kansou

ミクスチャーブログ

広告

「令和に発売してたらめちゃくちゃ怒られそうな曲」に先にキレました

「令和に発売してたらめちゃくちゃ怒られそうな曲」に、誰かに怒られる前に無理矢理キレておきましたので安心してください

 

関白宣言

お前を嫁にもらう前に 

「お前」って言うのやめてください「嫁」もやめてください「もらう」とか物扱いしないでください。

残酷な天使のテーゼ

残酷な天使のように 少年よ 神話になれ

なんで少年だけ特別扱いするんですか?少女は神話にはなれないって言うんですか?

はじめてのチュウ

涙が出ちゃう男のくせに

「くせに」って男性は泣いたらいけないんですか?

君は薔薇より美しい

なぜか今日は君が欲しいよ 違う女と逢ったみたいだ

「欲しい」とか物扱いしないでください。「違う女」って失礼じゃないですか?「女」って言い方やめてください。「薔薇より」って植物と比べるなんて人間をなんだと思ってるんですか?

スマイル

いつでもスマイルしててね 深刻ぶった女はキレイじゃないから

なんで楽しくないのに笑わなきゃいけないんですか?「キレイじゃないから」とか主観で物言わないでください。あと「女」って言い方やめてください

クロノスタシス

コンビニエンスストアで350mlの缶ビール買って きみと夜の散歩

この時代に路上飲みとか何考えてるんですか?不要不急の外出やめてください

ロマンティックあげるよ

もっとワイルドに もっとたくましく 生きてごらん

「ワイルド」とか「たくましく」とかなんで他人に生き方押し付けられなきゃいけないんですか?「ごらん」って命令しないでください

乙女のポリシー

どんなピンチのときも絶対あきらめない そうよそれがカレンな乙女のポリシー

「絶対」とか強制しないでください。諦めたっていいじゃないですか、なんで女は可憐じゃないといけないんですか?

贈る言葉

求めないで優しさなんか 臆病者の言いわけだから

優しさを求めて何が悪いんですか?臆病で何が悪いんですか?何を基準に臆病って言ってるんですか?

ラムのラブソング

ああ 男の人って いくつも愛を持っているのね

男性で一途な人もたくさんいますけど?勝手に決めつけるのやめてください

セーラー服を脱がさないで

女の子はいつでもMI・MI・DO・SHI・MA お勉強してるのよ

女の子に対して「耳年増」って失礼ですよ?「O・OMO・TE・NA・SHI、オモテナシ」みたいに言ってふざけてるんですか?

哀 戦士

死にゆく男たちは 守るべき女たちに 死にゆく女たちは 愛する男たちへ

「べき」ってなんで女性は守られる存在って決めつけるんですか?男とか女とかやめてください

らいおんハート

君はいつも僕の薬箱さ どんな風に僕を癒やしてくれる

「薬箱」?人間ですけど?なんで女性が男性を癒やす道具にならなきゃいけないんですか?

スノースマイル

冬が寒くて本当に良かった

なにが良いんですか?凍傷になった人の前で同じこと言えるんですか?北国の人の気持ちも少しは考えたらどうですか?

RPG

怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない

「一人」とか勝手に決めつけないでください、そもそも一人の何が悪いんですか?

勇気100%

やりたいこと やったもん勝ち 青春なら

やりたいことができないでガマンしてる人もいるんですよ?勝ちとか負けとか誰が決めたんですか?

おジャ魔女カーニバル!!

やな宿題はぜーんぶ ゴミ箱にすてちゃえ

「捨てちゃえ」って無責任なこと言わないでください。嫌なことを嫌だと逃げていたらそういう大人になるってことを教えないでどうするんですか?

おどるポンポコリン

いつだって忘れない エジソンは偉い人 そんなの常識 タッタタラリラ

「そんなの常識」とか勝手に決めないでください。エジソン知らないと生きてちゃダメなんですか?

チキンライス

親に気を遣っていたあんな気持ち 今の子供に理解できるかな?

「理解できるかな?」って上から目線で失礼じゃないですか?今の子供は親に気を遣えないとでも言いたいんですか?

女の子は誰でも

女の子は誰でも 魔法使いに向いている

「誰でも」とか勝手に決めつけないでください、魔法使いになりたくない女の子もいるんですよ?

純恋歌

おいしいパスタ作ったお前 家庭的な女がタイプの俺 一目惚れ

「お前」って言うのやめてください、女性は家庭的であるべきみたいな決めつけやめてください、パスタ作っただけで家庭的とか料理なめてます?

終わりなき旅

誰の真似もすんな 君は君でいい

真似したっていいじゃないですか、なんで否定するんですか?「君は君でいい」って何を知ってるんですか?勝手に決めないでください

マニュフェスト

僕が総理大臣になったら 一日を25時間にして 最後の一時間だけはみんな 愛の営みのために使おう

誰にも愛されない人間だっているんですよ?その人は増えた1時間なにをしろって言うんですか?

猫になりたい

猫になりたい

なりたいとか簡単に言わないでください、猫のほうが楽って誰が決めたんですか?

男だろっ!

イチかバチか男だろっ!いまどきの夢を見せてよ 大丈夫だから

「男だろ」とか押し付けるのやめてください、なにが「大丈夫」なんですか?適当なこと言わないでください

ゲゲゲの鬼太郎

たのしいな たのしいな おばけにゃ学校も 試験もなんにもない

受験で大変な学生をバカにしてるんですか?

三百六十五歩のマーチ

ワン・ツーワン・ツー 休まないで歩け ソレ

「休まないで歩け」って人のことなんだと思ってるんですか?休んだっていいじゃないですか?ブラック企業ですか?やりがい搾取ですか?

日本の米は世界一

この国 日本の食を支えてる 誇れよ我らの米を 日本の米は世界一

日本の米は生産量も消費量も1位ではありません。主観で「世界一」とか決めつけるのやめてください。

トイレの神様

トイレにはそれはそれはキレイな女神様がいるんやで だから毎日キレイにしたら女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで 

いません、なれません、嘘やめてください

WAになっておどろう

オ~オ~ さあ輪になって踊ろ ララララララ~ すぐにわかるから

なにがわかるんですか?無責任なこと言わないでください

ロコローション

ヒッチハイク OK! バイブレーション 高まるアドレナリン 僕ドクドク こめかみパンチング パンチラ(パンパン)

パンチング?パンチラ?暴行罪および公然わいせつ罪ですよ?通報します

ミニモニ。ジャンケンぴょん!

おいしい牛乳のむのだぴょん!ぱっぱっぱっぱ!おどろう!さわごう!ぱっぱっぱっぱ!パパパだぴょん!

「牛乳はおいしい」って誰が決めたんですか?「パパパだぴょん」じゃなくて牛乳嫌いな人に早く謝ってください

1,000,000 MONSTERS ATTACK

POW!!!!!!! アッ オゥ アッオゥ アッ オゥ アッ アッ アッ オゥ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アォ アォゥワッ♪

なんですか?ふざけないでください

となりのトトロ

となりのトトロ トトロ トトロ トトロ もしも会えたなら すてきなしあわせが あなたに来るわ

人の幸せを勝手に決めないでください。トトロに会えたからなんだって言うんですか?トトロに会えない人間は幸せじゃないって言いたいんですか?

だんご3兄弟

だんご だんご だんご3兄弟

誰が兄弟って決めたんですか?3姉妹かもしれないじゃないですか、差別ですか?

一年生になったら

一年生になったら 一年生になったら ともだち100にんできるかな

なんで100人も友達作らなきゃいけないんですか?友達の数で子供の価値を決めないでください

はみがきじょうずかな

クチュクチュ シュワシュワシュワシュワクチュクチュシュワシュワクチュ しあげはおかあさん

なんで母親の仕事って決めつけるんですか?父親がやったっていいじゃないですか

チューリップ

どの花みても きれいだな

「きれい」ってそれは主観ですよね?きれいじゃなきゃ価値がないみたいな言い方やめてください

お正月

お正月には 凧あげて こまをまわして 遊びましょう はやく来い来いお正月

正月も働いてる人はいるんですよ?そういう方々に対して失礼じゃないですか?

こぶたぬきつねこ

こぶた たぬき きつね ねこ

なぜブタだけ子供扱いするんですか?なにをもってして「こぶた」と言ってるんですか?生命への侮辱ですよ?

いぬのおまわりさん

こまってしまってワンワンワワーン ワンワン ワワーン

警察の職務怠慢ですよ?国の税金から給料が支払われているという自覚はないんですか?

はと

ぽっ ぽっ ぽ はとぽっぽ まめがほしいか そらやるぞ

野生の動物に勝手にエサやるのやめてください、住み着いたらどうするんですか?

