かんそう

テキストサイト。20代後半男。札幌

広告

関ジャニ∞『応答セヨ』がめちゃめちゃポルノ晴一

ポルノ晴一が作詞提供した関ジャニ∞の新曲『応答セヨ』が最高だった。ポルノにくれ。

晴一はラジオ『カフェイン11』で応答セヨの作詞について、

「関ジャニくらいのアーティストパワーがあれば極論なんの歌詞でもいい。だけど、俺に振ってくれたスタッフの期待とかも考えて、彼らのアーティストパワーと曲の勢いに乗ったうえでどう『自分のハンコ』を残すか、そのへんのバランスを考えて書いた」

てなことを言っていたんですけど、制約にがんじがらめされた中でムリヤリ爪痕残そうとしたときの新藤晴一先生のドM力のすごさを俺達ポルノグラフィティファンはよく知ってます。

 

それをふまえての『応答セヨ』、フタ開けてみればバランス取ったなんてもんじゃなかった、どこもかしこも新藤晴一新藤晴一新藤晴一…ハンコだらけ。絶対丸印じゃなくて角印押してる。小学生のときにスーパーファミコンのソフトに油性マジックで自分の名前書いてたヤツいましたけど、絶対そういうタイプですあの男。 

f:id:ikdhkr:20171010202444j:plain

ツイートでも書きましたが、「今だって地上でもがいているんだよ飽きもせず」「君が思うほどはまっすぐに歩いてこれなかったけど」「約束という名の嘘になる前に」みたいなワンフレーズワンフレーズを切り取ってみてもそうだし、全体の流れとして「僕=君=流星=遠い日の僕」みたいなややこしいスライドのさせかた、話の持っていきかたなんてモロ。じっくり歌詞見ながら聴いてたら混乱して頭おかしくなってくる。

 

あと、曲先だとは思うんですけど、歌詞に引っ張られてなのか、やっぱりフラットに聴いてみてもちょっとポルノグラフィティっぽい。恥ずかしながら関ジャニ∞は通ってこなかったので、他の曲と比べてどうとかは言えないんですけど、あのメインボーカル張ってるっぽい新宿スワンみたいな名前の子いるじゃないですか。それで、あの子ちょっと岡野昭仁っぽい歌い方するじゃないですか。語尾下がり気味で高音がパキッと出るタイプの。あの子がBメロとか、サビ終わりに入ってることでやっぱりちょっとポルノグラフィティ感が出てる気がするんですよね。にしても、一人だけクセすっごい…。合唱コンクールでクラスに一人はいがちな、やたらと声デカい目立ちたがり屋。嫌いじゃないぜ。あと、個人的には長澤まさみの卒アル燃やしてた彼の低音もけっこう好きです。ホントにちょっと関ジャニの他の曲も聴いてみたくなった。

 

そして絶対言いたいのが、そういう先入観も含めて「ポルノグラフィティの新藤晴一が作詞するって前情報で聴いてるからどのフレーズ見ても「あぁ、晴一っぽい」ってなってるんじゃないんですか?」っていうと断固そうじゃなくて、これ仮に坂本真綾パターンで名前隠してても(h's名義で作詞)「これ…なんか晴一っぽくない?」ってなってたと思うんですよね。細かいところ挙げるとキリないんですけど、なんていうか、助詞でわかる。

  

あのミスチル桜井和寿をして「声に名前が書いてある」と言わしめたボーカル岡野昭仁ですが、ギター新藤晴一彼もまた「歌詞にハンコが押してある」男なんだと改めて思った。

 

BUTTERFLY EFFECT(初回生産限定盤)(DVD付)

BUTTERFLY EFFECT(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

関連記事