kansou

Fight Song

広告

耳が溶ける三浦大知の「声」が良い曲10曲

ダンス能力ばかりがピックアップされがちな『次の音楽元号』こと三浦大知ですが、奴の真のすごさはむしろ「声」にあります。そう、三浦大知の本体、コアは「体」ではなく「声」なのです。

ということで、数ある楽曲のなかでも特に耳が溶ける三浦大知の「声」が良い10曲を選んでおきました。

 

Everlasting Love(Folder)

Folder時代、三浦大知がちょうど声変わりに差し掛かった12歳のときにリリースした楽曲で、子供の無邪気さと大人の繊細さ、儚さと強さが交互に顔を覗かせる、この時期の三浦大知にしか出せない奇跡の声を堪能できる一曲。

 

熱帯夜(SUGAR SHACK FACTORY)

熱帯夜

熱帯夜

  • 三浦大知
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

三浦大知は吐息のエロさで耳が窒息する『色欲息 -ラストブレス(lust bless)-』の使い手でもあり、ゆらゆらと揺れるメロウな楽曲でこそネットリとまとわりつくような三浦大知の声は真価を発揮する。『熱帯夜』は三浦大知が歌う曲でも最もそれを味わうことのできる。

 

蜃気楼(feat.KREVA)

BoA、福原美穂、絢香、レキシ、ゴス黒沢…他、数々のアーティストとのコラボが証明するように三浦大知の『声の親和性』の高さは誰もが知るところですが、そのなかでもKREVAと組んだときの三浦大知、ただの前鬼と後鬼。

気だるげだが芯に刺さるKREVAの声と、ネバっこくもズドンと胸を撃ち抜く三浦大知の声のハーモニーはもはや白米と納豆。仕事的な意味じゃなく本当の意味で「音楽でメシが食える」。

 

Magic

三浦大知は自分の声を楽器の音色に「乗せる」のが異常にうまい。『EXCITE』のようなEDMのスピード感のある曲では短く「切る」ような歌い方、この『Magic』のようなアコギの音が特徴的なラテンリズムの曲では流れるような歌い方と、楽器によって時に優しく、時に激しく自分の声の出し方を自在に変えられるカメレオンミュージシャンでもある。

お前がいま聴いているのは、三浦大知でいて、三浦大知ではないのかもしれない。

 

Touch Me

『音源ですら踊る』

これが三浦大知が三浦大知たるゆえんであり、奴が「次の音楽元号」と呼ばれる最大の理由。三浦大知の声は声にして声にあらず。耳に届くと脳みその中でたちまち映像化される。そして、それを聴いているわれわれの両耳がニンテンドースイッチみたいに分離して勝手に踊り出す。

 

Human Nature(マイケル・ジャクソンcover)

マイケル・ジャクソンの聴いてると脳が揺れて気絶しそうな超音波声をマネをするのではなく、あえて自分の声の強みでもある「ネバつき」を全面に出した問題作。誰よりもマイケルという男を愛している三浦大知だからこそ、原曲の良さを壊すことなく自分の色を出すことができる。

 

GO FOR IT

三浦大知の声のすごさは、三浦大知の横を通ったらほっぺたがスパッと切れそうなくらいの『声のキレ』、そしてそのキレを0%から100%にノータイム、一瞬で持っていくことのできる『声の瞬発力』にある。

「アッ!」と思った瞬間に、隣にいたはずの三浦大知の声は遥か100キロ先の岬にいる。『声の瞬間移動』の使い手、リアルドラゴンボール孫悟空、それが三浦大知。

 

Right Now

『Touch Me』での「タッチミータッチミタッタッチタッチミータッチミータッチミタッタッチタッチミー」のタッチの鬼連打しかり、この曲での「ダンスをしてキスそしてダンスキスまたダンスキスダンスキスダンス」しかり、常人がカラオケなんかで歌おうもんなら軽く舌噛み切って絶命するメチャクチャな譜割りの曲を、呼吸するように難なく歌うのが三浦大知のすごさの一つ。

そしてげにおそるべきは、引くほど激しいダンスを踊りながらの生歌でもそれがほとんどブレず「えっ??逆に口パク???」とすら思ってしまうところにある。

 

comrade(SOIL & "PIMP" SESSIONS)

脂の乗り切った今だからこそ出せる成熟した色気とキレ。前述した『熱帯夜』から脈々と流れる「エロ浦大知」路線のひとつの到達点とも言える曲。酒が無くても簡単に酔える声のストロングゼロ。歩くガールズバー。音楽界のススキノ。

 

 

以上

以上10曲でした。「三浦大知を倒すときはノドから狙え」が鉄則、おわかりいただけましたでしょうか。