アイアイ

アイアイ(アイアイ)  アイアイ(アイアイ) おさるさんだよ

「だよ」って何を根拠に言ってるんですか?「おさるさんかな?」に変更してください

にんげんっていいな

いいないいな にんげんっていいな

自分達だけが「特別」だと思い上がるな愚かな人間共めが

 

 

以上です。怒るって本当に野蛮ですね…

SixTONES『Papercut』『Takes Two』がアルバムのボーナストラックとか狂ってる

SixTONESアルバム『CITY』買ったんですが、初回盤Aのボーナストラック『Papercut』『Takes Two』が両方とんでもねぇ劇薬で「ボーナストラック」の意味をずっと考えてる。

『Everlasting』まで聴き終わり、

「…良いアルバムだった……ン?忘れてたわ、そういやまだボーナストラックってのがあったか。まぁアルバムからあぶれたオマケ楽曲ってやつだろ。どうせ気の抜けたフザケ曲だろうし、適当にじゃがりこでも食いながら流し聴くか…」

と、油断した俺の脳味噌をじゃがりこごとSixTONESが貫通した。全収録曲で俺の中の圧倒的TOP2。今すぐMV作って全音楽番組でフル披露すべき魔曲。ボーナストラックとは…

 

・『Papercut』

初回盤Aとは「アダルト」のAでした。『マスカラ』ですら、まだ世に広く放つシングル曲として「ポップなエロ」の体裁をギリギリ保っていましたが『Papercut』は完全にリミッター崩壊、正真正銘モザイク無し違法性ゴリゴリの裏曲。今すぐCDコーナーじゃなく「18歳未満立入禁止」の暖簾の向こうに陳列したほうがいい。

「Your love is like a papercut…」

意味はまったく分からないが、恐ろしいまでのエロをビコビコに感じる。日本広しと言えど、このパンチラインを歌いこなせるアイドルはSixTONESだけだと確信した。

大人の禁断の情事を歌う曲は多数あり、それぞれのグループによって特色が違いますがSixTONESは間違いなく「洋モノ」、スケール感が日本超えて欧米サイズ。重なり合って出す色気ではなく、6人全員に独立した強烈な「個の色気」がある。SixTONESとはエロの個人事業主だった。

「What's the game?」「君のペース」「Call my name

「そう全部がScandalous」「君は僕のBaddest chick

初っ端から舐めるように踏まれた中枢神経を直接攻撃する韻、「腰つき」を連想させるヒネたメロ、EDM要素を匂わせたタメから一気に突入する暴力的なサビ、その全てで「欲望」を体現しているんですが、1番から2番にかけて、徐々にただの友達以上恋人未満だった関係性から丁度いい「浮気相手」「セフレ」と堕ちてバグっていく様子に恐怖すら覚えた。特に、田中樹のラップの荒々しさとキレとヤケクソ感はもはや凄すぎて笑えてきた。「ウィーキャンゲットアウェイ!オーッ!」じゃないんだよ。勢いで逃げようとするな。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を最近観始めた俺は、松村北斗こと稔が一生懸命勉強した英語でこんなイカレ歌詞を歌ってることにパニックになり、勇と雪衣の関係を知った時の算太になりました。安子助けてくれ…

 

・『Takes Two』

いや『Papercut』からの情緒どうなってんの?どういう順番でレコーディングしてるのか知らないですが、この2曲並べて「ボーナストラック」とか言い出すSixTONES陣営マジでどうかしてるだろ。

俺の中でこれ以上糖度高い曲は存在しないと思っていた『Coffee & Cream』に匹敵する糖尿病確定の激甘チルラブソングで、むしろ真正面からバラードやりまくってる『Takes Two』の方が没入感がヤバい。チョコ沼に顔面から突っ込んでる。

頭から爪先までとにかく歌割りが永久満点を叩き出してるんですが、例えば1番の森本慎太郎→松村北斗→京本大我→髙地優吾と徐々に糖度が増していきサビのジェシーで破裂する構図、全員で「優しさ」を擬人化させててSixTONESという毛布で俺を包み込んでいく…この曲聴きながら立ったまま寝れるわ。もう一回言いますけど『Papercut』との落差、なに?

この実家のような安心感とほんの少しの切なさ…完全にバトルアニメのエンディング曲、

 

You know I’m feeling so good…As it takes two…イェィ…takes two…ウーゥーーーフゥー…

 

テンレレレン…チャァーーーーン…ファーーーン…ファーーーー…チャッ…チャッ…ファーーーーァ……

 

 

テーーンテー!テレッテッテレーレーー!♪(陽気な音楽)

 

高地「ほ、北斗…?まさかお前が裏切り者だったっていうのか…?嘘だ…絶対に何かワケがあるに違いねぇ…俺達は信じてる…お前はなにがあっても俺達の仲間だ…!」

 

アニメ『SixTONES』第135話「うやむや」

 

来週もまた観てくれよな!六つの音色が!世界を変えるッ!

 

 

えー、以上です。ボーナストラック…?オマケ…?むしろこっちが「本体」

 

ドラマ『ファイトソング』は間宮と風磨による「当て馬チキンレース」

15年前、ドラマ『プロポーズ大作戦』で山下智久に藤木直人と長澤まさみの結婚を式当日にブチ壊された時から、俺は恋愛ドラマの当て馬に対する「慈悲」と本命カップルに対する「憤怒」だけを糧に生きてきました。

 

そして去年『オー!マイ!ボス!恋は別冊で』で「間宮祥太朗」が演じた当て馬を見た瞬間、俺の黒い炎が燃え上がったのです。「目の前で永遠の愛を誓われる」「女のために言った言葉を『名言カレンダー』として商品化される」「申し訳程度に余った奴ら同士でカップルにさせられる」というドブ川よりくっせぇ当て馬の苦汁を飲まされた間宮に発狂。間宮こそ正義…間宮こそ全て…間宮に勝利の美酒を、間宮に幸福な食卓を…

そんななか、昨日スタートしたドラマ『ファイトソング』ですが…

 

出演:清原果耶、間宮祥太朗、菊池風磨(Sexy Zone)ほか

 

出演者一覧の「二番目」…しかも恋愛ドラマ帝国・ジャニーズ所属の菊池風磨よりも先に間宮の名が載るというカタストロフィに両目粉砕した。間宮が…深夜ドラマ以外の…主演…?

f:id:ikdhkr:20220112172008j:plain

相関図|TBSテレビ 火曜ドラマ『ファイトソング』

あらすじはこうだ。間宮は一発屋バンドマンで、あと2ヶ月でヒット曲を出さなければクビだと事務所から宣告を受ける。そんななか「運気が上がる」とのメチャクチャな誇大広告を載せている幼馴染の風磨が営む怪しすぎるクリーニング屋に依頼を頼んでしまうが、掃除に来た闇を抱える女・清原はなんと間宮唯一のヒット曲のゴリゴリの信者だった…という話。

誇張でもなんでもなくマジの「本命」。こんな好機は文字通り「滅多」にねぇ、ついに間宮が恋愛ドラマ革命軍リーダーとして王の喉元に刃突き立てる時が来た。これからは俺達トライストーン・エンタテイメントの時代なんだよと。歓喜…僥倖…立木文彦が叫んだ。

 

今回の間宮は、音楽だけをやり続けてきたその反動からか1ミリも「恋」を知らず、他人とのコミュニケーションすらロクに取れなさそうな「陰」の匂いをプンプン漂わせるチェリーマンだ。

しかし…ここまで絵に描いたようなザ・主人公をあの間宮が演じるだと…?にわかに信じられない俺がいた。

もしかしたらこれは「間宮の見ている夢」で、俺はその意識を共有させてもらってるだけなんじゃないかとすら思った。本当は『ファイトソング』などというドラマはこの世のどこにも存在しない、俺は間宮を想うがあまり間宮の深層心理にまで入り込んでしまったのではないか…と。

 

対して、三番手に名前が挙がったSexy Zone菊池風磨…がマジモンのヤバ男(やばお)。俺の架空著書「当て馬がしてはいけない100のこと 〜出会いから告白まで〜」読んだんかと思うほど、1話から地雷という地雷を踏み抜いていく。

 

・誰にでも優しくて良い奴(結局「私じゃなくてもっと良い人いるよ」とか思われるから無意味)

・無駄に明るくてバカ(ユーモアが絶望的に死んでるのが致命的)

・やたら「理解者」であろうとする(俺がお前のこと一番分かってる感出すな)

・めっちゃ仕事論語る(Twitterのオッサンみたいなことするな)

・そんなコイツにも好意を寄せている女がいる(自分に向けられた好意には鈍感なのが最悪)

・付き合ってないのにベタベタ触る(付き合う前から日常的に触れて相手がなんも思ってない時点で特別感皆無)

・冗談ぽく告白する(肝心な時に「またくだらない冗談言って〜」とはぐらかされるの確定)

 

…というセクシーの「セ」の字も感じさせない愚行の数々にゲロが出ました。歌やダンスではたった一言、指先の動き一つで人を悩殺させる色気ダダ漏れ男が、このドラマでは完璧な「恋愛ピエロ」だった。『名脇役』の実写化?

自分に好意を寄せてくれている女(藤原さくら)の前で清原を指差し「今日からこちら社長夫人になられました」とイキリ、疲れて「ねえ後どれくらい?」と聞く清原に「俺と花枝が結ばれるまで」とふざけ散らかす風磨に同情通り越してもはや「怒り」すら覚えた。当て馬なのに目も当てられねぇ、あまりにも出来すぎている…

 

これは…まさか「斗真の呪い」

 

かつてドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』で、ジャニーズにも関わらず見事な当て馬を演じ「伝説」と呼ばれた生田斗真。そのピエロっぷりは圧倒的主役だった小栗旬を食ってしまうほどのインパクトを残した…あのドラマは完全に「負けが勝ち」だった…2022年にアレをまた味わうことになるってのか…?

…間宮を本命にして勝たせようとすればするほど、風磨がより濃く輝いてしまう…「結局、陰の主役は菊池風磨だったね」そう囁かれてしまう、そんな未来が…

 

 

間宮祥太朗…おまえはそれでいいのか…?

 

菊池風磨に「当て馬」を取られて…フツーに清原果耶とくっついて…いっぱしの主人公みたいな顔して…それで満足なのか…?

