kansou

ミクスチャーブログ

広告

死ぬほどムカつくのに死ぬほどうらやましい下北沢クソエモ映画『街の上で』感想

街の上で

ドラマ『アンメット』で改めて若葉竜也にハマって、とりあえず映画『街の上で』を昨日見たんですけど、もし俺が世界滅ぼす魔王だったら真っ先に下北沢から消してる。

目に映る全てのもの、全ての人間、耳に入る全てのセリフ、全ての音がムカつく。見ながら何回

「あ゛ァァァあああ〜〜〜〜〜!!????あ゛っ !!!!あ゛っあ゛っあ゛あ゛ァァァあああ〜〜!!!!!ぜっ、全員死ね〜〜〜〜〜〜!!!!」

と叫んだか分からない。イライラとうらやましさで頭ハゲ上がりそうになりました。

 

冒頭から、主人公が「どうやって経営成り立ってんだよ」みたいな古着屋で働いてて、そのあと「どうやって経営成り立ってんだよ」みたいなライブハウスで謎のアーティストのライブ見て、そのあと「どうやって経営成り立ってんだよ」みたいなバー行く。

ここだけで、俺のような北海道の山猿には100回生まれ変わっても理解できない「東京・下北沢のリアル」とやらがそこにはあった。下北沢とかいう街のダルさ、うさん臭さ、汚さ、自由さ、エモさ、エロさ、全部をブチまけてきました。

で、そんな変な街に住んでる人間どもも「下北沢のバケモン」みたいなやつらばっかりでヨレヨレの服ダラっと着て、ボサっとした気だるそうな雰囲気出して、ずっとフワッとした会話してる。全員ダラダラ主語なしで喋んな。

 

で、主人公の男・青は、急に彼女に浮気されて別れ切り出されたけど未練タラタラのくせに、急に複数人の違うタイプの美女と接近しやがる血管切れるくらいにいけ好かねえやつなんですよ。

なんか自主制作映画の出演たのまれて断りきれずにダラダラ出演するんですけど、アホほど演技下手なくせに謎の打ち上げだけ一丁前に参加して、そこで知り合った初対面で女の家に行って一晩中ずっと恋バナとかして、

「は!?や、ヤるんか!?こいつら、ヤるんか?!」

ってさんざん思わせといて、なんもやらずに終わるんですけど女も「友達」とか言ってたけど、おめー明らかに青のこと好きだろ素直になれよダラダラ喋んなよ?って思ってたら、帰り道に元カノと出くわして修羅場になってアワアワするんですけど、結局なんやかんやあって元カノとヨリ戻して終了。っていう…

マジでずっと「お、俺は、なにを見せられてんだこれ?」って思ってるんですけど、見るのをやめられない。それどころか、しばらくエンドレスでこの映画BGM代わりに流してた。

 

何も起きないからこそ、逆説的に一挙手一投足の全てが俺にとって「事件」だった。さっきも書いたように北国の田舎に生まれた生粋の山猿の俺には、こんなもんハリー・ポッターよりもファンタジー映画。

俺がホグワーツ魔法学校に入ってグリフィンドールに選ばれる確率と、俺が下北沢で初対面の女子の家あがりこんで恋バナする確率、前者のほうが絶対に高い。

ただただ下北沢に生きるしゃらくせぇ若者どものなんでもねぇ生活を覗き見して、ただただ指くわえて見てるしかない…なんじゃこの特殊プレイ?もはや下手なFANZAよりもFANZA。

そしてそんな映画だからこそ、出てくる男や女が異常に魅力的に見えてしまう。キレイなだけじゃない「生の人間」を上手く描きすぎている…

特に女子。よくこんな違うタイプの沼りそうなの4人描けるなってくらい全員とんでもなく「絶妙」で、俳優(成田凌)とゴリゴリ浮気したくせに自分から別れたいとか言い出す元カノ「雪」(穂志もえか)、初対面の男を家にあげる関西弁サバサバ系「イハ」(中田青渚)、死んだ店長とめっちゃ不倫してた古本屋の店員「冬子」(古川琴音)、プライドが天よりも高い自主制作映画監督「町子」(萩原みのり)…

出典:映画『街の上で』公式サイト

マジで全員と付き合いたい人生だった。特にイハの敬語からタメ口が入り混じった関西弁かわいすぎて脳みそ吹き飛ぶかと思いました。

そして、その4人に振り回され流される主人公「青」。どっちつかずで生きやがって黄猿かこいつ?100回は画面に向かって「おまっ、お前おまっ、なんなん???」ってキレてた。それくらい荒川青という人間を「実在の人物」として見ている俺がいた…

 

なんだ?なんだこの感情は…?思えば『街の上で』だけじゃねえ、例えば『愛がなんだ』『モテキ』『明け方の若者たち』『劇場』『ピースオブケイク』『花束みたいな恋をした』…

俺はこんなしゃらくせぇサブカル生意気エモ映画は大嫌い、大嫌い、大嫌い、大嫌いなんですよ。。。つまり

 

だ〜〜〜〜〜〜〜いすき♡♡♡♡♡♡

 

「大嫌い」が3回続くと「大好き」になる、俺はこれを「サマーナイトタウン方程式」と呼んでいます。

www.youtube.com

もっと、もっと生意気なエモ恋愛くれ…ああ…今すぐ下北沢に引っ越したい…下北沢のどうやって経営成り立ってんのか1ミリも分かんねぇ古着屋か古本屋か喫茶店で週4くらいでダラダラ働きながら、仕事終わりに経営成り立ってんのか1ミリも分かんねぇライブハウスで謎の音楽とか芝居見に行って、帰りにどうやって経営成り立ってんのか1ミリも分かんねぇバー行って無駄に髪の長い小汚ねぇマスターと恋バナして最終的に喧嘩してブン殴って出禁になりたい

街の上で

街の上で

  • 若葉竜也
Amazon