kansou

ミクスチャーブログ

広告

スラムダンク『煌めく瞬間に捕われて』を歌ってるのは「大黒摩季」だとずっと思ってたのに「MANISH」だった

煌めく瞬間に捕らわれて

Amazon | 煌めく瞬間に捕らわれて | MANISH

 

今まで、スラムダンクの主題歌『煌めく瞬間(とき)に捕われて』を歌ってるのは「大黒摩季」だと信じて疑わない人生を25年以上歩んできました。

 

が、実は歌っているのは大黒摩季でもなんでもなく、

「MANISH(マニッシュ)」

というまったくの別人だということを先日はじめて知り、頭がおかしくなった。俺の25年が完全に「無」と化した。

 

いや『煌めく瞬間(とき)に捕われて』を歌っているのはMANISHだということは知っていた。ただ、MANISHは大黒摩季だと思っていた。

MANISHとは大黒摩季の別名義、a.k.aであると、荒井由実が松任谷由実であるように、上地雄輔が遊助であるように、綾小路翔がDJ OZMAであるように、ともさかりえがさかともえりであるように、大黒摩季もまたMANISHであり、MANISH=大黒摩季であると。

しかし、そうではなかった。

大黒摩季はMANISHではなかった。ということは、MANISHは大黒摩季ではないということになる。つまり、

 

大黒摩季≠(ノットイコール)MANISH

 

ずっと母親だと信じてた人間が実は赤の他人だった時のような衝撃を受けた。自分のなかにあった「価値観」という瓦礫の山がガラガラと音を立てて崩れ落ちた。心のパズルを埋めていた「大黒摩季」というピースがポッカリと抜け落ちてしまった。

 

大黒摩季

 

思えば、俺の人生は大黒摩季の連続だった。友達のお母さんがどっからどう見ても大黒摩季だったり、はじめて一人暮らしをした行きつけのスーパー店員がどっからどう見ても大黒摩季だったりと、つねに「振り返れば大黒摩季がいる」状態だった。それだけにとどまらず、付き合っていた彼女の通っていた幼稚園が大黒摩季も通っていた幼稚園だった。歩む道の先にいつも大黒摩季がいた。

日本に春夏秋冬という「四季」があるように、俺には「大黒摩季」という季節があった。春に桜を見て夏に花火を見て秋に紅葉を見て冬に雪を見るように大黒摩季を感じていた。俺は大黒摩季だった。

 

そんな大黒摩季がMANISHじゃなかった。このまぎれもない真実と、自分が「命拾い」したという現実に汗が止まらなくなった。

 

…今回は「大黒摩季」が「MANISH」だったからまだ良かったものの、状況が違えば「水」だと思って飲んだものが「毒」だった可能性すらある。一歩間違えれば、そこに「死」が待っていた。思い込み、傲慢、過信、慢心、そんな己の弱い心が大黒摩季をMANISHに、MANISHを大黒摩季にした。

 

謝りたい

 

大黒摩季にも、MANISHにも、手をついて謝りたい。「すいませんでした」と、大黒摩季をMANISHだと、MANISHを大黒摩季だと思って本当にすいませんでしたと、大黒摩季とMANISH、どちらにも謝りたい。そして言いたい「ありがとう」と。過ちに気づかせてくれて、救ってくれてありがとうと。

 

そして知りたい。大黒摩季のことはもちろん、MANISHのことをもっと知りたい。MANISHが大黒摩季じゃないのならば、MANISHとはいったいなんなのか。誰なのか。その真相を探るべくMANISHのウィキペディアへと向かった…

 

MANISH(マニッシュ)は、1990年代に活動していた日本の音楽グループで、ビーイング系の代表的グループ。

メンバー:高橋美鈴(ボーカル)西本麻里(キーボード)

MANISH - Wikipedia

 

まず二人組であるという事実に足が震えた。MANISHは一人の個人の名前ではなかったのだ。大黒摩季は一人だがMANISHは二人。俺はMANISHのことも大黒摩季のことも、なにひとつわかってなかった。

 

…だが、MANISHのボーカル・高橋美鈴のプロフィールを見て、涙が止まらなかった。

 

パンチの効いたパワフルなボーカルが特徴で、アップテンポな歌を得意とした。同じビーイングの大黒摩季と声質やボーカルスタイルが似ており、大黒はコーラス参加や歌詞提供などもしている

 

いた

 

MANISHのなかに大黒摩季は、いた

 

 

MANISHは大黒摩季ではないが、MANISHはほぼ大黒摩季だった。すなわち、

 

 

MANISH≒(ニアリーイコール)大黒摩季

 

 

ということは、以下の方程式ができあがる。

 

「MANISHは大黒摩季はではないがMANISHははぼ大黒摩季」

 

つまり、

 

「MANISH=大黒摩季≠MANISH≒大黒摩季」

 

目の前を覆っていた闇が晴れ、大黒摩季という光が差した。たしかにMANISHIのなかに大黒摩季はいたし、俺の心の中にもまだ大黒摩季がいた。

 

大黒MANIだった。

  

これで、言える。胸を張って言える。

 

「スラムダンクの主題歌『煌めく瞬間に捕われて』を歌ってるのは大黒摩季じゃなくてMANISHという別グループなんだけど、MANISHのなかに大黒摩季はいるんだよ」

 

と…よかった…ほんとうに…よかっ

 

高橋美鈴、西本麻里、石沢晶、土屋さゆりの4人がアイドルグループ・DALI(ダリ)として、シングル「ムーンライト伝説」(美少女戦士セーラームーンOP曲)でデビュー。直後にグループは解散。しかし、DALIから高橋と西本を選抜し、MANISHを結成。

 

MANISHが…元DALI…?

 

セーラームーン主題歌「ムーンライト伝説」を歌っていたDALIが、のちのスラムダンク主題歌「煌めく瞬間(とき)に捕われて」を歌うことになる大黒摩季じゃないMANISHで、MANISHは大黒摩季ではないが、ほぼ大黒摩季…?

 

 

ということは、つまり、

 

 

MANISH=大黒摩季≠MANISH≒大黒摩季>DALI

 

 

つまり、大黒摩季は、DALI…?

 

 

わからない…もうなにもわからないよ…俺の人生は、煌めく摩季に捕らわれてる