読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

カラオケの一曲目で迷う

日記

カラオケに行くと毎回なんの曲を入れようか迷う。

接待カラオケなんかでは自分は歌わずとも上司の入れた選曲に対して「ウォウウォウ!イェイイェイ!ヴォイ!ヴォイ!」と湘南乃風よろしくおしぼりを振り回し、曲終わりに「グラッチェですぅ〜。部長ぉ〜、凄いグラッチェですぅ〜。ティアモ〜ティアモ〜」と媚びを売っていれば帰りのタクシー代くらいは多めに貰えるので幾分かは楽なんだけど、可愛い女の子とか飲み会のノリであまり仲良くない人とカラオケに行った時なんかはプライベートな分、デンモクを持つ手も震える。

特に一曲目は鬼門で、無難に世代間ウケを狙ってアニメ「幽遊白書」エンディング曲『高橋ひろ/太陽がまた輝くとき』をチョイスするか…それとも一曲目から盛り上がりを最高潮に持っていくためにアニメ「おジャ魔女どれみ」主題歌『MAHO堂/おジャ魔女カーニバル!!』で勝負に出るか…待て待てここは「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」の『相楽左之助/一発野郎 (嵐を呼ぶ男)』だろ…それともここは無難にしっとりと『クレイジーケンバンド/タイガー&ドラゴン』にするか…いやいや『さだまさし/償い』だろ…etcetc、と頭の中を回転させても答えは見つからない。昔は決まって『猿岩石/白い雲のように』をチョイスしていたのだけど、歌い終わった後にマジで雲のように雲散霧消となんの感想もリアクションもいただけないのでそれはそれで泣きそうになった。

相手の趣味嗜好もいまいち把握していないような状況ならとりあえず、『サザンオールスターズ/涙のキッス』だとか『SMAP/青いイナズマ』だとか『嵐/ARASHI』だとか『ポルノグラフィティ/サウダージ』だとか『名もなき詩/Mr.Children』だとかそういう猿でも知ってるような歌手の曲を歌えば万事OKなのだろうけど、挙げた人達、僕はどれもこれも大好きで大好きな故に歌えない。この感情を理解してくれる人がどれだけ居るだろうか。好きだからこそ歌えない/歌いたくないっていう溢れ出る感情複雑な心情只今参上。

頭の中では理想の、彼らの心震えるような素晴らしい声で歌う曲が常に鳴り響いていてる。だから自分が歌う時もそんな理想通り、彼らのように格好良く、人を感動させるような歌を歌おうとマイクを握りしめる。けど聴こえてくるのはキンタマ転がしたような声で感情だけは一丁前に込めて歌っている。自分で自分の声を聴いていて理想とのあまりのギャップに歌い終わりは「さ、舌焼こっかな」って気分になる。だからあんまり思い入れの無い一発屋の方々の歌を歌うことが多い。

ただ、割と酒も入っていたりするもんだから1時間くらいすると歌える曲もなくなってくるし、どうでも良くなって彼らの歌も歌ったりする。そうすると大体呂律が回らなくて死ぬ。涙が悲しみを溶かして!溢れるものだあべべべめえても!その雫をもう一度飲み干してしまいー!となる。成り行き任せの恋に落ち!時には誰かを傷つけたとしても!その度心痛めるようなあばばばばじゃーい!となる。

ちなみに僕は「ロマンティックあげるよ」歌われると一発で好きになります。

 

関連記事