kansou

Fight Song

広告

ミスチル、ポルノ狂いは『Official髭男dism』聴け

相変わらずMr.Childrenとかポルノグラフィティばっかり狂ったように聴いてるんですけど、若手バンドも粒ぞろいでめちゃめちゃアツいです。中でも『Official髭dism』、まごうことなき激アツでございます。このたび、勝手に俺の中の『ポストMr.Children』『ポストポルノグラフィティ』に推薦されましたおめでとうございます。

そもそも、ポルノとミスチルには多くの共通点があり、どっちかにハマってる人はもう片方にもハマる素質は十分にあると思っていて、例えば「高音がバーン!と出る」「滑舌が良く歌詞が聴き取りやすい」「人間離れしたロングトーン」「声に名前が書いてある」だとか「フィクションとしての歌詞の表現力」「韻の踏み方が超絶気持ち良い」「楽曲の振り幅がエゲツない」「一音目からリスナーを引き込む音力」「その時々に流行ってる音楽を上手く自分達のサウンドに落とし込む」「新曲リリースのタイミングが意味不明」その他諸々あるんですが、その最たる共通点それが

やたらと「ィェッッヘッヘ!」「ア〜ァン、アァ〜ハァァン」「ヒィッヒィ〜〜!」「アーォオ!」などと叫びたがる

これです。

じゃあ件のOfficial髭dismはどうか。例えば、音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』でも取り上げられ話題になった『Tell Me Baby』ですが、

 


Official髭男dism - Tell Me Baby[Official Video]

 

出会って4秒で

 

「アーォオッ!!」

 

さらに後半部分で抑圧された感情が爆発し、

 

「ドゥッ…ルトゥルトゥッルルルルルットゥルトゥルルルルルルル」

「オーーーーゥオウオォオーーーーーー!イェエッイエイヘァァッッ…アォオッッォオォッッ…ディドゥルドゥットゥ…ドゥッドゥ…テルミーテルミーテルミベイベェエウォオオオオオオオーーーーー!イェエエエイトゥルルゥウウ…」

 

超逸材。『叫びボーカル界』の超新星、爆誕でございます。

ガッツリ耳ごと持っていかれるぶち上がるイントロ、日本語詞と英語詞のバランスの良さ、抜けの良い高音ボーカル、打ち込みを多用しながらもしっかりバンドサウンドになってるところなんかすんんnばらしい。『2012Spark』『カメレオン・レンズ』2010年代のような近年のポルノグラフィティサウンドっぽいし、『Dance Dance Dance』なんかの『Atomic Heart』期の1990年代のミスチルっぽさも感じる。ボーカル藤原聡のビジュアルもなんとなく桜井和寿と岡野昭仁を足してギューン!ってつぶしたみたいな感じで超かわいいではありませんか。

そういえば、この曲について番組内でプロデューサー蔦谷好位置も、

世間では洋楽的なサウンドに英語詞をのせるタイプの曲もあるが、この曲は洋楽的要素をうまく取り入れながらちゃんと日本のポップスになっているところがいい。

とかなんとか言っていたんですけど、そう、まったく同じこと思った。なんなら俺のが先に思ったわ。洋楽はじめ他国の音楽をインスパイアしつつも日本語で日本の曲として昇華させてるところなんか、ポルノミスチルサイコである俺の聴覚をビンビン刺激してくるではありませんか。

 


Official髭男dism - SWEET TWEET[Official Video]

 

キラキラポップの楽曲『SWEET TWEET』も良い。ハチミツ舐めながら書いたんかお前ってくらいに甘々な歌詞なのに、サウンドはアグレッシブで暴れたくなる感じ、ミスチルの『Marshmallow day』のあの感じだし、最終的にはガマンできなくなってやっぱり「恋する僕刻むメモリィ イェイイェェェェエェェィァ!!…アーーーーーーーー!!アーーーーーーーー!!アーーーーーーーー!!アーーーーーーーーーーー!!!イェイェーーーーーーィ!!」つってガッツリ叫んで終了するのとか抱きしめたくなるもんね。その歌詞にそのシャウト合わせる?いい感じに音楽っていう麻薬にキマッてて最高。

 

 


Official髭男dism - ノーダウト[Official Video]

  

『ノーダウト』もめちゃくちゃ良い。いきなり月9『コンフィデンスマンJP』の主題歌っていうドでかいタイアップをもらいつつも、やりたい音楽をちゃんとタイアップに落とし込んで自分達の色を無くさないのも2組に共通する部分があるし、ミスチルもポルノも「2番から本気出す」みたいな部分があるんですが、『ノーダウト』もドラマ主題歌なのにフルで聴くとより良さがわかる曲。起承転結がしっかりしてて「フルで聴いてもらう」ことを前提に作ってるのが若いのにプロ。特に2番サビ後からの展開は気持ち良すぎてただただションベンちびりそうになります。

しかも、共通点の部分でも書いたように藤原聡の歌詞の韻の踏み方がバケモン。2番Aメロ「偽のウォーアイニー 撒き散らして暴走してるあなたたち 使って華麗に浴びるわ9桁のビルシャワー」とかこの口ずさんだときのクチの気持ち良さ、聴く麻薬、歌う麻薬、ピエール髭。そしてげに恐るべきは、これだけ色んなこと詰め込んで曲時間が3分ちょいという奇跡。

「名曲」と呼ばれる曲の9割は曲時間3分〜4分である ※

という至言を天然で知っているのがOfficial髭男dismというバンドなのです。

 

さらに最新曲『Stand By You』『FIRE GROUND』がバケモン。『Stand By You』のグルーヴ感は「作られるべくして作られた名曲」ですし、『FIRE GROUND』の持つパワーと主題歌にもなっているアニメ『火ノ丸相撲』との親和性はまさに「タイアップのお手本」。『絶対ハズさないタイアップの作り方』みたいな本を出せお前らは。

 


Official髭男dism - Stand By You[Official Video]


Official髭男dism - FIRE GROUND[Official Video]

 

なによりどの楽曲を聴いても「100人に無視されても1人に刺さればいい」的な曲作りじゃなくて、ちゃんと「100人に刺さるように」音楽作ってます。ドキャッチーなTHE J-POP。そっから一歩も逃げてない。「ド真ん中で勝負して売れてやんぞコラ」って気合いがビンビン伝わってくるのが最強。

冒頭で「ポスト」なんて書き方をしてしまいましたが、その二組に一歩も引けを取らない圧倒的なオリジナリティを持つバンドなのは間違いない。確実に天下取る奴ら。これからもどんどん叫んでください。

 

ギター小笹大輔のインスタストーリー。最高。

f:id:ikdhkr:20181130203507j:plain

※かんそうの言葉