 

おかしい、このドラマ、なにかがおかしい

 

駄目だ…負けろ…負けるんだ間宮…このドラマは間違いなく「罠」だ…おまえが風磨の喉元に刃を刺したその瞬間…その刃は間宮自身の身体を貫くだろう……

 

間宮か…風磨か…この「選ばれたら負け」の最悪チキンレースどっちが勝つのか、どっちが先に当て馬確定演出「ネット配信限定スピンオフドラマ」始めるのか、最後まで見届けたい。

三浦大知の新曲『Le Penseur』すごすぎて意味がわからない

www.youtube.com

三浦大知の新曲『Le Penseur』意味わからん…もはや声が高いとか低いとか曲が速いとか遅いとかアレンジがどうだとか歌詞がどうとかカッコいいとかエロいとかそういう次元の話じゃねぇ。これは…なんですか…?

 

二十数年前に『ポンキッキーズ』で三浦大知の存在を知ってから俺の人生には常に三浦大知がいた…その卓越した歌声とダンススキルに狂わされ…それからというもの耳が痛くなるまで曲を聴き漁り、視力が低下するまでMVを観漁り、「異常」とも言える三浦大知の急激なファッションの変化とRHYMESTER宇多丸との関係性の変化とともに、三浦大知という人間を少しでも理解したつもりでいた。しかし、この曲を聴いて「三浦大知って誰?」それすら分からなくなった。今は三浦大知に対して「怖い」の感情しかない…

わずか3分のこの曲のヤバさを言語化することがいっさいできない…曲名すら読めない…レ、レペンセェゥアぁ?概要欄によれば(ヨミ:ル パンスール)と読むらしい。な、なんて?

 

そもそも、レペンセェゥアぁは「2022年1月1日0時00分00秒」という「この世の全ての機関が停止しているハズの時間」に突如として解禁されたのですが、まずこの時間に曲をリリースできるという三浦大知の「力(ちから)」がすでに怖かった。三浦大知はすでに国をも動かす力を手にしていたのだ。

そして、これを聴いてしまったがゆえに、親に「明けましておめでとう今年もよろしく」と言う前に「母さん三浦大知の意味がわからないよ」と言ってしまった。年が明ける前に三浦大知の門が開いてしまった。永遠とも言える長い1年が始まった。「令和4年」じゃなく「大知元年」だった。

 

だが俺は諦めなかった。自分が培った音楽知識の全てを振り絞り、ほぼ同時公開された振り付けMVを専門的に分析した。するとこの映像は、

「ものすごい雰囲気の三浦大知が、エエ感じの女性ダンサー4名を従え、体の骨どこいったん?としか思えない動きをしながら踊り狂う」

という作りになっていることがわかった。

MVを初めて見たとき私はこう思った「インナーマッスルがすごい」と。速くもなく遅くもなく絶妙な速度で変則的な動きを繰り返す三浦大知を見て「三浦大知はインナーマッスルがすごい」そう確信した。三浦大知と書いて「インナーマッスルの鬼」と読む。

 

そしてMV全体を通して何度も繰り返し観ることで、私はあるひとつの事実にたどり着いた。心して聞いてほしい。

「このダンスは、とてもメッセージ性がある」

映像全体からとてつもなく強烈なメッセージを感じた。喜なのか怒なのか哀なのか楽なのか、はたまたその全てなのか、三浦大知とダンサーの一挙手一投足は「なにか」を表しているのである。

特に「Le Penseur……」というコーラスと共に、薄暗い部屋のなか赤い光に包まれた三浦大知とダンサーがちょっとずつ滑るように近づいてくる映像は恐怖通り越してBlizzardでしかなかった。

f:id:ikdhkr:20220108160701p:plain

 

どうだろうか。

 

実際「どうだろうか」どころの騒ぎではなかった。どうもこうもない、正直ずっと0.0000001ミリも意味わかってません。だがわかる。「すごい」ということだけはわかる。それがすこぶる怖い、三浦大知の姿をした魔王だった。

三浦大知の動きを見ていると「俺は自分の体をまったく動かせていない」ことに気付かされてしまう。マジで自分の手足に土下座したい。ごめんよ…こんな体で…できることなら俺じゃなく…三浦大知の手足にしてあげたかったよ…と…

 

そんな今までのどれにも似てない、明らかな「異質」を放ったこの曲は、もはや三浦大知からの「挑戦状」。「お前はこれを聴いてなにを思うんだ?お前は『Le Penseur』をどれだけ理解できる?」という問いを突きつけられているのだ…

そう、言ってしまえばこれは「全国統一三浦大知テスト」…上等だよ。何年俺が三浦大知を聴いてきてると思ってる?読み取ってやるよ、この曲から映像から発せられる全てのメッセージをよ…

 

まずタイトル「Le Penseur」という言葉の意味を調べると「思想家」とヒットする。また、フランスの彫刻家であるオーギュスト・ロダンの代表的なブロンズ彫像「考える人」とも同じ意味で、それをモチーフにこの曲は作成されているらしい。そこにフォーカスすればおのずと全てが見えてくるに違いない…

そもそも「考える人」とは、元々イタリアの詩人ダンテ・アリギエーリの『神曲』地獄編第3歌に登場する「地獄の門」をモチーフに作られた作品の一部で、門が完成するのを待たずロダンが死去してしまったため、彫刻の男だけが独立し「考える人」と名付けられた。

しかし「地獄の門」とは「地獄に堕ちた愚者を裁判官が見下ろしている様子」を表現した作品でその裁判官こそがこの男の正体、つまり何かを考えている像ではないと言われている。

曲の中で三浦大知は繰り返し「研ぎ澄まして」「思考し続けて」と歌っている、すなわち三浦大知こそが地獄の門から愚者を見下ろす裁判官であり、この曲を聴いているわれわれこそが愚者であるという何よりの証拠、また逆説的に考えると裁判官が三浦大知であることイコール三浦大知はこの曲において何かを「考えている」わけではない、とも言える。さらに地獄の門の天辺に記されている言葉、

憂いの国に行かんとする者は我を潜れ。

永劫の呵責に遭わんとする者は我を潜れ。

破滅の人に伍せんとする者は我を潜れ。

正義は高き主を動かし、神威は、最上智は、原初の愛は、我を作る。

我が前に作られし物なし。

ただ無窮あり、我は無窮に続く者なり。

我を過ぎんとする者は一切の望を捨てよ。

これを「裏」とすれば…三浦大知は「表」…

 

 

ということは…

 

 

すなわち…

 

 

えー…

 

 

な、なんですか…?教えて宇多丸先生…

藤井風が出た紅白歌合戦は「紅白風合戦」

今年の紅白歌合戦、いや紅白風合戦を見たか…

藤井風が現れた瞬間、NHKの略が完全に(N=なんなん、H=ふじい、K=かぜ)になった。※正式には「Fujii」だがそんな常識すら覆すのが藤井風。赤だの白だのと色でくくることも、誰にも縛ることができない男達がそこにはいた。健、源、そして風。 

 

去年自分の実家より見た、岡山にある藤井風の実家で『きらり』を一曲演るだけ、と見せかけて一瞬でスタジオにワープし『燃えよ』を演奏するという、プリンセス天功もMr.マリックもセロも裸足で逃げ出すレベルのイリュージョンを披露し、風は時空を超えた。

まず「72」の回数を重ねた歴史ある番組において、

「クッタクタのスウェット+歩くだけでホコリ取れる便利スリッパ」

というコンビニすら行くのをためらうような適当コーデでNHKの厳重なセキュリティをくぐり抜けて紅白のスタジオまでたどり着いた人間がかつていたでしょうか…いや否、服装だけならそのへんの引きこもりとなんら変わりはねぇ…だが藤井風はその格好で紅白に来た。

 

藤井風「来ちゃいましたァ…」

 

じゃないんだよ。普通来ちゃいましたで来れないんだよ東京国際フォーラムは。どうやって無数に張り巡らされた赤外線レーザーに当たったら殺人ロボに通報いく警報システムかいくぐったんだよ。漫画とかアニメでよくある「適当な格好の弱そうな奴が実は最強」のパターンじゃねぇかよ。

…あと調べたらあれ「歩くだけでホコリ取れる便利スリッパ」じゃありませんでした。なんか「レディメイド」とかいうブランドのホームシューズ?ホームシューズって何?れでぃ…?は?なんて?俺はアイスがおいしいレディボーデンしか知らねぇ

f:id:ikdhkr:20220104135240p:plain

 

さッッ〜〜〜?!??!!スリッパに3〜〜〜?!??!3ってお前ニンテンドースイッチ履いてるってことじゃねぇかよ…お、俺がめちゃくちゃ気合入れてデートする時の服装の総額より、スリッパだけ履いた藤井風のほうが高っ……な、な〜〜〜???

