kansou

Fight Song

広告

葬式で流してほしい「切なかわいい」動画・MV5選

今のところ死ぬ予定はないですが、もし死んだら葬式にやってきた坊主を蹴っ飛ばして、遺影ぶん投げて、巨大なスクリーンとプロジェクターを用意してこの動画を流してください。

 

吉澤嘉代子「ものがたりは今日はじまるの feat.サンボマスター」


吉澤嘉代子「ものがたりは今日はじまるの feat.サンボマスター」MUSIC VIDEO

『ものがたりは今日はじまるの見ずして吉澤嘉代子、吉岡里帆を語るべからず』それがこの村のオキテ。

ブレイクする前の自分自身への期待と不安が入り混じった二人だからこそ撮れたMVで「臆病な外に出ることが怖くて仕方がない女の子が吉澤嘉代子が歌っている姿を偶然目にしたことで勇気をもらい外に出ることができる」というストーリーなんですが、『吉澤嘉代子』と『吉岡里帆』という2つの才能の親和性の良さ、曲、歌、映像、演技、顔、すべてにおいてその瞬間でしか起こりえない奇跡そのもの。

見てると体中からあらゆる毒素が抜ける感覚に陥るというか、サウナ入ったあとみたいにスッキリする。見るロウリュ。

 

DAOKO「かけてあげる @ 森、道、市場 2017」


DAOKO - かけてあげる @ 森、道、市場 2017

全チェリィィィボゥゥゥゥイの夢と希望と妄想が具現化した化身こそがDAOKOさんなんですけど、一挙手一投足にいちいち目が焼かれます。みぞおち踏んでください。そして曲終わり3:58〜にふっと発する「ありがと〜…♡」がですね、人類ありがとう史上最強最高無敵超絶怒涛の「ありがと〜…♡」でですね、単純に「ブッとぶ」。私はこの「ありがと〜…♡」を聴いて脳が半分が溶けてキカイダーみたいになってしまいました。ありがとうございました。

 

私立恵比寿中学 「自由へ道連れ」


私立恵比寿中学 「自由へ道連れ」from 椎名林檎トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」

1フレーズごとに次々と色んなタイプの女が現れてただならぬ歌唱力という名のナックルでぶん殴ってくる衝撃。アイドルグループというよりもはやアマゾネス軍団。孔雀舞だったら絶対3枚ずつデッキに入れてる。

性のバケモンでもある椎名林檎のオリジナル楽曲をここまで私立恵比寿中学の色に染めてしまえるアイドルパワー、CD音源にまったく劣らない一人ひとりの歌手としての地肩、歌い終わりの全員の愛おしすぎる表情、他メンバーとの関係性の良さ、いろんな意味で完璧すぎて意味わからん動画。ラスサビ前のセリフ「道連れしちゃうぞ」で耳からキモチイイナゴ出てくる。

 

清 竜人25「Will♡You♡Marry♡Me?」


清 竜人25「Will♡You♡Marry♡Me?」Music Video

目当ての女の子を見ていたはずなのにいつのまにか真ん中にいるヒョロっヒョロのモジャヒゲ男にしか目が行かなくなる地獄という名の天国の映像。設定だろうがなんだろうが「みんなのもの」であるべきアイドルが「一人の男にガチ恋してる」ってムチャクチャな異常さ。「アイドルMV」の既成概念を粉々に吹き飛ばした後世に残されるべきバイブル。

そしてこのMVをはじめ清竜人25の真におそろしい部分は、「清竜人にひとしきり目と耳と脳をかき回され清竜人に慣れ始めたところでもう一度このMVを見ると目当ての女の子だけじゃなくメンバー全員がとんでもなくかわいく見える」というある種の媚薬のようなものを全身に吹きかけられることにある。すべてのアイドルは中心に清竜人を置くべき。

 

mol-74「エイプリル」


mol-74 - エイプリル【MV】

は?なんだこれは?生きとし生けるすべての人間が感じるむずがゆい部分をピンポイントでコチョコチョしてくる曲自体のクオリティもさることながら、MVの女との映像の距離感の近さが池井戸ドラマのそれ。ゼロ距離で儚さと切なさとかわいさのシャワーを浴びてる。

そして俺の中に次々と植え付けられるニセの記憶。こんな彼女1ミリもいたことねぇのにたしかに「ここにいた」「ここにあった」という錯覚幻覚。リアル鏡花水月。誰だお前は?すっっす好きだ……。こんなMVばっかり撮ってたら確実に世界がぶち滅ぶ。経験してないのにたぶん走馬灯で見る。いい人生でした。

 

では、出棺!!!!!!!!!!!!!