読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

ヤマブキジムのナツメと闘ってきた

ゲーム

部屋を掃除していたらダンボールの箱からゲームボーイカラーを見つけた。懐かしいな、と思いソフトを確認すると「ポケットモンスター ピカチュウ」が挿さっていた。少しやり進めてみることにする。ポケモンなんて金銀以来。

f:id:ikdhkr:20150516133814j:image

懐かしの画面もうあれから17年も経ったのだと思うと少し切なくもなる。

f:id:ikdhkr:20150516133826j:image

主人公の名前はイエロー、持っているバッジは4こ。そうそうバッジを8こ集めてチャンピオンロードというところを目指すストーリーだった。ポケモン図鑑21ひき。少ない。プレイ時間10時間40分。

f:id:ikdhkr:20150516133836j:image

ロードした先はヤマブキシティのヤマブキジム。エスパーポケモンたちを多く使うジムだ。懐かしい、このワープゾーンみたいなパネルを踏み進めてジムリーダーの元へと向かうんだったっけ。

5分ほど進めていくとスムーズにジムリーダーのナツメのもとへと到着。

f:id:ikdhkr:20150516133847j:image

そうそうピカチュウバージョンは他の赤緑青と違って最初のポケモンがピカチュウで、モンスターボールに入るのを嫌がってずっと主人公のあとを付いてくるという設定だった。ピカチュウかわいい。さっそくジムリーダーのナツメに話しかけてみる。ちなみにこちらのポケモンパーティはこんな感じだ。

f:id:ikdhkr:20150516133859j:image

全体的にレベルが低い。しかもニドクインが死んでいる。回復させたほうがいいのかとも思ったが、ゲームボーイカラーの電池がもたないので早々に闘いを挑むことにする。そうそう、ピカチュウバージョンは、旅の途中でヒトカゲ、フシギダネ、ゼニガメの3ひきを仲間にできるんだった。なつかしいなあ。

f:id:ikdhkr:20150516133911j:image

「...... やっぱり きたわ! よかんが したのよ!」

こちらが来ることを最初からわかっていたらしい、なんて女。

「なにげに スプーンを なげたら まがって いらい....... わたし エスパー しょうじょ なの」

句読点の多い女だ。 

「たたかうの すき じゃない けど あなたが のぞむ なら わたしの ちから みせて あげる!」

 

バトルスタート

f:id:ikdhkr:20150516133933j:image

闘うのが好きじゃないと言いつつムチ持ってやがる、なんて女。こっちは5ひきナツメのポケモンは3ひき、勝負のゆくえは明白。

f:id:ikdhkr:20150516133941j:image

こっちのポケモンはピジョン、レベル27。相手のケーシィはレベル50。ポケモンの強さはレベルじゃない、どっちが勝ちたいという気持ちが強いかだ。

 

※ここからは文章でお楽しみください

 

 

ナツメは ケーシィに ディフェンダーを つかった

てきの ケーシィの ぼうぎょりょくが あがった!

 

ピジョンの すなかけ!

てきの ケーシィの めいちゅうりつが さがった!

 

ピジョンの でんこうせっか!

きゅうしょに あたった!

 

てきの ケーシィの フラッシュ こうげき!

しかし うまく きまらなかった!

 

ピジョンの でんこうせっか!

 

てきの ケーシィの フラッシュ こうげき!

ピジョンのめいちゅうりつが さがった!

 

ピジョンの でんこうせっか!

 

てきの ケーシィの フラッシュ こうげき!

ピジョンのめいちゅうりつが さがった!

 

ピジョンの でんこうせっか!

きゅうしょに あたった!

 

てきの ケーシィは たおれた!

ピジョンは 781 けいけんちを もらった!

 

f:id:ikdhkr:20150516133954j:image

次の敵はユンゲラー。ここでポケモンを交換する。

ゆけっ! リザードン!

f:id:ikdhkr:20150516134002j:image

子供の頃からこっち側からみたポケモンのキモさが気になっていたが、いまはそんなことはどうでもいい。レベルはユンゲラーが上だが負けるわけにはいかない。

 

※ここからは文章でお楽しみください

 

 

てきの ユンゲラーの スプーンまげ!

リザードンのめいちゅうりつがさがった!

 

リザードンの きりさく こうげき!

きゅうしょに あたった!

 

ナツメは ユンゲラーに ディフェンダーを つかった

てきの ユンゲラーの ぼうぎょりょくが あがった!

 

リザードンの きりさく こうげき!

しかし リザードンの こうげきは はずれた!

 

てきの ユンゲラーの サイコキネシス!

 

リザードンの きりさく こうげき!

きゅうしょに あたった!

 

てきの ユンゲラーは たおれた!

リザードンは 1552 けいけんちを もらった!

 

f:id:ikdhkr:20150516134108j:image

最後の敵はフーディン。ここでいよいよピカチュウの出番!