俺の最強コーディネート

・無印良品靴下¥230

・ユニクロボクサーパンツ¥590

・ユニクロスリムフィットチノ¥2,990

・ユニクロヒートテッククルーネックT¥790

・ローリーズファームニット¥6,600

・グローバルワークコート¥8,800

計…¥20,000

 

藤井風の紅白コーディネート

・スリッパ…¥30,800

 

ふ…ふざけるな…

 

いや…これは俺の服装がクソショボというよりは、藤井風が3万のスリッパに見合う男だというだけの話…俺は何も間違っちゃいねぇし何も悪くねぇ…

後日、紅白に出た格好のまま寝っ転がり、即興でリクエストに応えながら曲をひたすら弾き語りカバーしまくる藤井風を見て完全にそれは「確信」になった。藤井風はただただ「藤井風」だったのだ…

www.youtube.com

「オ〜レ〜オ〜レ〜!マツケンサンバ〜!オ〜レ〜オ〜レ〜!マツケンサンバ〜!あーーー?あっ、あっ?恋せよアミーゴ、踊ろセニョリータ眠いくぁwせdrftgyふじこlp踊り明かそォオオオオ〜〜〜〜!!!!」

「君がいなくなった日々もォ〜!このどうしようもないくぁwせdrftgyふじこlpも…何気ないくぁwせdrftgyふじこlp猫になったんだよな君はッッ!」

「ハンパな夢のひとかけらが不意に誰かを傷つけてゆく 不器用な僕たちはァ目を閉じて離れたァ〜…君に言いタラァァァアアアアァ〜タラララァァラララァァ〜〜…!」

 

全部うろ覚え…

 

藤井風の原点にして頂点、YouTubeに無数に転がっている「私の曲です」みたいな顔してキメまくった謎カバー動画とは違う、完全なる即興にして適当極まるラフミュージック…「幼い子供が初めてピアノ触ってはしゃいでる」テンションをずっとやれるのが藤井風という男のあざとさなのだ…

…そんないっさい「作ってない」動画なのに1ミリも目を離すことができない、俺のなかにある全細胞が「なぁ…くれよ…もっともっと藤井風くれよ…頼むよくれよォ〜〜〜〜…!」と叫んでるし、正直「この世にあるあらゆる楽曲を藤井風に弾き語ってほしい」とすら思ってる。圧倒的吸引力…ダイソンは早く藤井風モデルの掃除機を出せ。

 

そしてそんな藤井風を見て、やつの何が凄いのかを改めて認識した…それはNHKだろうが紅白歌合戦だろうが家だろうが、常に変わらず素であり続ける「自然」

舞台がどこだろうが、話す相手が誰だろうが、周りに誰がいようが関係ない。へりくだることなく岡山から出てきた青年「藤井風」で存在してる。3万のスリッパもそう、値段とかブランドとかそんなもん関係ない、そこにあったから、ただ「履きたかったから履いた」それだけ。

誰をも寄せ付けない圧倒的なオーラがあるように見せかけてその実、藤井風の音楽は誰よりも近い…紅白で披露された2曲もそうだった、原曲は最新技術でバキバキにアレンジされたものにも関わらず、あの大舞台であえてピアノオンリーのシンプル弾き語り演奏をすることで「曲そのものの素材の良さ」を生きとし生ける全ての人間に食わせた…そしてその味付けは「藤井風」という名の塩のみ…

 

お、オオ、おおおoon

 

とりあえず「藤井風の塩」でおにぎり食いたい

kansou2021年ベストソング50(15000字)

今年も山ほど曲を聴いてきました。その数ちょうど1000。中でも特に聴き狂ったベストソングを50曲並べました。(1歌手1曲、順位不同)

目次

 

Backwards/三浦大知

www.youtube.com

圧倒的なブチギレ。良い意味で歌うのも踊るのも辞めたくなる…やっぱコイツ強ぇわ…もうダメだ…強い…

三浦大知は「止まる」「動かす」という生物の基本中の基本の動作が、生きとし生けるもの全ての中で一番上手いんですが、その結果として普通の動きが何倍ものスピードに見え、静と動が絶え間なく繰り返され時空すら歪められる。

これだけ日本刀みてぇなキレのある動きができるからこそ「止まった」時の圧で神経がブッ壊れる。「剣術を極めた老師」が剣を捨てて気だけで相手を倒すことができるように、三浦大知ももはや「歌ってないのが歌ってる」し「踊ってないのが踊ってる」。間奏部分の一瞬の「無」で佇む三浦大知の覇気で泡吹く。

そして気を失いそうになる俺の耳に突如ブチ込まれる圧倒的な「動」

「アァァァイ……ケャァァントッッ……テェェェィクッッ……ッエニモァァァアォォオァアアアア〜〜〜〜〜〜〜!!!」

ここに歌、ダンス、今まで三浦大知というエンターテイナーを見て聴いて「ヤバい」と感じたものがなにもかも全部詰まってます。

 

Coffee & Cream/SixTONES

1ST (通常盤) (特典なし)

人間を「溶かす」ことに全振りした「聴く酸」。SixTONESというバカ高い戦闘能力を秘めた才能集団だからこそ、こういう抜け感のある曲を歌ったときの破壊力が「バトル漫画の日常回」。一瞬で『幽☆遊☆白書』と『鋼の錬金術師』の最終話思い出す。

曲としては洋楽のトレンドを余すことなく取り入れ、韻を踏みつつガッツリ声に加工かけてスマートさで余裕を出しつつも、ちゃんと「アイドルが歌うラブソング」として昇華し、聴く人間をド正面から「惚れさせようと」してる。

「優しくかき混ぜてェ…」

アイドルに「疑似恋愛」の要素は欠かせないものだと思うんですが、Coffee & Creamに関しては疑似恋愛とかそういうレベルを遥かに超えた「疑似金婚式」。この一曲だけでSixTONESと50年寄り添える、3分半に幸せな人生が詰まってました。

俺の人生半分やるからSixTONESの人生1億分の1だけでもくれ。

 

ODDTAXI/スカートとPUNPEE

www.youtube.com

もしPUNPEEがカードゲームにいたら効果「コラボしたボーカルの魅力を3倍にする」だと思うんですけど、スカート澤部渡と合わさることで効果「互いの魅力が10倍になる」に進化しました。

軽いけどグサグサ刺してくるラップするPUNPEEと、水晶でできてんのかと思うほど繊細な声の澤部さん、あまりにも声と声の相性が良すぎるし、ODDTAXIのアニメの退廃的だがどっかおちゃらけた世界観と重なって恐ろしいまでの調和が生まれて、アニメの成功した要素の半分くらいは主題歌の良さなんじゃないかと思った。

「澤部澤部澤部〜」からの「金返せよ」が面白すぎる。

 

水硝子/RYUTist

www.youtube.com

新潟のご当地アイドルRYUTistと、常識外のブッ飛んだ曲を書くシンガーソングライターの君島大空が組んだ楽曲で、あの独特な世界観をアイドルソングにハメ込んだらこんな異曲が出来上がるのかと驚愕した。

『水硝子』タイトル通り音が透けてるんじゃねぇかと思うほど音質がクリアで、伝わるか分からないですが「聴いてるんだけど聴いてない」みたいな感覚になる。

受動的に聴くというよりは最初から「俺の中にあった曲」という認識がデカく、一言で例えるなら「胎内」。この曲から俺は生まれました。

 

桃色の絶対領域/Sexy Zone

夏のハイドレンジア (初回限定盤B)(DVD付)

ビデオ屋の18禁コーナーに間違って陳列されててもなんら不思議じゃない「聴く快楽」。最初は「なんでこの曲がシングルじゃねぇんだ」「どうでもいいから早くMVを見せろ」と憤慨フンガイしていたのですが、それなら説明はつきます。なぜなら学生がこの曲を聴くことが法律で禁じられているのだから。

抜け出せなくなるみたい 「貴方」悪い人ね

この目に映る全て 「貴女」で満たしたいよ

1番では女の視点、2番では男の視点で曲が展開され、愛かどうかもわからない男女の曖昧な関係性と、しかしどうしても抗えない「性欲」をSexy Zoneが持つとんでもねぇ声の演技力と脳を刺激するスパニッシュなアレンジで表現している。

Sexy Zoneがなぜその名に「セクシー」を冠することができたのか、全てがこの曲を聴けば分かる。

 

夜天/女王蜂

www.youtube.com

女王蜂聴くと「喉の中に街ある?」ってくらい声色が変わりすぎて毎回ションベン漏らしそうになるんですが、この『夜天』は群を抜いて声の百鬼夜行が大暴走していて、1番と2番のあまりに違いすぎるアヴちゃんの魑魅魍魎感と、爽やかの極みみたいなメロディのアンバランスに脳がバグ起こす。

 

恋のロケットランチャー/佐々木喫茶, 頓知気さきな

www.youtube.com

この曲、絶対に小学生の時に家帰ってきてテレビ着けたらやってるアニメのエンディングとして流れてたハズなんですけどいくら調べても出てこないんですよ。でも、確実に俺の記憶の中に流れてるし、いっつも口ずさんでたし、主人公の女の子に恋してた。

…という「存在しない記憶」が植え付けられる力を持った記憶改ざん曲。

シンセの古臭い感じと、ボーカル頓知気さきなの神経を直接揺さぶってくる甘ったるいアイスクリーム声と、あまりにもコテコテで可愛すぎる歌詞。一瞬で25年前にタイムスリップしてしまう圧倒的な90'sアニソンライクな曲をあえて「今」やるからこそ圧倒的に「新しい」。聴きながら死にたい。

 

不思議/星野源

www.youtube.com

一部で「嫁曲」だとか言われていましたが、フタ開けてみるとアニメ『中二病でも恋がしたい!』と『たまこまーけっと』から愛の部分を抽出して作ったらしい「俺達の大嫌い大嫌い大嫌い大好きな星野源」を隅から隅まで感じられる狂バラード。

「世の中が素敵だからこの愛があるんじゃなくて、世の中がどれだけ糞でも俺達は愛を生むことができるし、この世界のおかげで愛が生まれてるんじゃない」

という星野源がずっと掲げてきたテーマの集大成的な楽曲で、どうしようもないほど膨らんだ愛と同じ量の地獄をブレずに歌い続けてる。

「愛に足る想い」とか「二人を今歩き出す」とか「い、意味わかんねぇんだけど…わかる」としか言えない唯一無二の言語感覚で聴く人間全てが星野源と化す。

しかもこの曲調で頭おかしくなるくらい踊れる。バラードなのに死ぬほどファンク。ラスサビの転調が気持ち良すぎてFANZA。

 

