かんそう

テキストサイト。20代後半男。札幌

広告

「ポルノグラフィティ 歌詞 薄っぺらい」

f:id:ikdhkr:20170815144629p:plain

 

Yahoo!で「ポルノグラフィティ」と打つと真っ先に出る「ポルノグラフィティ 歌詞 薄っぺらい」の文字。

しかし「おぉん?上等じゃねぇか戦争だコラ」といくら該当ページを探しても雲散霧消、なんにも出てこないのでただただモヤる。

そもそもだ、「歌詞が薄っぺらい」ってのはそんなに悪いことなのか。たしかにポルノグラフィティ、特にギターの新藤晴一という男が書く歌詞は基本的に回りくどいものが数多くある。例えば有名なシングルで『ネオメロドラマティック』って曲がありますが、そもそもこの言葉自体が造語、歌詞の内容も終始意味がわからず聴いてると「ネオメロ?は?ナメック語?」みたいな気分になってくる。それに、自分でオリジナルの言葉作ってそれをタイトルにするなんて8.6秒バズーカのラッスンゴレライと一緒とやってることさほど変わらんし。

だからこういう曲を「薄っぺらい」と言われると俺はなんにも言えねえ。俺もよく意味わかってないから。そう考えると、ポルノの歌詞を薄っぺらいと評する人の気持ちはわからんでもない。意味のわからないもの、理解のできないものに出くわすと人は思考が停止し、時に強い言葉を使って拒絶する。俺も「こんなん社会に出てから使わねーだろバカバカしい」そうやって「さんすう」が「数学」に「りか」が「物理・科学・生物」に変わったあたりから勉強諦めたクチです。

逆に童謡「こぶたぬきつねこ」なんかの歌詞を「『こぶたたぬきつねこ』とか歌詞薄っぺらくて聴いてられねぇわ、あんなの聴くの馬鹿なガキくらいだろwww」とバカにする人間は一人もいない。もしいたら速攻で通報してそっから逃げてください。それよりKiroroなにしてんの…。

www.youtube.com

 

話を戻すと、ポルノグラフィティ・新藤晴一は「愛してる」「頑張ろう」という言葉を使わずにそれをいかにして伝えるか、ということにこだわっているフシがあって、そうすると必然的に歌詞は薄まり濃縮還元100%とはいかなくなる。

例えば「女の胸を揉みたい」ってメッセージひとつとっても、長渕剛は「そんな事より俺はお前をベッドに引きずり込み!素っ裸のお前の胸にしゃぶりつく!」と書くが新藤晴一は「Dive in the girl. Dive in the mother's sky 両手を合わせて乳房もとめて〜」と書く。長渕剛がポンジュースだとしたら、たしかに新藤晴一はQooなのかもしれない。

でも、俺はそれを悪いとはみじんも思わない、手を変え品を変え「愛」とか「恋」とか「夢」とかいう普遍的なものをいろんな角度、いろんな言葉で表現してくれるからこそはじめて聴いたときには意味がわからなくても、100回目に「あっ…ア!ボイルした時計の皮剥きってもしかしてこういう意味だったのかよ…」とストンと腑に落ちる、この感覚がたまらなく気持ち良くて、これを味わいたくてたぶん俺はポルノグラフィティの曲を聴いてる。

だからもし「ポルノグラフィティ 歌詞 薄っぺらい」の検索候補を見て腹を立ててる人がいたら、ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待って、お兄さん。ポルノグラフィティは歌詞が薄っぺらいのが最大の魅力だろう?もし次のシングルのタイトルが「100万回のア・イ・シ・テ・ル 〜君に贈るラブソング〜」だったらどうだ?ん…?あれ…?そっちのほうが薄っぺらくねえか?は?てゆうか「歌詞が薄い」ってなんだ?逆に「あのアーティストの歌詞って濃いよね」なんて話すんのか?薄いとか濃いとか食い物じゃねぇんだぞ。えっ、これもしかして近所に最近できた定食屋「ポルノグラフ亭」の話?

 

もうわけわかんねぇ…わけわかんねぇよ、薄い歌詞濃い歌詞ってなんなんだよオイ。もしかして適当言ってんじゃねえだろうな。うわ、なんか腹立ってきた。そもそもな、そんなにストレートな濃いメッセージが欲しいだったらな、歌なんて聴いてんじゃないよ。松岡修造のホームページへ行け。「今日からお前は富士山だ!」とか言ってくれるから。

www.shuzo.co.jp

関連記事