kansou

Fight Song

広告

ギター弾きながら歌う吉岡里帆がただの「最強」だった

f:id:ikdhkr:20180923002353j:plain

 

あの、吉岡里帆って、とにかく声が良いんすよ。 ちょうど脳の中枢神経を直接攻撃してくるようなハイパー脳トロ声で良い意味でも悪い意味でも宗教戦争を巻き起こしたどん兵衛(中居帰ってこい)CMでも「どん兵衛のきつね食べてたら〜〜」とかって軽く歌っててその声がアルティメットKAWAIIだったので、絶対将来なにかしらのキッカケで曲出すってずっと思ってたんですけど、このたび予言どおり最終兵器吉岡里帆、歌手デビュー果たしました。本当にありがとうございました。それがこちらです。


gyao.yahoo.co.jp

 

……もう予想のナナメ上過ぎてゲロ吐き散らかしました。ギターかき鳴らしながら歌う吉岡里帆、ただの「最強」でした。

正直、永遠の黒歴史『仲間由紀恵 with 恋のダウンローズ』パターンかと思ってたんですよ。なんかコンセプトよくわからんフリッフリの衣装着てちょい古めテイストのアイドルソング歌う、みたいな。しかもヘタしたらどん兵衛のノリの延長線上で作詞作曲星野源で、キツネの格好した吉岡里帆とワクワクさんメガネかけた星野源が二人で踊りながら歌うっていう色んな意味で全ヒト科が死ぬテロソングになるかと思ってたんですけど、フタ開けてみたら、まさかのめちゃめちゃ熱い骨太のロックナンバーっていう。

そもそも、今回の楽曲『体の芯からまだ燃えているんだ』を担当したのが「THE・芸名決めるときに誰か大人が止めたれよ」ことあいみょんで、出てきた当初は「私がメレン・ヘラー代表です」の顔してたと思ったんですけど、最近じゃそのふざけ散らかした名前のイメージからはまるで想像できないゴリッゴリの本格派シンガーソングライターになってて、曲聴くと未だに慣れなくてギャップで耳破裂しそうになるし、出す曲出す曲国歌かよってくらいキャッチーでいまさら褒めるのもダサいくらいのバケモンなんですけど、よくよく考えてみると、吉岡里帆とあいみょん、色々誤解されやすそうな感じとか、この二人ってなんとなく似てる気がしてくるし、相性めちゃめちゃ良さそうなのもわかる気がする。相手役が阿部サダヲってとこも丁度いい。ホホッホホホ星野源と違って阿部サダヲに嫉妬する男ゼロ人ですから。男はみんなカツカレーと阿部サダヲ大好きなんだから。

あいみょん節全開の良い意味で過剰でクサい歌詞とシンプルなバンドサウンドで疾走感のあるメロディは吉岡里帆のまっすぐスパーンと通る声とべらぼうに相性良いし、まず吉岡里帆、フツーに、歌が、超うまい。全然音程ブレないし声量もある。そして、とにかく(ほんとに弾いてんのか知らんけど)ギターかき鳴らしながら気持ち良さそうに歌う吉岡里帆、とにかく歌ってるときの「顔が良い」です。

吉岡里帆のズルいところが、これだけルックスが良くて黙って突っ立ってるのを見るだけでも眩しくて失明する顔面太陽神・アポロンだってのに、自分からあえてそれを崩しにいってるんですね。MV見てもわかるとおり、少しもそのルックスを崩すことに抵抗がない。めちゃくちゃデカい口開けて表情筋グチャグチャに崩して歌ってる。かと思えば、キメるべき部分でのカット割りは女戸愚呂弟・フルパワー100%の吉岡里帆がバーン!って画面に飛び込んでくるし、脳の処理スピード追いつかなくなって頭バグってきます。

ただの腐れ縁としか思ってなかった幼なじみにふとした瞬間にグッとくる、みたいなのあるじゃないですか。いや俺の人生にそんな幼なじみの女は1ページも存在しないんですけど。しないんですけど、でもたしかに俺の中に「隣に住んでて幼稚園のとき結婚の約束した実はめちゃめちゃかわいい幼なじみ」の亡霊がいるんですよ。たぶんお前の中にも、お前の中にも、誰の中にもいる。それが吉岡里帆なんだ。誰か俺をぶん殴ってください。

 

open.spotify.com