GIRLS' LEGEND U/ウマ娘

www.youtube.com

俺の『ウマ娘』はこの曲から入ったと言っていい。

「疾走感」って言葉が遅く聴こえるほどのスピードで、100m全力疾走する速さで3600m走ってる。小細工なしでド正面から「トレーナー(消費者)が感動するように」作られてて、イントロのファンファーレ…鬼のような量のコール&レスポンス、窒息するレベルにスパートかけてくるサビ…Dメロの

「勝ちたい!勝ちたい!勝ちたい!キミと勝ちたい!」

の切迫感…全身全霊で作り手と歌い手が「グダグダ言ってねぇで黙って課金しろこのボケオラァアアアアアア!!!」って叫んでる、こっちはそれに全力で答える、それが漢(おとこ)。

 

六文銭/MOROHA

www.youtube.com

機械みたいに正確なのに火傷するほどに熱いアコギと寿命削って歌ってんのかと思うくらい切迫したラップ、MOHORAはもう完全に「MOROHA」ってジャンルを確立していて、MOROHAで得た快感はMOROHAでしか味わうことができない。強い。

 

magical mode/花澤香菜

magical mode

色んな意味で花澤香菜にしか歌えない聴くサキュバス。

誰がどう聴いても全宇宙共通合法麻薬『恋愛サーキュレーション』のジェネリック明白なんですが、それを超えるほどの恥ずかしさと可愛さが同居して耳破裂した。

冒頭の「パラパパペポパラッパ」、セリフ調のラップ、間奏部分のセリフ、聴いてるだけで共感性羞恥と脳内麻薬が同時に襲ってきて顔からマグマ出る。早く違法にしろ。

 

旅路/藤井風

www.youtube.com

良い意味で得体の知れない曲ばかりリリースし、日本人の常識を狂わせ続けている音楽鬼こと藤井風ですが、この『旅路』に関してはどうしようもないほどに「近い」ものを感じてマジで藤井風にダブルチーズバーガーおごってあげたくなる。

田舎から出てきた24歳の青年の等身大を、自分が吸収してきた音楽の全てでありのままに表現してる素朴すぎるほど素朴なバラードなんですが、だからこそあらゆる人間に突き刺さる。100年後も聴かれる、いや聴かれるべき大名曲。

「この宇宙が教室なら 隣同士学びは続く」

愛がデカすぎる。音楽の白湯(さゆ)。

 

東京マーブル/にしな

www.youtube.com

具体的なんだか抽象的なんだか分からない独特な言葉選びと、必要な箇所に必要な音だけ鳴っている怖いくらいに洗練されたメロディ、そしてとりわけ声の「存在感」がとんでもなく高く、聴いてると情景が浮かぶとかそういうレベルじゃなく普通にその場所にワープしてる。

どんな田舎にいようが綺羅びやかで華やか、でもすこし淋しげな孤独の街・東京に飛ばされるし、恋してなくても架空の恋人ができる。聴く人間を良くも悪くもメチャクチャにキモくしてしまう魔曲。

 

大好物/スピッツ

www.youtube.com

草野マサムネの言語能力はもはや広辞苑もお手上げのレベルだと思うんですが、この『大好物』も漏れなく

「つまようじでつつくだけで壊れちゃいそうな部屋」

「時で凍えた鬼の耳も温かくなり」

とか、文字通り「何食ったらその言葉思いつくの?」つって胃の中カメラで調べたいほどパワーワードだらけで俺の胃が爆発した。義務教育で「国語」「数学」「理科」「社会」「英語」の流れで「草野」追加したほうがいい。その分からなすぎる歌詞の合間合間で「君の大好きな物なら僕も多分明日には好き」とか全員が分かって全員に刺さる言葉ブン投げてくるのとか、正直もう怖いです。

あと、30年ずっと「ファーストシングル」みたいな瑞々しさ出すのやめて。聴くたびに「あれ…いまって西暦何年…?」って脳バグってる。むしろ若返ってるだろ、音楽界のベンジャミン・バトンかよ。

 

ICE CREAM./竹内アンナ

www.youtube.com

二十歳のとき1ヶ月で別れた彼女がその3日前に「幸せすぎて怖い…」って泣いてて当時はマジで意味不明だったんですけど、その気持ちやっと分かった。この曲聴くと幸せすぎて怖ぇ。

脱力感のあるメロ部分からポッピンシャワーみたいに弾けるサビ、相手への「好き」が爆発してる歌詞、多幸感で押し潰されそうになる。まさか幸せって感情に殺られるとは思いませんでした。

あと英語の発音が気持ち良すぎて一生聴いていたいレベルなんですが「竹内アンナのスピードラーニング」あったら俺1週間で英語ペラペラになると思う。

 

アイガッテ♡ランテ/DIALOGUE+

www.youtube.com

UNISON SQUARE GARDENの田淵智也が全曲作詞作曲してる声優アイドルグループで、正直出す曲全部「イカレてんのか」って思うほど支離滅裂なやつばっか提供されてるかわいそうな子達なんですが、その悪魔みたいなムチャブリを120%表現してとんでもなくクオリティで完成させてるのがDIALOGUE+。

『アイガッテ♡ランテ』も「覚えるのに4年かかるだろ」ってくらいメロディが複雑かつ歌詞が意味不明、アレンジがカオス、にも関わらず声優特有の表現力と声の個性を活かしてイカレメロディ、イカレアレンジにまったく負けてない。

特に2番の、

「ガイドブック a.k.a 旅のしおり モチベ テンション 定刻通り しばしば 来たりて オーバーヒート そういうこと 3,2,1 アクション!」

とか「あんまふざけんなよ」って苦情入れていいと思うんですけど、メンバー全員が自分の役割を完璧にやりきってて、全体通すと異常な気持ち良さで耳から絶頂します。萌えとデジロックの相性がこんなにいいとは…新しい扉を強制的に開けられた。

今年初めに出した『あやふわアスタリスク』も全くテイストは違うのに新鮮さと中毒性が無限で田淵智也の才能とメンバーのポテンシャルに殺られた。

 

泣き地蔵/Vaundy

www.youtube.com

サビが2回あるという完全に頭のおかしい曲で『不可幸力』を超える「サッ、、、、、サビィィイイイイイイイ!!!!」感。

一回しか来ない「それ」のために全部フリにしてるみたいな構成なんですが、そこに行くまでの繋ぎが上手すぎて屍。弱めのサビをあえて前半に持っていくことでまだ変身残してるのを耳に悟らせない、結果ラストの爆発力が何倍にも膨れ上がって墓。

全部Vaundyの手のひらの上で踊らされてる。一生踊りたい。

 

California/甲田まひる

www.youtube.com

一発目聴いたとき理解出来なさすぎて怖かったんですけど、改めて聴いてもなんだこの曲。

何が怖ぇって、最初に「アイ ワズ ボーン イン カリフォルニア…」とか歌ってますけど、この子、別にカリフォルニア出身でもなんでもないんですよ。ゴリゴリの日本生まれ日本育ちなのにカリフォルニアへのあこがれが強すぎて自分のことカリフォルニア生まれだって思い込んでるんですって。そして、そこから「曲をカリフォルニアっぽくできないか」と思って曲を変えていったらしいんですけど、こうやって書いてても1ミリも意味分かんねぇ…

だが「カリフォルニア」ってベースがあって、それ以外は自由に構築してるから言語感覚とか歌い方は若いのに雰囲気としてはどこか懐かしさとか物悲しさすら感じるんですよ。そして、その意味不明さ、カオスさがミックスされてジャンルごちゃ混ぜの音楽ビビンバみたいな味の濃さと中毒性生んでて聴いてていっさい飽きることがない…なんだこの曲…

 

EVERBLUE/Omoinotake

www.youtube.com

ボーカルの清涼感しかねぇ三ツ矢サイダー声と、キーボードの抱きしめられてるみたいな優しい旋律に、リズム隊の無駄がないのに癖になる音が乗る、聴いてて一切ストレスがない「風呂」みたいなバンドなんですが、声と音と曲とタイアップが100:100:100:100で全部完璧にマッチしたのがこの『EVERBLUE』なんですよ。

イントロからアウトロまで一部の隙もなく気持ち良い音しか乗ってない。特にストリングス主体のAメロからBメロへ以降する一気にベースが強くなって疾走感増してサビで爆発する感じ、音でスカイダイビングしたみたいな開放感がある。

この曲聴いてたら油断するとテンション上がって貯金額以上の高い買い物しそうになります。

 

月に吠える/ヨルシカ

www.youtube.com

音数の少なさでどれだけ聴いてる人間の耳を引き込めるかに挑戦してる気さえする。途中途中で鳴ってる咳払いとか溜息とか「パッ」とか、一言で言えば「間を埋める」のがとにかく上手い。麒麟川島明が音楽になったのかと思った。

ボーカルの声質がメチャクチャ「物語を作る」声してて、究極言えば「アアアアアア」とかでもそこに意味を見出せるくらい圧倒的な説得力。萩原朔太郎の「月に吠える」 をモチーフにした計算しつくされた歌詞が入り、「文学×音楽」の世界観を完璧に表現してる。全世界の本を曲にしてほしい。

 

Reconnect (feat. Daichi Yamamoto & AAAMYYY)/Yaffle

Reconnect [feat. Daichi Yamamoto & AAAMYYY]

ポケモン、特に初期のゲーム音をブチ込みまくってて、あの時代を生きた人間なら100パー刺さるので完全にチート。絶対に曲作ってる途中で道具の7番目でセレクトボタン押しただろ。

ニコ動に薬漬けされた狂人が考えた「ぼくがかんがえたさいきょうのポケモンMAD」をゴリゴリのプロが作ったらこうなりました、みたいなヤバさがある。

 

夜の探検/chilldspot

www.youtube.com

音からマイナスイオン出まくってて、聴いてるとどんどんIQ下がってくる。

ずっと地に足ついてない夢遊病みたいな曲で、バンドサウンドなのに良い意味でバンドサウンドに聴こえない雑味のなさがあって、色んな音鳴ってるのにまったく「やかましさ」がなくてむしろ心地良い。ダイソンって楽器も出してた?

