kansou

Fight Song

広告

ダビデ像、ウニ、舘ひろし、貧乏人ことKing Gnu『飛行艇』感想


King Gnu - 飛行艇

King Gnu新曲『飛行艇』が最高。シンプルでパワフルなバンドサウンドが際立つ、ダビデ像、ウニ、舘ひろし、貧乏人…メンバー4人の音楽的センスが爆発している今までのKing Gnuとは一線を画するようなアンセム的な楽曲。優勝。

 

イントロの「ワァァァッッッ!キャァァァッッッ!ウォオオオオ!」という歓声からダビデのエレキ、ウニのドラム、舘のベースの重厚感あふれるサウンドが腹にクる。一音一音、なにもかもがめちゃくちゃ強い。強いのにケンカすることなく絶妙なバランスで絡み合っている。三橋と伊藤。意味がわからない。

そして、King Gnuの最大の特徴といえば、まったく声質の異なるダビデと貧乏人のダブルボーカルによる「この曲はどっちがどの部分を歌うんだ?」というワクワク感にあるが、今回の楽曲はA、Bメロをダビデ、サビは貧乏人が歌う『あなたは蜃気楼』『Bedtown』スタイル。

ダウナーなAメロBメロからサビで一気に世界観が開ける曲の構成力「さすがは天才ちんぽくん」の一言に尽きる。

メロからサビに入るまでのスパンが異常に短いのもポイント。それによってただでさえキャッチーなサビの爆発力が何倍にも増し一度曲を聴いただけで、

「この時代に飛び乗ってェ…!今夜この街を飛び立ってェ…!大空をォォ〜〜…!飛び回ってェ〜〜…!命揺らせェ〜…!命揺らせェ〜〜〜〜イェエエッッッ!」

が耳にこびりついて離れなくなり何度でも聴きたくなる。まさにヤニ・ミュージック。

 

そして曲が進むにつれてグングンと高揚感が増しCメロ、

 

大雨降らせェ〜… 大地震わせェ〜… 

過去を祝え〜… 明日を担え〜… 

命揺らせェ… 命揺らせェ〜イェェッッ……

大雨降らせェ〜… 大地震わせェ〜… (ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!)

過去を祝え〜… 明日を担え〜… (ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!)

命揺らせェ… 命揺らせェ〜イェェッッ……(ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!)(ジャンッ…!ジャンジャカッ…!)

大雨降らせェ〜… 大地震わせェ〜… (ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!)(ピポパポォンッ……ピポパポォンッ……)(ベンッ…!ベンッ…!)(ジャンッ…!ジャンジャカッ…!)

過去を祝え〜… 明日を担え〜… (ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!)(ピポパポォンッ……ピポパポォンッ……)(ベンッ…!ベンッ…!)(ジャンッ…!ジャンジャカッ…!)

命揺らせェ… 命揺らせェ〜イェェッッ……(ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!ドンッ…!)(ピポパポォンッ……ピポパポォンッ……)(ベンッ…!ベンッ…!)(ジャンッ…!ジャンジャカッ…!)

大雨降らせェ〜… 大地震わせェ〜… (ドンッ…!シャァンッ…!ドンッ…!ドンッ…!シャァンッ…!ドンッ…!)(ピポパポォンッ……ピポパポォンッ……)(ベンッ…!ベンッ…!)(ジャンッ…!ジャンジャカッ…!)(ベンッッ…!ドンシャカッッ…!)

過去を祝え〜… 明日を担え〜… (ドンッ…!シャァンッ…!ドンッ…!ドンッ…!シャァンッ…!ドンッ…!)(ピポパポォンッ……ピポパポォンッ……)(ベンッ…!ベンッ…!)(ジャンッ…!ジャンジャカッ…!)(ベンッッ…!ドンシャカッッ…!)

命揺らせェ… 命揺らせェ〜イェェッッ……(ドンッ…!シャァンッ…!ドンッ…!ドンッ…!シャァンッ…!ドンッ…!)(ピポパポォンッ……ピポパポォンッ……)(ベンッ…!ベンッ…!)(ジャンッ…!ジャンジャカッ…!)(ベンッッ…!ドンシャカッッ…!)

 

ファッ…

 

この時代に飛び乗ってェ…!

 

このッッッ…!音数が徐々に増していって、盛り上がりが最高潮に達した絶妙なタイミングでの

「ファッ…」

ッッッ!この一瞬の「無音」。このすべてが解放されたような感覚、白目むくほど気持ち良い。

 

さらにラスサビの、

「あなたのッッ…!期待に飛び乗ってェ…!今夜この羽で飛びたくてェ…! この大空をォオ飛びたくてェ…! 命揺られェ〜! 命生まれェ〜〜〜イェエエッッッ!」

この転調部分で完全に心臓がちぎれる。ありがとうございました。

 

ダビデが以前インタビューで、

King Gnuでいうと、観客含めてライブ会場みんなで大合唱できるもの。これが、次の作品のテーマ、次のアルバムの柱になってくるかな。

https://www.fashion-press.net/news/51254

と言っていたが、この『飛行艇』がまさにその曲。ライブでも確実に盛り上がる一曲になること間違いなし。自分の葬式で流したい。