ゆけっ! ピカチュウ!

f:id:ikdhkr:20150516134020j:image

当時フーディンといえばケーブルをつかった通信交換でしか進化ができず、持っている子どもはスターだった。だが、いまはそんなことはどうでもいい。レベルはフーディンが上だが負けるわけにはいかない。

 

※ここからは文章でお楽しみください

 

 

てきの フーディンの リフレクター!

てきの フーディンは だげきこうげきに つよくなった!

 

ピカチュウの 10まんボルト!

 

てきの フーディンの リフレクター!

しかし うまく きまらなかった!

 

ピカチュウの 10まんボルト!

 

てきの フーディンは じこさいせいした!

てきの フーディンは たいりょくを かいふくした!

 

ピカチュウの 10まんボルト!

 

てきの フーディンは じこさいせいした!

てきの フーディンは たいりょくを かいふくした!

 

ピカチュウの 10まんボルト!

 

てきの フーディンの サイコキネシス!

 

ピカチュウ「チャーアアアアアア〜」

 

ピカチュウは たおれた!

 

 

まずい、一撃で倒されてしまうとは。使えないネズミだった。次はカメールを投入する、レベルは33

 

ゆけっ! カメール!

f:id:ikdhkr:20150516134529j:image

 

※ここからは文章でお楽しみください

 

てきの フーディンの リフレクター!

しかし うまく きまらなかった!

 

カメールの れいとうビーム!

 

てきの フーディンは じこさいせいした!

てきの フーディンは たいりょくを かいふくした!

 

カメールの れいとうビーム!

 

てきの フーディンの サイコウェーブ!

しかし てきの フーディンの こうげきは はずれた!

 

カメールの れいとうビーム!

 

てきの フーディンの サイコウェーブ!

 

カメールの れいとうビーム!

 

イエローは すごいキズぐすりを つかった

カメールの たいりょくが 73 かいふくした

 

てきの フーディンの リフレクター!

しかし うまく きまらなかった!

 

てきの フーディンの リフレクター!

しかし うまく きまらなかった!

 

カメールの れいとうビーム!

 

てきの フーディンの リフレクター!

しかし うまく きまらなかった!

 

カメールの れいとうビーム!

 

てきの フーディンの サイコウェーブ!

 

カメールの れいとうビーム!

 

ナツメは フーディンに ディフェンダーを つかった

てきの フーディンの ぼうぎょりょくが あがった!

 

カメールの れいとうビーム!

 

てきの フーディンの サイコウェーブ!

 

カメールの れいとうビーム!

 

てきの フーディンは じこさいせいした!

てきの フーディンは たいりょくを かいふくした!

 

カメールの バブルこうせん!

てきの フーディンの すばやさが さがった!

 

てきの フーディンの サイコキネシス!

 

カメールは たおれた!

 

このままでは負けてしまう...。ここでピジョンを犠牲にしてリザードンを回復させる作戦にでることにした。

 

いってこい! ピジョン!

 

イエローは すごいキズぐすりを つかった

リザードンの たいりょくが 91 かいふくした

 

てきの フーディンの サイコキネシス!

 

ピジョンは たおれた!

 

 

いってこい! リザードン!

 

リザードンの きりさく こうげき!

きゅうしょに あたった!

 

てきの フーディンの サイコウェーブ!

 

リザードンの きりさく こうげき!

きゅうしょに あたった!

 

てきの フーディンは たおれた!

 

リザードンは 1992 けいけんちを もらった!

 

リザードンは レベル38 に あがった!

 

ナツメとの しょうぶに かった!

f:id:ikdhkr:20150516134227j:image

f:id:ikdhkr:20150516134238j:image

 

「まける なんて.....! とても ショック! でも まけは まけ......!

わたしの しょうぶの あまさを いさぎよく みとめるわ!」

 

「かった あかしに ゴールド バッジを あなたに さしあげ ましょう」

 

イエローは しょうきんとして 4950円を てにいれた!

 

やっぱりナツメは手を抜いていてくれたのだろう、中盤のリフレクター連発がそれを物語っていた。

 

「ゴールド バッジで レベル70 までの ポケモンが いうことを きくように なります」

「それ いじょう つよい ポケモンは ソッポ むいたり ふてね したり あつかいが たいへん です!」

「だけど そだて すぎなきゃ そういう しんぱいは ないわ!」

「それから......!わざマシンを もって いって」

 

イエローは ナツメから わざマシン46を もらった!

 

「わざマシン46は サイコウェーブ! きょうりょくな ねんぱが おおきな ダメージをあたえるわ!」

 

 

つらい闘いだった。でもポケモン1ひき1ひきが全力を出してくれたからこその勝利だった。な?ピカチュウ!

f:id:ikdhkr:20150516134303j:image

ピカチュウもうれしそうだ。ピカチュウげんきでちゅう。

 

 

こうしてゴールドバッジをてにいれたイエローたち、だがイエローたちの冒険の旅はまだまだ続くのであった...

 

...掃除する。