 

猫リセット/ずっと真夜中でいいのに

www.youtube.com

グニャグニャしたメロディと一見わけわからん歌詞なのにスッと入ってくる耳馴染みの良さ、声の愛くるしさが相変わらず異常で、思考超えて本能で飛び込んでくる。俺にその声くれ。

ずっと真夜中でいいのには頭から爪先まで歌詞も曲も「面白い」んですけど、一番の魅力ってガワの面白さと伝えたいであろうメッセージ性のアンバランスさだと思ってて、耳馴染みに特化した音と可愛さの具現化みたいな声に、重たいメッセージが合わさることで50しか伝わらない事柄も100伝わってくるんですよ。

厳密に言えば歌ってる内容なんて本人以外にはわからないので「伝わった気になってる」ってことなんですけど、そう思わせるパワーがとにかく強い。戸愚呂(真夜中)?

 

君に夢中/宇多田ヒカル

www.youtube.com

毎回、宇多田ヒカルがドラマに限らずなんらかの主題歌をやるだけでその作品が何段階も上に行く感じがするんですけど、『最愛』も『君に夢中』なかったら途中で頓挫してたんじゃねぇかってくらいにこの曲はドラマにとってデカかった。

登場人部の誰のどのシーンだろうが、一発『君に夢中』流すだけで「その人間の物語」になる。宇多田ヒカルの声のパワーと言葉の説得力に作品が飲み込まれる。完全に聴くクジラなんですよ。

君に夢中 人生狂わすタイプ 来世でもきっと出会う 科学的にいつか証明される

とかもう想い強すぎてゾッとするんですけど、この強い言葉を歌うだけの説得力が宇多田ヒカルにある。

 

3時12分/TAKU INOUE & 星街すいせい

www.youtube.com

とにかく音の質感が異常。スマホ買ったらついてくるような最低限イヤホンでも耳飛び越えて脳まで音が届く感覚になる。初めて聴いたとき思わず「メッッッッチャ脳広ッッッ!」って言った。

星街すいせいの声も、なんかもう「宇宙声」というか、日本語なのに日本語超えてるというか脳に電極ブッ刺されて直接注入されてるみたいな無重力感と異星感がある。

2021年に生まれた2100年の曲。

 

Fly with me/millennium parede

www.youtube.com

常田大希「king gnuの活動で得た、J-POP的なメロディのつけ方と歌モノの要素を取り入れて、ブラッシュアップしていった(Movie Walker)」

の言葉通り、ハチャメチャにパンクでドープで毒々しくて、英語詞も何言ってるか全然分からんのにちゃんと「聴きやすさ」があって合法なのにイケないものを聴いてるような危うさと気持ち良さがある。

終始とんでもねぇ情報量の音が鳴ってて徐々に「何聴かされてんだ…」って怖くなるイカレカオス。没入感がVRのAVのそれで、2分後半にいきなりブチ込まれる悲鳴聴いた瞬間、普通に警察呼びそうになった。

 

ハート/あいみょん

www.youtube.com

ドラマ主題歌ってどこまで端的にその作品の内容を要約できるか、みたいなとこが勝負だと思うんですけど、あいみょんは「要約力」がさっき挙げた宇多田ヒカルと並んで間違いなくいま日本トップで、『ハート』も

「でもふたり結ばれてから始まる恋もあるよ?だから今日も貴方を想ってる」

で走馬灯のように清野菜名と坂口の野郎のシーンがバーーーッッッ!つって頭駆け巡るんですよ。いや、むしろ俺が坂口となり清野菜名に想い伝えにいかなきゃ…って走ってるし、俺(坂口健太郎)にだけ向けられたあの笑顔思い出して泣きそうになってる。

 

深海/fishbowl

www.youtube.com

静岡のご当地アイドルグループで、何のキッカケで流れたか分からないんですが一発聴いた瞬間に刺さりすぎて1ヶ月くらいずっと聴いてた。自分の声より聴いてる。

メンバー全員の声の透明感とメロディの浮遊感がちょっと信じられないくらいに合ってて無限に聴ける奇跡が起きてる。サビは決してキャッチーじゃないんですけど、メチャクチャ引っかかるリズムで聴けば聴くほどジワジワと心侵食してきて気がついたら明日の予定よりもこの曲のこと考えてる。

 

顔役/Creepy Nuts

www.youtube.com

Creepy Nutsはヒップホップじゃないとのたまう愚か者どもをスキルで真っ向からボコボコにする最強ボースティング曲。

ゴリゴリのリリックと、舌9つに分かれてる?と疑いたくなるほどの超速フロウに、もはや言葉が踏まれてることにすら気づかないステルス韻、特に

比較にならんな iauiaa(n)a

死角からアッパー iauaa aa- 膝つかすカウンター iauau au(n)a-

逃すかよまず iauaoau 稲妻の速さ iauaoaaa

苦くて甘く無い iaue aauai ミラクルなアンサー iauua a(n)a-

被害者の会 iaiaoai いがみ合ってるが嫌いじゃねー iaiaeua iaiae-

やり合った相手にも光当てる aiaa aieio iaiaeu

俺に派手に負けたって自慢アテに oei aei aeae ia(n) aei

ひ孫の代まで一杯やれるぞ iaoo aiae iai aeuo

の部分聴いて絶望しないラッパーいるのか。

 

テレフォニズム/フィロソフィーのダンス

www.youtube.com

全員の異常色気が限界突破したフィロソフィーのダンスのエロメロバラード。ほしい箇所にほしい声があてがわれる快感。

パキッとした分かりやすさの極みハイトーンボイスの佐藤まりあ、剛力ソウルボイスの日向ハル、濃厚激甘ボイス奥津マリリ、特に電波ウィスパーボイス十束おとはの声の使い方が神の采配で、パートが来るたびに脳味噌おかしくなる最終兵器。この曲で完全に4人組アイドルグループの正解を叩き出した。

 

TOKYO LUV/FNCY(ZEN-LA-ROCK , G.RINA , 鎮座DOPENESS)

www.youtube.com

ヒップホップの荒々しさとシティポップの綺羅びやかさが融合したキメラ曲。

三人が三者三様に自分の声の役割最大限活かした歌い方をしてて、出だしのZEN-LA-ROCKのゴリっとした声で無骨さと雄々しさを演出し、G.RINAのハイボールみたいなスッキリとした声で東京の華やかさと切なさを表現して、鎮座DOPENESSの浮遊感のある声が曲の夜成分を一気に増幅させてる。グループとしてのバランス感覚が白井健三。

 

レア/CYNHN

www.youtube.com

CYNHNは2017年に結成された4人組のアイドル的ボーカルグループなんですけど、まず全員死ぬほど歌が上手え。テクニックは言わずもがな、声も表情も動きも全部を使って曲の世界観を表現してるから、どれ聴いても違和感なく身体の中に染み渡ってくるんですよ。曲の浸透力がミネラルウォーター。

Kan Sanoの作曲もエゲつなくて、元々ゆったりした浮遊感のあるエレクトロポップみたいな曲作るのがメチャクチャ上手いんですけど、『レア』はそこにアイドル要素的なサビを足すことでキャッチーさと中毒性を両立させてる。一発聴いた瞬間からじんわりと胸の中入ってきて、一瞬で俺の体の一部になった。

「10時間耐久レア」とかたぶん楽勝で聴き続けられる。

 

イヤフォン・ライオット/私立恵比寿中学

www.youtube.com

なんかもう全員が楽しく歌って踊ってるだけで「勝ち」です。アイドルとしてのパワーが圧倒的で、どんな曲でも歌いこなすだけの実力と説得力があるので無敵。もはや「貫禄」に近い安定感と強さと個性がある6人に採れたての野菜みたいに新鮮なメンバーが加わって手ぇつけられないグループになってる。

そんな彼女らにこんな底抜けに明るい太陽みたいな曲歌わせたらただの宇宙大優勝で、

奴らは言う Just a moment うちらにとっちゃ10億年 待てるわけないだろう

の歌詞を今すぐ掛け軸にして飾りたい。

 

Presence III feat. NENE, 角田晃広/STUTS & 松たか子 with 3exes

www.youtube.com

『Presence』は何パターンもあるなかで、最も異質でクセが強いのが『Presence III』。NENEが入ることで一気にレゲェ感マシマシになってますし、とにかく東京03角ちゃんの声の「色」が濃すぎて、松たか子に1ミリも負けてない、いやむしろ食っちまってる。

他の『Presence』は、いかにたか子のサビを聴かせるか、引き立てるかに重きを置いてるっぽいのにPresence IIIだけは、引き立てるどころかたか子の腕引っ張って前走ってる。

ラップやらせようが、ボーカルエフェクトかけようが、角田晃広がいっさい消えるどころかより強くなってる正真正銘の「マジ歌」。

 

がんばれ!蜘蛛子さんのテーマ/私(CV:悠木碧)

www.youtube.com

「体調悪い日の夢の中で作ったんか」と思うくらいグッチャグチャで色んな意味でキツい。

体調の悪い日に聴くと全身が痒くなってめまいしてくるんですが、体調の良い日に聴くと悠木碧の異常すぎる憑依力と声の幅に全身ハチの巣にされます。これを曲として成立させてるのが本当にバケモンです。

