kansou

Fight Song

広告

『アンナチュラル』の石原さとみのかわいさがアンナチュラルでガッズィーラ

f:id:ikdhkr:20180227171614j:plain

 

ドラマ『アンナチュラル』における石原さとみのかわいさがアンナチュラルすぎて俺の中のガッズィーラがついに蒲田に上陸しました。

 

『アンナチュラル』はシリアス極まりない「人の死」をテーマにしたヒューマンサスペンスで、石原さとみが演じる三澄ミコトは無理心中で家族を失った過去を抱えながら「不自然な死」に異常に執着する法医解剖医という役どころ。

『失恋ショコラティエ』の紗栄子のような120%かわいさあざとさに振り切ったサイコパス的なかわいさでも、『シン・ゴジラ』のカヨコ・アン・パタースンのようなおもろセクシーでもない、石原さとみにしては珍しいスタンダードな役にもかかわらず、俺が知っている石原さとみが演じた役のなかでも文句なしにトップクラスのかわいさなのです。

それはなぜか。この三澄ミコトは俺たちが知っているバラエティ番組などでよく目にする「素」の石原さとみにものすごく近いキャラクターなのではないかと思うのです。無理がなく、非常に自然に役を演じているような…そう、アンナチュラルなのにナチュラル、石原さとみを絞って出た限りなく天然に近い濃縮還元の石原さとみ、石原さとみ界のポンジュース、それが三澄ミコトなのではないでしょうか。

 

ミコトのかわいさは、上記で挙げた紗栄子のようなわかりやすいかわいさではなく、ふとしたときのふとした表情、セリフ、仕草にそれは自然と滲み出てきます。そして、それを語るうえで欠かせないのが、ミコトとは正反対、ゴリゴリにキャラメイクを施した井浦新演じる中堂系。コイツが画面を見ながら思わず「無理しなさんな…?お前さん…」と労いの声をかけたくなるほどドラマ的な男なのですが、中堂とミコト、アンナチュラルの世界において二人はいわばニコイチ。米津玄師的に言えば「切り分けた果実の片方」なのであります。

無愛想で口も悪く他人と相容れようとしない中堂、最初は挨拶すら満足にしないクソ社会不適合人間だったのですが、5話『死の報復』では死の真相を調べるためとはいえミコト達を自宅にあげたり、勝手に酔っ払ってしまいには寝てしまった東海林(市川実日子)や久部(窪田正孝)に

「あ〜、酒臭ぇ…クソが…。ヘルプどころかクソの役にも立たねぇコイツら…」

と文句垂れながらも二人が散らかしたゴミの片付けをしたり、さりげなく仕事の合間にミコトにコーヒーを淹れてあげたりと、1話では考えられないほどのツンデレっぷり。

ついには、7話『殺人遊戯』で犯人を説得するためとはいえ

「俺たちは…三澄先生の仲間だ…」

って言うんですよ…。ここまでドラマをみてきた視聴者なら中堂がこの言葉を放つことがどれだけのことかわかるでしょう。

それでそれで!俺がダントツでいっちばんキュンときたのが、その事件解決後にミコトが事務所でおにぎり食ってるんですね。そしたら中堂が個室から出てきて、

ガラガラガラ…

ミコト「おはようございます」

中堂「…(コクン)」(首をタテに振る)

 

バッ!!!!!

バ、バッカ野郎…キンキンに冷やしたコップにいきなり熱湯ぶっかけるようなことしやがって…危うくギャップで心臓止まるかと思ったわ…。「…(コクン)」ってかわいすぎるだろ、お前はオオカミに育てられた少年か、人里はじめてなの?あ…愛くるしいやつめ…。中堂のうなずきで人が死ぬ。ん…?この感覚、どっかで味わった気がする……自分の中にある記憶を辿っていくとある一つの結論に達しました。

 

中堂系とは飛影のジャンケンである

 f:id:ikdhkr:20180228195624j:image

(飛影のジャンケン。『幽☆遊☆白書』83話) 

漫画『幽☆遊☆白書』で目的のためなら手段を選ばない残忍で冷酷非道な性格だった飛影が幽助不在のなか、桑原・蔵馬と3人でほのぼのとジャンケンをしたときの、ノラネコが懐いたような、あのなんとも言えない感情。それと同じものを中堂系の一挙手一投足に感じるのであります。まさに微笑みの爆弾。飛影に2つマルをつけてちょっぴりオトナになったのが中堂系なのです。ア・リ・ガ・ト・ウ・ゴ・ザ・イ・ます !

 

そしてそんなジャンケン中堂の「…(コクン)」の愛くるしさにやられた直後の、

中堂「(中略)まぁ…それで関東圏で出る10代から30代の女の遺体をできる限り調べてはいるんだが、毎月クソほど遺体が出るおかげで実は手が足りてない……協力しろ」 

ミコト「…!」

中堂「…さんざん協力させられた…少しは返せ」

ミコト「…りょーかい」 

 

な、南無……。石原さとみの「りょーかい」は世界を救う。ニーチェの言葉を借りるならば、

おまえが中堂系のかわいさを覗くとき 三澄ミコトもまたかわいいのだ

ということ。ナチュラルなかわいさと中堂のアンナチュラルなかわいさ、この2つのかわいさの在来線爆弾によって俺の中のガッズィーラは暴走寸前。二人の間にあるものが決してチャチな恋愛感情なんてもんじゃないのが、またキュンとくる。間違ってもこの二人にはそういうことになってほしくないし、二人のあいだにあるものはあくまで『信頼』であってほしいんですよ…だが…ミコトが中堂だけに向けるはにかんだ笑顔をもっと見たいし、中堂がミコトに「おはよう」って言うの聞きたい…こんなワガママはアンナチュラルでしょうか…?

はぁ〜〜〜、鏡月飲みてぇ……。