寂しいことのように思えるでしょう。

いいえ。それには真っ向から「否」を唱えさせていただきます。あなた方はまだサイコパスの真髄というものにたどり着いていない…

 

有名なことわざ(俺が作った)に

「サイコパスは寝て待て」

という言葉があります。

 

そう、風間俊介本人の「良い人」が引き立てば引き立つほど、後に必ず来る「最低最悪の風間俊介」が何億倍にもなって爆発するのです。

サイコパス、犯罪者というのは普段から「悪そうな顔してる」「あの人は普段からやると思ってた」という人間が演じてもどうしてもインパクトに欠けてしまう。大事なのは「え…まさかあの人が…そんな人には全然見えなかったのに…」という裏切り。

 

今の風間俊介はジャニコパスポイントを貯めている充電期間。風間俊介が毎週「ジップ〜!」とやっている数=われわれに向けられる銃口の数なのかもしれませんね……