 

ペンディング・マシーン/Official髭男dism

www.youtube.com

無限韻踏みマシーン。並のラッパーなら泣いて逃げ出すほどイントロからアウトロまで韻踏みに踏みまくっていてどこ切り取っても失神する気持ち良さがあるのに歌詞としていっさい破綻してない鬼の構成力。

一体どこがサビなのか分からんくらいにあらゆる箇所がキャッチーかつ中毒的。『55』『Tell Me Baby』『たかがアイラブユー』『Amazing』『最後の恋煩い』に系譜される髭男の真骨頂「耳で聴く前に腰を振る」の究極系。

 

猫舌カモミールティー/乃木坂46

www.youtube.com

『おいでシャンプー』『ロマンティックいか焼き』『意外BREAK』『ファンタスティック3食パン』など「謎のキモい造語」作らせたら日本一の男・秋元康ですがまたやりやがった。それが俺的新語『流行語大賞・逆1位『猫舌カモミールティー』ですおめでとうございます。

これらの曲に共通するのは全て「サビ頭にタイトルを歌う」なんですが、これが罠。一度聴けば最期、永遠に記憶に残り続け呪いのように俺の身体を蝕み続ける。正真正銘の悪魔の言葉。

恐ろしいのが、一切ヒネらないド正面の「王道アイドルソング」的メロディと4期生のまだ不安定だが透明感溢れる声によってこのキモ造語がとても素晴らしい言葉のように思えてしまうこと。俺はもう一生この曲から離れることはできない。

 

愛のシュプリーム/fhána

www.youtube.com

ラップ部分がスチャダラパーとかEAST END×YURIのラップを思っクソ踏襲してて、正直ストレスフルマックスで自分の耳ごとイヤホン引きちぎりたくなるんですけど、サビに行った瞬間にそれまでのイライラが全部ブッ飛んで昇天するほど最強のサビ。21世紀最高のサビ。

このサビのために聴きたくねぇラップ聴いてヘイト溜めてる、嫌な仕事して給料貰って1日で全部使ったみたいな背徳感と快感、なんだこれ。

 

邦画/indigo la End

www.youtube.com

物語性のあるラブソング作らせたら確実に「変態の域」まで達してる恋愛サイコこと川谷絵音ですが、『邦画』のアーバンジャズチックな廃退的雰囲気と儚さのあるメロディはもう好きとか嫌いとかの話じゃなく、人間として生きてきて恋愛経験が一回でもあるなら理屈じゃなく本能が「良い」って叫ぶしかないレベルの名曲。もう言うことねぇわ、良い…

 

アンドロン/Chilli Beans.

www.youtube.com

歌詞のワケわかんなさと声のかわいさと曲のカッコ良さがとんでもねぇバランスで共存していて、他の曲じゃ味わえない感情になる。

めっちゃくちゃ脳溶けそうな声で

「ぜんぶ すき すき すき」

とか歌ってるのに、ギターのリフは死ぬほど攻撃的で、愛くるしい見た目に近づいてったら包丁で腹グサグサ刺されるみたいな「キュートな狂気」を感じるんですよ。夜中のサンリオピューロランドか?

 

少年少女/銀杏BOYZ

www.youtube.com

銀杏BOYZ、いや峯田和伸の歌は曲聴いてるというかもはや「童貞と処女を音にしてぶつけられてる」に等しいんですけど、この『少年少女』は特にその聴いた後の「満足感」と「空虚感」がオナ後のそれで、Sonny Boyってアニメの観る側の理解とか考察とかそういうエゴを無視した「ただその話をぶつけてくる」感とも相まって聴くたびに賢者タイムになる。

 

わたし、恋始めたってよ!/ばってん少女隊

www.youtube.com

九州で活動してるアイドルグループ。

無限にループするトラックに無機質なボーカルが絡む世界一カワイイお経。全然ラップとか慣れてないんだろうなっていう未完成のぎこちないところが逆にクセになって耳離せなくなる

アイドルにしか出せない透明感が純粋性が機械的なメロディに生命吹き込んでる。感情ないはずのロボが命令に逆らって主人守るみたいな儚さ…なにこの気持ち…

 

ずるくない?/ぷにぷに電機×Kan Sano

www.youtube.com

色気の暴力。タイトルにもなっていてサビ終わりでも歌われる「ずるくない…?」で腰から下が爆発した。

MVでも表現されてるようにどこか場末感があって古びたバーとかスナックで歌われるような雰囲気も相まって聴きながらめちゃくちゃ酒が進む。

 

鬼/吉澤嘉代子

www.youtube.com

幼き少女にも聴こえるし成熟した大人のオンナにも聴こえる「魔声」を持つ「聴くニンテンドー64『超空間ナイター プロ野球キング』の高津のシンカーこと」吉澤嘉代子なんですが、『鬼』に関してはその声を2000000%引き出されてます。

複雑な恋心の歌詞書かせたら右に出る人間いない彼女の真骨頂とも言える歌詞と、どこか懐かしい昭和歌謡的メロ、1秒毎にグニャグニャ変わる声の幅に振り回されて、腰からボキボキに骨折られる。

 

Chopstick/NiziU

www.youtube.com

鍵盤触れたことある人間なら誰でも知ってるピアノ曲をサンプリングしてループさせて、一発聴いたら永久に耳に残り続けるアイドル曲に仕立て上げ、NiziUに若干飽き始めてたこのタイミングでリリースする餅ゴリマジで策士すぎるんですが、まんまとハマったのがこの俺。完全に俺の中で『Make you happy』超えた。

まず全員のスキルの成長ぶりがハンパなくてすでに余裕すらあるんですけど、特にアヤカに関しては完全に自分のクセのある声を分かって「個性」として昇華してて、アヤカ始まりで曲がスタートするとは思ってなかったので、曲聴いた瞬間に父のテンションで泣いた。NiziUがついに完成した感すらある。

 

死神/米津玄師

www.youtube.com

「落語『死神』をテーマに曲を作る」という発想からすでに狂ってるんですが、ここまで好き放題に曲にして、それを何千万もの人間が聴いて「良い」と思うこの一連の流れ、マジで「異常」としか言いようがありません。

イントロの足音から米津の大好きな映画『その男、凶暴につき』を意識したり、MVで立川談志を演じたりとおよそ10代20代に摂取させるとヤバい影響しか及ぼさなさそうモチーフばかりを散りばめるという凶行。

くだらねえいつになりゃ終わる?

なんか死にてえ気持ちで ブラブラブラ

残念 手前じゃ所在ねえ

アジャラカモクレン テケレッツのパー

の歌詞が朝5時に『Zip』で流れた時の水トアナの苦虫噛み潰したような顔、一生忘れない。次の元号「米津」でいい。

 

No More/電音部 , 白金 煌 (CV: 小宮有紗)

www.youtube.com

K-popライクなダンスミュージックに小宮有紗の少し鼻にかかる小悪魔的な声。人生狂わされかねない魔力がある。

「やりすぎだろ」くらいゴテっとした電波的なアレンジも聴く人間の脳をおかしくするためだけに振ってるし、聴いてると外側からじゃなく内側から支配されるような感覚に陥る完全なる電子ドラッグ。

 

F.O.O.L/King Gnu

www.youtube.com

脳天からつま先までどこを切り取ってもKing Gnuイズムがこびりついた狂曲。『Slumberland』『千両役者』的なスラム感たっぷりのゴチャ混ぜミクスチャーロックで、常田大希の退廃的なラップと発狂具合に頭おかしくなる。中盤の

業(カルマ)の中目を向けな ×××から墓までの話さ

という歌詞の「×××」の部分思いっきり女性器の名称叫んでるんですが、ピー音でかき消されているので必聴。いつか紅白で歌ってほしい。

 

愛されルート A or B?/アンジュルム

www.youtube.com

決して簡単じゃない複雑怪奇なメロディとメッセージ性の強い歌詞をいとも簡単に歌いこなすアンジュルムのポテンシャルの高さに全身の毛が抜け落ちるほどの衝撃を受けるとともに、カワイイ…カッコイイ…養いたい…アイドルグループを見て感じる全ての感情を掘り起こされるパーフェクトアイドルソング。

MVはそれぞれのメンバーのビジュアルの高さと愛くるしさを存分に感じられるものに仕上がっていて、「誰が」とかではなく全員が死ぬほど魅力的に見える魔映像。マキアージュのCMに起用しない意味がわからない。

 

Luv Bias/Kis-My-Ft2

www.youtube.com

サビの開放感とキャッチーさは今年発売されたあらゆる曲の中でも確実にトップクラスで、耳に残るのにスーッと胸を抜ける爽快感もあって一生聴いてられるラブバラード。なんの小細工もない

「愛してるッッッッ!!!」

の爆発力で小さい星くらいなら余裕で消滅させられるレベル。愛してるビッグバン。主題歌ドラマの影の主演だった間宮こと間宮祥太朗の超演技と相まって、心臓貫いて隣町まで届くほどバカみたいに刺さった。今すぐ誰でもいいから「お前が…また泣いてる気がして……」って言いたい。

SMAPの『らいおんハート』聴いた時の衝撃に近い100万売れるべき名曲。

 

