読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんそう

かんそうブログ。20代後半男。札幌

広告

クレヨンしんちゃんおすすめ映画ランキングベスト10

漫画 / アニメ

子どもでも大人でも楽しめるアニメ「クレヨンしんちゃん」のおすすめ映画をランキング形式で10位から1位までを感想を交えて紹介します。

 

10位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード

 第11作目。ひたすらギャグに走った作品。「焼き肉を食べる」という一点のみを目的としたパワーはクレヨンしんちゃん映画一だと思う。中盤、野原一家が焼肉に想いを馳せるシーンは見もの。映画のクレヨンしんちゃんはたまに急に顔芸になる。

 

9位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル

第8作目。1作目の「アクション仮面VSハイグレ魔王」以来のアクション仮面がフューチャーされた作品。しんのすけとひまわりの兄妹の物語でもある。「ケツだけ歩き」登場作品でもある。

 

8位 クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦

映画 クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 [DVD]

第6作目。しんのすけが考えたキャラクター「ぶりぶりざえもん」のフューチャー作品。シンプルな勧善懲悪のストーリー。野原家のトイレのシーンと「ぶりぶりざえもんのぼうけん」のシーンが見どころ。ヘンダーランドとはまた違ったぶりぶりざえもんが見られる。

 

7位 クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝

第2作目の作品。しんのすけそっくりの王子「スンノケシ」という存在。それが大きな伏線となっていて物語後半に大きな意味をもたらす。戦闘のアクションが魅力で列車内でのルルとミスター・ハブシーンの戦闘シーンは見もの。

 

6位 クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

 第 22作目。待ちに待った最近の名作。ここ最近のクレヨンしんちゃんの映画の低迷っぷりを払拭するかのような作品。「泣ける」と評判の映画だが、個人的には 「感動して泣ける」というよりも、「切なくて泣ける」作品。ロボットの存在が受け入れられ初めてから、謎が明らかになるまでの流れは子を持つ父で あれば絶対に感情移入してしまうと思う。(子供いないが)ぶっちゃけ「最近にしては」っていうのはある。

 

5位 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡

第5作目。アクションとギャグが魅力の作品。とにかく、ギャグのテンポが良く特に大根のくだりは「これぞクレヨンしんちゃん」というべきもの。このやりとりだけでこの映画が名作だということが分かる。いつもながら伏線の回収の仕方はさすが。

 

4位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ

第12作目。数あるクレヨンしんちゃんの映画の中でも最もノスタルジックな作品。今作ヒロインの「つばき」の存在がそれを大きくしていて、ラストの切なさは一番だと思う。また、かすかべ防衛隊の全員が大活躍する映画でもあり、後半の戦闘シーンは必見。ウッチャンナンチャンやさまぁ~ずなど「NO PLAN」のメンバーも映画内に登場する。

 

3位 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望

第3作目。静かな不気味さが終始漂う。続くシリアスの中に、しんのすけのフッとおどけたボケがいいアクセントになって飽きることのない構成になっている。伏線の張り方もさすが。「大人のしんちゃん」が登場する数少ない作品でもある。

 

2位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

第9作目。「クレヨンしんちゃんの映画で一つ挙げるなら?」という問いによく挙がられるのがこの作品。テレビ特番の「感動名場面スパシャル!」みたいな番組でも必ずと言っていいほど取り上げられる。たしかにあの回想シーンと階段を駆け上がるシーンは日本アニメ史に残る屈指の名シーンだと思う。特に回想シーンは年齢を重ねれば重ねるほど、家族が増えるほど重みを増して昨日も鑑賞したのだが子供のひろしとしんのすけのシーンの時点で嗚咽が出た。個人的にはアクションシーンも秀逸でバスのシーンや、「サトーココノカドー」のシーンなど笑える場面もたくさんある。

 

1位 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

第4作目。クレヨンしんちゃんというか、アニメ映画として最高の出来だと思う。とにかく「ギャグ」と「シリアス」のバランスが良く、「トッペマ」「ス・ノーマン・パー」など登場キャラクター一人ひとりの個性がしっかり活きていて、ストーリーに中だるみがなく、ヘタに感動に走らず、伏線もきっちり回収し締める。おまけにアクション仮面、カンタムロボ、ぶりぶりざえもんのコンビネーションも見られる。そして最後のダンスからの流れは圧巻、もうここまでのものは生まれない気がする。マカオとジョマが気持ち悪すぎるが屈指の名キャラクターなのは言うまでもない。ババ抜きでは映画クレヨンしんちゃん名物顔芸も観られる。

 

今回は10作品を紹介しました。他にも1作目の「アクション仮面VSハイグレ魔王」や7作目の「爆発!温泉わくわく大決戦」、10作目「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」などもおすすめです。「伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃」〜「バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」までは別に子供アニメ映画としてはそこまで批判されるほどではないと思うけど、単純に「カスカベボーイズ」までの作品が良すぎて、観る人のハードルが上がりすぎた結果の評判の悪さかもしれない。

 

[PR]Amazonプライム会員ならクレヨンしんちゃんの全映画作品が無料で観られます、年3900円(一ヶ月お試し無料無料)下記リンクから↓