kansou

Fight Song

広告

最強無敵の芸人・囲碁将棋の漫才ネタや魅力について

先日放送された「THE MANZAI 2014」
結果、博多華丸・大吉の圧勝という形で終わりましたが、「タオルと肛門」のネタを披露した囲碁将棋、囲碁将棋が最強の芸人でした。

元々、囲碁将棋というコンビを知ったのは、2009年のM-1の敗者復活戦。J-WALKの『何も言えなくて…夏』と安室奈美恵の『CAN YOU CELEBRATE?』の「綺麗な指してたんだね知らなかったよ」と「永遠ていう言葉なんて知らなかったよね」の「知らなかった」の共通点だけで4分ひたすら歌い合うネタ」っていう字面だけだとマジで何言ってるかわからないようなトチ狂ったネタをしていたコンビでその時から気になってたんですよ。

で、それからよしログとかyoutubeで、囲碁将棋のネタを見るともう「誰にウケたいんですか????」っていうようなコアでマニアックなネタをめちゃくちゃするの。「The虎舞竜の『ロード 第1章』に色んな曲が混ざる」や「大事マンブラザーズバンドの『それが大事』を作り変える」みたいな劇場の中心客10代20代女子ポカンのネタばっかりやるんですよ。

なのにウケる。囲碁将棋の漫才すごいところってそれでもウケるんですよ。そのマニアックなネタに持っていくまでの語彙力だとか、文田さん、根建さんの2人の台本を感じさせないような自然な立ちふるまいで興味ない話題の漫才でもグッと話が入ってくるから「この2人なら何喋ってても面白い」っていう無敵のスタイルがあるんですね。

「ボケ・ツッコミ」を明確に決めてないってところもすごくて、ネタによっては文田がボケることもあれば根建がボケることもあるんですけど、単純なWボケの笑い飯とは違うのが、1人がボケたまま最後まで突っ走るところもあるし、最後の最後で急に片方がボケ始めるパターンもあったりして、スタイルが「無限」なんですよ。言ったら「雲」。ネタに合わせてその形を変えてくから、見てるこっちはどういう展開になっていくかまったく想像ができない。一言で言うと「決まったパターン」がない。だからこそ、「次はなに言うんだ?」「次はどんな展開になるんだ?」って見てるこっちは常にワクワクできるんですよ。無敵です。


で、この良い意味でも悪い意味でも物議を醸した「タオルと肛門」は、最初は文田さんが「銭湯行ったら湯船にタオルつけてたの注意されたけど、よく考えたらこのオッサン、湯船に肛門つけてんだよな」ってめちゃくちゃな理由で逆ギレしはじめるんですけど、そのキレ方の語彙力があまりにも凄まじいもんだから最初は否定してた根建さんも、徐々に言いくるめられるんですね。

 

「肛門を湯船につけた時点でなんでもあり」「泥だったらふたすくい入れていい」「粉ポカリ入れていい」「片栗粉でとろみ出してもいい」「風呂では好きにやればいい」

 

つって。

それでだんだん口が乗ってきた文田さんが

「タオルとオッサン肛門どっちを触る」「コンソメで味を整えたタオル汁と肛門汁どっちを飲む」

 

っていうこれまためちゃくちゃな二択をぶつけてくるんですけど、ここで普通なら常識人でならなきゃいけないはずの根建さんが、

 

「場所どこだよ?風呂?じゃあ肛門」

 

文田さんの更に上行くめちゃくちゃな回答するんですね。もうこっからは囲碁将棋ワールド。カオスオブカオス。

 

根建「お前なんか勘違いしてない?タオルで体洗うだろ?肛門も洗うだろ?この時点でタオルに肛門移動してるのわかる?お前はここに(タオルに)肛門を持ってんの!」

文田「特殊な昆虫の話してる?」

根建「肛門掴んで風呂に入れたら怒られるに決まってんだろ」

文田「じゃあ風呂入るとき肛門つけないようにこうやって(クラウチングスタートの構えで)入るわ」

根建「めんどくせえだろそんな入り方」

文田「わかった、肛門綺麗な前提の話してんのな。でもそのオッサンかけ湯だけで入ってきてたぞ、綺麗なわけないじゃん」

根建「あぁ、そういう奴は肛門閉めて入ってきてるから」

文田「嘘つけよ!確認できねーじゃん」

根建「マナーだから!肛門閉めんは!」

文田「じゃあお前風呂のどこに『肛門閉めなきゃいけない』なんて書いてあんだよ」

根建「見てみろよ、リウマチの次あたりに書いてあるから」

文田「書いてねぇだろ!」

根建「お前がよく見てねぇだけだろ」

文田「お前目ぇ覚ませ?お前は常識だと思ってるかもしれないけど、裸の人間たちがお湯に肛門をつけあうというこの行為は、狂ってんだよ」

根建「お前が狂ってんだよ!」

 

われわれはなにを見させられているんでしょうか。このネタを披露したことでめちゃくちゃ炎上してましたが、このすごさ冷静になって考えるとマジですさまじいので、ぜひもう一度見てほしい、そして囲碁将棋は面白いネタまだまだ持ってるのでぜひ探してみてください。