まとめ

  1. Backwards/三浦大知
  2. Coffee & Cream/SixTONES
  3. ODDTAXI/スカートとPUNPEE
  4. 水硝子/RYUTist
  5. 桃色の絶対領域/Sexy Zone
  6. 夜天/女王蜂
  7. 恋のロケットランチャー/佐々木喫茶, 頓知気さきな
  8. 不思議/星野源
  9. GIRLS' LEGEND U/ウマ娘
  10. 六文銭/MOROHA
  11. magical mode/花澤香菜
  12. 旅路/藤井風
  13. 東京マーブル/にしな
  14. 大好物/スピッツ
  15. ICE CREAM./竹内アンナ
  16. アイガッテ♡ランテ/DIALOGUE+
  17. 泣き地蔵/Vaundy
  18. California/甲田まひる
  19. EVERBLUE/Omoinotake
  20. 月に吠える/ヨルシカ
  21. Reconnect (feat. Daichi Yamamoto & AAAMYYY)/Yaffle
  22. 夜の探検/chilldspot
  23. 猫リセット/ずっと真夜中でいいのに
  24. 君に夢中/宇多田ヒカル
  25. 3時12分/TAKU INOUE & 星街すいせい
  26. Fly with me/millennium parede
  27. ハート/あいみょん
  28. 深海/fishbowl
  29. 顔役/Creepy Nuts
  30. テレフォニズム/フィロソフィーのダンス
  31. TOKYO LUV/FNCY(ZEN-LA-ROCK , G.RINA , 鎮座DOPENESS)
  32. レア/CYNHN
  33. イヤフォン・ライオット/私立恵比寿中学
  34. Presence III feat. NENE, 角田晃広/STUTS & 松たか子 with 3exes
  35. がんばれ!蜘蛛子さんのテーマ/私(CV:悠木碧)
  36. ペンディング・マシーン/Official髭男dism
  37. 猫舌カモミールティー/乃木坂46
  38. 愛のシュプリーム/fhána
  39. 邦画/indigo la End
  40. アンドロン/Chilli Beans.
  41. 少年少女/銀杏BOYZ
  42. わたし、恋始めたってよ!/ばってん少女隊
  43. ずるくない?/ぷにぷに電機×Kan Sano
  44. 鬼/吉澤嘉代子
  45. Chopstick/NiziU
  46. 死神/米津玄師
  47. No More/電音部 , 白金 煌 (CV:小宮有紗)
  48. F.O.O.L/King Gnu
  49. 愛されルート A or B?/アンジュルム
  50. Luv Bias/Kis-My-Ft2

次点…「優しい彗星/YOASOBI」「じゃむ(feat. iri)/鈴木真海子」「GREEN DIARY/中島愛」「テーマソング/ポルノグラフィティ」「サンタガール feat. にしな/WurtS」 「悶々/Cody・Lee(李)」「BE:FIRST/Gifted.」 「超ときめき宣伝部/すきっ!」「Hanamuke/なきごと」「セクシャルバイオレットNo.1/B'z」「波乗りnammy/peaut butters」「なないろ/BUMP OFCHICKEN 」「Next Level/aespa」「おもかげ/milet×Aimer×幾田りら」「五等分のカタチ/中野家の五つ子」「爆笑/syudou」など

 

プレイリスト(Spotify)

open.spotify.com

King Gnu常田大希は乙骨憂太と脳みそ繋いでるとしか思えない

www.youtube.com

聴きましたか?『一途』と『逆夢』、なんですかこれ?

King Gnuって見てもらっても分かる通りゴリゴリじゃないですか。もし同じ学校にいても俺は超カッコいいGnuパイセンのことずっと憧れてるのに、声かけられず遠くから見つめるだけ。もし声かけて「なんだテメェ?」って言われたら泣く。

なのに現実は違いました。Gnuパイセンの音楽は生きとし生けるもの全てに対して「開かれてた」。「分かる奴だけ黙って俺についてこい」みたいな両津勘吉スタンスかと思いきや、その中身は俺のような「アホにも分かる凄さのド連発」。無限刃ギター常田大希、ド色気ベース新井和輝、千手観音ドラム勢喜遊…全員異常なまでに「音楽が上手すぎる」。分かりづらいと分かりやすいが仲良く手ぇ繋いで共存してる。

その分かりやすさを担ってる一番デカイのが聖闘士ボイス「井口理」だと思うんですが、常田大希はそこを100いや1億分かってやってる。どれだけ音楽的にムズくてテクニカルなことやろうが井口理の声が1秒でも当たるだけで、それは「100万人が分かる凄いこと」として世に放たれる。圧倒的な「主人公声」。そして常田大希は対極の「ラスボス声」、そんな2人が手を組んでる。もう手ェつけられないんですよ。スラム街にある教会かよ。

King Gnuの曲はあまりにも洗練されていて、実際タイアップ先に全く触れなくても「曲単体」として引き込まれるんですけど、特にアニメとの親和性、マジでどういうことなんですかね?最新アー写の第一印象「我!強っ!」と結びつかないんですけど?タイアップ先との寄り添い方が長年連れ添った老夫婦のそれ。完全にニコイチ。

物語の底にある感情を掬い上げて言葉を組み立てる鬼。『BANANA FISH』の『Prayer X』にしても「溢れ出した涙のように一時の煌めく命ならば 出会いと別れを別れを繰り返す日々の中で」にしても出だしから「アッシュの圧縮」ですし、『王様ランキング』の『BOY』の「その涙が汗が滲んだ誰とも違う美しさで笑っておくれよ 息を切らした君は誰より素敵さ」こんなもん完全にカゲ目線のボッジじゃないですか。タイアップ先に対する読解力というか、ストーリーやキャラクターの心情と自分の人生をリンクさせるのがべらぼうに上手いんですよ。

King Gnu、Srv.Vinciを組んだ時の想い、もっと言えば初めて4人で音を鳴らした時の初期衝動みたいなものと、ボッジがカゲと出会って少しずつ成長していく姿を自分と重ねていたのかもしれないし、『一途』『逆夢』にしてもそう。ここまで『呪術廻戦0』って作品に、いや乙骨憂太の心情にフォーカスした曲を書くとか、もはや乙骨本人にとっては乙骨憂太どころか恥骨憂太だろ。「なんでここまで僕のこと分かるの…?」って顔真っ赤にしてるわ。

「最期にもう一度力を貸して その後はもう何もいらないよ 僕の未来も心も体も あなたにあげるよ 全部全部」

なんざもはや「モロ」としか言いようがないんですけど、ここだけじゃなく曲全体から感じる「俺がお前でお前が俺で」感。確実に乙骨パイセンの脳みそと常田パイセンの脳みそ電極で繋いで共有してる。

ただ、呪術廻戦0もKing Gnuも両方しゃぶりつくした上で『一途』と『逆夢』を聴くと、ただ作品に寄り添ってるだけじゃないことも死ぬほど伝わってくるんですよ。俺はどこか常田大希の「音楽」に対する想いにも聴こえた。自分の「人生」を一途に音にして言葉にする職業だから自分が良いと思える曲ができて満たされればそれでいい、映画のデカいテーマのひとつでもある「愛ほど歪んだ呪いはない」というのが、乙骨パイセンの進んでいた道と常田大希の歩んでいる道に共通するものなんじゃないかと。

歌詞だけじゃなく音に関しても、乙骨パイセンのネジ外れた部分と常田大希の常に超スピードで音楽作り続けてるKing Gnuの異常なオーバードライブ暴走車感がリンクしてる。単なる「主題歌」「イメソン」としての域はとうに超えてるし、むしろ呪術廻戦0とはKing Gnuのことなんじゃないかとすら思えてくる。

 

King Gnuは全部の曲を常田大希一人が作詞作曲してる故に、歌詞の作家性やメロディの癖がおもくそ出てて、過去の曲のフレーズやリフを「あえて」使いまわすことが多いんですけど、それって伝えたいことが「一貫」してるからだと思うんですよ。King Gnuの音楽のテーマはほぼ共通して「死者への弔いと生きている者の未来」、これを一曲だけじゃなくてKing Gnuというバンドそのもので表現してる。聴いてる側はKing Gnuの音楽を聴くたびにそこに「繋がり」を感じる。

そして『逆夢』は乙骨パイセンと里香の純粋で歪、現実なのにどこか非現実、つまり「夢」のような関係性を喪失感になぞらえた鎮魂歌。これなんですよ。もう一度言います呪術廻戦0とはKing Gnu。

あとマジで怖いのが、2019年『Sympa』発売前に放送されてた『夢チカ18』って番組に井口理と新井和輝が出ていて、常田大希について

「ずっとポップスの名盤をひたすら聴く時期を設けてる。ミスチルのCDを買ったとかそういうのを聞いてましたし、メロディの変化というのは絶対的にあると思います。

でもそれだけでは面白くないってので、ミュージシャンシップというか、そこらへんはしっかり取っていかないと、King Gnuというものというかアイデンティティのひとつなのでそこはやっぱり大事にしていて。

でも、やっぱり入口としてほとんどの人がメロディがメインで入ってくるのでそこらへんは大希すごく意識して作ってきたなという感じはしますね」

って言ってたんですけど、この2年ずっと常田大希はこのデカいうねりを確実に「意識して生み出してる」。ということは逆を言えば、じゃあ今のKing Gnuの作る「大衆意識しないで作った曲」はどんなバケモンだよ…って思うと、興奮と恐怖でシッコ出そうです。まさか『泡』か?『泡』がそれなのか?あの曲を初めて聴いた時、あまりに意味が分からなさすぎて

「すいません…時間あと10年ください…」

と呟いたのを思い出した。King Gnu理解するためだけに音大通いたい。

 

なんにせよ…そんなGnuパイセンの音楽を俺は遠くからずっと見守っていたい…そう思った(King Gnu全員年下でした)