kansou

Fight Song

広告

洗顔料使うのやめたら肌ツルツルになった

二十歳そこそこの時、すごい肌荒れで悩んでました。

学校卒業してすぐに静岡県に働きに出たんですけど、勤務先がマジで豚小屋かってくらいに汚くて空気も淀んでて、基本夜勤で昼夜逆転、食事もコンビニ弁当かすき家のチーズ牛丼かっていうような生活、(しかも一時期チョコレートにハマって常に食ってた)栄養不足&偏りでニキビは1日3ニキビのペースで増えて、目の下のクマは取れない、ヒゲを剃るのも億劫でヤバい時の山田孝之みたいな。

そんな生活を繰り返してたんですけど、住んでる所が静岡県の牧之原市っていう糞ド田舎に住んでたので周りの娯楽はキャバクラかパチンコ屋オンリー。で、案の定ドハマりするようになりました。土日は朝からパチ屋並んで、閉店まで打って勝っても負けてもその足でキャバ行く、みたいな。そう『HONEY’S』っていう店名のキャバクラだった。そこに、べらぼうにかわいいショートカットのレイちゃん(源氏名)っていう女の子がいて、俺もう一目惚れしちゃって。レイちゃんを絶対に俺の女にしたい!とりあえずアフター行きたい!と。

それで、まずこの雑巾みてぇなきったねぇ顔面からなんとかせにゃあならんっていうことで、夜勤だから給料だけは死そこそこ貰ってたんで、金に物言わせて超高額な洗顔料とかガシガシ試してたんですよ。でも、肌に合わないのか、そもそもの生活習慣を変えなきゃ意味無いのかわかんないですけど、一向にニキビは治らずどんどんドラゴンクエストのばくだんいわみたいな顔になって、もうなに使えば良いのかわかんなくなって、途中からなにをトチ狂ったのか通ってた美容師に勧められた「コレ一本で洗髪も、洗顔も、洗体までできるシャンプー」みたいなめちゃくちゃインチキ臭いやつを1本1万とかで買わされてそれを使ったりしてて。でも、一向に肌は綺麗にならない。ほんと俺そろそろプロアクティブのCM出れるんじゃねぇかってくらい悩んでました。

そんな状態が続いたある日、仕事終わりにふと銀行口座の通帳記帳したら腰抜かしました。びっくりするくらい全然残高ねぇの。残200円とか。「こんな生活続けてたらそりゃ金も尽きますわな。「あぁ、人生終わった。もうレイちゃんにも会えねぇ、アフター行きたかったなぁ…レイちゃん…すげぇ鎖骨がエロいんだよ…鎖骨で水飲みたかった…」ってめっちゃ泣きました。

で、意気消沈して家帰ってきて、はぁ、とりあえず風呂入って寝よ、って風呂場行ったら「コレ一本で洗髪も、洗顔も、洗体までできるシャンプー」が切れてて。ああ…こんなときはなにやってもうまくいかねぇ、どうでもいいって、ぬるま湯で適当に顔洗って、シャワー軽く浴びて、速攻で布団に入って「あ〜あ、レイちゃんとアフター行きたかったな〜、ワンチャンあったよなぁ、絶対俺に気ぃあったよ…チキショウ…」ってシクシク枕濡らしてたら疲れてたのかいつのまにか気を失うかのように寝てて。

で、何時間寝たのかもわからずハッと気がついたら、なんか体がメチャクチャ重いんですよ。「え…えっ、うっわ、もしかして金縛りかよ…」って思って目を開けたら、目の前にタンクトップ着たエヴァンゲリオンの碇ゲンドウみたいなオッサンが俺の体に覆い被さってきてて。

「ゆるさん、絶対にゆるさん」

「ちょっ、な、なんですかあんた」

「ゆるさん、絶対にゆるさん」

って言いながらオッサンがいきなり俺の顔をベロベロ舐めはじめて。

「う、うわぁぁぁぁぁぁっ!!!」

バッ!

そこで目が覚めて「ハァ、ハァ、はぁ〜なんだ夢か〜」ってホッとして、とりあえず顔洗おうと思って鏡見たらニキビほぼ治ってた。

そっから、仕事辞めて空気のきれいな北海道帰ってきて自炊もちゃんとするようにして洗顔料使わないでぬるま湯だけで顔洗うようにしてたら、みるみるうちに肌ツルツルになりました。碇さん、本当にありがとうございました。