広告

男なのに映画『美少女戦士セーラームーンR』で吐くほど泣いた俺を笑ってくれ

美少女戦士セーラームーンR

 

映画『美少女戦士セーラームーンR』を観てゲロ吐くほど泣いた俺を笑ってください。

 

そもそも、セーラームーンに対しては「色分けされた複数のセーラー服の女がなんらかの敵と戦う」程度の認識しかなく、それぞれのセーラー戦士がどんな性格なのかもほぼ知らない。そんな俺がこんな一昔前の女子供向けのアニメを楽しめるのか…と、最初はむしろ「大の男がセーラームーンなど笑止」と小馬鹿にしつつも、付き合いで仕方なくAmazonプライムにて観ることに。

 

……結果、超超超最高。名作オブ名作。死ぬ前に10本映画選べって言われたら間違いなく入れる。棺に入れる。遺影の代わりにまもちゃんの写真を飾ってください。

まず、60分っていう決して長くない時間のなかで、セーラー戦士みんなの誰がどういう性格でどういう立ち位置なのかっていうのが、めちゃくちゃわかりやすく描かれてて最高。

主人公の月野うさぎ(セーラームーン)は外見どおり、いっつもおちゃらけてバカやってる。ボーイフレンドのまもちゃん(タキシード仮面)のことが大好きなノー天気。イエローハット。

青髪ショートカットの水野亜美(セーラーマーキュリー)は頭が良いみんなのまとめ役。チーム・セーラームーンのブレーン。なんか急に手のひら型のパソコン?みたいな機械取り出してピコピコやりながら「まだよ!人間を操っていたエナジーの発生源は、まだ消えていないわ!」とか言ったり一人だけスカウターみたいなメカ着けてる。

黒髪ロングの火野レイ(セーラーマーズ)は神社の娘なんですけど、みんなで作戦会議するときにたぶんいっつも集まってる。巫女だから変身してないのになんか御札とか使って敵を成仏させたりとかする。気が強いツンデレ。

ポニーテールの木野まこと(セーラージュピター)は背高くてちょっと声も低くて、敵に向かって「女の子暴力振るうなんて最低だぞ!」ってタンカ切る男まさりな性格っぽいんですけど、ちびうさっていう子供にお弁当作ってあげたりとか、実はめちゃめちゃ家庭的な娘。

金髪セミギャルの愛野美奈子(セーラービーナス)はたぶん最初は単独行動してて一番最後に仲間になったっぽい。うさぎと性格が似てていっしょにバカやってたりする。

 

…っていうのが、始まって10分くらいですぐわかります。ハンパねえ構成力。今回戦うべき敵「フィオレ」ってのも、まもちゃんが子供の頃に仲良くしてたって描写があるんですけど、たぶん昔は優しかったんでしょうね、でも明らかにTHE黒幕!みたいな女に操られてんのわかるんですよ。「ああ…のっぴきならない事情があるんだろうな…」っていうのがわかるわかる。まだはじまって20分ですからね。濃。

それで、揚げ物みたいな名前のコイツがとにかく超強くて、一気にセーラームーン以外の4人をドガァッ!!っつってぶっ飛ばしちゃう。ただの掌底でセーラー戦士ごと電話ボックス粉々になるくらいの威力なんですよ。いやいやいや。そして最後に「ンフフ、まもる君を騙すお前は念入りに始末してやる、死ねぇ!!」ってセーラームーンに襲いかかるんですよ。口悪りぃ。

 

そしたら…来るよね〜〜〜〜、やっぱ来るんだよ、まもちゃん、タキシード仮面。

「美しき花も歪んだ心で育てれば醜く染まる、そこまでだフィオレ」

とか言って、だ、だせぇぇ〜〜〜〜〜〜。でも、ダサいんですけど超カッコイイんですよ。現れるべきときに現れる。小学生の時、好きだった女子に「タキシード仮面様が好き」っつってフラれたの、今んなってやっと納得いった。

「もうこんなことはやめるんだっ」ってタキシード仮面が説得するんですけど、もうフィオレはゴリゴリに操られてるもんだから「この娘がキミを騙してるんだぁ!!」って不意打ちでセーラームーンを殺そうとしてね。

「やめろぉぉぉぉ!!」

ドカァァアッッ!!

ズバァァッッッ!!

 

…タキシード仮面がセーラームーンかばって代わりに全身貫かれてね、フィオレはタキシード仮面抱えてどっかに消えた。よ、弱ぇぇぇ、弱いんだけど、そういうところなんだろうな、自分の身を犠牲にして大事な人を躊躇なく守れるところなんだろうな、俺とタキシード仮面との違いは…。

 

そして回想シーン、事故で両親を亡くした衛が病院で偶然出会った異星人がフィオレだったことが明らかに。「孤独」抱えたもの同士、短いがそれはかけがえのない時間。そして最後に衛はフィオレにバラの花を渡す。それはフィオレにとって初めての「プレゼント」であり、「宝物」だった。(ここが後半めちゃめちゃ良いフックになってくるんすよ……)

「今度は僕がいっぱい花を持って帰ってくるからね」

それだけがフィオレの生きる理由になった。そして、ようやく衛に贈るにふさわしい花を見つけた。

 

 

 

…それがもうゴリッゴリの「呪いの花」

「キセニアンの花を手にしたとき、ふいに気がついた。衛くんをひとりぼっちにして放っておいた地球人たち。奴らは全て抹殺しなきゃいけないんだって…」

ええーー…全然意味わかんねぇ……。しかも、そのキセニアンってののアジトが地球に落下してくるらしいんですけど、そうなったらもう終了。全人類のエナジー??吸い取られて地球滅亡。もはや、まもちゃんどうこうだけの話じゃないんですよ。

