kansou

Fight Song

広告

甥っ子とちびまる子ちゃんとサザエさん見ようとしたら「マンネリ」って言われてキレた

甥っ子(9)が遊びに来て、ちょうど6時になったんで「6時だ!ちびまる子ちゃんとサザエさんの時間だぞ!一緒に見よう!」っつったら、

 

「あぁ〜〜、あれね。あんまりおもしろくないよね。なんかいかみたことあるけど、おんなじことのくりかえしで、まんねりだからきょうみないんだよね」

 

って言われて『ちびまるサザエガチ勢』の俺はブチギレまして。

(は?な、なに言ってんだコイツ……?ま、「まんねり」???どこでそんな言葉覚えてきた???「きょうみないんだよね」???FF7のクラウド?お前にちびまるサザエのなにがわかんだコラ。はぁ…わかった…。いいか、耳の穴かっぽじってよく聞け。今から無知なお前にちびまるサザエの素晴らしさ、お兄さんが叩き込んでやっからなぁこんのシャバ僧がよォォオおおおお!!!)

って心の中でイキリ倒したんですけど、結局9歳の子供に「ぐぬぬ…」としか言えないアラサーの男がいた。

 

あの、、、ちびまる子ちゃんと、サザエさんって、なにが面白いんでしょうか…?

 

生まれてから20年以上、ほぼ毎週『ちびまる子ちゃん』『サザエさん』を見てきた俺にとって、もはやこの2つの作品は『空』みたいなもんで、いつもそこにあって当たり前。「面白い」だとか「つまらない」だとかのレベルを完全に超越したアニメになってるんですね。ほぼ身体の一部。具現化した魂。ザ・コア・イズ・サザエ。

なんかこのシャバ僧はちびまるサザエのことを同じことの繰り返し、「マンネリ」だとか言ってやがるが、むしろ俺ら『ちびまるサザエガチ勢』はそのマンネリを欲してる。変わらないのがいいし、変わってほしくない。一生ピーヒャラピーヒャラ腹空かしててほしいし、一生魚くわえたノラネコ裸足で追っかけてほしい。それを肴にビール飲みたいんだよ俺は。

ちょいちょい色んな諸事情で中の人の声変わってますけど、そのたびに最初はジンマシン出そうになるほど拒否反応を起こしてしまう。正直まだ冨永みーなにすら慣れてないとこあるのに茶風林さんに慣れるわけがない、それくらい、俺たちは6時か7時の1時間に「変化を求めてない」。

 

でも、このシャバ僧は違う。ちびまる子、サザエさんっていう作品に対してなんの思い入れも感慨もない。ライムスター宇多丸も引くくらいフラットに物語を評価してる。知らん小学生の、知らんアラサー夫婦の、知らん大家族の、なんでもないただの日常を見せられても「それで?」としかならないんですよ。

ちびまる子ちゃんでたまに、

「まる子が変な言いがかりつけてキレてお姉ちゃん(orお母さん)とケンカして、でも最終的にめっちゃまる子のこと大事にしてるってことがわかって、まる子が半ベソかきながら謝って夜は一緒の布団で寝てハッピーエンド」

みたいな半年に一回くらいのスパンである大人がゲボ出るほど泣く話あるじゃないですか。あんなん見ても多分このちっちゃいクラウドはなんも思わないです。

 

「またばかやってら」

 

くらいにしか思わない。

大好きな仮面ライダーやなんちゃらレンジャーのように倒すべき敵がいるわけでもない、ドラえもんのように心躍るひみつ道具があるわけでもない、ポケモンのようなド派手なバトルも、なぁーーんにもないんだもの。マジの無。

「まる子、マラソン大会の前に苦労する」の巻ぃ……。

だからなんだよくだらねぇ。「まる子、魔戒騎士と対峙する」の巻、とかにしろ。

 

そう考えると新規の、しかも齢ヒトケタの子供の心を揺さぶられる要素が『ちびまる子ちゃん』『サザエさん』にあるのかって言われたら、ほんともうビックリするくらい言葉にできない。なんっっっも言えませんわ。だって、ちびまるサザエに「変化」「面白さ」求めてるヤツがいること自体がUMA、未確認動物。

いや、ちびまるサザエに限らずいわゆる「ほのぼの日常系」の作品をプレゼンするというのは、ある意味どんなジャンルを勧めることよりハードモードなのかも…。誰か助けてくれ…「ガキでもわかるちびまるサザエの推しポイント」俺の代わりにプレゼンしてください…。

 

「大人がナメられたままじゃ終われねぇんだよ…」って、テレビに目もくれずSwitchでスマブラやり続ける甥っ子にバッキバキに目ぇ血走りながら、

「ま、まぁ、いいわ…。いずれお前も大人になったら、この世が『面白い』か『つまらない』の2つだけじゃないってことがわかっからよォ……?」

って言ったら、

 

「ぼくはこんなのをたのしめるようなおとなにはなりたくないね。おんなじことのくりかえしで、せいちょうがみられないんだよね。せいちょうが。」

 

そうドヤ顔で言う甥っ子見て俺は

「その言い草、カツオみたいだな」

って思った。Back come on。