 

いざ、覚悟決めてアジトに乗り込む5人 セーラー戦士。

着いてあっけないほどすぐ衛もフィオレも見つかるんですけど、いきなり「安心しろ、衛くんは返すが地球人は全員殺す。お前達も殺す」みたいなこと言い始めるんですよ。マジもんの狂人。どサイコ。

当然セーラー戦士たちは「そんなことさせるか!」つって攻撃するんですけど、フィオレ君は周りのザコいくらやっつけても本体倒さない限り無限に再生するタイプの糞厄介なボスで、何億匹って増殖するもんだから全ッ然歯が立たなくて、結局セーラームーン以外の4人は捕縛されちゃう。

で、味方(レイちゃん)はなんとかうさぎだけでも、ってうさぎを守ったのに「仲間を見捨てて自分だけ助かるとは…この卑怯者が……仲間が大事なら武器を捨てろ、さもなくばこうだぞ!」って4人に拷問かけて、セーラームーンに2択を迫るド畜生・フィオレ。いや、お前見てただろ事実を歪曲すんじゃねぇよネットニュースか。

それでも「セーラームーン、わかってるわね…」「戦うのよ…」「地球を救えるのはアナタだけ…」セーラームーンに「自分たちはいいから早く戦え」と促す4人…そりゃ酷でしょうさすがに…。

 

うさぎ、ステッキ、ボトリ…

 

「やめた…みんなゴメンね…あたし戦えない…みんなのこと大事だもん…」

「この…いくじなし!」

「だって…みんなが苦しむの…もう見てらんないよ…」

 

 

う、うさぎちゃ………。 そうなんだよ…うさぎはみんなのことがなによりも大好きなんだよ…だから「友達と地球を天秤にかける」なんてことはできないんだよ…だってセーラームーンじゃなかったらふつうの年ごろの女の子だぜ……?(セーラームーン初めて見てます)

 

 

「お…ぉぉぉ…なんだ…あの人間たちは…この気持ちは…いったい」

 

「フィオレ…騙されないで…セーラームーンはアナタから衛くんを奪おうとする悪い子よ……」

 

「そ、そうだ…」

 

 

ババァァァァァン!!!!

 

 

超変身するフィオレ

 

 

「そうだ…僕や衛くんを一人にする嘘つきは生かしちゃおけない。

孤独が、僕や衛くんの孤独がお前にわかってたまるか、孤独を知らぬお前に。

この世に生まれたことを不幸だと感じたことのないお前たちになにが分かる。

仲間が、友達のいない寂しさがお前たちにわかるか。

誰にも理解されないものの寂しさがわかってたまるか」

 

 

…ああ…もう…ここ…こっから涙腺溶けた。このフィオレの言葉に4人がめっちゃ反応するんですよ…。亜美はその頭の良さから周りから疎ましく思われ…まことは身体も大きくて力が強いことを理由に周りから怖がられ…美奈子はうさぎの仲間になるずっと前からセーラーVとして1人で戦ってきたことを周りから好奇の目で見られ…レイは霊感が強く、霊感少女と周りから呼ばれ気味悪がられてきた…。

 

みんな、ずっと1人だった……。そう、うさぎに出会うまでは。俺が冒頭で「いつもバカやってる」って言ったうさぎの底抜けの明るさ、誰とでも分け隔てなく接する優しさ…。

 

 

遊んでる時でも参考書を読んでいる亜美に「こら!遊ぶときはちゃんと遊ばないないとダメでしょ!」と叱るうさぎ。そんな子、今まで一人もいなかった…。

「うさぎちゃん…!」

 

神社の仕事をしているレイに「すごーい!レイちゃんってがんばり屋さんなんだ!」と本気で尊敬するうさぎ。そうやって自分のことをちゃんと認めてくれるのはうさぎだけだった…。

「うさぎ…!」

 

周りから怖がられていたまことに「うわー、そのおにぎりおいしそー!」と気さくに話しかけるうさぎ。「あんた、あたしが怖くないの?」「へ?なんで?」その何気ない言葉にまことがどれだけ救われたか…。

「うさぎちゃん…!」

 

いくらセーラーVとして地球を守ってもバカにされることも多かった美奈子に「カンドー!あこがれのセーラーVちゃんが目の前にいるなんて!」と目を輝かせるうさぎ。なんてことないという態度を取りつつも本心は涙が出るほど嬉しかっただろう…。

「うさぎちゃん…!」

 

 

 

 

…顔面ベッッッチョベチョ。もう嗚咽(おえつ)漏らすほど泣いた。いや泣くでしょ、こんなんPepperでも絶対泣く。

全然知らなかったんだぜ?セーラームーン。言ったら『セーラームーン』という作品と出会ってからまだ1時間も経ってない。それこそ、きのう行った整骨院のジジイより付き合い浅い。…のに、うさぎたち5人がどれだけ強い絆で結ばれてるのかっていうのが俺の中に入ってくる入ってくる。ああーー、全員、好きだ。地球(くに)ごと抱きしめたい。…えっなんすかこれ。

こうやって文章打ちながら思い出して泣いてますし。あと何年かしたら齢三十なんだけど大丈夫か俺。

あのさ…レイちゃんだけ「うさぎ」って呼び捨てにするのいいよな……。

 

 

 

……というのを経て、ラストはこれ以上ないくらい最高の終わり方をするので、ぜひ観ていただきたい。マジでミラクル・ロマンスです。